エチケンTOP
投稿:2018-01-31(水)19:33

中1の息子と…11

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
大阪府/美奈さん(30代)からの投稿

今回の年末年始は私にとって、重く、忘れたくても忘れられない出来事が続きました。昨年末、息子に犯されたときに中に精液を出されてしまいましたが、幸いにも妊娠は避けられました。

自分の人生を振り返ってみると、一体何人に犯されてきたのか…情けなくなります。

そしてしばらく何もない日々が続き、年末を迎えた日です。下の子供たちは近くの実家へ泊まりに行き、中1の息子はお友達と昼から出掛けていました。ゆっくり夜をすごそうと早めにお風呂を済ませ、テレビを観ていました。

何故だか分かりませんが、この時は自然と手がパンティの中に、そして乳房をまさぐってしまいました。パジャマを脱ぎ捨て、キャミソールの胸元から乳房を取り出し、大股を開いてパンティの上からクリトリスを弄ります。

「ア~ン、アンッ!」一人を良いことに、大きな声で喘ぎます。「ちんぽ!ちんぽが欲しい~!」このときの私は、別れた夫にさえ這いつくばってちんぽを求めたでしょう。それほど乱れていました。その時!ドアの方から音がしました!

慌てて乳房をキャミソールに入れ、パジャマのズボンを履きました。すると息子がお友達を連れてきています。

「お、おかえり。早かったやん…」平静を装うのが必死です。「友達と家で遊ぶから。」「何か食べた?お蕎麦食べる?」「うん、お願い。」息子はお友達から見えないところで私のお尻を痴漢のように撫でました。

「お前さ、巨乳好き?」息子はいきなりお友達に聞きます。聞こえないフリをしながら支度をします。

「好き!好き!」思春期の男の子だから普通の会話ではありますが、私に丸聞こえです。

「俺のオカン、めっちゃ巨乳やろ?」「そうやねん!前から見まくってる!」二人の視線が私の体に向けられているのを感じます。

「こっちこい。エエもん見せたる。」息子はお友達を連れてお風呂場の方へ。まさか!

「デッケーッ!何このブラジャー!こんなん見たことないわ!」「エエやろ!これも見てみ。」「うわっ!パンティ!大人の女のパンティなんて初めて見るわ!」二人で私が今日身に付けていた下着を観賞しています!

「めっちゃ汚れてる!女てみんな、こんなんなん?」「さぁ、オカンはいつもパンティをめっちゃ汚すで。」「すぅ~はぁ~、エエ匂いや~!」「売ったろか?」「買う!」もう聞いてられず、準備をしました。

テーブルに置いた蕎麦を二人で食べながらテレビを観ています。いえ、観ているフリをして私の体を見ていました。身の危険を感じます。まさか、私を二人で犯すつもり!

でもそれはさすがの息子も考えなかったようで、息子にパンティを脱がされてノーパンにされ、お友達には体を舐めるように見られるだけですみました。

お友達が帰っても何もされず、就寝。迎えた元旦には朝から出ていきました。すると入れ替わるように母が訪ねてきました。

「どうしたん?」「話あんねん。」リビングに座ると息子のお友達と肉体関係にあることを聞かされました。昨年に母と息子のお友達とのセックスDVDを観てしまったので知ってはいましたが、本人から聞かされると、娘としてはショックです。

母はいつまでも女として生きていきたいと熱く語りました。私は何も言えずにいました。自分の話を終えた途端、「あんた、○○とヤってんちゃうの?」いきなり私に言いました!いきなりすぎて言い訳も出来ずに取り乱す私。

「はぁー、やっぱり…前から○○のあんたへのスキンシップがおかしいて思っててん。いくらなんでもおっぱいはモミモミしないやろ。」息子に乳房を揉まれているところを見られていたようです。

「血は争えんてことやな…」「お母さん…私…○○を…男性として、愛してしまってん…」母は深いため息をつきます。

「お母さんはあんたを叱る資格はない。でもこれだけは言うで。赤ちゃんが出来ないようにだけはしなあかんで!」まるで見透かされているようです。

「○○はあんたを好きなんか?女として。」「…わからん…」「ヤりたい盛りやからな。体だけやろ?」「…わからん…」息子がどう思っているのか、考えると胸が苦しくなります。

「なぁ、あの子を試してええか?」「試す?」「あんたを女としてなのか。」知りたいような知りたくないような…「とりあえずあんたはうちの家に行っとき。また連絡するから。」準備をして母を残して実家へ。

一時間…二時間…そして三時間が経とうとしたとき、母からの連絡が!

「なぁ、あの子とどんな話したん!」「今から来なさい。」とだけ告げて切られました。私は鍵も持たずに家に走りました!

ドンドンドンッ!「お母さん!開けて!」ガチャッ。ドアが開いて迎えたのは、母でした。裸の…

言葉が出てこず、母の後を着いていきます。息子はいないようです。

息子を探しているのに気付いた母は、「○○なら、三回目が済んだら遊びに行ったわ。」リビングの横の寝室には布団が敷かれていてシワや染みだらけです。それだけではありません。使い終えたティッシュも散乱しています。

「見てわかるやろ。あの子はおっぱいが大きくてヤれる女なら誰でもいいて。はっきり言ってた。あんたも実の息子を愛するなんてやめっ!」股間をティッシュで拭いながら言います。

息子は私への想いなんてない、ただの性欲処理だと分からされ、号泣しました。お婆ちゃんである、私の母ともセックスする息子。私への想いがあったら嬉しい…けど両想いならいつかは赤ちゃんができてしまう…これで良かったのかもしれませんが…

それなら片想いのまま、息子に私の気持ちを伝えないまま性欲処理として、続けていければ…母にも伝えました。

「お母さんが言えるんは、赤ちゃんを作らない、あんたの気持ちをあの子に伝えない、それだけや。でもいつかはあの子に飽きられて彼女作るんやで?それを理解してんのか?」そう、いつかは私を必要としない日が来る…

「それでも!それでもあの子と!」「わかった。好きにしぃ。協力できることはしたるから。○○とはもうセックスもフェラもしないから。」母がシャワーを浴び終えて実家へ二人で戻りました。

さっきまで孫とセックスをしていた還暦のお婆ちゃんと思えないほど自然に父や他の孫たちと楽しそうにする母。

私は間違いなくこの人の娘だと実感させられました。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.10%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-04-22
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-04-20 1回 0位
-
-
週間 7回 11,107位
月間 30回 11,223位
年間 984回 11,143位
累計 3,177回 10,822位
全話:11,319件
前後の話
次の話(2018-01-31 21:32:54)新婚の友人のセックス
前の話(2018-01-31 16:46:43)生徒会室で見せ合いH

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR