エチ研TOP
Home > 体験談 > バレーボール部のコーチをして部員を…
投稿:2017-12-05(火)01:39

バレーボール部のコーチをして部員をやった

この体験談のシリーズ一覧
1:バレーボール部のコーチをして部員をやった
2:バレー部のコーチをして部員と3:バレー部のコーチをして部員と

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:8,405回)
名無しさんからの投稿

地元の高校のバレーボールのコーチをしています。

実業団でしていたのを誰かが聞き付けて頼まれて

女子バレーの有力校でいつも準決勝や決勝に行く学校

教えているとやはり男

構えてる姿などエロスを感じる

生身の女子◯生が汗を滴ながら練習していればそりゃ

みんなショートカットで色気はないけど

そんな中では奈々ちゃんという娘が可愛かった。

練習の後とかに話したりはしたが、やはりおじさんには興味ないって感じ

そんな時に奈々ちゃんと仲良しの瑠美から

「コーチのライン教えて」

ムッチリ、ややポチゃかな?奈々ちゃんと比べたら顔もイマイチなんですが、毎日連絡してきました。

奈々ちゃんを狙っていたが…

だけど毎日ラインをしていると「今度ドライブに連れてって?」とか

「海みたい」と瑠美から

「いきたい?」と話すと「行きたい!」

練習は毎日なんですが、月に3日は休みがありました

土曜日と休みが重なり瑠美とドライブに

車で迎えに行くとスカート姿の瑠美が

「こんにちわ」と乗り移動

はしゃぐ瑠美とドライブして海をみて食事

もちろん事前にお互いに誰にも言わないと約束をして

だけど奈々ちゃんほど可愛くはないがやはり生身の女子◯生

太めだけどちらつく太ももや部員の中ではおっきめの胸に興味がいかないはずはない。

30おじさんのいやらしい欲望を瑠美は気づかない

三時を過ぎて帰り道

瑠美と走りながら段々山道に

ラブホの看板があちらこちらに見えると「エッチだなぁ」と話す瑠美

「瑠美ちゃんは行った事無いの?」と聞くと「行くわけないじゃん?誰と行くの?」

「コーチは?」と聞かれて「あるよ」と話すと「どんな風なの?」と興味津々

「ベッドが大きくて…」と話すと「やだぁ」と顔を赤らめる瑠美

「今から行く?」と話すと「エッチ!」と言いながらもそんなに嫌がる感じでもなかった。

「見る?」と話すと顔を隠しながら頷く

車をホテルに

恐る恐るドアを開ける瑠美ちゃんは

「うわぁー」と驚きながら部屋を見回す

「凄い!」とベッドを見たり、お風呂を見てびっくり

ソファーに座りテレビはアダルトで

「キャーっ」と騒ぐ瑠美

だけど生々しい結合や女のいやらしい姿を食い入るように見ていた。

こりゃいける

俺はそっと瑠美に近づき「可愛いね」と抱きつくと「嘘だよ…奈々とか南美の方が可愛い」

「そんな事無いよ瑠美も可愛い」と話すと瑠美は驚く顔

そっとキスをして抱きしめて

「本当?あたし可愛い?」と聞かれて「可愛いよ」とキス

繰り返しながら瑠美のちょっとふくよかな体を触り胸を触るとやはりおっきい

触ると「キャッ」て驚くのが可愛い

撫で回しキスをしながら服の中に

「エッチ」と言いながらも手を入れさせて柔らか胸は張りも抜群

上着を脱がせるとおっきいし張りも抜群な胸が

「恥ずかしい」と赤らめる瑠美の胸を触り背中のホックを外すと「恥ずかしいよ」と瑠美

「おっきいし形もいい」と話すと「本当?」

「本当だよ」とピンクの乳首に

「あっ!イャンッ」敏感さん

すべすべな若い体は全然違う

乳首に吸い付き舐めまわすと「ンッ…アンッ」と声をあげてされるがまま

そしてスカートを捲り太ももを撫で回してあそこを触りながら

「アンッ…」と瑠美は声をあげながらじんわり濡れてきて

「ベッド行こう」と瑠美をベッドに寝かせて裸に

ややポチゃだけど肌もきれいで女子◯生を食す興奮が

ヌルッと潤う瑠美を撫で回して実食

足を開かせて入り口に近づける

ちょっと震える瑠美

まさか?

「瑠美…初めて?」と聞くと瑠美は首を縦に

「いいのか?俺が最初で?」と聞くと「うん」と頷く

女子◯生の処女を

益々興奮した

ゆっくりと入り口に押し当てるがなかなか入らない

瑠美も我慢している様子

「痛いならやめようっか」と話すと「続けて」

入り口で反発する瑠美

緊張で力が入ってるので優しく「力を抜いて」と囁くと先端が少し入る。

「ゆっくり動くから」と押し込むと少し

先端が入りきれば

ゆっくりと動かしながら瑠美の中に

そして「痛い!」と瑠美が声をあげるとヌルッと滑り込むように中に

中は締め付けが強くて狭くてたまらない

「痛くない?」

「うん…大丈夫」と言う瑠美にゆっくりと動かし「アンッ…アンッ」と声をあげながら中は強く締め付けてきた。

女子◯生の締まりは抜群て聞いていたがこれほどとは

ゆっくりで充分な位の締まり

「瑠美…気持ちいいよ」と話すと「コーチのオチンチン暖かい」

「瑠美に興奮したから」と動かすともう高まりが

「瑠美…いくよ」

少し動きを早めながら動き高まりが

「瑠美…」キスをしながら動かしていくともう限界に

「いくッ」俺は瑠美の上に覆い被さりながらそっと中で放ちました。

「アッ!なんか凄いピクピクしてる」

瑠美も敏感さん

「瑠美…良かった」と話すと「嬉しい」と抱きつきました。

だらりと滴る精液に赤い液が

「痛かったんじゃないの?」と話すと「うん…でも大丈夫だった」

続く

続き:バレー部のコーチをして部員と

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-12-05 14:01:26)バレー部のコーチをして部員と
前の話(2017-12-05 13:36:27)コンビニで遭遇したドキドキの体験

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告