エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 愛妻と複数プレイがしたくて日々悶々…
投稿:2018-01-17(水)07:49

愛妻と複数プレイがしたくて日々悶々と5

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:2,433回)
名無しさん(30代)からの投稿

愛妻 深雪の過去の体験談を報告します、

セクハラ店長と神社の境内で青姦しちゃう話

落葉が目立つ季節の頃、その日は学校が休みだったので深雪は朝からバイトに入ってた、シフト上の関係で時間は13時までの勤務だった、時間が来たので帰宅しようと裏口を出たところ、作業していたセクハラ店長がいた、

「おっ、深、…、橋本~、今上がりか?…今日暇なら、ちょっと付き合ってくれ、」

「お疲れ様です、はい、終わりました、、暇なんでいいですよ、」

「おっ、そうか、俺半ドンなんで、あと1時間ぐらいかなぁ、んじゃ、1時間後に駅に向かいに行くから、…………シャワー浴びとけよ、」

「…………はぃ、」

深雪は一旦自宅に戻り兵藤に言われたとおり、シャワーを浴びて駅で兵藤を待つ、程好く兵藤が来て車に乗り込み走り出す、

「今日は、何処に行くの?」

「ふふふ、ナイショ、なんてな、」

1時間ぐらい走ったところで、古い鳥居の前に車が止まる、そこはかなりの山奥で、周りには数件の民家と畑、他は山、山、山、しか見えません、

「え、ここは?」

「あ~俺の家の近くの神社、さ、降りて、」

戸惑う深雪に兵藤は車から取り出した竹ホウキを手渡す、

「ん?え?」

「掃除、今から、この神社の階段と参道の掃き掃除をします、ん、どうした~?、キョトンとした顔して、まぁ、バイトだな、手伝ってくれ、」

「はぁ~……わかりました、」

深雪と兵藤がいる神社は現在神主がいない為、周辺の集落の青年団から月替わりで管理しているそうで、今月は兵藤の家が当番だった、二人は階段の落葉を掃きながら境内に入って行く、

そこは杉林に囲まれた場所で真ん中に普通の一軒家ぐらいの古い木造の社殿があった、

30分ほどで、参道の掃き掃除が終わり、枯れ葉を集めて火を着ける、

「これで良し、いや~ありがと、助かったよ、さてと、へへへ、今からヤるぞ、セックス、するつもりだろう、?」

「……エッ……ィャ……あの、……うん、……」

パンパンパンパンパンパン、パンパンパンパンパン

社殿の裏で深雪は柱に手を付いて生尻を突き出している、その尻に兵藤は肉棒を突き刺し腰を打ち付ける、

「がはは、どうだ、深雪、外でやるのもいいもんだろう、ほれ、ん?、」

「ンンッ……ンンッンッ…ィンッ…ィンッ…、」

「大丈夫だぁ、ここは滅多に人が来ないから、声出していいんだぞう、ほれ、ほれ、ウッ、気持ちィ、」

「アアンッ、ィンッアンアンッ、ィンッアンアンッアアアィンッ、ィンッアンアンッ、ンンッ」

「うぉ、締まる締まる、やべぇ、イキそうだ、ウッイグつ…………あ~気持ち良すぎて、イッちゃったぞ、……ふぅ…気持ち良かったった、」

「アンッイインッィンッアンンッ、ィンッ、アンッアア、アンッアアアアンッ、ィンッ、ィンッ、ンンッ、ンンッ、アンッアアア、………………」

「ふぅ……暗くなってきたな、どうする、帰るか?それとも、まだやるか?ん?」

「……はぁはぁ……、んと、……したい……」

「そうか、したいか、よし、……寒くなってきたから社殿の中に入ろうか、」

社殿の中は二十畳ぐらいの板間になっていて正面奥に神棚が設置されていた、兵藤は柱ごとに付いてるロウソクに火を灯す、

「深雪、ここはな、子孫繁栄に後利益があるらしいんだ、そうだ、おもしれ~もの見してやっか、コッチおいで、」

兵藤は深雪の手を引き板間から出て奥に向かい廊下を歩く、奥まで行くと神棚が設置している壁の裏に小部屋があった、その部屋に入ると中には男根を象ったご神体が奉ってました、

「ここら辺には習わしちゅうか、言い伝えみたいなのがあってな、今じゃ知っているのも俺含め4、5人ぐらいかな、戦前まで本当にあったらしいぞ、まぁ、淫習ってヤツがな、………………」

