エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > クラス1の変態と2人でプール
投稿:2017-09-22(金)00:31

クラス1の変態と2人でプール

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:16,775回)
京都府/Mさん(20代)からの投稿

高1の時のこと。

クラス1変態のイニシャルRと何故かプール行こうってなった。

Rと私(イニシャルM)は、同じ中学校出身で、受験高校が同じことをきっかけに仲良くなった。

私は普段待ち合わせ場所に10分前くらいには着くのに、Rは私が着いた時、既に待ってた。

R「おっそ」

「いや、待ち合わせより早いから!Rが早すぎるだけやろ!」

R「だって楽しみやったから」

「そもそも何で私誘ってきたん?」

R「Mめっちゃおっぱいでかいやろ。制服着てても目立ってるし。やから見たかった」

プールに着いたら、すぐに更衣を済ませてプールの中で再集合した。

私は新しく買ってもらったマーブル模様のビキニを着た。日焼けが気になるからラッシュガードも着た。

男子の方が着替え早いはずが、Rはなかなか出てこなくて、私より5分遅れぐらいで出てきた。

R「...やっべ。でか」

私を見た第一声がこれ。

自分でも胸が大きい方な自覚はあって、周りの特に男性からの視線をいっぱい感じた。

R「めっちゃ見られてんでお前」

遊んでる間何回もRに言われた。

「知ってる。慣れた」

Rは私にラッシュガードを脱ぐように言ってきたけど、私は日焼けが嫌で断り続けた。

結局、屋内プールの方に行ったら解決すると気づいて屋内に行った。

屋内プールには深い方と浅い方があったけど浅い方には人が居なかった。

私は約束(?)通りラッシュガードを脱いだ。

R「うわ、思ってたより爆乳...。谷間すごいな...」

Rはずっと私の胸から視線を外そうとしなかった。

R「何カップ?」

「当ててみ?」

R「Eぐらい」

「違う」

R「もっとでかい?」

「うん」

R「G」

「もうちょい」

R「H!?」

「そんくらいかな。最近入らなくなってるから新しいの買わないとなぁ」

R「やば。その低身長で??」

当時私の身長は144㎝だった。ちなみに20歳になった今でも148とちょっとだ。

R「何歳からそんなにでかかったん??小学校とか?」

「えっとー、全部言うと、小5でC、小6と中1でD、中2でE、中3でGかな...。で、今Hカップ」

R「想像してたよりでかかった...触ってええ?」

Rは私の返事を聞く前に私の胸を触った。

「あっ、ちょっ.…。...んッ、ぅふぅ...んッ」

R「うわ、感じてるやん。触っただけで」

「はぅ...ッん、...んッ、ぁあ...んぅ」

Rは、指で私のおっぱいを攻める。気がつくと、水着をずらされてた。

「...ぁん、ちょ...やめ...っ!やぁ...ッ、ぁあん....ふぁッ」

片方を舌で、もう片方を指で攻められて頭がごちゃごちゃになってきた。

R「...やっべ、人来る!」

Rは即座に私の水着を元通りにし、私の手を引いて浅いプールから上がった。

「ちょ...。足、ガクガクする...」

R「んなもんそのうちなおるって。...にしてもエロ過ぎだろお前...。おっぱいだけでアレはやばい」

「私も知らんかったしそんなこと!」

お昼からは、普通に遊んだりして過ごしたんだけど、Rはビーチボールとか、わざと私の胸が揺れるような事ばっか強要してきた。

あの時は恥ずかしいやらなんやらで2度と行くかって思ったけど今でもRとは仲良くやってるし、今となっては良い思い出です。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-09-22 01:05:57)妖怪たちの宴 ~完結編~
前の話(2017-09-21 20:58:42)妻の不貞が父娘色情を呼び覚ます

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR