エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > サークルの後輩・オタクな泉
投稿:2018-03-02(金)17:54

サークルの後輩・オタクな泉

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:26,755回)
七尾さん(20代)からの投稿

前回の話:大学の友達・メガネっ子 真希

大学3年の頃。

サークルの友人の男たちと

居酒屋で飲んでいた。

俺入れて5人くらいだったかな。

気心が知れたいつものメンバーで

飲みながらする他愛も無い話は

毎回飽きずに楽しかった。

飲みだしてから1時間くらい

たまには女子でも呼ぼうかって事になった。

皆、スマホを見つめながら

近くに住んでる女友達を思い浮かべる。

友A「七尾も誰か呼べよ~」

「え、おれも?」

いきなりそう言われた俺は

一人の女の子を思い出す。

当時、共通の好きな音楽の話で盛り上がり

最近LINEを交換したばかりの子がいた。

その子の名前は、泉。

一個下のサークルでの後輩で

先月親に一人暮らしを許してもらえて

こっちに引っ越して来たばかりと聞いていた。

俺の家とも同じ町内だったし

その事でも話が弾んでた。

後輩なんだけど

変に気を使わずに良い存在で

冗談も言い合ったり、真面目な話を語り合ったりもしてた。

向こうも俺を先輩だと思っていなかったと思う。

名前:泉(いずみ)

身長:150cmくらい

体型:華奢

髪型:少し明るめの茶髪・外ハネ・耳が隠れる程度のショートカット

顔:童顔

胸:A~Bカップ

整った顔をしているのに

オタクっぽいからギャップもあり

下ネタにも普通に食いついてくるから

サークル男子からの人気は高かったと思う。

俺は泉を呼ぶことにした。

「いま飲んでんだけど

泉、ヒマだったらこない?」

ちなみにコレが泉への初LINEだった。

送ってから数分後、返信が。

文面はオタクっぽい所が出たのか

「お呼ばれキタ━━(゚∀゚)━━!! 」

と送ってきた。

「わ、私なんかでよろしいんでしょうか…((((;゚д゚))))ガクガクブルブル」

俺はそんなLINEに吹き出しつつ、

「大丈夫、大丈夫! みんな待ってるから早く来な!」

「かしこまり」

「制限時間は10分!よーいスタート!」

「ちょま」

そこから俺はLINEは返さなかった。

泉の事だから今頃、

ドヒャーとか言いながら

焦って準備をしてんだろうなーと

そう想像するだけで笑えた 笑

俺は冗談で制限時間とか言ったんだけど

泉はほんとに10分くらいしたらに来た。

「お、おそくなってスミマセヌ・・・。」

「お、おま…ほんとに10分以内に来たん?!」

俺は時計で時間を確認しながら

俺の隣りに座った泉にそう言った。

「だ、だって…七尾さんが、じゅ、10分以内って…!」

そんなオロオロしてる姿が可愛かった。

「冗談に決まってんじゃん!笑」

友人たちは一斉にツッコミみ始める。

友B「ウケるわ~泉!ハハハ!」

友C「七尾の冗談なんて真に受けるなよ!」

友D「泉って天然だったん?」

泉は、え?そうなの?って

感じの( ゚д゚)ポカーン顔。

だんだん泉は

ふくれっ面になりながら俺を睨んでくる。

「いや、すまん…!まさか信じるなんてさw」

俺は手を合わせ、謝った。

「ムムム…。体が酒を欲してます…!今日は呑まれてやります!」

そう言うと泉は

俺の生ビールを一気に飲み干した。

「プハーッ!んっまい!」

そんな姿に友人共は大盛り上がり。

友A「おー!いいねー泉!」

友B「呑まれて死んでしまえ!笑」

そんな感じで飲み会が再開した。

数十分後、後から他のヤツが呼んだ女子も到着。

いつもと違って10人前後でワイワイやって楽しく騒いだ。

隣の泉を見るとニマ~と嬉しそうに笑ってた。

誘った俺もなんだか嬉しくなった。

時間は日付が変わって1時前。

飲み会はお開き。

友A「おつかれ!」

友B「じゃあな~」

電車で帰るやつ、自転車で帰るやつ、歩いて帰るやつなど

それぞれ解散していった。

俺と泉は町内が一緒だから

お互いの自転車で帰ることに

(飲酒運転というのはご愛嬌)

飲み会から一緒に帰っていると

泉は酔ってて自転車を漕げはしたけど

ハイテンションには変わりなかった。

「キャハハハ・・・!」

泉は奇声を発しながら自転車を漕ぐ。

「おい、うるせえ! 近所迷惑になるからやめろ。」

泉は相変わらず ニコニコしながら

「ハーイっ!じゃあ…」

そういうと今度は

「あぁぁ~~~~~~うぅ~~♪」

と甲高い声を出し始めた。

俺はもう呆れてめんどくさくなった。

「なんなんだよ、それ・・・」

「え~?七尾さん知らないんですか?桃乃木かなタンの喘ぎ声です!」

俺は一瞬意味がわからなかった。

当時AVは見ないタイプだったから

桃乃木かな、というAV女優も名前だけであまり知らなかった。

「え?ももの…なんだって?誰かのモノマネ?」

「かなタン知らないなんて信じられないです!それでも男ですか?めちゃ可愛いんですよ~」

今度は大真面目な顔で俺に言ってくる。

「え、お前そういう趣味あったの?レズ?」

「違います!同姓としてカワイイ子っているじゃないですか。そんな感じです。ウチで見ていきます?」

俺は少し迷ったが

まだ飲み足りない事もあって寄っていくことに。

「そんなに可愛いなら見せてもらおうじゃないの!」

「AV視聴会ケテーイですね!やほーい!」

「だからうるせぇって!」

そんなくだらない話をしながら

二人で泉の家に向かった。

この時はまだ

ヤラシイ気持ちなんて少しもなかった。

泉の家に到着。

「いらっしゃませー」

そう言いながらドアを開けてくれる。

「おじゃまー」

部屋を見渡すと壁には俺も好きな

アーティストのポスターや

アニメ・アイドルのポスター、

きゃりーぱみゅぱみゅのカレンダーもあり

壁一面に色々貼ってあった。

多趣味というかオタクというか、なんというか・・・。

二人してまた飲み直しながら

好きな音楽の話も少しした後で

AV視聴会なるものをはじめることに。

泉はPCに桃乃木かなのDVDを入れ、

再生ボタンを押した。

AVが始まる。

泉はまじまじと見ていて

時折解説してきた。

「ほら、ここです!これとか超カワユスです!」

俺はまぁよくある感じだな~なんて思ってた。

「可愛いっていうかさ、AVってエロイとかやらしいとか、そういう表現のほうが合ってんじゃねぇの?」

「うーん・・・私はそういうのより可愛いっていう方が強いですね」

なんだか泉はうまくつかめない…。

「ふーん、そうなんだ・・・」

色々話したり飲んだりしているうちに、

時間は過ぎて行きAVの方はいよいよクライマックスへ。

「あ、ここです!ここ一番カワユスなんです!」

場面は桃乃木かなが絶頂を迎えるシーン。

さっきの帰り道で泉が発したように

桃乃木かなは大きな声で喘ぎながらイった。

目を閉じハァハァと妖艶な顔をしながら笑った。

「ね、ね、?カワユスですよねー」

泉は笑いながら俺に執拗に聞いてくる。

「かわいいっていうか…ま、たしかにエロイな」

「カワユスでしょ?!」

俺は酔っぱらいに反論しても

仕方ないなって思ったんで

「あーそうだな。かわいかったよ!カワユスだなー」

そう適当に返した。

「えへへ・・・わかってくれて嬉しいです~」

泉はまたニマーと嬉しそうに笑った。

このAVはよくあるタイプ、なんて思っていても

やっぱり反応だけはしてしまうもので、半勃起状態にあった。

「う~ぅ・・・そろそろ眠くなってきました。。」

AVを観終わって少しした後、泉はそう言い出した。

俺も酒が回ってきたせいもあって結構眠い。

「だな~。俺もここで寝ていいか?」

俺の家はすぐ近くだけど、もうその距離さえ、

動く気が失せていた。

「あ~。。いいですよ。布団とかないんで一緒にベッドでいいですよね~」

まったくコイツは俺のこと男と見てないみたいだ。

でも俺はその言葉に甘えることにした。

二人してベッドに入る。

泉は俺に対して背を向けて横になった。

電気を消して眠る態勢に。

10分くらいした頃だろうか。

俺は時間がつにつれ、

さっき見たAVの余韻からか、逆に眠気が覚めてきた。

