エチ研TOP
投稿:2017-12-28(木)06:03

忘年会その3

この体験談のシリーズ一覧
1:セフレとまた、、、2:忘年会での、また、3:忘年会その2
4:忘年会その3
カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:5,987回)
山形県/名無しさん(30代)からの投稿

前回の話:忘年会その2

かなりもう興奮してるのか、部屋の玄関に入ってデーィプキス。

舌を出したら、フェラするみたいに前後に吸ったりして、片手は自分の乳首を弄って、もう一方の手はクリトリス触って、もう収拾つかないくらい。

そしたら、ズボンを降ろされてフェラ開始。

乳首とクリトリスは触ったままなので、ノーハンドフェラ、M時開脚でマンコが丸見えになってて、そのフェラしてる姿が、姿鏡に映って、フェラをしてる自分を見てまた興奮したとの事。

「はぁ〜、やっぱりダメ、毎日欲しい、このチンコ」

相変わらず、夢中なんだが、20歳の子が何でこんなにもエロいのか。

中◯生のころ、塾の先生と、家庭教師の先生に、仕込まれたと。その時中2。2年位続いて、案の定セックスにハマりすぎて、勉強しなかったから、試験には落ちたんだってさ。

その反動で、高校はヤケになり、またセックス三昧。だけどそれも全部年上の人と。

それがこのテクニックになってるって訳。

フェラも抜群にうまいけど、オナニーし過ぎて、自分の気持ちいい所も知り尽くしてる。

もう相当な好きモノだね。

話が逸れました。

フェラを終わらしたら、さっき立ちバックはしたから今度は何がいいか聞いたら

「駅弁して」

ご希望通り、抱き抱えて挿入。

ビチャビチャに濡れてるからもう、ニュルって入る。

腰を振ってたら、駅弁なのに、足を絡ませて腰を振ってきた。

口ではキスしながら舌をフェラするみたいに、あとは噛み癖があるのか、僕の肩を思いっきり噛んで、ピストン。

「あっ、あっ、あっ、ヤッ、バッ、〇〇のチンコやっぱりいい」

酔っ払ってて、名前間違って言って、そしたら、その名前また違うぼくの仲間内の後輩でした。

前から怪しいなと思ったら、やっぱりと思い一気に意気消沈。

最後まで行かずに、そのまま終了。

すこし頭に来たので、ブラとパンツは履かせず、コンビニのゴミ箱へ。

そのまま帰りました。

次の日、ごめんなさい。言い訳かもしんないけど、またセックスして、今はしてないの。

今はって事は並行してた時期があったんだろって聞いたらそうだったとの事。

そしたら、一気に冷めました。

今頃取っ替え引っ替え、セフレを変えて楽しんでんのかな?

その後はどうやら、僕が悪者になってる見たいですが、

彼氏でもないセフレが何が言ってくる様になりました。

やっぱりセフレは、知らない人のほうがいいですね、何かと。

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:セフレとまた、、、2:忘年会での、また、3:忘年会その2
4:忘年会その3
前後の話
前の話(2017-12-27 20:33:57)セフレの保険屋の仕事納め

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告