エチ研TOP
Home > 体験談 > 妖怪たちの宴 ~完結編~
投稿:2017-09-22(金)01:05

妖怪たちの宴 ~完結編~

この体験談のシリーズ一覧
1:集団乱交と宴2:妖怪たちの宴3:続・妖怪たちの宴
4:妖怪たちの宴 ~完結編~
5:淫魔自動販売機

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,267回)
兵庫県/名無しさん(20代)からの投稿

前回の話:続・妖怪たちの宴

「っあああんっ、ああんっ・・は、はやく、早く・・・来て。」

快楽に溺れた私たちは、妖怪たちに向かって呟いた。

今の私たちは、人間の男性とSEXをするよりも、この淫魔界で異形の姿をした妖怪たちと私たち巫女たちとSEXをして、妖怪や異形の姿をした者たちの子を妊娠しては子を出産し、私たちの子が新たなる女性を襲っては次々と凌辱をして子供を孕まされては更なる宴を催すのが私たちにとってとても幸せな事だった。

「き、気持ちいい・・」

腰を振り続ける妖怪達に向かって、私たちは更なる快楽を求めて行った。

私たちの子宮に向けて注ぎ込まれていった子種は、子宮を抜け卵巣へと次々と到着して行き、新しい魔の命を誕生させようとしていった。

淫魔界に、快楽を喜ぶ私たちの喘ぎ声が響き妖怪たちを喜ばせて行った。

異形の姿をした人間の体から、生えている触手が私のおっぱいを犯して行き、肉棒が私の子宮を犯しては次々と子種を注ぎ込んでいった。

「も、もっと・・はやく・・動いて~」

私は呟き、さらななる快楽を味わっていった。

あれから、どれぅらいの月日が流れたのだろうか・・・

私たちの下腹部は大きく腫れ上がっていた。

「う、生まれる・・・」

巫女と一人が呟き、膣から1匹の妖怪が姿をあらわした。

私たちは、妖怪たちの子を出産し母親になったのだ。

出産した為、母乳が出る様になり妖怪たちの赤ちゃんが、私たちの母乳を飲まんと乳首を吸い続ける中、私たちは妖怪たちの子種を次々と受け入れていった。

「あはは、私の可愛い赤ちゃん。」

私は呟き微笑んだ。

続き:淫魔自動販売機

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-09-22 03:36:00)淫乱ヤリマンな私と近親相姦
前の話(2017-09-22 00:31:35)クラス1の変態と2人でプール

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告