エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 小6でクラスの女子全員の全裸を見た…
投稿:2018-01-05(金)04:38

小6でクラスの女子全員の全裸を見た話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:19,036回)
福島県/廃校人間さん(40代)からの投稿

俺が小学校六年生の時の嘘のようで本当の話。

学校は小規模で女子更衣室は無く、当時は体に巻くバスタオルなども無かったためその学校にはいろいろなルールができていた。それは…

①制服から体操着(ブルマ)に着替える時は男女共に自分の席で着替え、下着などを隠してはいけない。体操着から制服への着替えも同じ。

②制服からスクール水着に着替える時も男女共に自分の席で着替え、自分の裸を故意に隠してはいけない。

③スクール水着から制服に着替える時は教室が濡れるのを防ぐためプール前のすのこの上で水着を全て脱ぎ、タオルでしっかり拭いてから教室に戻り着替えなくてはならない。その際、脱いだ水着は拭いたタオルで包むこと。

④いずれの着替えも偏見や差別を無くすためであり、担任もしくは体育教官が不正・性的素行がないかを監視する。また家からブルマやスクール水着を着て来ることは不正とする。

⑤不正・性的素行があった場合、当人は相応の罰を受ける。罰の程度は監視した教師により多少異なる。

⑥上記の①~⑤のルールは全学年に適用する。

これがルールの全容だが、今考えると特にありえないのが②と③でありこれはつまりクラスの女子全員の裸を見れることを意味している。

僕はその学校に六年生の春、転入してきた。前の学校には男女共に更衣室があったのでそのルールを知った時はかなり戸惑った。それと同時に不安と期待が入り混じった感覚を覚えた。

四月、組み体操の練習が始まりそのルールに直面する。もう小学校高学年になるのに女子は男子の前でも平気でパンツ一丁になった。どうやら一年生の時からこのルールが適用するので、これは慣れっこらしい。男女の比は同じくらいなので男子の前後左右は必ず女子であり、下着丸見え。

・前の席のピアノが得意な浅井さんは俺が後ろにいるのに躊躇なくスカートを脱ぎ、白いパンツ一丁になった。

・隣の席の男子にツンデレ呼ばわりされる山本さんは向かい合わせの男子から丸見えなのにブラジャーを露出。

・通路を挟んだ隣の席の元気女子古川さんは勢いよく上と下の服を脱ぎ、緑と白のしましまパンツと同じ色のブラジャーだけになったり

と一人一人の下着の色を把握できるくらいだ。

久しぶりに同学年のパンツを見て興奮した俺は着替えが終わった後の休み時間、トイレで射精した。俺は一回だけコソコソ着替えてしまい先生に注意されたが、転入生という名目で幸い罰を受けずに済んだ。組み体操の練習は毎日あったので今日の浅井さんのパンツの柄を確認するというのが日課になってしまった。そして5月頃は席替えをしてまた新たな女子の下着を拝めるようになった。

6月下旬、水泳がいよいよ始まった。下着丸見えの着替えには慣れている皆だったが、全裸になる着替えはやはりそう簡単には慣れていない。特に思春期真っ只中の女子には恥辱だっただろう。

・前の席の背が一番小さい石垣さんは周りをキョロキョロ見回し、素早く下着を脱いだ。小さいお尻が俺の30㎝手前で露わになる。

・隣の席の優しく話しかけてくれた野沢さんは顔を赤らめ、下を見ながら着替えていた。だが素っ裸で隠してはおらず、背の高さからかおっぱいが大きく、陰毛が綺麗に生えそろっているのを横目で確認した。

・通路を挟んだ隣りの席の美人顔、薩川さんも手は振るえていたものの、罰が怖いのか裸は隠していなかった。まだまだ発育途中で少しカールした陰毛やBカップのおっぱいを見ることができた。

優しく話しかけてくれた野沢さんや美人の薩川さんの生まれたままの姿を見た時、俺のチンコは痛いほど完全に勃起していたが、男子は女子を見るのに、女子は着替えるのに必死だったため俺のチンコが勃起していることなど気づかれなかった。俺は我慢できず、先生に適当な理由をつけて水泳授業中にトイレに行き盛大に射精した。

水泳の授業が終わるとまた着替えの時間になるが、ルール③により、すのこの上で男女共に一旦水着を脱ぐ。全部脱ぐ。完全に乾かさないと体育教官から教室入室の許可が出ず、女子は長い髪を乾かしている間、全裸である。しかも隠してはいけない。先生は恥ずかしいことや、やましいことでは無いと言いたいのだろうが泣きそうな女子もいてかわいそうだった。

・女子学級委員長の大村さんは黒髪ツインテールの美少女マドンナだったが、おっぱいは控えめで陰毛は野沢さんほどではないが小さい逆三角形を作っていた。縮れた陰毛に水滴が滴っていたのがエロく印象的だった。