兵藤は板間に戻って真ん中に座り込み後ろから深雪の乳房を揉みながら語り始めた、

その昔、子を増やす為、血を残す為、年に4回この神社で乱交が行われていた、下は精通、生理がきた子供から、上は40歳まで、神主や巫女その家族も交ざり、中には近親相姦、婿と義母、嫁と義父、他人の妻と夫と、訳の解らない交ざりようだったそうです、普段は穏やかな集落の住人達がその年4回の日になると狂ったように交わるのだそうだ、初めてする男女には神主と巫女がそれぞれ相手をする決まりがあって、ご神体の前で初物と交わり、それが合図となり乱交が始まるのだと、ただ明治、大正になると都市部に人口が流れて始め、戦争が始まる頃には、神主の家も途絶えその習わしも無くなっていったようです、

社殿の中では、全裸の兵藤と深雪がお互いの股間に顔を埋めていた、

「そろそろ、入れるぞ、俺も習わしに従って深雪と子供を作ろうかの、ん?どうだ?生で入れていいか?」

「ングンッ…だめ~ゴム着けて、……ンンッ……やだぁ…じゃないと……許さない…ィンッ…」

「わ、わかった、ゴム着ける、すぐ着ける、」

兵藤は寝ながらゴムを装着する、深雪は兵藤の上に股がり腰を落とし込む、深雪は狂ったように腰を振り、兵藤は子供のよいに乳房にしゃぶりつく、

社殿の中には男女の交わる淫媚な香りが漂い、ロウソクの仄かな灯りが獣のように交わる二人を照らしていた、それはまるで何かの儀式のように、……

ラブホでセクハラ店長とコスプレしちゃう話

セクハラ店長の兵藤は悩んでいた…………

「くぅ…………どうすればイインだ。!……クソッ!……」

「…………店長…………」

「深雪~、ワシはどうしたら、どっちを選べばいいんじゃ?…………、」

「………知りません……」

深雪と兵藤は今、前回来たラブホに来ています、部屋の中ではベットの上に深雪の中学時代の体操着と制服が拡げられていました、

「おっと、今日は時間が無いんだったな、………

う、……ん、よし、決めた!、ブルマで、お願いします!……さぁ着替えてくれ、制服は次回で、」

「はぁ……わかりました、………」

深雪は体操着を持ち浴室へ入って行く、兵藤はすぐに服を脱ぎだし煙草に火を点ける、

「深雪~まだかい?」

「ハ~イ、今出ます~」

ブルマ姿の深雪が浴室から恥ずかしながら出てくる、

元々巨乳なのがさらに強調して丈も短くヘソが見える、尻はブルマがくい込みさらにいやらしい体つきに見える、

「うぉ、~なんてエロいんだ、」

「ゃだぁ…なんか恥ずかしい、…あんまり見ないでください、……」

「よし、今から俺は体育教師だ、んで、深雪は生徒な、そんで、ここは体育教官室だ、いいか!」

「へ?、……は、はぁ~、って、くっくく、フルチンの体育教師って、くっくくく、……しかも勃起してるし~、……」

「う、うるさい、オマエの体つきがエロいんだろう、じゃ、じゃ、じゃぁ今から始まるぞ……………橋本~、何でここに呼ばれたかわかるか~」

「は、エッ……、わ、わかりません、」

「橋本~オマエは体力が無い!、よって今から筋トレを先生が手とり足とり腰とり指導する!わかったか~、」

「はい、わかりました、……先生…」

「まずは、腕立て伏せ10回!」

深雪は腕立て伏せをベットの上で始める、

「おっ、なんだぁ~橋本、オマエ、ブラしてないのか!、乳首立ってまるわかりだぞ、ほれ、ほれ、おっと、尻は尻で、すげぇくい込みだなぁ、引っ張ってやるか、ほれ、ほれ、」

