エチケンTOP
投稿:2017-09-12(火)15:46

秋の林間学校

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:7,190回)
大阪府/お茶飲みず吐かせさん(40代)からの投稿

前回の話:ラジオ体操、得する人ズルする人

小4の秋に学年だけの林間学校に松原に来ました。バス移動だったので、俺ら同じバンガローのメンバーは爆睡しました。目的は深夜にカブト虫を採る事でした。ICで昼食、近くの駐車場から徒歩2時間で着いて炊飯、オリエンテーション、肝試し。肝試しに俺らの班は懐中電灯と間違えて、火の玉に着いて行って崖ギリギリに危機一髪で止まったハプニングがありました。就寝で半分交代でカブト虫を採りに行きました。不在の布団には荷物を詰めました。2回目の俺らのグループの時、独身の4組の24歳の女教師が見廻り戻らないか確認してから採りに行こうとなりました。女教師は教師・職員のバンガローを過ぎ、飯盒炊飯場を過ぎ、貯水タンクの陰に着いて辺を懐中電灯で確認して、

『先生!・・・先生!』

小声で叫ぶと、貯水タンクの前の休憩小屋から既婚者の6組の42歳男教師が出て来ました。俺らはすぐにカブト虫採取に行く為に貯水タンクの植え込みの陰に隠れました。

〈早く帰るかな?〉

スリルを楽しみながら俺ら4人先生の様子を伺った。女教師は男教師の手を握りながら、

『先生!・・・もう見廻りないから私達の自由時間ですよ♪』

「可南子はスケベだなぁ」

いきなり抱き合い、濃厚なキスをした。俺らは、〈チュウしてるぜ!〉などとひそひそ状況を確かめあった。しばらくして、女教師が座込み男教師のジャージとパンツを脱がし男教師の股間で、チュパチュパしだした。ここからは女教師が男教師の股間で首振ってるしか見えなかった。好奇心に友達2人貯水タンクの陰に見に行き帰ってきた。

〈チンチン口にくわえてた!〉

〈チンチン口の中で吸ってた!〉

2人共にチンチンをしゃぶってたと報告。もう一人も見に行き、

〈金玉舐めてた!〉

小声で情報共有した。女教師が立ちあがり、

『先生♪・・・』

男教師の手を握り、男教師は休憩小屋に連れていった。休憩小屋は薄暗かったけど、女教師の持っていた、懐中電灯が床に置かれたので小屋全体が少し見えた。気が付くと友達3人小屋の側で待機していた。俺だけ飯盒炊飯場から回って、小屋に一番近い水呑場の陰で見た、距離2㍍。女教師の下半身裸で小屋のテーブルに寝転んで、俺の方に股間が向いてた。男教師は女教師の股間を舐めだした。

『ああ、あっ、あっあっ、先生♪気持ちいいよぉ♪』

身体をピクピクしたがら何時もと違う女教師の声がした。俺教師が立ちあがり、左手で女教師の股間を弄り、男教師の股間を女教師の口に挿れた。ピチャピチャピチャピチャ、男教師が弄ると小屋内に響いた。女教師が起きあがり、

『先生♪・・・もう我慢出来ないの!』

男教師と濃厚なキスをした。女教師がまた寝転び、男教師が女教師の股間に立った。しばらく男教師 自分の股間を弄り腰を振っていたが、

『先生♪・・・挿れてください!』

男教師の股間が女教師の股間に近づき、男教師は腰を振った。股間からはチュクチュクチュク音がしながら、男と女教師は濃厚なキスをした。しばらくして、向こうで隠れてた友達一人が女教師の股間の前に移動して来て、セックスを見ながらオナニーを始めた。しばらくして友達のチンチンから白い液が出て女教師の結合部にかかった。友達は忍び足で退散した。男教師が腰を振る度に、友達の白い液が女教師の中に入った。男教師は女教師を立たせテーブルにうつ伏せにさせて、バックから突いた。

『ウグンッ、ウグンッ、ウグンッ』

男教師が女教師の口の中に手を入れて、服の上からオッパイを揉んだ。予想してた通り、別の友達がチンチンを扱きながら、女教師の股間を覗き、女教師の股間に・・・と思ったが足にかかった。友達は忍び足で退散した。教師らはテーブルで正常位でセックスをしながら、濃厚なキスをした。やはり最後の友達が来て女教師のおしりからテーブル辺にかけて退社した。教師等のキスが終わり、

