エチ研TOP
Home > 体験談 > 早くして性に目覚め同級生とエッチな…
投稿:2017-10-12(木)12:24

早くして性に目覚め同級生とエッチな関係になっていく過程のお話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,367回)
お尻ーナさん(20代)からの投稿

当時俺がまだ小◯生の時だったが

とにかくエロに目覚めるのが早くて

みんなが戦隊モノとかにハマっている時に

既に自分でオナニーを発見して射精は出来なかったが

正座して自分のチンコを挟んで疑似1人素股みたいなので

習い事の習字やプールや、時には学校の授業中にもやっていた。

手は使わないので一切周りにバレないし、異様な緊張感で

やってはいけないことを人前で出来てしまうのだから

異常に興奮して、正直今のハンドオナニーより数倍気持ちよかった。

ただ全くSEXという概念もなかったし何も知らなかったが

ある日体育の授業で学年で運動会のために出し物をすることになり

みんなで組体操を用いた集団演技をやることになった。

みんなで円になり、その円を二重に作って内側の円の人が倒れたら

後から外側の円の人が内側の円の人に倒れ込むというだいたいの流れなのだが

ちょうど俺が外側の円で目の前で倒れているのは偶然にも女子だった。

相手は1つ年上の学年だったので全く知らなかったが

バタッと倒れ込んだ。すると丁度その子の背中の上に寝そべる形になるのだが

もちろんジャージは穿いたままだがチンコがちょうどその女子のお尻の上に乗っかって

ズボっとお尻の肉の割れ目にハマったのだが

その瞬間あまりにも気持ちよくて体中に電気が走った。

しばらくその女子の背中の上に乗っているわけだが

この待ち時間が結構長めでその間どんどんチンコは硬くなり

普段の正座オナニーより遙かに気持ちよくて

そこで初めて女の体は気持ちいいという認識を覚えた。

おそらく下になっている女子も異変には気づいていたのかもしれないが黙ってじっとしている。

その間に俺は少しずつチンコをもっとグリグリしたくて

腰を少し動かすとさらに気持ちよさが倍増してイッてしまった。

それからというもの正座オナニーでは物足らなくなり

なんとか女のお尻の上でグリグリしたいという欲望が高まってしまい

とにかく女子と密着できる習い事をしたくて

レスリングや柔道を習い始めた。全ては性欲を満たすため。

年齢的に男女混合なので絡みたい放題だった。

そんなレスリングの練習のある日、同い年の子から

「○○君練習中エッチな事考えてるでしょ?」とニヤニヤして言ってきた。

やばいバレてると内心ドキドキだったが冷静を装い

「別にそんなことないよ」と言うが

「だって私の背中に回ってホールドしてる時わざとお尻に当ててくるでしょ、あの時勃ってるよね?」

さすが女子は大人で知識も豊富だった。

実はその女子とはレスリング教室でも仲良くて普段からなんでも話す間柄だったがまさかこんなエロトークするとは思ってもみなかった。

俺は脅されているのかとドキドキしたので

「ごめんもうしないから誰にも言わないで」と必死に懇願した。

ただその後に予想外の返答が来た。

「もっと気持ちよくさせてあげよっか?」

この時丁度二人共6年だった。

誰もいない更衣室へ連れて行かれ、しかも女子更衣室。

急にだった。その女子が急に俺のズボンに手を入れてきて

あそこを掴んでスリスリと擦ってきたのだ。

もうとろけるような感覚で頭が変になりそうだった。

「これが本物かー」とズボンを一気に下ろされて

スリスリしながらマジマジと見てきた。

俺も子供とは言え、それなりに勃起したチンコを何度も擦られると

あっという間に絶頂は訪れてそこで初めて白い精液が出た。

それからレスリングの日は毎回その子と更衣室でスケベな手コキが行われて

日によってはお尻の上に乗らせてもらってそこで気持ちよくなるまで腰を動かしお尻の上に射精した。

当然ファーストキスもその子だった。

中学に上がっても二人の関係は続き、レスリングは男女別になるので

あまり会う機会も減ってきたのでそれからは誰にもバレないように

今は使われていない工場の跡地に侵入してそこの仮眠室のような場所を見つけては二人で何度もエッチなことばかりしていた。

さすがにその時は本番まではしてなかったが

素股で何度も女子のマンコに擦ったり、お尻の上でスリスリして射精をしまくっていた。

しかし時が経つに連れて、やはり本番をしてみたくなる年頃。

近所の薬局でゴムを購入してついに童貞を捨ててしまった。

一度捨ててしまえば後は若者の欲望は止まらない。

二人は部活もしてなかったので放課後はしょっちゅうその工場でSEXに明け暮れた。周りの同級生が部活動や勉強に励む中、

自分たちはSEX三昧。

もうその子のマンコは俺との相性がピッタリで、毎回絶頂を迎えては体をくねらせていた。

相手の女子もだんだん女っぽい体つきになり

腰のくびれもいい感じになり、お尻もふっくらとしてきて

その腰を掴んでバックで挿入するのが一番の楽しみだった。

他人行儀に語ってきたが今もまだ付き合いは続いている。

もう一体何年になるだろうか、何度喧嘩しても

お互い体の相性が良くて浮気しても結局戻ってくる。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-10-12 02:39:50)淫乱ヤリマンな私と近親相姦
前の話(2017-10-11 23:59:03)叔母との思い出②

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告