エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 付き合っていたとき清楚で凛々しい女…
投稿:2018-01-25(木)12:49

付き合っていたとき清楚で凛々しい女上司だったのに、結婚してみると、ドSの奥さんだった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:11,227回)
名無しさんからの投稿

まさか妻にこんな性癖があるなんて思っていませんでした。

でも、今となっては僕も妻の性癖に日増しに虜になってしまっているのです。

妻とは同じ職場で出会いました。

僕が入社して半年後に正式に配属先が決まり、そのときの教育担当の女子が妻でした。妻は、それまでも何年も教育担当をしていたため、仕事中はきりっとしていて、手際もよく、時には厳しく指導してくれました。他の女性は、カジュアルスタイルで働く方も多い中、常にスーツ姿で、タイトスカートを履き上司として本当に尊敬できる人でした。

そんな妻とは、その半年後に妻のほうからの誘いで、食事に行ったりするようになり、自然と付き合いが始まったのです。

お付き合いは1年。職場を離れると、職場での雰囲気は一切なく、女の子らしい様子を僕に見せ、僕より10歳も年上にもかかわらず、僕にリードしてほしいといって、立ててくれました。

デートの行き先や、食事などだけでなく、いわゆるセックスのときも、同じでした。

そんな妻に僕もぞっこんになり、いつしか妻とのデートのために、それまで学生時代からはまっていた風俗も卒業し、家でのマスターベーションやAV鑑賞までも卒業し、妻とのデートにすべてを出し尽くすようになって行きました。

そんな感じで、1年のお付き合いを経て、結婚したのです。

妻には兄がいてすでに結婚して子供もいたのですが、仕事の都合で家族で海外に住んでいることもあり、妻の両親の計らいで、妻の実家に住まわせてもらうことになりました。就職して間もない僕にとってはまだ収入も少なく非常に助かりました。妻も、両親も僕に違和感なく過ごせるようにいろいろ気を使ってもらいました。

とりあえず、僕たち夫婦は離れに住むことになりました。

2階に部屋ほどが、兄夫婦も使っていない部屋があったので、その部屋を使うことにしました。離れに水周りの関係もそろっているので、気兼ねなく過ごせました。両親と顔を合わすのは毎朝の朝食の時間だけといった具合。それも、あまり顔を合わさないのもおかしいし、朝ならそんなの長い時間一緒にならないというのもありました。

そして、結婚して2年が経過したのですが、実は僕たち夫婦には子供がいないのです。まあ、まだ2年ですので、あせる必要はないのですが、唯一両親からは、僕たちの孫の顔が早く見たいというリクエストがいつもの会話となっていました。

その度に、妻のほうが両親に僕が今社内で仕事に集中して出世していく大事な時期だし、とかいってうまく交わしてくれたのです。

確かに実際同期の中で、サブリーダーという役職をもらったのは、僕が1番早かったのも事実で、それもあって、両親も納得してくれていたのです。

やや前置きが長くなりましたが、実際のところはまったく違います。もちろん、普段は僕のことを立ててくれますし、本当にすばらしい女性です。

しかし、夜の寝室での2人の時間になるとそれがまったく変わるのです。

実は妻は完全な『ドS』体質で、若い男の子を自分の思い通りにいたぶったり、羞恥なことをさせて、喜ぶタイプだったんです。それがわかったのが、新婚旅行から帰ってきてさらに1週間後。妻のほうから、話があるといわれ、そのことを告白され、以降僕たちの性生活は妻が完全に主導権を持つことになりました。

「あのね、卓也君に話しておきたいことがあるの?聞いてくれる?」

「急にどうしたの?裕美さんの言うことだったらちゃんと聞くよ。」

「びっくりしないでね。」

「そんなにすごいこと?大丈夫だけど。」

「じゃあ、言うね。私卓也君のことすごく好きで、だから結婚したんだけど、実はそれまでに、7人の男性と付き合ってきたの。しかも、全員年下。その中には卓也君もよく知っている営業のK君や、企画のS君もそうなの。」

「えっ、、。そうなんだ。K先輩なんかは、僕より男らしいし、出世もしてるけど、、。」

「うん、わかってる。じゃあ、他の男性より、卓也君を選んだ理由なんだけど、、。他の男性よりも、すごく優しくて、私のこと大事にしてくれそうで、私の言うことをちゃんと聞いてくれそうだし、後、セックスの相性が1番合ったから。」

「うれしいよ。セックスの相性って言われると、少し恥ずかしいけど。でも、僕も、今まで話してなかったけど、裕美さんとデートのために、一切の風俗も、あと、、。恥ずかしいんだけど、自分でオナニーするのも、ずっと卒業して全部裕美さんに注いでたんだ。だから、デートのときはいつも、少なくても2回以上はできてたでしょ?」

