エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 黒髪の後輩・玲奈との再会

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:22,698回)
七尾さん(20代)からの投稿

後輩の女子との体験談。

名前:玲奈(れな)

身長:160cmくらい

体型:痩せ型

髪型:黒髪ロング(胸辺りまでの長さ)

顔:少し猫目・色白

胸:Cカップ

玲奈は同じ小・中学校の1個下の後輩。

当時は、特に接点もなく、名前と顔を知っている程度だった。

一人可愛い子が後輩にいる、というのは周りからもよく耳にはしていた。

俺が高3で玲奈が高2のときに、駅でばったり会ったのがきっかけで、

その後は会えば話をするようになった。

その時に連絡先も交換し、メールを中心に徐々に仲良くなっていった。

やがて俺は高校を卒業し、進学のため上京して一人暮らしを始めた。

新しい生活が忙しくて、数ヶ月玲奈に連絡していなかった。

そんなある日、玲奈から電話があった。

最初は近況などを報告しあっていだが、いきなり玲奈は

「七尾先輩に会いたいなぁ・・・」 と言い出した。

そして、夏休みに会いに行きます!と続ける。

まさか玲奈が俺のことをそのように思っていてくれたとは、

うかつにも全く気づかなかった。

その時は俺は「わかった」とだけ答え、

そのときはそれで電話を切ったが、

その後、数週間、玲奈から連絡は来なくなった。

しかし、夏休みが始まってすぐのある日の昼頃、

家でだらだらしているところに、突然、玲奈から電話が来た。

「七尾先輩!わたし、いま東京に遊びに来てるんです!」

玲奈は昔から「思い立ったら即行動」タイプではあったが、さすがに驚いた。

ちょっと迷ったが、せっかく来てくれたことだし、会うことにした。

夕方頃、最寄の駅まで来てもらい、一緒にご飯を食べた。

最初は会話もぎこちなかったと思う。

玲奈とデートのような状況で会うのは初めてだったし、

久しぶりに会ったということもあっただろう。

それに、玲奈が高3になって、少し大人びた雰囲気になっていたのと、

いつも駅で見かけていた時には制服姿だったので、

私服の玲奈がとても可愛く見えて、俺がどぎまぎしていたせいもあった。

ご飯の後、他にすることも思いつかず、アパートに来てもらうことになった。

玲奈もそのために東京に来た、というのは雰囲気で分かっていたし、

俺も会うと決めたときに、ある程度そうなることを覚悟し、

また、期待もしていた。

しばらく普通に会話をしていたが、終電の時間が近づいてきたとき、

玲奈は意を決したように話題を変えた。

「センパイ、、、今日、泊まらせてもらっていいですか?」

「・・・いいの?」

なんとなく2人の間で“雰囲気”は漂っていたから、

そういう事を匂わせるように聞いた。

「うん、わかってます。。でも、今日は、、お願いします」

そう言うと、玲奈は俺に抱きついてきた。

抱きついてきた玲奈を、俺もぎゅっと抱きしめた。

改めて華奢な玲奈の体をこの身で感じ、同時に愛おしくなる。

玲奈が顔を上げてきたので、俺はキスをした。

唇が合わさった瞬間、玲奈は深呼吸するように体を反応させた。

唇、耳、首などに軽いキスを繰り返す。

すると、玲奈がふと顔を上げて、俺の目を見ながら言った。

「あの、最初に言っておきますけど、わたし、、、はじめてなんです。」

それを聞いて、俺は驚いた。

玲奈の容姿からして、彼氏もいて経験済みは間違い無いと思ってた。

それに中学校に入ってから、それまで控えめで存在感の薄かった玲奈が、

日に日に可愛くなっていき、俺が中3、玲奈が中2の頃には

俺の同級生からも人気は高く、○○が玲奈に告白したらしい!

