エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > モテない私が綺麗な妻と結婚できた理…
投稿:2017-11-08(水)19:08

モテない私が綺麗な妻と結婚できた理由

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:23,968回)
モテない男さん(30代)からの投稿

結婚して1年が過ぎた33歳の会社員です。

妻は29歳で、私には勿体ないくらいお淑やかで綺麗な女性で、現在妊娠5か月です。

あまり女性に縁のない人生だった私にとって、30歳の時に出会った妻は実に6年ぶり3人目の女性で、初めての年下独身女性でした。

私は学生時代に41歳の人妻に童貞を奪われ、2年半の間、その人妻に下半身を玩具にされる恥辱の生活に甘んじていました。

その後、就職先でご主人が単身赴任中の34歳の人妻OLに色仕掛けで愛人にされ、熟れた女体の魅力をみっちり仕込まれましたが、2年後にご主人が戻ってきて、

「慰謝料、払いたくないでしょ?じゃあ、サヨナラね。」

とアッサリと捨てられました。

その後6年間、女性とは縁のない生活でした。

そんな情けない草食系の私が、お淑やかで綺麗な妻と結婚できたのには訳があります。

31歳になって彼女ができない私に、知り合いが妻を紹介してくれました。

当時妻は27歳でしたが、全く期待せずに会って、そのあまりの綺麗さにビックリしました。

「ちょっと訳ありだけど、でも、美人だろ?」

と知り合いが言うと、妻は、

「私、昔AVに出ていたんです。それも、外国から配信される無◯正の・・・」

「もう、6年前のことだから、誰も覚えちゃいないさ。もし、お前が彼女の6年前を気にするなら、ここでこの話はおしまいにするよ。受け入れられるか?」

と知り合いが言うので、気になる点を尋ねてみました。

「君は、彼女のAVを見たことがあるのか?」

「・・・まあ・・・昔ね。今でも検索すれば見られるんじゃないかな?」

「そうなんだ・・・」

「どうする?お前が付き合ったからって、お前の彼女が元無◯正AVに出ていたなんて言わないぜ。今、美人じゃないとAVにも出られない時代だからな。ま、そんな訳ありなんだわ。」

こう言われて妻を見ると、実に綺麗で、どうせモテない31歳なんだから贅沢言わないでおこうと付き合いました。

交際して1か月もたたないうち、

「結婚、考えてますか?」

と言われて、私は妻の見た目だけでなく、立ち居振る舞いはお淑やかで穏やかな正確に、完全にい惚れてしまっていましたので、

「はい、この年ですから・・・」

というと、

「婚前交渉、お望みですか?もし、私で差支え無ければですが・・・仕事とはいえ、昔、何人もの男性を受け入れてきた女ですから・・・」

と言われましたが、もう、期待で胸が膨らんでいました。

なぜなら、私は知り合いから妻の芸名を聞き出し、ネットで検索して、既に無料視聴になっていた妻の無◯正AVを見ていたからでした。

AVで痴態を披露する20~21歳の妻は、綺麗なだけでなくまだ幼な気で可愛くもあり、無◯正AVで陰部を晒すようには見えないほど清純そうな顔をしていました。

妻は何本の作品に出演していたのかは知りませんが、検索できた5作品は、セーラー服の純情女子◯生役、真面目そうな女子大生役、大人しそうなOL役、父兄に輪姦される保育士役、先生にマゾ調教される看護師役でした。

全て陰部は丸出しで、たぶん初期の作品だと思われたのはセーラー服の純情女子◯生役で、アップになった妻の陰部は、本当に女子◯生でも通りそうに陰唇がまだ肌色で陰核も皮の中でした。

きっと後半に撮られたであろうマゾ調教される看護師役では、凌辱される陰部のアップは20~21歳の若い娘とは思えぬ赤紫に変色した陰唇で、吸引器で吸い出された陰核は真っ赤に膨らんで皮から完全に飛び出していました。

純情そうで綺麗な女子◯生役の妻が、男に組み敷かれ、セーラー服を半分脱がされ、陰部を晒し、陰裂の間に舌を差し込まれ、陰核を舌先で嬲られ、演技とは思えぬ喘ぎ声て悶絶します。

妻の膣が男優の巨根を深々と受け入れ、愛液を噴きだすのです。

男優がなりふり構わず出し入れすると、清純そうな女子◯生役の妻がセーラー服のスカーフを震わせながら仰け反って逝くのです。

赤く火照った妻の膣口から、疑似だと思われる精液が流れ出します。

真面目そうな女子大生役の妻は、彼氏役の男優のこれまた巨根を膣口周辺の肉を引き込むようにメリメリ挿し込まれ、カリ首で膣壁を引きずり出されるように引き抜かれ、何度も何度も突き立てられました。