「なんとなく、わかってた。K君からも、最近卓也君が風俗に付き合ってくれないって私に教えてくれてたし、、。そう、卓也君はすべての精子を私に注いでくれてる。私のために、我慢することもできるって、そう思ったの。で、結婚するなら卓也君って決めた。」

「僕は、今でも、変わらないよ。オナニーもしてないし、AVも見てないし。裕美さんだけだから。」

「わかるよ。で、ここからなんだけど。今まで隠してたんだけど、私『ドS』なの。だから、セックスのときは私の言うことを聞いてくれる年下のかわいい『ドM』君をずっと探してたの。それで、ようやく卓也君にたどり着いた。だから、入念に卓也君のM性を確かめて結婚したの。だから、これからは私のやりたいセックスに卓也君は付き合ってくれないとだめなの。もちろんできない場合は、離婚してもらうし、今の会社にも居れないようにしちゃうかもよ、、。いい?」

「そっ、、。そうだったんだ、、。でも、、。それでも、、。僕は裕美さんと一緒にいたい!」

「うれしい!あっ、ちなみに、セックスのとき以外は、今までどおりにするから

。でも、それは約束してほしいと思って、、。じゃあ、早速だけど、今日から10日間はそれぞれ違う部屋で寝ようよ!ちょうど、2部屋あるし。私いろいろ準備したいこともあるの。いいでしょ?」

「今からなの、、。最後に今晩だけ今までのセックスをするとかもなし?新婚旅行から1週間やってないし、だいぶ溜まってるよ。さらに10日も我慢するの?」

「卓也君はいつからそんな先輩に口答えする子になったわけ?そんな教育私一切してなかったよね?で、できるの?してくれないの?どっち?」

「わかったよ。裕美さん。ちゃんと我慢するし、言うこと聞くよ。」

「ダメ!これからは裕美さんじゃなくて、裕美様って呼ぶのよ。しかも、ちゃんと、私に我慢することを、誓いなさい!」

「そんなぁ、、。どうしちゃったの?」

「まだ、わからないの?私は『ドS』であなたは『ドM』わからない子は、こうやってお仕置きするから!」

そういうと、仰向けに寝ている僕の横に裕美さんはすっと立ち上がると、僕の半勃ちのチンポを右足の指先で探し当て、パジャマの上から掴んで激しく擦り始めたのです。

「あぁぁぁっっっ!そんなこと、、。されたら、、。1週間溜めてたものが出ちゃうよ!裕美さん!」

すると、僕の亀頭を完全に捕らえた指先にさらに力を入れられ、僕の腰が勝手に跳ね上がって反応してしまった。

「だから!裕美様だって言ったでしょ?言っとくけど、今日は出したらだめだからね!早く言うこと聞かないと、私たちスピード離婚になっちゃうよ?」

「それだけは、、、。裕美様ともっとセックスがしたいですぅぅっっ!!だから、許してください!!裕美様!!裕美様のためにたっぷり溜めた僕のスケベ汁をあと、10日間必ず溜め続けることを約束します!!あと、今日からはセックスのときは裕美様の言うことに従うことを誓います!!だから、僕のチンポをこれからはいっぱい、気の済むまでかわいがってください!!」

「ふふっ!かわいいじゃないの!ちゃんと言えたじゃない!この際だから、もう少し言っておくけど、卓也君がかわいい『ドM』君だと思ったから、結婚したけど、そうじゃなかったら、1ヶ月くらい付き合ってポイ!するつもりだったんだよ!チンポだって、卓也君の中では大きいって思ってるかもしれないけど、私が付き合った子の中では、中の下くらい。どっちかといえば、K君なんかのほうが20センチ砲で、雁首も張っててすごかったんだから!」

「K先輩のことは、言わないでください!裕美様のセックスに言うことを聞くことができるのは僕だけなんですから!僕は『ドM』で変態で、裕美様の為なら、オナ禁する奴隷になるんです!絶対もうK先輩のことは言わせません!」

「あら、立派な『ドM』君じゃない!期待してるわね!10日後が楽しみ、、。」

すると、僕のチンポを挟みつけていた足は離され、何もなかったかのように、裕美さんは隣の部屋へと消えていきました。

「おやすみ!『ドM』の卓也君!妄想してしごいたりしちゃだめだからね!知らないと思うけど、この部屋だけじゃなくてトイレやお風呂にも、隠しカメラがあるから、変なことできないわよ!念のため、、。ふふっ、、。ほんと、楽しみね?」