「アアンッ、ィャ……んンンッ…ヤン…引っ張らないでぇ~ンンッアンンッンアン、ダ、ダメェ~」

深雪は兵藤に乳首を弄られ、尻は弄られて倒れこむ、腕立て伏せは6回が限界でした、兵藤は深雪の太腿に股がり、勃起した肉棒を深雪の秘所へ当てる、

「ほれ、次は背筋10回だ、」

「う、…先生、ンッ…ンンッ何か当たっているんですけど、アンッ……ンンッ、ンッ…ンンッ…ンンッ…ンンッ……」

「気にしない、気にしない、ほれ、うん?お~背筋は出来るんだなぁ、よし、次は腹筋10回、ほれ、足押さえるから、」

「え~たぶん、出来ないよ~う~ん1回、…に、2回!……ンンッンッ…ヤン…」

兵藤は腹筋を始めた深雪の秘所に指を這わせ弄り始める、

「ほれ、どうしたぁ?ん?、しかし橋本エロいなぁ、ほれ、どうした、出来ないとお仕置きしないといかんなぁ~、」

「う~んンンッ…ダメ、出来ないよ~」

「どうした、何で出来ない?」

「だって~そんな弄られたら、気持ち良すぎて、力が入らないよ、」

「なんだぁ~先生が悪いのかぁ、ダメだなぁ、人のせいにして、そんな悪い子にはお仕置きが必要だなぁ、へへ、たまらん、まずは、先生のチンポをしゃぶれ、ほら、」

「ハイ…あむッ……ング…ジュル…チュパ…ンッ…ジュル…ンッング…チュル…ンッ…ジュル」

「ウホッ、気持ちィ、なんだぁ橋本、オマエ慣れてんなぁ、さてはオマエ男知ってんなぁ~、ダメだなぁ、う、…気持ちィ…よし、今から罰を与える、」

兵藤は深雪から体操着を脱がせ、自分の肉棒にゴムを装着し、正常位で深雪に突き刺す、

「どうだぁ、橋本、先生のチンポは、ん?」

「アンッイイン、イイン、気持ちィンッアン、ィンッアンアンッアアィンッ、ィンッアンンッンアン、ィンッアンンッンアン、ンンッンッ」

「橋本~オマエはスケベな生徒だ、これからは先生のチンポで指導して行くからな!いいな!」

「ンンッンッハイィンッ、お願いィンッしますンアンアンッ、ンンッイインッ、ンンッ、ィンッアンンッンアンアンッ、」

二人は体位を変え対面座位になり濃厚な口付けを交わす、その後、後背位に変わり激しく腰を振り、二人一緒に絶頂した、

セクハラ店長と温泉旅館に泊まり生でしちゃう話

季節は秋から冬に移り変わり、深雪は兵藤の車で地元から近い温泉旅館に向かっていた、

「今日は、あれだなぁ、旅館で周り人がいる時は、ウチら親子な、」

「えっ…あ、ハィ……」

「……ふふ、近親相姦だな、……」

「ちょ、何言ってんですか!」

旅館に到着し、ロビーでチェックインし仲居さんに部屋を通され館内設備の説明を受ける、

「…お、父さん…食事は何処で食べるの?、……」

「お、おお、え~と、あっそうだ、今回は部屋食のプランだったはず、」

仲居「そうですね、お食事は18時から20時の間にご用意出来ますが、いつに致しましょうか、」

「う~、今が16時だから、深雪は何時がいい?」

「う~ん、お父さんが決めていいよ、」

「んじゃ~、18時で、お願いします、」

仲居「かしこまりました、では、失礼します、」

深雪と兵藤は浴衣に着替える、もちろん二人とも下着はつけません、

「よし、温泉入りに行くか、」

二人は連れ立って大浴場へ向かう、残念ながらこの旅館に混浴、貸し切り風呂はありません、

「今16時過ぎだから、17時頃にそこのマッサージ機が置いてある所で落ち合おう、」

「ハイ、じゃ、後で、」

二人はそれぞれ大浴場に入って行く、兵藤は入念に体を洗い温泉に入る、そこに体を洗っている若者二人の会話が聞こえてきた、

「そういえばさっき、すげぇいい女いたよな、」

「おう、いたいた、アレだろう何か芸能人に似てた人だろう、ヤりて~、」

「なぁ、もし見かけたら、声かけねぇか、あわよくば部屋に連れ込んで、朝までヤりまくるべぇ、」

「いいねぇ、その話乗った!……」

(こりゃ~深雪のことだなぁ、)

兵藤はニヤケながら、ゆっくりとお湯を楽しむ、若者二人が浴室から出て行ったのを見て、兵藤も風呂から上がり、また体を洗ってから浴室を出る、そして、わざと待ち合わせ時間送らせて大浴場から出た、案の定そこでは若い二人の男が深雪に話かけていた、

