エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > かまくらの中で彼女と行為を行った話
投稿:2018-02-24(土)03:43

かまくらの中で彼女と行為を行った話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,646回)
名無しさんからの投稿

去年、同じ塾に通っている同学年の女子と付き合い始めたのですが、2人とも受験生だったので、これといった進展はありませんでした。

しかし、先日ついに大学入試が終了し、前から約束していた、体の関係を持つことになりました。ずっと我慢してきた行為がついにできるとあって、僕は前日から興奮しきりでした。

問題だったのは、どこで行為を行うかということです。お互い実家暮らしだし、ホテルのようなところに泊まれるのかも分からず、お金もなく、どうしようかと考えていたのですが、僕らの地域は雪国なので、人のいない場所にかまくらを作って、その中でしようということになりました。

約束した日の昼過ぎに、僕らは誰もいない空き地に、スコップを持って集合しました。そこはトラクター置き場なのですが、雪が積もる冬は誰も来ないのです。

そして、周囲の雪をかき集め、2人が入れるくらいのかまくらを作りました。2人だけだったので、結構時間がかかりましたが、夕方になる前になんとか完成しました。

周囲に人がいないことを確認した僕らは、かまくらの中に入りました。いよいよ本番の時間が来たのです。

まずは2人でかまくらにしゃがんで、ひたすらキスをし続けました。そして、それが終わると、服を脱いだのですが、さすがに全裸になるのは寒すぎたので、お互いズボンを膝くらいまで下すだけにしました。

しかし、僕は彼女の胸を見たかったので、お願いして上着の裾を上まで持ち上げもらいました。触ってもいいかと尋ねると、彼女はいいと言ってくれました。そのため、僕は心ゆくまで、彼女の柔らかい胸を揉むことができました。

この時点で、僕の股間はもう、はちきれそうでした。そのため、2人ともズボンを下ろして、待ちに待った行為を行うことにしました。

始めは寝てやろうと思ったのですが、下が冷たすぎるため、彼女に中腰になってお尻を突き出してもらうことにしました。

天井が低いため、僕は頭をかがめながら、コンドームをつけた股間を、後ろ向きになっている彼女のお尻の奥にある、股の割れ目に入れました。

彼女が「あぁっ」と少し声を上げた後、僕らはぎこちなく体を動かして、お互いの性器をこすり合わせたのです。

興奮していた僕と彼女は、すぐに絶頂を迎えてしまいました。

そのまま、ズボンをはいて、かまくらの中で座り込んでしまったのですが、しばらくするとまた興奮してきたのと、コンドームがまだ余っていたので、再び行為を行ってしまいました。

二回目の彼女は少し声が大きくなっていて「アッ、アッ」と喘いでいました。僕の方もその声に興奮して、外に聞こえる心配も忘れ、声を出して喘いでしまいました。

彼女は今回は小さな声で「あぁ、もうイクッ、イッちゃう ンーーーッ」と僕に分かるように絶頂を迎え、僕もそれに答えるかのように、彼女の中に射精しました。

結局、三回行為を行った僕らは、こそこそとかまくらを抜け出ました。

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-02-24 12:51:43)姪とお風呂でエッチ2

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告