エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > かつて愛妻のマンコに入れられたチン…
投稿:2018-01-06(土)19:16

かつて愛妻のマンコに入れられたチンポの持ち主との再会

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,126回)
マドンナの夫さん(40代)からの投稿

社内のマドンナ争奪戦が繰り広げられ、ある男がマドンナをゲットして、争奪戦が沈下した頃、俺が関連会社から出向した。

俺もそのマドンナに惚れた。

アタックしたが、彼氏がいるからと断られた。

「でも、結婚しているわけじゃないだろう?俺にもチャンスをくれよ。」

と言って、彼氏に内緒で隣町で逢引して何度かデートした。

マメに連絡して、マメに誘って、そしてついに寝取理に成功した。

美人なだけにしかたないが、何人かの男に使い古された形跡のあるマンコを拡げて丁寧に舐め尽くした。

チンポを入れてからも、マドンナの反応を見ながら必死で射精を我慢して、それまでの人生で最高のサービス精神を発揮して抱いた。

美しいマドンナが、美乳を揺らせてくびれた腰をくねらせて、淫らに喘いで見せた。

マドンナは、

「あなたのセックスって、自分勝手じゃない・・・私のためにセックスしてくれてる・・・」

と言って、彼氏に別れを告げ、俺に乗り換えてくれた。

1年半の交際を経て、俺29歳、マドンナ25歳で元彼に恨まれながら結婚した。

そして俺は関連会社の出向を終え、退社したマドンナ妻を連れて元の職場に復帰した。

美しい妻と、生まれた二人の娘との幸せな暮らし・・・結婚して12年、37歳の妻は今も美しい。

そんな時、俺は妻がマドンナだった関連会社に日帰り出張した。

腹の出た冴えない男が出迎えた。

それは妻の元彼で、若くして部長になっていた。

俺のことを覚えている社員も多く、マドンナだった妻の元彼が俺にマドンナを横取りされた後に仕事人間に化して、出世街道まっしぐらになったことを教えてくれた。

しかも、マドンナだった妻を忘れられずに独身を貫いているうち、腹の出た中年になってしまったそうだ。

俺は、妻の元彼を見て、妻は、なんでこんな男と寝てたのだろう・・・と思った。

妻はこの男のチンポ咥えて、この男にマンコを見られて舐められていたことがショックだった。

この男は、まだ妻のマンコの味を覚えてるのだろうか・・・

妻はどんな格好でこの男のチンポを受け入れたのだろう・・・

マンコの中に出されたこともあるのだろうか・・・

結局、妻は俺を選んだが、それは俺のセックスがこの男よりも献身的だったからだけではなく、この男が妻より10歳年上だというのもあったと思う。

もしかしたら、今のこの男の風体を予測していたのかもしれない。

美しい25歳のマドンナに処女を求めたつもりはないし、妻の処女はこの男が妻を抱くずっと前に違う男によって奪われていたことは確実だ。

ただ、妻の裸を眺めた男、妻のマンコを拡げた男、妻のマンコにチンポを入れた男を目の前にしたくなかった。

こんな腹の出たブサ男になる遺伝子を妻のマンコに注がれていたのがショックだった。

あれ以来、妻を抱くとき、妻の美しい顔と体を見るとき、鬱勃起が止まらなくなている。

- 終わり -

前後の話
前の話(2018-01-06 16:44:20)美容院で髪フェチパンチラ

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告