エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 姪っ子10歳その後のその後
投稿:2017-09-14(木)22:08

姪っ子10歳その後のその後

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(2ページ目)

「せーし見てみたい?」

と聞くと姪っ子は強く頷いた。

「じゃ、顔を上に向けて口開けてみて。」

と言うとその通りにする姪っ子。

開いた口の中にはドロドロの熱い私の精液が溜まっていた。

私は指を入れ、精液を少し取り、姪っ子に見せた。

「んーー、んんうぁんーん?」

多分

これがせーし?

と言ったのだろう。

「そーだよ。これがせーし。口に残ったせーし、飲んでみる?ティッシュか何かに出す?」

と聞くと、姪っ子は私をジッと見ながら

ゴキュン

と大きな音を喉からだし、私の精液を飲み干した。

「ぷわーー、、めっっっちゃ不味いじゃん」

と笑いながら言う姪っ子。

「飲んでみてどう?」

「わかんない。でもなんか幸せ」

「俺も。飲んでくれたのめっちゃ嬉しかった」

と言いながら姪っ子の頭を撫でた。

姪っ子はとても嬉しそうに目をキラキラさせ、私に抱きついてきた。

「ちょっ。コレ仕舞わないと〇〇の服にせーし付いちゃうよ」

といってズボンを履いて姪っ子と抱き合った。

姪っ子は

「あーーあ。悪いんだー△△。大人なのにー」

とからかう姪っ子。

私はニコッと笑うしか出来なかったが、その顔を見た姪っ子は

「あっ、その顔。△△のその顔が大好き!」

二人でしばらく抱き合い、お互いの身体を忘れないように触り合い、暫くそのままでいた。

気がつくともう帰る時間だった。

姪っ子は悲しそうな顔をしながらも、仕方ないねと言いながら助手席へと移動したので、わたしも運転席へ行き、

「さっ、帰ろうか」

と促した。

「うん。今日は、、凄い事しちゃったね。次はエッチしてくれる?」

とか言ってきた

わたしは

「さぁね、、それはヤバいよね」

と言ったものの、本当にしてしまいそうだと恐くなった。

車を走らせ、相変わらず足を揉みながら帰路につき、姪っ子を家に送り届けた。

嫁姉に礼を言われ

「ちゃんといい子にしてた?ちゃんとご飯たべた?」

ときかれた姪っ子はわたしをみて

「ちゃんと食べたよね?」

と意味深にほくそ笑んだ

さて、、次は本当にどうしようか。

すでに一線は超えてしまった。

わたしは、、、、、

続き:姪っ子10歳番外編(10月で11歳)

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-09-15 02:41:32)策略して家族のオナニーを見た
前の話(2017-09-14 21:27:12)LINEハプニング

メント

1:名無しさん #MFc5kA :2017-09-15 11:26:23

生々しい描写に興奮を隠しきれませんw
是非続きお願いします!

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告