日本人とは思えぬ巨根が子宮口を突き抜けているのでしょう、女子大生役の妻は、大きく開かれた結合部を丸出しにして、足をビクビク震わせて呻き声をあげながら逝くのです。

10人の父兄に次々と輪姦される保育士役の妻のAVは演技とは思えぬほど壮絶でした。

逃げ惑う保育士役の妻を力で取り押さえて半裸にして、これ以上開かぬほど開脚させて、陰部観察と陰核弄りで濡らされてしまいます。

濡れた膣には、束ねた色鉛筆、木琴のバチ、積木などが無造作に挿入され、清純そうな保育士がもんどりうって感じます。

そして、次々と陰茎を入れられ、精液まみれになっていくのです。

10本の陰茎が挿し込まれ続けられ、終盤、保育士は無抵抗で無反応の人形のようにボロボロになって、蹂躙され続けた膣は真っ赤に腫れて、陰唇はめくれていました。

その無残な保育士は、若かかりし頃の妻なのです。

初めて妻と男女の関係になった時、

「親の借金が元で1年半の間AVに出ていましたが、AV引退後のこの6年、一度も使っていないんですよ。数えきれない男性のモノを入れられたアソコですけど、もし、お気に召しましたら、お嫁にもらってほしいです・・・」

と言われました。

綺麗な妻の陰部は、陰裂からは赤紫の陰唇がはみ出し、それを開けば赤い陰核が剥れていました。

もし、当時27歳の妻が、結婚4年目の奥様と言われても疑わないであろう陰部でした。

それでも、過去に関係した二人の人妻の陰部と比べれば遥かに綺麗でした。

陰茎の扱いも上手で、フェラチオも人妻並でした。

体形もAVの頃と全く遜色なくいいスタイルで、私は、6年ぶりの女体をじっくり味わいました。

「やだ・・・ああん・・・クンニ、お上手ですね・・・」

人妻仕込みのクンニ、人妻仕込みの腰使いで、妻を感じさせました。

「はあはあ・・・ごめんなさい・・・わたし、あなたはもしかして女性経験ゼロなんじゃないかと思っていました・・・見かけによらないんですね・・・」

初めて抱かれた感想を聞いて、私を玩具にした人妻たちに感謝しました。

結婚して、綺麗な妻を貰った私は羨望されています。

夫婦生活も充実していますが、やっぱり妻の無◯正AVは頭から離れません。

私が見た5作品以外にも、たくさんあると思います。

妻が妊娠して、性生活が制限されてきた先日、妻にどんなAVに出たのか尋ねました。

「やっぱり、気になるの?あんまり見られたくないものもあるけど・・・見たいんだ・・・」

「妊娠出産で、セックスができなくなるから、愛する妻のAVがあるならそれで・・・と思ったんだ。」

そう言うと、妻が出ていた作品が多く無料視聴出来るサイトを探してくれました。

妻が出た無◯正AVは、私が見た5作品の他に21タイトルあったので、妻は若い頃に26タイトルに出ていたことになりますが、セル版は既に廃版となっていて、無料視聴できるものが新たに12作品見つかりました。

「これ、見られたくない物の一つなんだ・・・」

と言った作品は、男優3人との4Pで、事務服姿の妻が事務室のソファーで犯されるのですが、騎乗位で巨根に犯される妻のアナルに、別の巨根が突き刺されるおぞましい作品でした。

背後から乳房を揉まれながらアナルを犯され、仰け反る妻のアナルに射精した精液は、どう見ても本物の精液で、更に、もう一人の男がポッカリ開いたアナルに巨根を突き刺して腸内射精するのです。

「今はアソコがダメだけど、使おうと思えばお尻の穴も使えます。どうしますか?」

と言われて、私は現在、妊婦妻のアナルで性生活を復活させています。

一番見られたくないと妻が言った作品は、黒人の巨根に貫かれるものでした。

私の陰茎の2倍、20㎝は軽く超えそうな真っ黒い巨大陰茎が7割方入ると、妻は全身を震わせ、それでも黒人は全部入れようとするので、妻はついに白目を剥いて気絶するという、凄惨なセックスでした。

黒人の馬並巨根から出された精液で汚される妻は、大の字で膣口をパックリ開けたまま白目を剥くはしたない無◯正画像を撮影されたのです。

興奮と哀しみが交錯する私の陰茎を妻が扱き始め、

「大きければいいってものじゃないわ・・・気持ち良すぎて気絶したわけじゃないの・・・途中から、痛くて意識が無くなったのよ・・・あなたのが私には、ちょうどいいのよ・・・」

ピュピュピュと飛び出た精液を、妻は口で受け止めて飲み干しました。

妻の無◯正AVは、妻一人の物もあれば、複数の女性と共演した物、輪姦物もあるので妻が仕事で受け入れた陰茎は40本くらいだと思います。

引退近くの作品は、SM凌辱物が多くなり、羞恥の極みを晒したものばかりでした。

膣を犯されながら、アナルから浣腸牛乳を噴き出すものなどは、もう、若い娘の人格を完全に破壊したものです。

それほどまでに妻に借金を背負わせた義父母は、妻と出会う前に自殺してしまいました。

なので、天涯孤独の妻は、私の両親をとても慕ってくれて、

「こんなベッピンさんがお嫁さんに来てくれるなんて・・・」

出産後は、私の実家で私の母が妻と子供の面倒を見てくれるのですが、妻の希望で、そのまま私の実家に入りたいと言うので、父は喜んで、

「子供が生まれたら一度アパートに戻ってしばらく頑張ってくれ。その間、実家をリフォームしてお前たちを迎えるから。」

と言いました。

父は、綺麗な妻にデレデレですから、有頂天状態です。

でも、両親と同居すると、性生活がしにくいような気もします・・・

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-11-08 20:06:05)選り取り見取りのお尻
前の話(2017-11-08 10:11:42)雨の満員バス最高

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告