エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 大学の友達・メガネっ子 真希

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:19,247回)
名無しさんからの投稿

前回の話:黒髪の後輩・玲奈とその後

大学の友達・真希との話。

名前:真希(まき)

身長:155cmくらい

体型:普通

髪型:黒髪・セミロング

顔:幼い顔・肌が綺麗

胸:Bカップ

大学の知り合いで、

メガネをかけて知的な雰囲気のある女の子がいた。

メガネは楕円形の銀縁タイプ。

髪型は肩に掛かるくらいの髪を、後ろで結って、

横の触覚部分が垂れ下がるようなスタイルをよくしてた。

服装はいつもシャツとカーディガンを合わせてる感じ。

真夏でも7分丈を着てるくらいに、

露出のある服は全く着ない。

最初は講義とかでお互い顔見知りではあったけど、

仲が良いというわけではなかった。

大学2年生のある日、図書館でばったり会い、

それぞれが持っている本を見せあって、

互いに読書が趣味ということもあり

「そんなの読むんだ」というところから徐々に親密になった。

数日後のその日も、図書館で真希を見かけた。

俺は周りで本の話が合う友達がいなかった為、

もっと真希と仲良くなりたいという一心から

思い切って飲みに誘い、軽く飲むことになった。

飲みの席では、今読んでる本、おもしろかった本、

好きな作家について語り合った。

俺にとってこんな本について話が合う事は初めてで、

自然にテンションが上がってしまう。

真希もそんな熱くなってしまってる俺の話でも

終始ニコニコと話に付き合ってくれて、

上機嫌のようだった。

飲みながら話していると、ある作品の初版を、

真希が持っているという話になった。

その作家ファンの間ではけっこうレア物で、

今では値段も高騰し、俺も見たことのない本だった。

俺は酔ってきたこともあり、この話を聞いて、

さらにテンションが上がってしまう。

真希はそんな俺のリアクションを見てちょっと自慢気に、

上から目線で「いいでしょ~」とからかうように言った。

それから俺はその作品の話をしつつ子供みたいに、

「い~な~」「い~な~」とずっと言ってた。

ニコニコしながら俺を眺めてた真希は、

「じゃ、貸してあげる。ウチにあるから帰りに持ってって。」

と言った。

この言葉で「あわよくば、、、」と思ってしまったのは、

嘘とは言えない。

真希のアパートに着き、部屋に上がらせてもらう。

真希の部屋には大きな本棚が3つあり、

本がぎっしり並んでいた。

装飾的ではなく、本好きな真希らしい部屋だと思った。

初版本を見せてもらいながら、他の本も紹介されたりして、

本も借りるだけのつもりが、いつの間にか

さっきの居酒屋での話と同じ感じになっていた。

趣味の話というのはなかなか尽きない。

お互いに盛り上がり、飲みながらもっと話そう!となり、

近くのコンビニで酒やつまみを買ってきて、2人で飲み直した。

趣味の本の話で、すでにテンションが上がっているのに、

そこに酒が入ってくると、もう訳がわからなくなってきた。

もはや泥酔状態だった。

・・・いつの間にか真希とキスしていた。

気がついたら床に座ったままの体勢で抱き合い、

目の前に真希の顔があった。

唇を重ねながらも、冷静になろうと思ったが、

本能はそうはいかず、また、さっき

「あわよくば、、、」と思ってしまっていたということもあり、

そのままの勢いで真希を押し倒した。

上から見下ろす真希の顔は、

いつもの真希と明らかに違う。

メガネの奥にある真希の潤んだ瞳が、

妖艶な雰囲気を醸し出す。

俺は真希の首に吸いつき、愛撫を始めた。

「はぁっ、、、!んんぅ、、、」

真希の香りが鼻を撫でる。爽やかな石けんの香りだ。

首元を舐めつつ、右手で真希の胸に手を置く。

控えめな真希らしい小ぶりな胸を撫で回しつつ、

徐々に服を脱がせ始める。

「ゃっ、、、ゃだ。。。」

シャツのボタンを上から外していき、

胸元に純白のブラが顔を出した。

真希は恥ずかしそうに目を閉じたまま、横を向いている。

メガネの女の子が押し倒されて、シャツの前を開け、

ブラが見えているこの状態というのは、とても色っぽくて

何かイケナイことをしているかのように錯覚した。

そこからは一気に真希の服と下着をはぎ取り、

俺も自分で服を脱いだ。

2人で布団へと移動する。

真希はベッドより布団派らしい。

これもなんとなく真希らしいな、と感じた。

ここで一つの疑問が生じる。

こんな姿になっといて今さら過ぎるけど、

途中で記憶が飛んでる俺は

「果たしてこれは合意の上なのか?」と感じ始めた。

さっき胸を揉んだ時の「ゃっ、、、ゃだ。。。」という声も、

普段なら気にすることはないんだが、

今になって引っかかり始める。

事を始める前に、酔った俺が

無理やり襲ってしまった可能性もある為、