「イクよ!」

『あんっ、先生出して!』

また濃厚なキスをし、女教師がビクビク身体が弾けた。遠くに友達3人がバンガローに逃げるのが見えた。

『先生良かった♪』

また濃厚なキスをした。

「可南子、俺見廻るからしばらくして帰るんだよ!」

『了解です!・・・』

「懐中電灯借りるから!」

男教師は走って行った。小屋が真っ暗になり、空も曇ったので、回りは暗闇になった。まだ女教師が居るのが気配でわかった。

『んっ・・・うんっ・・・うんっ、あっ、うんっ』

ピチャピチャピチャピチャ、急に行為が始まった。

『んっ、先生、あんっ、もっともっともっと、して♪あんっ』

グチャグチャグチャグチャ、音が激しくなって、

『あんっ、先生出して、あんっあんっあんっ、イク!・・・・・・あっあっあっ』

テーブルがガタガタして、

『あっあっ・・・あっ・・・すうっ・・・すうっすうっ』

寝息と静寂がした。逃げるチャンスと忍び足で小屋まで過ぎて、

『すうっすうっ・・・すうっすうっ』

寝息に女教師の顔に近づいた。近距離で寝てるのがわかった。服の上からオッパイをつついた。

『すうっすうっ』

ジャージのチャックをゆっくり下げて、女教師のブラの上からオッパイをつついた。

『すうっすうっ』

ブラをずらし小さめのオッパイを触った。

『すうっすうっ』

乳首を揉んだ、

『すうっ・・・あっ・・・すうっすうっ』

乳首をコリコリ、

『すうっ・・・あんっ・・・すうっ』

下半身に近づき、半裸のままダラーンと足が閉じた正面に着いた。女教師の足を交互に開かせ、テーブルにM字開脚させた。俺は股間を匂った。イカ臭い匂いと雌の匂いがした。クリに触れた。

『あっ・・・すうっすうっ』

人差し指で擦った。

『あっ、あっ、あっ・・・すうっ、うんっ』

俺の顔が女教師の股間に挟まった。もがいて鼻息が股間にかかると、

『あんっ、先生ダメ・・・あんっ、すうっすうっ』

逃げれた。女教師は無意識に左手で左足を掴んだままで寝てる。俺はテーブルに座って、女教師の股間を見ながらオナニーした。俺は女教師のオッパイを触ろうと両手で触った。

『あんっ、先生ダメだって、あんっ、先生挿れちゃダメ、生徒の前よ・・・すうっ』

たまたま、女教師の膣穴に俺のチンチンが挿入された。初めての挿入。俺の小さめのチンチンでもキュッと締め付けて膣内が密着した。男教師の真似をして俺は腰を振った。

『あんっ、先生ダメ!、あんっ、あっ、あんっ、もっとして、あんっ♪』

俺は女教師にもたれオッパイを舐めたりして弄った。ピストンが慣れてくると、腰が止まらなくなった。女教師の足をつかんで腰を振った。しばらくして、

『あんっあんっあんっ、あっ・・・あっ?誰?先生?違う、誰?あんっあんっ、止め!』

少し大きくなってもまだ小さいチンチンを女教師の膣圧で密着し擦れた。チンチンの先がうねうねした所に当たると気持ち良かった。そこをチンチンの先で擦った。

『あんっ、ダメ、そこ!あんっ、そんな処、あんっあんっ、ダメだって、そんな、あんっあんっ、凄い♪』

膣内を突くよりも、チンチンの先で膣内をコリコリ擦る行為になっていた。大人では出来ない角度でウネウネ腰を振った。

『あんっ、誰?あんっあんっ、いい、もっと掻き回して、誰でもいい、もっとして♪』

女教師は剥き出しのオッパイを揉みながら、腰を振った。ペチョンペチョンして、

『あんっあんっ、知らない人に犯されてイク!・・・・・・イク!』

俺は腰を振った。凄い膣圧で締め付けられ中で初めての射精をした。童貞喪失。先生は起きあがり、

『?・・・3組の××君?・・・』

俺を呼んだ。

『何時からしてたの?』

「何を?」

『あんっ、意地悪言わない!先生とセックスよ!』

「寝れないから散歩してたら先生が裸で寝てたから」

『セックスの仕方よく知ってたね?』

「うんっ、本とか読んだ!」

『先生の膣中気持ち良かった?』

「うんっ、気持ち良かった!」

俺の頭を撫でて、

『良かったの♪でも勝手にこんな事しちゃダメよ!』

「うんっ」

『この事は先生との秘密よ♪』

女教師は舌を入れてキスしてきた。2人目のキスは苦しかった。女教師は髪をかき上げ、チンチンを含め舐め回した。気持ち良かったので、数分で女教師の口に出した。

『まだまだ、薄いわねっ!』

ゴクリと飲んだ。身支度しながら、俺は女教師のオッパイを触った。

『あんっ、ダメよ!早く着るから!』

俺は女教師と帰った。バンガローで友達3人が男教師に怒られていた。女教師が背中で俺を隠してバンガローに逃がしてくれた。俺は布団で寝たふりしてたが、いつの間にか寝ていた。朝、気持ち良く起きた。スッキリ!朝食はバイキングだったので、班一番で、食堂に行った。女教師がニコッと手を振ってきた。俺も手を振り替えし朝食を食べた。男教師と友達3人顔色悪くテーブルで憔悴していた。学校帰って女教師に迫ったが拒否られた。

続き:ヤンキーは何時もサボって遊んでないの!サボって慰めてるの!

- 終わり -

前後の話
前の話(2017-09-12 11:29:39)飲み会でのラッキー②

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR