エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 余命三ヶ月の老人に妻を貸し出した。…
投稿:2018-01-05(金)19:24

余命三ヶ月の老人に妻を貸し出した。(続き)

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,227回)
福岡県/名無しさん(50代)からの投稿

青木が入院している病室へ妻と二人で見舞いに行ったのは、あの日から1週間後だった。

青木は個室に入っていた。

顔色も良く元気そうだった。

青木は妻を見つめて「まさか奥さんと結ばれるなんて夢にも思わなかったです」と言った。

妻は恥ずかしそうにうつむいた。

私達、夫婦はあの日から、毎日のようにベッドで戯れていた。妻が青木に犯された光景に二人とも興奮が覚めなかった。

愛してもいない男に、見られ舐められ挿入され妻は、我を忘れて喘ぎ絶頂を迎えたのだ。

私の寝とられ願望は現実となったが、一番、心配していた妻との関係も良好だった。妻の内に秘めている女の部分も目覚めたようだった。

青木がまた嫌らしい眼で妻を見つめて「奥さん、ここで、もう一回だけ、拝まさせてもらえませんか?」と言った。今日の妻は一段と美しかった。やや短めのブルーのワンピースが良く似合っていた。

「ここで?」妻は私を見つめた。私は「青木さんも先がないから、、見せてあげるしかないだろう」

妻は周りを見ていた。「夕方の5時までは看護婦さんはこないから、後2時間は誰もこないですよ」青木が言った。

妻は困っていたが「分かりました。」と言った。

「じゃあ奥さん、私が服を脱がしてあげますよ」とベッドに腰掛けた。青木は立ったままで両手を伸ばしてワンピースのボタンを一つずつゆっくり外した。

ワンピースを脱がし終わると妻はキャミソール姿になった。「こりゃ色ぽい、、」青木が呟いた。

妻は本当に色ぽかった。色白の肌に薄いブルーのキャミソール、透けて見えるブラジャーとショーツ。

青木がキャミソールに手をかけ肩から脱がして行った。

キャミソールが床に落ちた。妻はブラジャーとショーツだけになっていた。

青木が「奥さん、そのままのエロぽい格好のまま、ちょっと舐めてもらえませんか?」

とベッドに仰向けになりパンツを下ろした。いきり立ったペニスが上を向いていた。妻が私の眼を見た。私は頷いた。

妻はベッドの側で膝をつき、青木のペニスを手に持ち口に含んだ。そしてゆっくり上下に動かした。

妻が初めて他人のペニスを口に入れた瞬間を私は、唾を飲みながら見ていた。

やがて青木が「いきそうだ」と妻の動きを制止した。そして、自分の横に招いた。妻は、仰向けに寝かされた。

青木が楽しむようにブラジャーを外した。白い乳房が露になった。

青木は乳房を揉みながら乳首に舌を這わせた。

「あ~」と妻が初めて喘いだ。

青木は舌を吸いながらショーツの中に指を入れた。

妻の喘ぎが大きくなった。私は慌ててタオルを口に被せた。妻は、タオルを噛みながら喘いでいた。

指は完全に挿入されているのだろう。

そのうち、青木は起き上がり妻のショーツをゆっくりずり下ろした。

そして両脚を開かせた。「また、お目にかかりました」青木は言いながら妻のあそこを、また指で広げた。

妻の喘ぎ声が一段と大きくなった。「旦那様、奥さんは、見られる事で感じる性格のようですよーわかってましたか?」私は驚いていた。「奥さん、そうでしょう?本当の事を言って下さい」青木が妻に聞いた。

妻が頷いた。

青木は、たった2回の妻との絡みで妻の性格を見抜いたのだ。「旦那様、見て下さい。その証拠に、ほら、こんなに液が溢れてますよ」確かにあそこから、愛液が流れ出てきていた。

「もっと見てあげますよ。奥さん、もっと脚を開いて下さい」

青木が言うと妻は、また脚を開いた。「この穴に入れたのは旦那様と私だけですか?」青木が、あそこを開いたまま聞いた。妻のあそこは、ピクピク動いていた。「そうです」私が答えると「なら、光栄ですなあ、三人目も経験したいですか?」

妻が黙っていた。「奥さん、本当の事を話さないと旦那様と本当のパートナーにはなれませんよ」妻は喘ぎながら「はい」と答えた。

「旦那様、私はもうすぐいなくなりますから、早く次を探して下さいませ」

青木はそう言うと「では奥さんが待ってますので、これをば入れさせてもらいますよ」と自分のペニスを妻の中へゆっくり挿入していった。妻が「あ~いい」と声を出した。ゆっくりゆっくり根元まで挿入してから、青木はゆっくりピストル運動を初めた。私はしっかり接合部を見ていた。

妻は泣きそうな声で「いい、いい」と呻いていた。

「奥さんのあそこの中は、本当に気持ちいい、名器ですね」青木は、そう言うと最後は強烈に突いて「いく」と果てた。妻も同時に「いくいく~」と果てて身体を痙攣させていた。

私のペニスが反応していた。私は自分のペニスを出して妻の口に入れた。妻が丁寧に舐めてくれた。あっという間に射精していた。

事が終わってからも青木はしきりに妻の身体を触っていた。

「奥さん、気持ち良かったですか?」と乳首を触りながら聞いていた。妻は「はい」と短く答えた。青木は余命三ヶ月にはとても見えなかった。しかし医者から宣告されたから間違いないのだろ。

青木は妻を弄りながら耳元で「奥さん、私が生きてる間は、奥さんの、ここをお借りしますよ」とあそこを触りながら言った。

妻は黙って頷いた。二人が絡み合う姿を見て私は思った。妻は2度も青木のペニスを受け入れ射精までされているのだから、愛情が芽生えたのかもしれないと。

最初は愛がなくとも2度も逝かされたら、そうなるのではないだろうか?!

そんな事を考えてたら、青木が「旦那様、今夜、奥さんここに泊めてもいいですか?」と言った。

私は驚いた。「付き添いと言う事なら何の問題もないし、、奥さん泊まったなら、十分に満足させてあげますよ」青木は「旦那様、私の人生、最後のお願いです」と頭を下げた。妻に「いいのか?」と聞いたら「はい」と答えた。

私は複雑な気持ちで病院を後にした。朝までは相当な時間があった。

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-01-05 19:54:40)突然の中出しに・・・・

メント

1:名無しさん #NXRmIog :2018-01-06 23:03:13

奥さんのマンコから垂れてくる青木さんの子種の様子(奥に溜まって出てこない?)と、子種の量や濃さなど詳しく書いて欲しいです。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告