エチケンTOP
投稿:2018-01-15(月)11:22

その後の二人

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:9,552回)
群馬県/オオドラさん(20代)からの投稿

前回の話:女友達とのワンナイト~続編~

俺たちはセフレ同然となり、その晩は二人で酒を呑み俺のアパートに泊まっていた。前夜もヤったから二人とも裸で寝ていた。ふと目覚めると何やら下半身に暖かさを感じた。

「チュポ、チュポ、チュポ」

なんだろうと寝ぼけながら考えていたが、隣に彼女がいない。そう、彼女がフェラをしているのだ。

「チュポ、チュポ、チュポ、チュポ!」

寝たふりをしていると彼女の顔が現れ、首周りを舐めだした。大きな胸が当り、興奮する。しばらくすると乳首を舐めだした。寝たふりしながら全身リップを堪能していると急に耳元で、

「起きてるでしょ?」

と呟く。

「ヤバい、気持ちいいよ」

と言うと、

「挿れるね。」

と言いながら、彼女が跨がった。

ズブズブという感触と同時に暖かさに包まれた。

「朝は固くて、おっきいね。」

腰をゆっくり前後に動かし始めた。

「あっ、あっ」

俺の乳首に手を添えながら動く。段々激しくなってきた。

「あぁん!あぁん!あぁん!」

「あぁっ!あぁん!イィ‼」

足を押さえつけ、下から突き上げる。

「あぁん!あぁん!ダメ!あぁん!きゃっ!」

下半身がびちょびちょの彼女を立たせ、立ちバックに変える。胸を揉みながら乳首を責めた。

「あぁん!」

腰を押さえつけながら激しく突く。

「あぁん!あぁん!あぁっ!あぁん!あぁん!」

「当たる!もっと!あぁん!あぁん!あぁん!」

お互い疲れてきたから正常位にする。

「あっ、あぁん!あぁん!」

その時思わぬ言葉が発せられた。

「あぁん!中に‥あぁん!中出していいよ。あぁん!」

さらにスピードを早め責める。

「あぁん!あぁん!あぁん!いいよ、出して‼」

ドクドクと射精感が襲う。

「はぁ…はぁ…今日は出して欲しかったの。」

そして俺らは服を着て添いながら寝た。

続き:俺らの野外ハメ

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-01-15 12:10:22)お隣に住む奥さんと、、。
前の話(2018-01-15 10:25:18)彼女と付き合った経緯

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告