エチ研TOP
投稿:2017-11-22(水)18:11

黒のスリップ姿

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,288回)
埼玉県/名無しさん(50代)からの投稿

この話は、昭和、50年代の実話です、

私が、幼稚園児の頃でした、

母は、40歳近く、夏の暑い日は、ノーパンで、黒のミニのスリップを着て、家事をしていました。

母は、痩せ型で、太ももが白くムチムチしていました。

ある日、排水溝がつまり、工事業者を呼びました。

「こんにちは」と玄関であいさつ、工事業者が来ました。

母は、「はい」と言いながら、ミニの黒のスリップで玄関に行くと、20代ぐらいのイケメンの工事業者でした。

「排水溝の修理に来ました。」と言うと、

母、「あーはい、はい、どうぞ上がって、お願いします。」と言い、

工事業者は、母の太ももを見ていました。

そして、工事業者は、台所に行き、排水溝の下を見るため、仰向けになり、懐中電灯を照らして、点検をしていました。

すると、工事業者が、「ちょっとわからないので、水を流してください」と言われて、母は、黒のスリップを着たまま、業者の上を跨ると、業者は、ビックリしていました。

スリップの下は、ノーパンで、おまんこが丸見えでした。

母は、跨ったまま、水道の蛇口をひねり、水を流し、業者は、懐中電灯を母のおまんこにを照らしていました。

懐中電灯の光が、母のスリップの中を照らしており、下からオッパイの方まで照らされており、オッパイも見えていたと思います。

それを、下から覗いていた、業者の顔を排水溝の水がかかり、排水溝から、どんどん流れてきていました。

下から、陰毛や、おまんこの割れ目やお尻を見ていた、業者は、慌てていました、

その業者は、排水のホースを傷つけていました。

母は、しゃがんで、「あらーどうしたの?」と言い、おまんこを業者に真正面に見せていました。

業者は、水で、びしょ濡れでした。

母は、「やだぁーびしょ濡れじゃないの」と言い、バスタオルを持ってきて、業者を拭いてあげて、業者は、母のおまんこに、興奮しており、「奥さん」と言い、母を押し倒して、黒のスリップをめくり上げ、おまんこに口をつけて、舐めていました。

母は、「キャー何をするの?」と言い、平手打ち、黒電話に手を伸ばし、110番をし、業者は、逃げてしまいましたが、工事業者の名前は、わかっており、すぐに捕まりました。

私は、小さいながら、母のおまんこを舐められている現場を見ていました。

でも、母は、イケメンの男に、おまんこを舐められて、少しにやりとしていました。

でも、業者、婦女暴行の罪で、刑に服しました

でも、母の行動は、男を狂わす事だなぁーと思いました。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-11-23 00:45:13)マネージャーの下着
前の話(2017-11-22 17:10:19)クラスメートのお尻の感触でフル勃起

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告