泉の匂いや体温を近くに感じて

ドキドキして来たからだと思う。

背を向けてる泉はもう寝たのだろうか。

「なぁ、寝た?」

泉は背を向けたまま答える。

「んぇ・・・七尾さん寝れないんですか~。。」

普段あまり聞いたことない小さな声だった。

「寝れねぇ~。泉にドキドキしちまって・・・・」

俺は冗談のつもりで言おうとしたが、

思ってたより声のトーンが低く出てしまい、

自分でもマジな感じで聞こえた。

この時、二人の間で

いつもと違う雰囲気が漂いはじめた。

「・・・・・。」

泉はしばらく沈黙。

一瞬俺の中で

何かが弾けだような感覚がした。

俺は泉の方体を向け、

後ろから抱きしめた。

「ぇっ・・・。」

俺の腕の中に包まれた

その体は思ってたより華奢で

同時にその存在を愛おしく感じた。

俺は後ろから泉を抱きしめた。

「な、七尾さん・・・?」

酒で火照っていているのか

体はとても温かい。

泉の甘い匂いも一層強く香る。

俺は泉の首元にキスをした。

「ひゃっ・・・!うっ。。ちょ、ちょ」

泉は俺の方に少し体を返し、

首だけ振り向いてくる。

「なにやってんですか~笑 ダメで・・・・っ。」

俺は構わず泉の唇を奪う。

むしゃぶりつくように

執拗に吸いつく。

「んふっ・・・んんっ、むはっ・・・!」

その勢いのまま泉の肩を抑え、

仰向けにさせる。

部屋の電気は消しているが

薄暗い街灯の白い光が

窓の隙間から入ってきて

泉の顔を照らしている。

「はぁ、はぁ、はぁ・・・」

泉は息を切らしながら

俺を見つめるその目は、

とても妖艶でいつもの幼い泉とは

別人のようだった。

しばらく息を整えながら見つめ合う。

俺は泉の小さな顔の横に両肘を着き

顔を覆うようにしながら再びキスをした。

今度は優しく、ゆっくりと・・・。

「チュッ・・・チュパ・・・」

丁寧に唇を合わせる。

その度に泉の息が荒くなっていく。

「ふぅぅ、んっ・・・、あぁっ・・・チュ。。」

徐々に口を開けながら泉の唇に這わせる。

泉の唇もそれに合わせるかのように開いてきて

深いキスになっていった。。

唇だけでなく泉の頬、耳、首にも愛撫する。

「はぁっ…、、んっ、はぁはぁ・・・あぁっ」

泉の反応を確かめながら舌を這わしてみると

特に耳が弱いことがわかった。

耳を集中的に愛撫してみる。

上体を反らしながら何度も反応してくれる。

「やっ…んんっ…ぅんんっ、、あぁっ。。」

俺は右手で泉の左胸に手をかけた。

Tシャツの上から触れるその膨らみは

お世辞にも大きいとはいえないが

華奢な泉らしい小ぶりで可愛らしい胸だ。

「ぅんっ・・・んふぅ・・・チュッ。。はぁぁ、チュパ・・・」

キスをしながら右手をゆっくり撫で回す。

小ぶりながらも手の平に伝わる

感触はしっかりとしたものだった。

舌を入れてキスをし始めると

泉の方もだんだんと

舌を這わせてきて

キスの応え方がいやらしくなってくる。

泉の舌が俺の口の中をかき回す。

クチュ・・・チュロ。。レロ…、クチュ、クチュ。。

俺も負けじとそれに応え、

二人の舌はお互いの口の中で激しく交わった。

「はふっ・・・んんっ、クチュ、あはぁ・・・んぁぁ。。」

右手を今度はTシャツの下に入れ、

背中までまわし、指先で泉の背骨を沿っていき

ブラのホックをとる。

ベッドと背中に手が挟まれたとき、

泉の呼吸を直に感じれた事が

なんだか今でも印象に残っている。

背中から脇を通り、そのまま

外したブラの下に手をすべりこませた。

指先にツンとした泉の乳首に触れる。

それに触れた瞬間、泉から

「ん、ん・・・っ」

とかすかに声が漏れた。

Tシャツを捲り泉の小ぶりな胸に顔を沈め、

乳首に舌を這わせた。

「あぁっ・・・はぁっ・・・!」

その瞬間、泉の背中がのけぞった。

かなり乳首が性感帯なのだろう。

その勢いのまま今度は泉の下半身に

手を持っていきスキニージーンズの中の下着を触ってみた。

はっきりと分かるくらいに

濡れているのが指先から伝わった。

この時点で俺の興奮は限界で、

