エチ研TOP
Home > 体験談 > 後任の悦子秘書まで・・・(パンチラ…
投稿:2018-01-11(木)12:13

後任の悦子秘書まで・・・(パンチラ、パンモロ、何でもありの快楽体験)

カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,103回)
名無しさんからの投稿

前回の話:逆さ吊りにされた社長秘書

(前回の続き)

綠秘書が健康器具に両足を固定され逆さ吊りされたとき、綠秘書の表情が脳裏に現れては消えていた。

倒立の瞬間、スカートがめくれ、下着が丸見えになるという。

女性にとって、一大決心であり、何度も、こちらの目を見つめ、声なき声を上げて訴えていたかのようだった。

最後に、観念したような表情になり、辱めを受け入れたわけだった。

その体験の後、綠秘書の心に変化が生じたようで、いわゆるSMの快感を覚えてしまったようで、自ずと、社長との関係が想像も付く。

しかし、そんな関係も長続きしない。やがて、綠秘書も退社してしまう。

社長秘書が続から続と退社して、ちょっとした暗雲めいた雰囲気が社内に立ちこめていた。

後任の社長秘書を現在の役員秘書(全部で7~8名)の中から選ぶのだが、これ以上ない人選がなされた。

今度抜擢されたのは、40代のベテラン秘書、悦子(※仮名、以下、悦子秘書)。何と、当初、会社の会長の娘という立場だった。

誰もがその秘書に頭が上がらない。会長が常に後ろ盾にあるからという理由からだ。

悦子秘書の待遇は、社長並み。

社長に代わって、よく、社内アナウンスを流し、社員のやる気を鼓舞していたほどだった。

しかし、見かけは落ち着いた、きりっとした小宮悦子ばりの目つきが特徴で、淑女そのもの。

どこまでも、品があって、女性としての魅力はもちろん、身のこなしとか、歩き方から、普通の秘書とはまるで格が違っていた。

ストレートの前髪は長くはないが、よく、顔にかかって垂れていたのを、顔を振って、手を使わないで、掻き上げる仕草が何ともなまめかしかった。

また、そのときに、香水の匂いを漂わせ、スリットのスカートを誇張するように、足を組んだり。

そうした行為だけ見ると、ただのキャリアウーマンだが、言葉で書き表せない、魅力的な雰囲気が、どこか地味目ながら、とにかくあった。

自ら、会長の娘であることを、誇示するかのように、相手が社長でも、役員でも、誰でも、上から目線で対等にしていたし、社長の名前を、呼び捨てで呼ぶときもあったわけで、実力者兼淑女という出で立ちだった。

話が前後するが、そんな悦子秘書が、今度は社長秘書に抜擢されたわけであったのだった。

実は、会長が体調が思わしくなく、療養していたのだが、このほどお亡くなりになるアクシデントも重なって、悦子秘書の待遇を、会長の思惑抜きに、社長サイドで一任できる流れになったのがやはり大きかった。

会長が亡くなったのと同時に、悦子秘書の後ろ盾も自然に消滅していた。

このことは、それまで、悦子秘書はとある役員付けではあったもの、

事実上、秘書役という肩書きだけで、自由にやりたいように振る舞っていただけであったが、そうした特権が剥奪されたことも物語っていた。

会長の後ろ盾なき悦子秘書の、社長秘書としての立場は、いきなり厳しいものと映った。

社長秘書の仕事は激務。会長の娘の肩書きだけの秘書時代とは打って変わって、

目が回るような忙しさ。

会長の娘として、甘やかされ、偉ぶっていたが、実力はそれほどなかった。

次第に、悦子秘書が窮地に陥っていく。

以前なら、通路で悦子秘書とすれ違うと、形だけでない、心を込めた会釈が求められたが、

今の落ちぶれた悦子秘書には、だれもが、せいぜい、形だけの軽い会釈しかしなくなっていた。

権威を奪われた美貌の悲しいかな、現実だった。

気がつくと、社長に悦子秘書がよく叱責されていた。

あの、自信満々な淑女というエレガントさは消え失せ、社長に手と足を握られて、自由が制限されているような感じで、次第に、見るに忍びなくなっていた。

そんなあるとき、社長とトイレですれ違う。『ちょっと、車のところに忘れ物を取りに行くから、俺のパソコン、不具合で調子悪いから、見ておいてくれないかな?』

と言い。

そして、思い出したように、『社長室のスーツケースには、触れないように』

意味深なことも言っていた。

私は総務担当でありながら、パソコンを直したり、雑用一般をよく社長や、他の役員、または社員から頼まれたりしていたので、引き受けて社長室に入ると、早速、作業に当たった。

といっても、込み入ったバグではなく、簡単に直る手合いだった。

1~2分で仕事を終え、社長が建物から少し離れた駐車場まで行って、帰ってくるまで、往復25分はかかるので、しばらく社長室の中を見回して、ボケっとしていると、例の『触れてはいけない、スーツケース』というのが気になった。

それは大型のもので、社長室の隅に、鍵がかからない状態で、寝かせて置いてあった。

中に、何か詰めてあるようで、隙間から、何か動くような、得たいのしれないものが目に付いて、ますます、気になる。

思い切って、スーツケースのふたを開けると、何と!

『そこには、悦子秘書が手足を縛られて、体を曲げるようにして、収められていたではないか!!』

口にはボールギャクの口枷がある上、目隠しもされていた。

綠秘書がSMっぽいのに染まり、社長もおかしな方向に目覚めていたのだろうが、まさか、これまで、社内で権力者であり、社内きっての淑女でもある、悦子秘書をスーツケースに匿うとは・・・。

悦子秘書の下半身は、黒のスリットスカートで、エレガントな黒パンストに覆われた美脚が、嫌でも目を刺激する。

悦子秘書は、手をグーパーと握ったり、開いたりを繰り返し、目隠しされた顔をこちらに向けて、頷いたり、首を振ったり・・・。

『SMごっこだろうか?』

それにしても、いつのまに、こんな展開に・・・?

これは、チャンスとばかり、悦子秘書をスーツケースから出して、床に転がすように仕向ける。

スカートを思い切りめくる。

タイトなスリットスカートなので、めくるに、やや窮屈だったが、やがて、パンストに覆われた濃紺の下着が目に入った。

『ウーウ、クッ、ゥゥゥ・・・ゥ』

よだれを垂らしながら、何やらアピールする悦子秘書。

下着の上から、臀部を思いっきり手のひらで叩くと、叫ぶようなポーズをしたかと思うと、体をもぞもぞさせ、床を這うような動き。

両手は背中で縛られて固定、足首も同じく。

目隠しにボールギャクの格好で、あごを床に押し当て、膝を上手く使って、芋虫みたいに歩く悦子秘書。

臀部は、高々と、濃紺の下着を突きだして、これ以上ない妖艶さ。

意図せずして、私の霊的なパワーとやらが、どうやら炸裂してしまったのか?

これまで、亡くなった会長に、個人的に、ご恩があり、その娘である、悦子秘書にどこか遠慮していたが、会長はもう他界されており、いつのまにか、ターゲットを、悦子秘書に定めていたのだと気付く。

(自信の不思議な霊的なパワーは、ときどき、無意識に発動する。)

ただ、声を出すと、気付かれるので、社長の振りして、ここはSMごっこあるのみだった。

社長室は、基本的に許可されたものしか入れず、『不在』の札があるときは、社長秘書を除いて入室できないから、ほかに誰もいない空間。

折しも、社長からメール連絡があった。

『あと30分したら戻る。所要がある。

パソコンの作業が終わったら、知らせるように。

そして、すぐに部屋を出なさい』と、あった。

私は『終わりました。了解です。わざわざ、ご連絡頂き、すみません。』と、メールを返す。が、

悦子秘書のこの、妖艶なお姿を、もうしばらく、拝めると、心が沸き立つのであった。

社長のデスクに置いてあった『指示棒』を手に取ると、

スカートを上げた状態で下着の臀部を突き出しながら、

這いつくばっている悦子秘書の、お尻を思いっきり叩いてみるのであった。

『オッ・ウックゥ』苦痛の極みのような声を上げ、よだれを垂らす悦子秘書。

病みつきになり、指示棒で悦子秘書の臀部をさらに3連発。5連発。気付いたら、叩きっぱなしになっていた。

悦子秘書は、たまらず、不自然な状態で這いながら前に進む。社長の机に頭をぶちけて、横転。もがいて、また、這い付きばり、スパンキングの棒叩きの仕打ち。また、這いながら、歩き・・・。

その繰り返しの光景を楽しむ傍ら、『一体、自分は何をやっているのだろう?』

と我に返るのだった。

悦子秘書を元のスーツケースのところまで、這って歩かせるように、指示棒を使って調教するようにして、戻らせたあと、最初の状態に戻して、冷静になって、社長室を出ると、そこに社長の姿が・・・。

『まずい!』と思ったが、言い訳して、『パソコンですが、念のため、もう一度見に来ました。もう、大丈夫です。』と説明して、何とか事なきを得た。

『しかし、自分も自分だが、社長も社長だな・・・。』

率直に思ったが、この社長も、数年後、更迭されるわけだから、こうした問題が、社会にニュースとなって知られないにしろ、何らかの問題となって、取り上げられ、処分されたのは確か。

しかし、まさか、あの落ち着いた淑女然とした、『ミス・スリットスカート』と呼ぶ(個人的に)ほど、エレガントで、自信家の悦子秘書が罠に嵌まるとは・・・。

会長と言う偉大な後ろ盾を失ったあとの、みじめで、無様な姿は、そのギャップが大きいほど、正直、快感ではあった。

(了)

- 終わり -

メント

1:名無しさん #GXdRCRM :2018-01-11 02:37:43

????

満足したか

2:名無しさん #gyImgFA :2018-01-11 09:12:45

悦子秘書とは、まだチャンスがありましたか?。社長も落ちぶれてしまったようですが、当然の結果ですかね。悦子秘書や他の人との話を期待します。今回はパンチラより拘束が強調されてましたね。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告