部屋の扉がしまった瞬間大きくため息をつき、これから始まることに恐怖と、なぜか今まで感じたことのない激しい興奮を覚えたのです。

10日後の夜。

その間は、本当にあの日の夜が夢だったのかというほどに、裕美さんは約束どおり普通に接してくれていました。ただ、別の部屋での夜は思った以上にきつかった。しかも、毎日僕がオナニーしていないか確認しているようで、気が抜けませんでした。会社とか外で抜くことも考えたのですが、あのとき

の裕美さんが頭から離れなくて、とてもそんなことできませんでした。

夕食を済ませ、お風呂の時間。

いつもどおり、僕が先に入ることに。そのときに、小さい袋をもらい、お風呂から出てきたら、袋の中のもの以外は着用禁止だといわれました。で、お風呂から出たら、その格好で、寝室で仰向けになって待っておくように言われたのです。

僕はお風呂を済ませ、袋を開けました。中に入っていたのは、アダルトショップとかでしか見ないような小さい生地のパンツです。色もゴールドで、横は紐になっていて、前はもうチンポが隠れる程度の生地しかありませんでした。

「横の紐はできる限りいっぱいに引っ張り、いっぱい溜めたチンポを締め付けるようにして履くこと! 『ドM』の卓也君へ (チュッ)」

裕美さんからのメモに、横の紐をいったん解き、きつく結んでいきました。きつくするほどに、前の部分が左右に引っ張られ、また上向きに突き上げられる感覚で、それだけで、もうパンツの中にもらしそうな勢いでした。

履き終えると、寝室へと向かい仰向けになりました。

僕が寝室に向かったことを確認し、裕美さんもお風呂に向かったのです。時間にして20分くらい。いつもと同じ時間なのに、妙に長く感じました。

「卓也君!入るわよ!」

「裕美様!お待ちしてました!お願いします!」

「あら、今日はちゃんと言えたのね?いい子じゃないの?」

寝室に入ってきた裕美さんは、今まで見たことのない、ビデオの世界で見るようなスケベな格好をしていました。

パープルのレースのキャミソールは肩紐になっていて、もちろんノーブラ。裕美さんのHカップのおっぱいがこぼれそうになっています。

お揃いの色のショーツもレースになっていて、毛が横からはみ出るくらいの小さな生地。お尻は割れ目がくっきりわかるデザインで、90センチオーバーの裕美さんのお尻は完全に収まりきっていないのです。。

おまけに同じパープルの網タイツを履いていて、お風呂上りなのに、ピンヒールのパンプスまで履いていてまさに女王様といった風情です。

「ねぇ?似合ってるかしら?っていうか、興奮する?卓也君も結構似合ってるわね!そうやって見ると意外と卓也君のチンポも大きいのかしら?これからは、私が用意したパンツを履くこと。ちなみに、今までのパンツは全部捨てたから、仕事中もそのパンツだけど、興奮しちゃだめなのよ!同期の総務課の愛美のこと少し気に入ってるらしいけど?」

「そんなことないです!僕は裕美様しか見てませんから!」

「わかったから、、。そういうところもかわいいわね!ちなみに、言うこと聞かないと、この前は足であなたのチンポ擦り付けてたけど、今日からは私、ピンヒール履いてるから、、。わかるわよね?あっ!こんなこと言っちゃったら、『ドM』の卓也君のことだから、わざと逆らっていじめられたりしちゃう?」

「そんなことは、、決してないです、、。」

といいながらも、一瞬どうなるか妄想してしまい、腰がピクンッ!と反応しました。それを裕美さんは見逃しません。

「っていうか、反応したでしょ?して欲しいんなら仕方ないわね?お願いしてみて?どんなことになるかわかっておいたら、今後逆らわないでしょ?」

「はい!裕美様のそのヒールで、僕の精子いっぱいのチンポを踏んでください!」

「ほんとに変態になっちゃたのね!その調子よ!じゃあ、少し両足広げてみなさい!」

軽く足を広げると、その間に裕美さんが移動し、右足のヒールが僕のパンパンに張ったチンポの上に乗っかてきた。僕の亀頭にピンヒールがピンポイントで押し付けてきた。

「あうぅぅっっ!!はぁぁぁっっっ!!ふぅぅっっ!!ひゃぁぁっっ!!」

「もう、変態君!呻いてないでなんか言ったらどうなの?それとも、押し付けが足りないわけ?」

ピンヒールが亀頭に突き刺さったまま、つま先で僕の2つの玉をこすり付けてくる裕美さん。もちろん、パンツの上からではあるのですが、薄く小さい生地のパンツもう、直にやられている感覚です。