という話も噂でよく耳にしていた。

「そっか、、、俺なんかでいいんか?」

俺は困惑しながら聞いてみる。

「お願いします・・・」

そう言って玲奈は俺の胸に顔を埋める。ふわっと玲奈の髪から良い匂いがした。

「わかった、、、ありがと」 と俺は玲奈の肩を抱き、顔を上げさせる。

玲奈の瞳はウルウルとしていた。今にも涙がこぼれ落ちそうだ。

そして、ゆっくりと顔を近づけると、玲奈は目を閉じ、再び唇を合わせる。

舌を入れると、玲奈は控えめに応じる。

そしてそのまま深いキスへ移行し、服の上から胸を触った。

キスを続けながらも玲奈の体はビクッと反応する。

玲奈の胸は形の良い、ふっくらとした美乳だった。

ブラのサイズを後に確認したらCと書いてあった。

その胸を直に触ろうと、服の下に手を入れ、ブラのホックを外し、

外れかけたブラの下から胸を愛撫した。

最初は身を固くしていたが、乳首に軽く触れると、

玲奈は、キスをしながら「んんっ、、、」という声を漏らした。

少しずつ玲奈の服を脱がし、白いブラジャーをはずし、

玲奈の上半身が露わになった。

透き通るほどの色白な乳房に薄ピンク色の乳首。

恥ずかしそうにしている姿に10秒ほど見惚れてしまった。

胸を隠そうとしていた玲奈の手をどけて、俺が乳首にキスをすると

「んっ、、、はぁぁ。。」と力の抜けた小さな声を漏らした。

しばらく愛撫をした後、俺たちは一緒にシャワーを浴びた。

少しふざけながらお互いの体を洗い合う。

玲奈は「こうなってるんですね・・・」などと言いながら、

俺のモノも洗ってくれた。

部屋に戻り、並んでベッドに寝転んだ。

シャワーですべすべになった体をあわせると、

玲奈の小さなツンっとした薄ピンクの乳首が俺の胸にあたる。

再びキスから始めた。

足を絡め、お互いの背中や腰に手をまわして抱き合っているうちに、

俺のモノも玲奈の下腹部に当たり、どんどん硬く大きくなっていった。

ピンク色のきれいな乳首を指先や舌で触れると、玲奈はピクッと体を動かす。

そして、小さな胸に愛撫を続けていると、

「んん、、、あっ、、、ぁぁっ、、、」 と小さな喘ぎ声を出し始めた。

胸を愛撫しながら、俺は指で優しく玲奈のあそこに触れてみた。

触れた瞬間玲奈は体をぴくっとさせる。

思ったよりも濡れていたので、入り口を少し開いて指を中へ入れると、

「ゃっ、、、あっ、ぃゃ、、、んっ」 と小さな声で玲奈は可愛く喘いだ。

俺は玲奈の足の間に移動して、膝を少し立たせて、

玲奈の股間に顔をうずめようした。

玲奈は、最初、

「えっ、、、先輩、、、それはだめ、、はずかしいですっ、、、」

と言っていたが、構わず舌で愛撫を始めると、

「はぁぁっ、、、!ぅ、ぅぅ、、、んんぁっ、、んはぁ、」

と小さく息を漏らしながら体をくねらせ始めた。

そしてアソコからも透明な液が溢れ出してきた。

玲奈のアソコは淡いピンク色をしていて、毛はうぶ毛に近いくらい薄かった。

周辺も肌と同じく真っ白で、スベスベしていて愛撫のし甲斐があった。

かなり長い時間をかけて、体中を愛撫した。

玲奈も息を荒らし、かなり感じている様子だった。

俺は玲奈の隣に移動して、黒いキレイな髪の毛を撫でながら

「気持ちいい?」と聞いてみた。

玲奈は少しぼうっとしたような表情で、首肯した。

再び抱き合って舌を絡めていると、玲奈は俺のモノに手を伸ばして、触り始めた。

「こんなに大きくなるんですね、、、ここ、少し濡れてる、、、

あのぅ、先輩のも舐めてたほうがいいんですよね?」

玲奈は事前に色んな知識を覚えてきたのか、確かめるように聞いてくる。

俺が「それじゃ、、、やってもらおうかな」と答えると、

玲奈は体を起こし、俺の足の間に入って正座をし、

俺の股間に土下座をするような体勢でモノにキスをしはじめた。

途中、やり方がわからないと言うので、俺はモノの裏側を指さしながら、