・先ほどの白パンツをはいていた浅井さんは実はクラスで二番目に背が低く、貧乳かつ陰毛はまだ生えずパイパンだった。余談だがパイパンの女子はクラスで三人しかおらず、浅井さんは異様に目立っていた。くっきりとしたワレメに幼さを感じた。

・クラスで一番勉強できる三つ編みメガネの優等生女子、姫野さんはピンク乳首のかわいいおっぱいで、この娘も発育途中なのか短い陰毛が無数、マンコの周りに生えていた。

先生の許可が下りれば教室に入れるが、その途中下駄箱で上靴を履く。下駄箱の下段だった俺は上段で上靴を取り出す女子の股を数秒、下から見ることができる。姫野さんの短い陰毛が無数、マンコの周りに生えていたという情報はここで俺が直接見て得ることができた。姫野さんのマンコの小陰唇は鮮やかなピンク色をしていて思わずチンコを挿入したくなった。

最後に、俺には5月頃早くも好きな女子ができていた。名前は西村さんで理由は一目惚れ。茶色の瞳で黒髪ボブカット、色白のきめ細かい肌が特徴のめちゃくちゃかわいい女の子だった。

水泳前は美白端麗の彼女の着替えを見ているだけで激しく興奮した。確か花柄の青いパンツとお揃いのブラジャーをつけていた。おっぱいの谷間やスラッとした脚まで色白でそれを見ながらこっそりオナニーをしていたら間違って射精してしまい、精液が床に飛び散った。急いで白濁液を自分の足で隠して何とか処理した。

そして水泳。当然そんな彼女の素っ裸を見れるのである。一回目の水泳終了後、すのこの上で初めて彼女の裸体を目撃した。お椀型に膨らんだ初々しい色白おっぱい、Cカップはあり、乳首がツンとのっかていた。スタイルの良い美しいくびれ。縦に伸びた陰毛は大村さんのように縮れて水滴をつけていた。色白な身体と黒々とした陰毛とは綺麗なコントラストを生み出していた。

俺は神経に電撃が走り本当に鼻血がでるかと思った。その場でオナニーしたかったがさすがに厳しいのでまた次の休み時間のトイレで盛大に射精した。

そんなある日、彼女とプール片付け当番が重なった。皆もう体を拭き終わって教室に帰ってしまい、すのこの上には誰もいなかったので、彼女と二人きりで自身の体を拭くことになった。彼女と会話をするのは抵抗があり、残念ながら話せなかった。教官の許可をもらい、下駄箱で上靴を取り出そうとした時、ちょうど彼女も上靴を出そうとしていた。そして下から彼女の股、つまりマンコを凝視した。

大陰唇まで色白であり、小陰唇は姫野さんと同じ様にナチュラルなピンク色。縦に伸びているのに変わりはないが最初に見た時よりも少し陰毛が濃くなった気がする。

俺は気がつかない内に西村さんのマンコを指で触っていた。

彼女は反射的に「キャッ!?!」と、のけ反り振り返って俺の方を見た。俺は自己コントロールが効かなくなっていたことに漸く気づき、我に返った。「ゴメン…綺麗だったからつい……」と本心を言って謝った。しかしこの後どうせ教官に怒られるのならと、触れただけでは満足しない俺は賭けに出た。俺は続けて「もうちょっと触っていい?」と聞いた。

だが彼女は意外にも俺を受け入れるのが早く「ちょっとだけなら…」と言ってくれた。

さすがにチンコを西村さんのあそこに入れる程の勇気がなかったので下駄箱の影に隠れ西村さんのマンコを少しだけ弄らせてもらった。教官に見つかったら終わりだがその緊張が逆にさらなる興奮を生み出した。彼女のマンコは次第にヌルヌルしてきて今度は部分的にクリトリスを触り続けてみた。彼女の茶色い瞳はだんだん涙目になり、静かな下駄箱にクチュクチュといやらしい音が響く。彼女は突然「イヤ!」と小さな声で喘ぎイッた。

その後、俺は西村さんの全裸をオカズにして彼女の色白おっぱいの谷間に射精した。谷間から濃厚な精液が徐々に滴り落ちる。俺が自分のタオルでその精液を拭き取っていると彼女に「先生には秘密だからね」と言われた。俺は率直にありがとうと礼を言い、二人で教室に戻った。

のちのち分かったのだが、西村さんは俺に好かれていることを既に分かっていたらしい。理由は着替えを凝視していたからだと。残念ながら今後とも彼女とは付き合えなかったが、いい経験ができたことに変わりはない。結局俺は小学校生活最後の一年を女子の下着を見て楽しんだ。

ちなみに、その学校のルールは俺が中3の時に問題視され廃止、俺が成人になる頃にはその学校は廃校になり校舎ごと壊され医療施設ができていた。嘘のようで本当にあったそのルールはもはや伝説となってしまった。

- 終わり -

メント

1:名無しさん #FSmRYEQ :2018-07-18 19:53:15

いいなーーーーーー

2:名無しさん #NGloJSc :2018-09-15 07:54:58

性教育の実物提示だ。少子化対策に必要だな。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告