「あふぅぅっ!!ひっ、、ひろみ、、、さま、、。最高に気持ちいい、、、ですぅぅっっ!!もっち、いじめてください!!あっ!いっっくぅぅっ!!」

「だめでしょ!イクのはだめ!」

「はふぅぅぅっっ!!が、、、がまん、、、しますぅぅ!!がまんしますから!!もっと!ください!!」

「もう、だめ!本当にいきそうだし、、。もう終わり!卓也君っておっぱい好きでしょ?私がいいって言うまでなめなさい!ほら!裕美の巨乳が好きっていってたもんね?」

普通になめるのかと思いきや、今度はおっぱいを僕の顔にこれでもかというくらいに押し付けてきた。おまけに網タイツのふくらはぎでチンポを刺激してくるし、どうにもがまんできないのです。

「どうしたの?おっぱい早くなめなさいよ!舐める前もわかってるわよね?」

「うぐっっっ!むんぐっっ!ひろみ、、、さま、、!僕の大好きな、、おっぱいをいっぱい舐めさせて、、、ください、、!あっっっ!!いいっっっ!!」

「いいわよ!ちゃんと気持ちよくしてくれないとだめよ!」

「チュッっーー!!ペロッ、、ぺろっ、、。じゅるじゅじゅるっっーー。はぁっっ!!」

こんな状況が5分近く続いたでしょうか。さらに、エスカレートしていきます。

「もういいわよ!他にもおっぱいでして欲しいことないの?前よく言ってたじゃない?」

「あぁぁっっ、、。そういえば、、。ひろみさま、、、。その大きなおっぱいで、僕の顔を左右からぶってください!」

「そうよ!変態君!してあげるわね!あのころは、卓也君のリクエストだしと思ってやってあげてたんだけど、こんなこと、『ドM』君の発想だもんね?」

そういって、両手で大きな左右の乳房を支えると、僕の顔に右から、左からと乳房が僕のほっぺたをはたいてきます。

「あぁぁっっ!ひろみさまぁぁ、、。もっと、、、。ください、、。」

僕は巨乳好きのおっぱい星人。風俗のときも、AV見るときも、巨乳専門でした。裕美さんのことが好きになったのも、このおっぱいが理由だといっても過言ではありません。

「じゃあ、今度は私のお尻をあげるね。おっぱいはこれでお預け。」

そういうと、僕の顔にお知りをどっしりと乗せ、僕のチンポをパンツから取り出すと、ついに裕美さんの口の中へと、導かれていきました。

「そろそろ、出したいでしょ?でも、いいって言うまでだめだからね!それまで、私のお尻をいっぱい嘗め回しなさい!」

「ひろみさまぁぁ!!お尻!いただきますぅぅっ!!このまま窒息してもいいくらいに気持ちいいっっ!!こんなプレイだったら、、、僕、、もっとしたいですぅぅっっ!!」

「わかったわ!!でも、少し見直したわ!!卓也君のチンポ、、。こうしてみると、結構立派じゃないの?裕美のお口で気持ちよくしてあげるね!」

「じゅるっっっ、、。じゅるるるぅぅっっ、、。ちゅっっっーーー。ちゅぱっっ、、。」

「うぐっっっ、、。じゅるる、、、。じゅるるるっっ、、。」

お互いの嘗め回す卑猥な音だけが部屋に響きます。

「卓也君!!いっぱい出してもいいのよ!裕美がお口で全部受け止めてあげるから!!その代わり、このあとすぐにセックスするからね!」

「わかりました!!ひろみさま!!射精してすぐに、裕美様の中に挿入させてもらいますから!!いくぅぅっっっ!!!もう、、ゲンカイですぅぅっ!!」

たまりに溜まった僕の白く濁った汁が大量に裕美さんの口の中に注ぎ込まれました。たまりに溜まったそれは、今までにない激臭を散らかしていきました。裕美さんからも、大量のスケベ汁が垂れ、僕の口もべっとりと濡れました。

このあとすぐに、セックスをしました。僕のチンポは萎えるどころかさらに勢いを増し、裕美さんを突き上げました。とはいっても、もう僕は主導ですることはできず、仰向けの僕に、裕美さんがまたがり、裕美さんのペースでピストンされました。でも、おっぱい好きの僕は、激しく揺れるおっぱいを下から眺め、最高の景色を拝んでいました。

そして、今もこんな関係が続き、子作りどころではないのです。ただ、4月には兄夫婦が帰国予定で、その後の僕たちはどうなるのか、思案中です。

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-01-25 17:07:07)俺らの野外ハメ

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告