「おう、お待たせ深雪、ん、なんだ、知り合いかぁ?」

「あっ、お父さん、遅い!」

深雪は男達から逃げるように兵藤の元に行き腕を絡める、

「ワリィ、ワリィ、って、あれ、知り合いじゃね~の?」

「全然、知らない人、行こっ、」

兵藤は部屋に戻りながら、風呂場での会話を深雪に話した、部屋入ると深雪は兵藤に抱き付き自分から口付けをする、

「どうした、深雪からキスしてくるなんて?」

「…だって…怖くなってきたから…あんな話聞かされて…」

「そうか、大丈夫、お父~さんがいるだろう、…でも、想像しちゃったんじゃないか、なぁ、あの二人に朝までヤられまくること、ん、」

「そんなの知らない、…私には店長がいるもん、」

「ふふ、よし、夕食までイチャイチャするか、ほれ、キスしよう、」

夜になり夕食を終え、兵藤はほろ酔い気分の深雪に肉棒を咥えさせていた、

「ングジュル…チュパンッ…ジュルンッ…ンンッ…ジュルンッ…チュル…ンッングジュルンッ…」

「気持ちィ~、深雪、フェラ上手くなったなぁ、いいぞ、……うぉ~いい……そろそろ入れるぞ、…」

深雪に覆い被さり正常位のスタイルになる、兵藤は肉棒を深雪の膣穴にあてがう、

「深雪、生で入れていいか?」

「ンッ………いいよ………ンッ…」

深雪の言葉を聞いて兵藤は腰を落とし込む、

「う、…いい……気持ちィ、深雪の生マンコあったかい、やっと生でやれた、気持ちィ~、深雪~、どうだ俺の生チンポは!、」

「アアアアンッ、ンッンアン、ンッ…ンンッンッンアン、ンッ…気持ちィ、ンンッンッ、ンッンアン、ンッンアン、ンッンアンアンッ……」

「がははは、気持ちィか~、ん、生でヤるのと、ゴム付きでヤるのと、どっちが気持ちいいんだ、ん、どっちが、いいんだ、?ほれ、ほれ、生チンポとゴムチンポどっちだ?、」

「ンアン、ンッ…ンンッンッ、生でンンッンッンアン、生が、…ンンッ生が、ィいいィンッ…ィンッアン、生チンポ、ンッ、生チンポンッアン生チンポがィいいンアン、ンッ…ンンッ」

床の間の間接照明だけが点いている部屋の中で、深雪の細い腰を掴みその白い尻に向かって兵藤は一心不乱に肉棒を何度も突き入れる、

「深雪~いいぞ、……イキそうだ、…このまま中に出すぞ!…たっぷりと中に出すからな、う、…締まる、締まる、深雪もイキそうか?、一緒にイくぞ!うぉ~、」

「ンンッアンンッいや、ィ…ンンッダメェンアン、中はダメェ、ンッ…ンンッイヤンッ……赤ちゃんンッできちゃうッ……ンンッンッ、ンッ…ィンッ、ィンッイッちゃうっンッ…イッちゃうっンッンアン」

兵藤は僅かに離れようとする深雪の肩を掴み、ニヤケながら更に激しく腰を突く、

「締まるぅ~、たっぷり中に出すぞ!孕め、俺の子供を孕め、深雪ママになっちゃえ、うぉ~イグぞ、あ~イグッ……、あっ、あっあっ、気持ちィ~、はぁはぁ……へへへへ、たっぷりと出してやったぞ、……はぁはぁ……」

「アアアアアンンアン、ンッイインッィンッイッちゃうっ、ンッイインッィンッ、イッちゃうっ~、イッちゃうっ、イッちゃうっンッ…イクッ…………アッアッ、ァ、ァ、ヴッ、ウッ、………」

この後、眠るまでに2回中出しされて翌朝、部屋にある浴室で1回中出しされたそうです、

兵藤はこの日以降ゴムを装着しなくなります、さすがに妊娠の不安があり深雪は産婦人科で調べてもらいます、そこで自分が妊娠しにくい体質だと知らされ、そのショックとセックスの気持ち良さで、中出しに抵抗が無くなり、深雪が私と出逢うまで中出しされまくります、

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-01-17 14:01:02)不細工な俺が熟女に中出し

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告