エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 愛理と星空の下で…
投稿:2017-10-23(月)12:56

愛理と星空の下で…

カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:2,608回)
名無しさん(50代)からの投稿

歳の離れた愛理とお付き合いすることになり、愛理とのエッチで処女までもらった。

あれから愛理はずっと私に腕を組み、幸せそうな表情を見せていました。

今日の愛理は紺色のミニスカートに白いブラウス。

さらに、5㎝ぐらいの高さのサンダルに黒いニーハイです。

愛理が歩くたびにミニスカートの裾がゆらゆらと揺れ、私の目はそこに釘付けになりました。

「今日の愛理は、すごく可愛いな」

「あっ…、ありがとう」

顔を真っ赤に染め、私に抱きついた愛理の背中にそっと手を回す。

初体験では、正常位で愛理の処女を奪った。

痛みに耐えて私を受け入れていた愛理を見て、愛理と結婚することを決めた。

そして、激しい動きで愛理の奥を何度も突き、愛理は初エッチでイクことを覚えた。

愛理の中に想いを解き放つと、愛理は目を潤ませながら私の背中に両手を回して抱きつき、キスをせがんだ。

「愛理…」

「好き…。あなたが…、好き…」

最初はお互いに見つめ合いながら、そっと唇を重ねた。

すると愛理の両手に力が入り、激しく抱きしめられた。

愛理の舌が私の唇を割り、中に入ってきた。

私は、愛理の舌に私の舌を絡めた。

もちろん、愛理にしっかりと射精したが、何故か硬いままだった。

フレンチキスがディープキスになると、愛理の中が何度も収縮を繰り返し、私を何度も激しく締め付けた。

エッチの時にも激しい収縮はあったが、今回は一番激しくなった。

15分くらい、ディープキスを続けていたと思う。

「あなた…、愛理の中に…、出して…くれ…た…んだよね…。すごくお腹が暖かいの…」

「ごめんね。愛理が可愛いから、ゴムなしでドッキングしてしまったね」

「ううん…。愛理ね…。すごく痛かったけど、少しずつ気持ち良くなっていたんだよ。何度も中が擦られて…、子宮も何度も突かれて…。私の体が…、少しずつ浮いているのが分かったの。雲の上を、ゆっくりと歩いているような気がしたの」

「そうだったんだね」

「そして、ドッキングを止めてバックにしたよね」

「うん」

「最初はあなたが両手で私のヒップを両手で支えて…、ゆっくりと入ってきたんだ。」

「愛理が可愛いから、バックでしてみたいと思ったんだよ」

「うん…。当たる場所が違うんだね。そして、また子宮に当たったの。ああ…、ダメ…。また…」

見ると、愛理の太ももの内側を何かの液体が流れ、ニーハイにまで届き、吸い込まれていきました。

愛理はすごく恥ずかしがり、その場に座り込んでしまいました。

私は愛理の背中に手を回して、そっと撫でていました。

「愛理。場所、変えるか?」

「うん…」

愛理はゆっくりと立ち上がり、私に腕を組んで甘えていました。

近くのゆったりとした斜面にある芝生に座りました。

初エッチの話に花が咲き、気が付くと辺りはすっかり暗くなりました。

やがて、少しずつ星が見えてきました。

「うわあ…。すごいよ…。街中じゃあ、こんなに見えないよ」

「うん。街灯などで明るいからね。ここはそんなに明るくないから、それが良かったんだよ」

「ねえ、あれ…。北斗七星だよね。あっ、カシオペアだあ」

「じゃあ、あの星が北極星かな」

「すごいな。大好きなあなたと、これからは一緒に見ることができるんだあ」

「愛理…」

「好きです。あなたが…、あなたが大好きです…」

「愛理…。結婚しよう」

「うん」

愛理とお付き合いして、まだ3か月。

そして、愛理の処女を奪って1か月。

初めてのプロポーズは、何故か自然に言えました。

そして、愛理も素直に受け入れてくれました。

「ねえ、1つだけど…お願い、聞いてほしいの…」

「愛理。何かな」

「あのね…。ここでエッチしたい」

「ええっ!」

「バックでした後に、立ちバックでしたでしょう?鏡の前で。愛理…、すごく恥ずかしかったんだよ。だけど、愛理…。しばらくしたら膝がガクガクして、立っていられなかったんだよ。あなたがズンズン突くから、そのたびに膝が伸びて受け入れることができたんだよ」

