エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 児童館でボランティアした話
投稿:2017-12-11(月)09:44

児童館でボランティアした話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,051回)
名無しさんからの投稿

あんまりエロくないけど実話です。

大学のときに児童館でボランティアした。学童保育施設。

放課後の小◯生が何人か遊びに来て、その子たちの相手をした。

遊んだり勉強見たり。

勉強見るクラスで、毎日遅くまで残ってる女の子が小学5年生と2年生の2人だった。AとBとする。

2人とも母親が迎えに来るのが遅かった。他の子は体育館で遊んでるけど、俺とその2人は会議室みたいなところで勉強してた。

2か月くらい経って、2人とも俺に慣れてきたころ、2年生Bがかくれんぼしようと言い出した。

俺もAも別にいいよという感じで、遊びに付き合ってやるかみたいな感じだった。

そしたらBはなぜかカーテンを閉め切って電気も消した。

最初は、Aが鬼だった。Aが部屋の外に出た。

隠れるところなんてないから、俺は部屋の隅にある大きな机の陰に入り、座った。

Bもそこに入ってきた。俺の上に座った。

「ちょ、Bちゃんなにしてんの」

「見つかるー!」

見つかると言って、Bは俺にしがみついた。顔がちょうど同じ高さに来てた。

Bは俺に頬ずりをした。俺はまんざらでもなかった。

そこにAが来た。

「B見っけ!先生も!」

俺は思わず手を離したが、Bはまだしがみついていた。

「Bいい加減にしな」

とか言いながら、俺は机の陰から出て、Bを抱っこで床に下ろした。

「次B鬼!」

とAが言った。

Bは渋ったが部屋から出て行った。俺はまた机の陰に隠れた。

Aはカーテンの中に入った。俺は残念に思った。

俺が見つかり、Aも見つかり、俺の鬼になった。

Bが俺に

「机のとこにいるから」

と耳打ちしてきた。

時間をかけてから部屋に入った。

部屋を見回すと、AもBも見えなかった。

机の陰に行くと、AとBがくっついていた。

BがAにしがみついて、AはBを後ろから抱きかかえるような体勢になっていた。

俺がどこかなーとかわざとらしく言うと、Bがくすくす笑った。

「2人ともどこにいるかわかんねえな」

と独り言を言って、部屋の中央のパイプ椅子に座ると、Bがこっちだよと言った。

それでも動かずにパイプ椅子に座っていると、Bが出てきて、また俺の膝の上に乗った。

Aも出てきた。

Bは遠慮せずに俺の背中というか顔の後ろに手を回し、抱き着いてまた頬ずりをしてきた。

俺は開き直って「よしよし」とか言ってBの頭を撫でた。

するとAも俺の隣に来て、俺の隣の椅子に座り、俺の肩に頭を倒してきた。

俺はここぞとばかりに「よしよしAもおいで」とか言ってAの背中に手を回した。

その日は時間までそうして過ごした。

次の週から、俺とABは、3人になるとほとんどくっついて過ごしていた。

まずBが俺のところに来て、Aもそれにつられて俺のそばにくるという感じだった。

そのうち、Aから恋ばなを聞くようになった。

クラスの誰々が付き合っていてとか、いつもくっついていてとか、○○は先生が好きなんだよ、とか言ってた。

俺はいっつも「Aは好きな人いるの?」と聞いて、Aは「いない」と言った。俺に背中を抱きかかえられながら。

あるとき、Bが休みで2人っきりだった。

最初は普通に勉強していたが、俺が好きな人の話を始めると、Aが膝の上に載ってきた。そしてBと同じように俺に抱き着いてきた。

俺もBと同じようにした。

Aは遠慮がちに頬ずりをしてきた。俺は「よしよし」と言って頭を撫でた。

Aが「先生?」と言ったのでAの方に顔を向けると、Aが急に顔をこっちに向けたのでチューのような形になった。

Aは顔を真っ赤にしてパッと向こうを向いてしまった。

その日はそのままの体勢で終わりまでいた。

そして帰る間際に、「先生、目閉じて」と言ってきたので、目を閉じるともう一度チュッとされた。

次の週からAは、Bの目を盗んで俺にチューをせがむようになった。

ベロチューじゃなくて軽いやつ。

俺も調子に乗って全ての要望に応えていた。

チューしたあとは必ず「悪いことしちゃった」みたいな笑みを浮かべた。

相変わらずBは俺の膝の上を独占していたが、Bが膝の上にいるときでも、Bの目を盗んでチューを繰り返した。

Bがトイレにいくと、Aが俺の膝の上に乗ってきてチューをした。

チュー歴3週間目くらいに、Aはいきなりチューの最中に舌を出してきた。

俺はちょっと驚いたけど舌を出した。

舌同士が触れ合って、エロかった。

そこからはすぐにベロチューにいった。

とにかくベロンベロンした。

Aはベロチューが大好きになった。

どこでもした。

冬にお泊り会があった。

参加者は館長、おばちゃん、俺、小◯生男3人、女8人だった。

ほぼ低学年だったけどAも来てた。

俺は寝るところがないので、途中で帰ることになっていた。

銭湯に行き、帰り道にAは俺の腕を組んでいた。

帰ったら談話室みたいなとこでみんな遊んでいたが、Aはずっと俺と恋バナをした。

「あっち行こ」

と唐突に誘われ、いつもの勉強部屋に行き、ベロチューをし始めた。

俺もAもこの頃はベロチューの快感に負けて、ずっとしているようになっていた。

チュー以外はしなかったが、普通に抱き合ってチューしていたので、おっぱいも当たりまくっていたし、お尻も普通に触っていた。

そんな日々も唐突に終わりを迎える。

Bの母親が、俺とAがキスをしているとたれこんできたのだ。

俺はしていないとシラを切って、そのまま児童館をやめた。

どうせやめるんだったら色々しておけばよかったと思う。終わり。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-12-11 11:36:22) 美紀と俊哉の禁断愛 ~神戸物語~

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告