前戯やフェラをしてもらう余裕もなく、

早く泉の中に身を委ねたかった。

「泉・・・いい?」

「はぁ・・・はぁ。・・・。」

なんだか不安で困ってる顔だった。

「大丈夫。優しくすっから。安心して」

泉は俺の顔を潤んだ目で見つめながら

「・・は、はい。・・・お願いします、です。。」

小さな声で泉はそう応えた。

そこからは早かった。

ジーンズとパンツを同時に脱がせ、

Tシャツとブラも外すと

生まれたての姿の泉がそこにいた。

泉は両肘で胸を隠していて、手で顔を覆い、

足はクロスするように閉じていた。

よほど恥ずかしいのだろう。

俺もすぐさま全裸になり

泉の足の間に身を寄せた。

「あのさ、ゴム持ってないけど・・・いいか?」

こんな事になるなんて思ってもなかったので

コンドームの用意はしてなかった。

「あ、あのっ・・・その。。。」

「大丈夫。最後は外で出すから・・・」

「あ、はい。。よろしくお願いします・・・」

俺はにっこり笑って

「じゃ・・・挿れるよ?」

と言うと泉は無言で頷いた。

俺のモノを泉にあてがい、

そのままゆっくりと腰を進める。

今回はそんなに触ってもいないのに

ヌルヌルに濡れた泉の秘部が

包み込むように向かいいれた。

「あっ、あぁぁっ・・・!」

泉は大きめの声を漏らしながら仰け反る。

華奢な体の泉の中はとても小さく

腰を強めに進めて俺のモノが

掻き分けながら入っていくような感じだった。

奥まで入っても俺のモノの7割くらいしか入りきらなかった。

先端が泉の奥の壁につぶされるような感触で

さらに奥に押し付けるようにすると、

「んあっっ・・・あぁ!」

と、泉はかなり感じていた。

腰を動かし始めたが、一突きの度に

泉の奥に当たるので後で聞いたら

気持よすぎてほとんど意識が朦朧としていたらしい。

泉の秘部から愛液が溢れ出す。

その量は徐々に増していき腰を動かす度に

「ジュッ、ジュクッ、ジュポッ、ジュポッ・・・ 」

と、いやらしい音が部屋に響き渡った。

「あぁっ!んんっ・・・んゃっ!」

上から見る泉の顔はいつもと違っていて

ショートカットの髪は乱れ、

暗くてもわかるくらい顔は高揚し、

そして何より、半開きの口から出る

泉の喘ぎ声がさらに俺の腰を早くした。

泉の反応は素直でやっているこっちも楽しめた。

ゆっくり腰を動かせば妖艶に声を漏らし、

激しく突けば声にならない声で反応してくれて、

そんな泉が面白くて少し遊んでしまったところもあるw

騎上位の体勢に移ろうとして、泉を抱き抱えた時、

泉がうつろな目で言った。

「ハァ…ハァ、ハァ、あの。。七尾、さん」

「ん?どした」

「もう体力…もた、もたないです。。ハァ、ハァ」

「え?だってまだ・・・」

「もう、HPが0に近いので。。」

「(笑)。なんだよそれw」

「なので、もう最後…お願いしますです。」

「わかった、わかった。んじゃ最後、いくな」

残念だったが俺も俺で小さな泉の中は

かなり体力を消耗させられていた。

再び正常位に戻しラストスパート。

最後の泉の感触を感じつつ腰を打ち付けた。

「ハァハァ!んんっ、、あっ…!んんっ!いあっ!ぁんっ!」

俺のモノを奥の壁に押し付け、そして素早く入口ギリギリまで戻す。

そしてまた一気に奥へ。

そのくり返しをしていた時、泉の中が異常に熱くなるのを感じた。

「あぁぁっ! んっっ。。。。。うぅぅんぁぁ!!」

泉が髪をかき乱しながら喘ぎ、背中をのけぞらせた。

同時に泉の中がぎゅうぅぅ・・・と収縮しはじめ、

俺のモノが泉の中で握られる感覚になった。

泉がイッた瞬間だったんだろう。

俺もイク寸前だったため抜けずにイッてしまう事に焦り、

必死に腰を戻し、泉の中から抜けた瞬間にイッた。

その為ベッドや泉の体などあちこちに精液が飛び散ってしまったが

なんとか中出しはせずに済んだ。

「はぁ、はぁっ・・・はぁっ、はぁ、はぁ・・・・」

俺も泉も満身創痍で息も切れ切れ。

泉は首元から胸元に汗でびっしょりと濡れていた。

俺は泉の横に倒れ、二人して数分間ハァハァ言ってた。

ッチなPR

ッチな広告