その辺を念のために確かめておく必要があった。

「あの、、さ。俺、酔ってて、

途中の成り行きがわかんないんだけど、、、

大丈夫・・・なのかな?」

真希は一瞬ポカーンとしてたが、すぐに微笑んだ。

真希「ふふっ。大丈夫だよ、七尾くん。

私も、、、というか2人でいつの間にか、って感じだから」

と恥ずかしがりながら言う。

その言葉を聞き終えると、

これまで抑えていたものを吐き出すように

激しく真希のカラダを愛撫した。

「んんぁ、、、ぁぅっ、ぁあっ」

乳首を愛撫していると、徐々にその乳首が硬く勃ってくる。

真希は乳首を転がすようにすると特に感じるようで、

指先や舌で強めに転がすと体をビクッと震わせ

「ぁっ、、、ぁぁっ」と短い色気のある声を出した。

「真希、、、舐めてもらっていい?」

真希は少し困惑した顔で答える。

「七尾くん、私、その、、あんまりしたことないから、、、

ヘタだと思う。。」

最初は自信なさそうにチロチロと舌先で尖端を舐めていた。

それだけでも舌使いは悪くなく、気持ちよかった。

徐々にその舌使いが荒くなってきて、

次に亀頭部分を舌で円を描くように舐め回す。

この時点で俺は軽い吐息を吐き出した。

そして次の瞬間、思わず俺は声を上げてしまう。

「えっ、、、ちょっ・・・あっっ!」

唾液でいっぱいになった真希の口で

俺のモノを根元まで一気に咥えんで舐め始めた。

その咥え加減、口内の温かさ、舌の動き、

緩急の付け方までが絶妙すぎて

ヘタどころか極上のフェラだった。

これだけの気持ちのいいフェラにはなかなか出会えない。

その気持ち良さに驚いた俺はすぐに真希の方を見る。

真希は自分の上手さに気付いてないのか、

モノを深く咥えた状態で、

モノの周りで舌を回転させるように動かす。

激しく押し寄せる気持ちよさを感じつつ、真希の姿を見て、

ふとメガネの子にフェラされるのって初めてだなーと思った。

真希のフェラには3分ももたなかったと思う。

俺は限界を感じ、真希を仰向けに寝かせた。

この時点でメガネを外そうとも一度思ったが、

俺自身メガネの子としたことがなかった為、

変な性癖が出てしまい、あえて付けたままにしておいた。

酒も入り、息も軽く荒れて、お互いに理性を失っていた。

ゴムをつけることも忘れ、俺が挿入しようとすると、

真希も目をつぶって手を胸に追き、息を整えた。

真ん中にあてがい、ゆっくりと入ろうとする。

しかし、腰を進めてもなかなか入って行かない。

真希のアソコはグッショリと濡れているが、

真希は入り口から異常に狭かった。

進める腰に力を入れる。

ゆっくりと卑猥な音を出しながら進んでいく。

「ぁぅ・・・っ」

時間を掛け、なんとか亀頭が入った。

それだけでも亀頭がつぶされるような感覚だった。

俺は再度 息を整え、両手を真希の腰の横に付き、腰を進める。

小さく出し入れしつつ、溢れ出てくる愛液と絡めつつ、

少しずつ真希の中に侵入する。

そしてたっぷりと時間を掛けて挿入が完了した。

真希の中が俺のモノをピッタリと受け入れてくれている状態だった。

狭くてキツく、ヒダヒダがネットリと俺のモノに絡み付いてくる。

俺が腰を動かすと、あの控えめな真希から、

女が感じている声がもれる。

「んんぁ、、、ぁっ、ぁっ、、、」

中がとてもキツい上に、ヒダヒダが踊るように動き、

俺もイキそうになってしまい、

なかなか激しい動きはできなかった。

ゆっくり動かすだけでも十分すぎる快感が脳内を走りまわる。

「んんっ・・・んんぅ・・・んんぁ」

真希は無意識なのか、俺の腕を強く掴み、

唇を噛み締めて声を必死に堪えるように喘いだ。

俺も名器に対して長く続かないことがわかったため、

体勢を変え、後ろから突き出した。

後ろから眺めるとスリムな真希のカラダが一層映える。

真希の腰を抑えて、キツい中に俺のモノを進める。

先ほどと同じく、ゆっくりと挿れていく。

突く度に背中が反り、後ろから見る、

そのお尻と背中のラインがとても綺麗だ。

愛液が溢れ、俺のモノと真希のアソコで

「ネチュ、、、ネチュ、、、」と音を奏でる。

「あぁっ、、、ゃっ、、、ゃぁ、、、んぁあっ」

真希の喘ぎ声と共にお尻の穴もヒクヒクしていた。

今度は上に乗ってもらおうと、俺は仰向けになり、

真希がまたがってきた。

しかし、跨っただけで挿入はしてこない。

下から真希の表情を覗くと、

なんだか戸惑ってる感じだった。

「どした?乗ったことある?」

そう聞くと真希は恥ずかしいのか

両手で口元を抑えて

「ないん、、、だよねっ、、、」とつぶやく。

顔を赤らめてそう答える真希は、

なんだかとても可愛らしかった。

「わかった。俺に任せて」

そう言って俺は自分のモノを掴み、

真希の入り口付近にあてがう。

「ゆっくりでいいから、そのまま腰を降ろして。」

すると、ゆっくりと真希の中に包み込まれていく。

どれだけ愛液が溢れても、相変わらず狭くてキツイ。

「んぁ、、、っっぅ、ぅぅ。。。」

俺が下から動き出す。

ッチなPR

ッチな広告