エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 普通の主婦の体験談
投稿:2017-12-19(火)16:55

普通の主婦の体験談

この体験談のシリーズ一覧
1:普通の主婦の願望
2:普通の主婦の体験談

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:7,611回)
福岡県/葉子さん(40代)からの投稿

前回の話:普通の主婦の願望

次にその男にあったのは1週間後の同じ公園の同じ時間だった。

正解に言うならば、その時間に、そこにいるような気がして自分から出かけたのだった。

隣のベンチに腰掛けていた男は、時々、私を見ていた。

平日の昼間の公園は、人は少なかった。

男は私を見てはっきり笑いかけてきた。私も思わず笑みを返した。私の鼓動が急に早くなっていた。

男は立ち上がり私に近づいてきた。

私は驚いたが逃げなかった。不思議と怖いという気がしなかった。私は1週間、毎日のように、この男に犯される妄想でオナニーに耽っていたのだ。

男は笑いながら「姉さん、、この前、俺のを見ただろう?」と言った。私の事を覚えてたのだ。

私が黙っていると「ゆっくり見せてやるから、ついてきなよ」と私を見つめてきた。私の鼓動は更に早くなっていた。

身体が変に疼き始めていた。

男が歩き出した。私は催眠術にかかったかのように後をついて行った。

男は何度か振り返りながらゆっくり歩いていた。

10分程歩くと、古い木造のアパートに着いた。

一階が男のアパートだった。

男は部屋に入ると私を待った。

私は男の目に吸い込まれるように部屋に入って行った。身体が薬を打たれたように痺れていた。沈黙の後に男は私に近づいてきた。

「どれ、、ここまでついてきたんだ、、遠慮なく、こっちも見せてもらうぜ」と立ったままでブラウスをゆっくり脱がし初めた。私は蛇に睨まれた蛙のように、されるがままだった。上半身がブラジャーだけになった。男は、ニヤニヤ笑いながら、ワンピースを脱がした。下半身はショーツだけになった。

男は更にブラジャーをゆっくり外してきた。

両方の白い乳房が露になった。40歳になったが、まだまだ張りのある乳房だった。「ほう、、、姉さん人妻かい?」男が私のくすり指の指輪を見て言った。

私は黙っていた。

「人妻のおっぱいはいいなあ」男は両手で乳房を揉んだ。「いい乳だ、、姉さん、、いや奥さん、いくつだ?」と時々、指先で乳首を軽く摘みながら聞いてきた。身体中に電気が走った。快感で声が「あ~」と出た。「40です、、」私は素直に答えた。「40か、、ずいぶん若く見えるな、、旦那がいるんだろう?」

男が聞いた。「はい、、」これも素直に答えた。私は素直に答える事に快感を覚えていた。身体も心も犯してほしかった。「旦那さんいるのに、俺に犯されたいのか?」男が耳元で囁くように言った。私は「はい」と頷いていた。

男は満足したのか丁寧に乳首や乳房を愛撫してくれた。

乳首を舌で舐められた時には、あそこは、溢れんばかりに濡れていた。

男は舌を口に入れて私はの舌を執拗に舐めた。

私は、もうどうにかなりそうだった。

男が、そのままショーツに手を伸ばしててきた。

ぬるっと、指先が挿入された。

「あ~駄目~駄目」身体中の力が抜けて崩れ落ちた。

男は、楽しむように、ゆっくりショーツを脱がした。

私は畳の上に全裸で仰向けに寝かされていた。

男は、両足を大きく開かせた。

「いい眺めだ」男は、ゆっくり指先で、あそこを開いた。「まだ、あんまり使ってないなあ」

そう言いながら、ゆっくり舌で舐めてきた。

私は昼間の明るい中で、男に全てを見せている羞恥と快感で気が狂いそうだった。

すぐに舌で最初の絶頂を迎えた。「あ、、いく、、」

私の身体が軽く痙攣を起こした。男 は勝ち誇ったように「どれ、入れてやるか」

と素早く全裸になった。目の前に男の巨大イチモツがそそり立っていた。

この1週間、毎日、妄想していた巨大なぺニスだった。男が「舐めな」と口に入れてきた。私は舌を使って舐めた。大きく口を開けてやっと入る太さだった。

私は必死に舐め続けた。妄想の中と同じ光景だった。

これは茄子ではない、、そう思った。

やがて男のぺニスは私のあそこに狙いを定めた。

遂に犯される時がきた、、私は心の中で叫んでいた。

ぺニスがゆっくり、ゆっくり挿入されてきた。入口が狭く痛みがあった。しかし、徐々にぺニスが挿入された。膣の奥に当たるのが分かった。夫以外の男に挿入された瞬間だった。

男がゆっくり動くと、激しく快感が襲ってきた。「あ~」声が出た。

男は、ゆっくり動きながら「奥さん、旦那さんとどっちがいいかい?」と聞いてきた。「答えてみろ、、どっちがいい?」

私は「あ~貴方が、、貴方がいい」と叫びながら答えた。

男は長い時間をかけて私を犯した。私は何度も絶頂を迎えていた。

身体中が性感帯になったような快感だった。

最後に男が激しく「行くぞ~」と突いてきた。

私の頭の中に火花がはじけた。男は動きを止め、私の中に射精した。

あまりの快感に私は気をうしなっていた。

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:普通の主婦の願望
2:普通の主婦の体験談
前後の話

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告