エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > スイミングスクールのパートナーは彼…
投稿:2018-01-14(日)22:18

スイミングスクールのパートナーは彼女

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:12,540回)
埼玉県/ハイドロCDさん(30代)からの投稿

仕事はスイミングスクールに働いて居て全てを任されて居る。

家族構成は俺と小学5年小学4年の年子で2人とも女の子、妻は下の子を産んで他界した。

そんな我が家だが、やっぱり制欲は溜まるし。

娘をお風呂に入れて勃起したモノを娘に洗ってもらうしもちろん娘もスポンジで洗った後に洗い流す時は身体を確かめる様に触りまくる。

勿論だけど、制欲は風俗で処理して居る。

スイミングスクールと言っても幼稚園があって、

授業とかある時は若い先生も一緒に入るがそれも週二回の2時間位で楽しみはあまり無い。

やはり楽しみはスクールの時間だろう。

指導という名前のセクハラ!

幼児から小◯生が中心だが遅い時間は中◯生から高◯生まで来るから。

そんなことで水着も今でもVカットの競泳水着。

一流メーカーの水着だけど、男の子には青。

女の子には赤、共に横と肩紐のデザインにはラインが入っている。

先生も同じ水着を着る、勿論幼稚園の先生たちにもお願いして着てくれる先生が増えたのは嬉しい。

他にはアルバイトで来ていた女性が辞めると言うので他に探そうとしてたが。

高◯生で習いに来ている女子に、手伝ってくれないかな、もう1人の先生今月か来月半ばで辞めるから。

大学行くので空いた時間で良ければ。

「じゃあ、4月以降時間分かったら教えて。」

「来週は3月だから、時間は自由ですが」

「毎日でもいいから、シフト置いておくね」

「宜しくお願いします。バイト見つかって良かったです」

「水着だけど、新しいのロッカーの上に」

「自前のでも良いけど自腹だからうちの着て」

「今日からお手伝いします。」

内心では助かった。素直な子だし一から教えなくてもいいから。

それに、あの適当なおばさんが昨日で辞めてもらったから。

「じゃあ、水着着てみてサイズ無ければ注文しておくから!分かって居ると思うけど濡れたら縮むよ」

「それに児童用と先生用はサイズ表記違うから」

「ピッタリしていたけどこれかな?」

「時間あれば泳いで少し濡らすと分かるから」

「その間他を掃除したり片付けしてるよ」

子供の使った遊び道具など片付け腰洗い、別名温泉にお湯を入れ浸かっていた。

すると

「どうでしょうか?こんな感じですか?」

「撥水処理してあるからボディソープで」

「成る程、まだですか?先生確かめて下さい」

「え、いいの?」

「だって今まで平気で触ってたじゃないですか」

「だってそれは。」

「好きな人に触ってもらうから、嬉しい!」

そんな事言われたらし他には誰も居ない!

じゃあ!

「巨乳ではないが谷間が有り、あの頃よりも細くなった腰回り、それに1番大好きなムチムチして大きいお尻、中を見てみたい盛り上がりのあるここ」

それらを口にしながらボディソープで水着に塗った。

「えー!そんな目で見て居たんですか?」

「だって、大好物のスタイルだから!」

恥ずかしい様だった!

水着脱いで来ます!

そう言って更衣室に行って間も無く。

「先生!大変かも、」

脱がないでこっちに来る。

「ほら、水着食い込んでる!」

俺は冗談のつもりで。

「毛が生えて居ると食い込まないかも?」

「え、マジですか?とにかく脱げない。」

1度濡れた水着を又着る時は水中など抵抗が無い所が良いが脱げない時も同じ事で。

「プールに入れば脱ぎやすいから!」

そのままプールに入って。

「つめた〜い、あ!慣れた」

「見ないから脱いだら温泉で温まりな」

プールにシートを掛けて置くがその隙間を作って入っている。

じゃあ先に着替えるから!

そう言った途端に。

「先生!ダメです。手伝ってください!」

「子供じゃ無いから何とかなるでしょ!」

そんなやり取りをしていたが、どうにもならないのだろう。

「寒いから温泉に来て、脱がせてあげるから!

そのかわりお礼はハグだぞ!諦めて脱ぐ?」

「じゃあ、このまま帰ります。」

「大人の冗談だよ!」

2人でシートを元に戻して着替えも出来ないまま

温泉に向かい再び入っていた。

しゃがんだままだから。

「背中向けて!下げるよ!」

肩紐が外れたらこちらを向いた。

「それじゃ見えちゃうから!」

「平気です。隠しますから!」

そう言っても見えちゃうんだけど!

見て見ないふりをするのも楽では無い。

「本当にキツイね!俺の首に捕まって一気に下ろすよ!」

彼女は恥ずかしいのだろう。

抱きついて来た。

「ご褒美は要らないよ。」

「先生!好きだからこのままで。」

恥ずかしく抱きついて居る顔を上げてキスをした。

長いキスの間に、水着を足元まで下ろしてキスを止めると。

「ここから先は出来るでしょ?」

頬に再びキスをして上がった。

すると?

「先生の言う通りお尻大きいですよ!

下がらないので、もう見られているから。」

剛毛の茂みに目の前にして足首まで下げて脱がせた。

「一緒に洗っておくから」

そう言って裸の彼女を残してと。

彼女は生まれたままの姿で追いかけて来た。

更衣室に先に入ってパンツを脱いだ途端に彼女は入って来た。

「ごめんなさい。」

「もう見られたから見たいでしょ?」

「そうじゃなくて、水着持って行ったから、

恥ずかしいじゃ無いですか。」

俺も我慢が出来なくなり、硬くなった股間を彼女のお腹に付けて、強く抱きしめて柔らかいお尻を触って堪能した。

「付き合って居る相手が居なければ良いですか?」

「こうしてお尻触らせてくれたらいいかな!」

その後着替えて、シフト書いて指導方法や方針など伝えて、彼女の質問に答えた。

何故、付き合うのか?

毎日でも水着姿見て居たい。

水着のままの感触が好き。

小◯生の頃から知ってるから性格も知ってる。

色んな理由、水着フェチ、お尻フェチ

恥ずかしい事も何でも話した。

娘と一緒にお風呂入っている事。

勃起したモノを洗ってもらって居る事

我慢出来ない時は、娘の胸や割れ目を丁寧に洗って居る事。

話したら間違いなく変態だけど。

話せることは全て話した。

それでもいいなら、俺と付き合って欲しい!

すると彼女は娘さんに好かれないといけないね。

頑張らないと!

そう言って全てを時間かけて受け入れてくれる。

続き:スイミングスクールのパートナーは彼女2

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-01-14 22:31:28)不動産屋の女

メント

1:名無しさん #SEIJIyA :2018-05-21 22:31:13

文章が全然わからない

2:名無しさん #NGloJSc :2018-07-03 06:55:20

エロそう。
だけど文体がデタラメ。セリフを改行しないことも必要だ。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告