エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 妊娠してお腹が大きくなった愛理を…
投稿:2017-11-07(火)23:59

妊娠してお腹が大きくなった愛理を…

カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:5,104回)
名無しさん(50代)からの投稿

妊娠したことが分かった愛理は、毎日のようにお腹を優しく撫でていました。

「ねえ…、あなた。なんかね…、不思議な気持ちになるんだあ…」

「どんな感じ?」

「昨日ね、産婦人科の定期検診があったの。まだ小さいんだけど…。愛理はとても幸せいっぱいだよ」

時々来るツワリに苦しみ、食欲も少しずつ落ちて行った愛理。

そんな愛理の気分転換をするために、愛理を街中に連れて行った。

そう、私が愛理に声をかけられたあの場所だ。

愛理は薄い青色のワンピースで、膝上12㎝のミニ。

ウエストには、幅が5㎝のベルトがありました。

愛理が妊娠してから、私は並んで歩く時は愛理のウエストに手を回すようにしています。

最初の頃は恥ずかしがっていた愛理も、いつの間にか私に寄り添って歩くようになりました。

「愛理。この場所、覚えてる?」

「あっ…。覚えてる…。あなたに、初めて声をかけた場所だよね。」

「そうだよ」

「懐かしいなあ…。ドキドキしながら…、あなたの肩を軽く叩いて止まってもらったんだよね。」

街中で、まだ昼過ぎの時間帯。

人通りも多い場所でした。

「ねえ…。ここで…、もう1回したいんだけど…」

「えっ?」

「あの時のように、私があなたに声をかけてみたいの…」

そう言って頬を赤く染め、うつむいた愛理。

「いいよ。やってみる?」

「やったあ…」

愛理の表情が、一気に明るくなる。

少しだけ歩き、私は立ち止まり、愛理は5mほど離れた。

そして、お互いに軽く手を上げてゆっくりと歩き始める。

しばらくして、私は愛理に軽く肩を叩かれた。

立ち止まり、愛理を見た。

あの時と同じように頬を赤く染め、うつむいた愛理。

そのまま、私たちはゆっくりと歩き始めた。

やがて、愛理はそっと手をつないできた。

お互いに声はなかった。

ただ、あの時のような気持ちに戻った。

あの時と違うのは、愛理が妊娠していたということ。

1か月後、私は愛理と婚約した。

愛理は妊娠5か月を迎え、少しずつお腹が大きくなり始めていました。

そう、安定期に入ったんですね。

「ねえ、あなた。お腹が大きくなり始めたから、来週からマタニティーに変えるね。ミニスカートは、今週で終わりです」

「愛理のミニスカ。当分は見られないのかあ…」

「ごめんなさい…。だけど…、お願いがあるんだけど…」

「何?」

「あのね…。あのね…。このミニスカで…、最後のエッチ…してください」

「愛理…」

「抱いて…。愛理を…抱いて…」

私は、愛理をある場所に連れて行った。

お付き合いが始まり、エッチも経験した後、満天の星空の下で初めてのアオカンをした森の中にある公園だ。

丘の上に1本の大きな木があり、冬になるとイルミネーションが灯り、クリスマスツリーに変わる。

その木の下で、恥じらう愛理と立ちバックで初めて結ばれた。

愛理はイヤイヤをしていたが、後ろから挿入すると愛理は何度も可愛いあえぎ声をあげた。

愛理のミニスカのウエストを両手で支え、グイグイと突き続け、愛理は気を失い私は愛理に中出しをした。

あの時は夕方だったが、今回は辺りが暗くなるまで公園を歩き、何度もキスをした。

19時を過ぎ、少しずつ星が輝き始め、次第にその数を増していきました。

20時には、街中では見ることができない位のたくさんの星でいっぱいでした。

「すごいな。こんなに素敵な場所を選んでくれたんだあ…」

「来年に新米ママになる愛理の、ミニスカ卒業イベントの舞台だよ」

「あなた…。あなたとお付き合いできて、妊娠して、婚約して。私…。ママになるんだあ」

「愛理。出産しても、ミニスカ頼むよ」

「うん。だけど…、30になったらミニスカは卒業しようと思うの…。だって…、みんなの視線が熱いの…。それに、やっぱり恥ずかしい…」

「そうかあ…」

「でもね、外出はミニスカ卒業だけど、部屋の中だったら34まで頑張ろうかなあ…。あなただけのミニスカ姿、見せてあげたいの」

「ありがとう。愛理…」

「好き…。あなたが…、好き…」

愛理は目を閉じ、私は愛理を優しく抱いて唇を重ねた。

やがて、愛理は私の唇を舌で舐め始め、ついに口の中に入ってきた。

そして、舌を絡めるディープキスになった。

20分以上も舌を絡め合い、唇を離すと愛理は泣きそうな顔になっていました。

愛理は私に寄り添い、私は愛理のウエストに手を回すとお互いに見つめ合い、ゆっくりと丘の上の木に向かって歩き始めました。

「愛理は…、あなたが…好きです。泣きたいぐらい…愛しています」

「愛理。私も好きだよ。年が離れているけれど、可愛い愛理が本当に好きだよ。」

「あなた…」

そして、私たちは丘の上のある大きな木の前にやって来ました。

愛理は私に抱きつき、軽くキスをすると笑顔を見せてゆっくりと後ろを向きました。

そして、ゆっくりと大きな木に両手を突き、体を曲げました。

今日の愛理は、薄いピンクで花柄のあるミニスカートで、大きくなったお腹のことを考え、ウエストはゴムになっていました。

「愛理」

「好きだよ…。愛しているよ…」

私は、愛理のミニスカートをゆっくりとめくり、真っ白なレースのパンティをゆっくりと下ろしました。

足首まで下ろすと、愛理は片方ずつ脚をあげてパンティを外し、それを私のポケットに入れました。

「愛理。すごい…。あふれているよ」

愛理のあそこから少しずつ透明な液が出て、太ももやふくらはぎを伝って流れていました。

「嫌あ…。恥ずかしい…」

「愛理。可愛い愛理と、今からひとつになるよ」

「うん…、来て…」

私は、むき出しになった愛理のヒップを両手でつかみ、ゆっくりと挿入します。

「あっ…。ああ…」

愛理の入口が開き、亀頭が飲み込まれました。

そして前進と後退を繰り返し、愛理の奥へと入っていきます。

「ううん…。あっ…。ああ…。あなたが…、ああ…、入って…来る…」

愛理の体は、少し震えながらもゆっくりと私を受け入れていました。

そして、私は愛理のいちばん奥へと届き、愛理の子宮に当たりました。

「ああん…。あたる…。あたってる…」

愛理の子宮は、私が挿入するとゆっくりと下りて来ます。

そのために、愛理の子宮に到達することができるんですね。

「すごいよ。愛理。この先に私たちの赤ちゃんがいるんだね」

「うん、気持ちいいよ。」

だけど、愛理が泣いていることに気がつきました。

「愛理。泣いているのか?」

「ごめんなさい…。分かった?」

「なんか、そんな気がしたんだよ」

「ねえ…、ゆっくりと動いて…」

「愛理。妊娠しているんだろう。もう少し、このままでいるよ」

「うん…」

愛理の中は、何度も収縮し、私を何度も締め付けていました。

私は、ミニスカートのウエストを両手でしっかりとつかみました。

いつでも動けるように…

(続き…)

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-11-08 10:11:42)雨の満員バス最高
前の話(2017-11-07 19:48:13)1人でプリクラ撮ってた女子◯生

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告