「愛理。じゃあ、やってみるか?この星空の下で…」

「うん」

私たちはお互いに手を握り、丘の上を目指します。

丘の上は視界が開け、近くには街の灯りが見えていました。

ここは、言わずと知れた夜景のスポットです。

「うわあ…。きれい…」

「すごいね」

「うん」

私たちが街の灯りに見とれていた時、女性の叫び声が聞こえてきました。

「ああっ…」

私たちは、お互いに見つめ合いました。

そして、ゆっくりと声がする方向に歩きました。

「あなた…。エッチしているのかなぁ」

「なんか、そんな気がするよ」

「どうしよう…。ドキドキするよ…」

丘の頂上から100mほど歩けば、再び森の中に入ります。

声がする方向は、私たちが上がってきた道とは違うものでした。

森に入って10分くらい。

「あっ…、ああ…、うっ…、ダメ…」

女性は、懸命に声を抑えているような感じです。

さらに歩いて10分。

いました。

20代の男性と、女子◯生のカップルです。

女子◯生は大きな木に両手を突き、制服のままスカートを捲られ、パンティを下ろされて後ろから男性に貫かれ、激しく突かれていました。

「ダメ…。○○(彼氏の名前)。気持ちいい…。気持ちいいよ」

「彩。彩。好きだ。好きだ。愛してる」

男性が女子◯生の彩を突く時に、パンパンという乾いた音が何度も聞こえ、静かな森に響きます。

やがて、男性は女子◯生の制服のスカートのウエストをしっかりとつかみました。

そして、さらに動きを加速していきました。

「あん…、あん…、ダメ…、当たる…、当たってる…。ああ…」

「彩。彩。出すよ。出すよ。出すよ」

「出して…。彩の中に出して…」

次の瞬間、男性は女子◯生のヒップを突き上げるようにして止まりました。

しばらくして…

「ああ…。出てる…。流れて来る…」

私たちは息を潜め、お互いに見つめ合いました。

「愛理。ゴムなしの生挿入だ。しかも、生中出しだ。しかも、女子◯生に」

「あの制服…。○○高校だよ。進学校なんだ」

「どうして分かったの?」

「あの、チェックスカートだよ。赤が基調なの。それが可愛いって、最近志願者が増えているの。しかも、膝上15㎝のミニスカートよ」

「そうだったんだ」

やがて、男性は名残を惜しむようにゆっくりと結合を解きました。

女子◯生は、その場に座り込んでしまいました。

二人はゆっくりと唇を重ね、しばらく離れることはありませんでした。

1時間が過ぎて、二人は手をつないで帰っていきました。

「すごいね。興奮しちゃった。やっぱり、外でするのはドキドキするわ」

「うん。だけど、相手が女子◯生かあ。ギンギンになってしまうなあ」

「あなた!まさか、女子◯生が好きになってしまったの?」

「えっ…、ああ…」

「じゃあ、次は私が高校で着ていた制服でデートしようか?」

「えっ…。それって…」

「あのね…。セーラー服だよ。スカートは膝丈だから、会う時はミニスカートにするからね。髪もポニーテールにするんだよ」

「そうだったんだ」

「あれえ…?勃ってきたのかなあ?」

「愛理。処女喪失して大胆になったんじゃないか?」

「えへへ。28まで処女でコンプレックスだったけど、あなたのおかげでコンプレックス解消だよ。感謝しているんだからあ」

私たちは手をつないで、ゆっくりと丘の上を目指します。

丘の上には、1本の大きな木がありました。

私たちはゆっくりと唇を重ね、私はゆっくりと愛理のブラウスのボタンを外していきます。

愛理は、ピンクのブラジャーでした。

キスが終わると、愛理は私に甘えてきました。

「このブラジャー、フロントホックなの。外して…」

ゆっくりと外すと、みずみずしい肌をしたおっぱいが見えました。

「きれいだよ。愛理」

そう言って、愛理の右の乳房に吸い付きました。

「あん…、ああ…」

可愛いあえぎ声をあげる愛理。

むしゃぶりつくように舌で舐め、乳首もゆっくりと転がします。

「ああん…、ああん…」

私は愛理のパンティを外し、あそこに指を入れました。

「ああ…、嫌あ…」

愛理のあそこは大洪水です。

きっと、外でのエッチを初めて見たことが、愛理を淫らな姿に変えたのでしょう。

(続き)

- 終わり -

メント

1:名無しさん #ZDNiFHA :2017-11-01 01:59:02

続きのタイトルリンクを貼って欲しい‼️

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告