エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 優等生の驚愕の真実
投稿:2017-10-23(月)15:36

優等生の驚愕の真実

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(2ページ目)

「これはマジでやばいぞ!」

朝礼が始まりそうだったので、次の休み時間に見せてやると丸村ははしゃいでいた。

俺はもう、全てが終わったような気分だった。

朝礼のとき先生は激怒し、堀江は号泣していた。俺はその様子をボーっと見つめて何か楽しみがなくなってしまったなぁと感じていた。

一方犯人の曽根は何食わぬ顔をしていた。隠し撮りされたことを気付いていなかったのだろうか。1時間目の間、俺はずっと曽根の事が気になった。一体曽根は今何を考えているのだろう。次の時間には自分の悪行が全て晒されるとわかっているのだろうか、と・・・。

「言っとくけどマジで気分悪くなるから覚悟しとけよ!」

男女問わず犯人見たさに丸村を囲む。

丸村はギラついた表情でデジカムの再生ボタンを押した。

教室を見下ろすような形で撮影された映像に、窓の施錠を開けて侵入する曽根が映った。

「曽根!?」

女子が小ばかにしたような声でそう言った。その声色にはまさかという意味合いを感じられた。

曽根はいつものようにスカートをまくると、色気の無いパンツを下げて堀江の机の上に乗った。

「やだぁ!」

「げぇえっ!」

女子は笑いつつ、男子は汚いものを見たような嫌悪した声を上げた。

『オホッ♡お゛お゛お゛っ!!』

隠し撮りされているとも知らずにアヘ顔でいきみだす曽根。男女共に何度も画面と曽根の席を交互に見ていたが、曽根は教室にはいなかった。

『ンホホォォォォォーーーーッ!!』

鼻の下を伸ばしながら曽根が豪快なウンコを始めた。なかなか途切れない一本グソだ。便秘だったのだろう。

「ぎゃぁぁぁぁぁっ!」

「曽根だ!犯人は曽根だ!」

教室中パニックとなった。

女子の中には曽根の脱糞を見て気分が悪くなり、教室を出て行った子もいた。

曽根はまた机の上でシャツを肌蹴ると、胸を曝け出してアヘ顔で奇妙な踊りをしだした。何となくだがギャル系の浅田V女優がよくやるエロいダンスを真似ているように見えた。

「エロいwww」

「何言ってんだよ!見たくもねーよ!」

胸を曝け出した曽根を見て、女子は男子を冷やかし、男子は笑いながら反発し、今までの気分が悪い空気が一掃したかのようになった。

だがその後、俺が夏休みに見たものと全く同じ事が起こった。

いや、それ以上に酷い事が起きた。

『くっ!クッさ~~~~』

曽根は笑いながら自分のウンコの臭いを嗅いでいた。その馬鹿馬鹿しい姿に男子は大笑いし、女子はどん引きしていた。

そして次に曽根が取った行動に、皆が「ぎゃぁぁぁぁ!」と悲鳴を上げた。

何と曽根はウンコをぺろぺろと舐めると、口に含んだのだ。

『オ゛ッッ!!!!オ゛オ゛オ゛オ゛ゴゴゴォォォォォッ~~~~!!』

口に含んで食した途端、曽根は豪快にゲロをぶちまけた。ウンコを口にしている姿を見て大半の女子は去ってしまったが、引き続き残って見ていた男子は皆、曽根がゲロを吐くところをモロに見てしまった。

さすがに男子も気分が悪くなり、トイレに駆け込むやつもいた。

俺はまた凄いもの見る事ができたと満足する一方で、嗚呼、これで全て終わったと寂しい気分になった。

始業のベルが鳴ると教室に曽根が入ってきた。

皆全く騒がず、代わりに冷たい視線を曽根に送っていた。

2時間目が終了し、休憩時間になると教室が一気に騒ぎ出した。

ウンコをぶちまけられた浅田と渡辺が曽根に詰め寄ったのだ。

「なにを言っている」

ウンコをした犯人が曽根だと詰め寄っても、曽根は答弁で堂々とウソを吐く政治家のようにしらばっくれていた。

浅田は曽根が脱糞しているところをカメラに撮ったと主張した。丸村からデジカムを借りると画面に脱糞している曽根の姿を見せ付ける。

「と、盗撮!訴えてやる!」

とわけのわからない事を口走って曽根は必死になって抵抗をする。やがて、

「我慢ができなかったから漏らした!仕方ないって!」

とあまりにも苦しい言い訳をした。

当然浅田と渡辺は「じゃあ何で裸になった!」「机の上でわざわざする?」と突っ込む。

「う、うぁぁぁ~~~~・・・」

クラスで最も頭のいい曽根が、何も言い返せず奇妙なうめき声を上げてあたふたしていた。

結局騒ぎは授業が始まっても収まらず、騒ぐ生徒を英語の教師(女性)が注意した。

すると渡辺が「教室にウンコした犯人わかりましたよ~」と丸村にデジカムを教師に渡すように指示した。

丸村はわざわざ再生したらしく、デジカムから曽根の奇声が漏れて聞こえていた。

曽根の脱糞シーンを見た英語の先生は絶句した。先生は動揺を隠しきれないまま授業を始め、授業を終えると担任の先生の元に曽根を連れ出した。

その日以降、曽根は学校に来なくなった。だが元々成績が良かった彼女は楽々県内の高○に入学できたと同じ高○に進んだ友人から聞いた。

だがその高○も数日で辞めたらしい。勿論中○時代に教室で脱糞した事が高○でも知れ渡ってしまったからだ。

その後、曽根がどうなったかは知らない。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-10-23 17:30:50)愛理と星空の下で…2
前の話(2017-10-23 15:35:33)美人ホステスの過去。

メント

1:名無しさん #RXV1QSA :2017-10-23 19:13:08

笑ってはいけないのだろうけどもとても面白かったです。
最初はネタにやるのかと思いましたがだんだん引き込まれ笑いが止まらず大爆笑でした。

とても良い話を読ませて頂きました。ありがとうございました

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告