「このあたりを舐めたり、、あとは、パクっと咥えたりして動かしたり、かな」

などと答えると、玲奈は「こう・・・ですか?」と言いながらその通りにしてくれた。

玲奈は初めてにしては上手だった。

すぽっと咥えて、唇がやさしくモノの周囲に触れるような状態で

上下を繰り返す。

玲奈の口周りが、唾液でベチョベチョになりながらも、

そして玲奈も興奮してきているのか、息を切らしながら一生懸命に愛撫する。

息が荒れながらされるフェラは異様に心地よかった。

玲奈の温かい息が、咥えた中で俺のモノを温める。

玲奈「ジュル、ジュル、、はぁ、はぁ、、、んんっ、、ジュポッ、ジュポッ」

玲奈は口から溢れる唾液と俺のモノがこすれる、いやらしい音を気にした。

俺は体を起こして、フェラをする玲奈の頭をなでながら言った。

「玲奈、、、そろそろ入れようか」

玲奈はモノから口を離して上体を起こし、

正座をしたまま両手を膝に載せ、礼儀正しい姿になる。

玲奈は顔を伏せてゆっくりと無言で頷いた。

キスをしながら、玲奈をそのまま横たわらせる。

その時に俺はコンドームがないことに気づいた。

「玲奈、わりぃ。ゴムないんだけど、どうする?」と聞いた。

玲奈は胸に手を置き、火照った顔のまま俺を見て

「おまかせ・・・します」と囁き、眼を閉じた。

俺のいきり立ったモノは玲奈の唾液で光って、血管が浮き出て熱を帯びている。

目線を下げると玲奈のアソコは、薄暗くてもわかるほど、

真っピンクになり濡れている。

もう選択肢は一つだった。

俺はそのまま玲奈の足の間に入り、覆いかぶさって、

湿った場所に自分をあてがった。

玲奈は緊張のせいか、体がガチガチだった。

「玲奈・・・緊張せんでいいから、力抜いて。」

目をギュッとつぶり、自分の肘と肘をつけるようにしていて、

なかなか力が抜けない。

先ほどやった愛撫にて、玲奈は乳首を攻めると力が抜けた事を思い出す。

俺は玲奈の乳首に舌を這わせ、優しく甘噛みする。

「ふぁぁっ、、、ぁあっ」 か細い声と同時に力が抜けた。

その瞬間を狙い、俺は尖端を玲奈に挿入する。

「あぅ、、っっ!」

ゆっくり、ゆっくりと細心の注意を払って入れていく。

真新しい玲奈の入り口は予想以上にキツかった。

玲奈は声には出していないが、眉間にシワを寄せ、

痛みを我慢する表情をしていた。

そして尖端部分がようやく玲奈の中に収まると、繋がったままキスをする。

時間を掛けて深く絡めあう。

その間に玲奈の中が俺のモノの大きさに慣れ始めるのを待った。

しばらくすると

「七尾先輩の、、、おっきくて、あったかぁい。。。」

と玲奈が微笑みながら言う。

俺は玲奈の髪を撫でながら、

「まだ先だけだぞ?でも、慣れてきた?」と言うと、

恥ずかしがりながら答えた。

「なんか、、、くすぐったくて、変な感じです。。」

そんないつもと変わらない玲奈の笑顔。

俺がゆっくりと腰を動かしはじめると、その笑顔が瞬時に”女”の顔に変わる。

「んんっ、、、ぁぁっ、、、うっ、、くっぅ」

玲奈は少し気持ちよさそうな声を出し始めた。アソコも少しずつ開き始める。

俺は尖端を少し入れては抜き、少し入れては抜き、、を何度か繰り返した。

少しずつ深く入るようになり、やがて押し開くような感覚とともに、

俺は玲奈の中に入っていった。

「あぁっ、、、!いっ、、、ぅ、んっ、はぁっ、、、」

と玲奈は少し顔をゆがめて、俺の肩を強くつかんだ。

俺は玲奈をしっかりと抱きしめて、ゆっくりゆっくり腰を動かした。

「玲奈・・・入ってるのわかる?」と聞くと、

「ぅっ、うん、、、あぁっ、、はいっ、、てます、、、」

と言いながら、目をギュッとつぶったまま、俺の首に抱きついてきた。

最初は抵抗が強かったが、やがて玲奈の中から溢れ出てくる大量の愛液で

ッチなPR

ッチな広告