エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > ビデオカメラの使い撮影していた女が…
投稿:2017-09-04(月)02:14

ビデオカメラの使い撮影していた女が健気で

この体験談のシリーズ一覧
1:ビデオカメラの使い撮影していた女が健気で
2:部屋でセックスを盗撮していたら女子大生がセフレに3:ビデオカメラでプライベートセックスを盗撮して

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
名無しさんからの投稿

ビデオカメラを買って自宅で撮影した

勿論目的は盗撮

自宅にデリヘルを呼んでテストをしていた。

ベッドの向かいに棚がありカメラを隠して撮影した。

やっぱりカメラの位置を決めるのが難しいから何回か場所を移動して

そしてデリヘル嬢にも恵まれ関西弁のデリヘル嬢は人懐こい女だった。

「めちゃ自宅ってエロいわ」と言われて

三回目のテストをした時に関西弁のデリヘル嬢に「エエよ…」

「五千円で」

「判った」と私すと「エエ人やからエエよ」とキスをされて

19歳で黒ギャル風のムッチリした巨乳で美味しそうな

「じゃあ」とベッドに寝かせてゆっくりと入れて

「硬い…」嬢は声をあげて、中はやっぱり締まる

「締まるね」と腰を動かし19歳の体を味わいました。

終わると「また呼んで」とキスされて帰りカメラを再生

「アン…アン…アン…」と声をあげる嬢

プルンプルンと揺れる胸がバッチリ

そして「出してエエよ!」

「どこに?」

「中でエエよ!」

「いいの!」と聞くと頷く嬢に抱き締められて発射したシーン

「めっちゃ温かい」と笑みを浮かべる嬢

そして「一杯や」と拭く姿に興奮した。

高い金を出した甲斐があった

本来の目的はそれではなかった

携帯で掲示板で知り合った女子大生からサポートを頼まれていて呼びだして

数日後

女子大生からサポートを頼まれて迎えに行き自宅に

スレンダーで胸も小さいけど真面目そうな

そりゃ地元のお嬢様学校なら

物静かでそういう事に無縁そうな

俺はシャワーを浴びさせてカメラオン。

彼女と入れ替わりでシャワーに

そして上がるとベッドで

「優しくしてください」と少し震えていた。

「こういう事するの初めて?」と聞くと頷く

「男はあるんたよね?」と聞くと頷く

「元カレだけ」

ほぼ新品じゃあ

「優しくするから」とキスをしてベッドに寝かせてタオルを取ると小降りで上向きのピンクの胸が露に

ゆっくりと舌を這わせて胸に吸い付いて

「アッ…アン…」緊張し震えながら喘ぐ女子大生

スレンダーで細身の体に吸い付いていった。

ピンっと立った乳首は敏感で小さいけどたまんない

足を開かせて太ももを撫で回して奥に

「アッ」ビクッと反応し濡れて来ていて

足を開かせて見たらまだまだ綺麗な色具合

舌を這わせて「アアンっ!アアン!」と反応が良くて「気持ちいい」

ゆっくり丁寧に吸い付いてヌルヌルした彼女に

「入れるよ」と話すと足を開かせて挿入

ゆっくり押し込むと中はキツキツの狭さ

「アン!凄いおっきい」

俺は巨根ではないですが、多分前彼が小さいんだろ

沈めた狭さは最狭

「痛くない?」と聞くと「大丈夫です」と健気

ゆっくり押し込み「アッ!アッ!」と甲高い声をあげて

細身で小柄な彼女に沈めていった。

「アン!アッ!アッ!アアッ!アン!」とシーツを掴み喘ぐ彼女

中はググッググッと締め付けてかなり凄い

彼女を上にしようかと思ったが「したことない」

俺は上で表情と声を聞きながら高まり

そして激しく打ち付けながら「アアッ!凄い!」と声をあげる彼女の足を拡げて「イクッ!」と抱きつくとキツキツの狭い中に

「アアッ!アン!」彼女はビクビクしながら俺をきつく締めて

終わると「大丈夫?」と聞くと頷くだけでベッドに横たわって

横になり抱き締めてあげた。

そしてしばらく寝かせて起き上がると約束を渡して

放心状態の彼女が不安で「送ってあげる」とシャワーを浴びさせてカメラを止めて車で

「ありがとう」といい見送り

自宅で再生しその全てに興奮した。

本来は保険外交の担当が変わった、井森美幸似の美熟女を口説いて撮影する目的だった。

スレンダーでも胸もあり美脚

食事とかも後少し

しかしあの可愛いお嬢様風の女子大生の娘の撮影で結構満足していた。

そして一週間後

井森美幸似の保険外交が来て部屋で

保険の特約を進められながらもブラウスのボタンが窮屈そうな胸元と短めで太ももが露な脚をみていた。

「来週の土曜日に来るね」

多分俺に狙われてるのは判っているのに夜に来るといい…

行けるなと思っていた

その日に突然メールが

「あのー先週お会いした苺です」

それはあの細身の女子大生だった

「どうしたの?」と返信したら

「あたし今暇してて」

「今から会えませんか?」

「サポートするあれがないよ」と返すと

「それはいいです…お部屋に行っていいですか?」

「いいけど」と返すと「実は今アパート近くまで」

「おいで」と返信しあわててカメラを作動

数分後にチャイムがなり

「こんばんわ」

「どうぞ」と部屋に入れてカメラの前に座らせて

「どうしたの?」と聞くと「何か会いたくなって…居心地いい部屋ですよね?」

サポートは出来ないのに

そして彼女は少し黙ると

「この前ありがとうございました」

「役立った?」と聞くと「助かりました」

そして彼女はうつむきながら

「拓也さん…あたしってどうでしたか?」

「凄い肌がすべすべで綺麗だった」と話すと

「嬉しい」

そして再び黙って

「あたし初めて気持ちいいって…最後拓也さんがイク時にあたしも凄く気持ち良くて頭が真っ白に」

「それが忘れられないんです!」

「凄い気持ち良くしてくれて…凄い気持ち良かった」

一回り年下の娘に

「おじさんが良かった?」と聞くと

「おじさんじゃないよ」

そして彼女は茜と名乗りました

「茜ちゃんがいいなら」と俺は二十歳の若い体を抱きしめてキス

従順で素直に応じると

「あたしおっぱい小さいしがっかりしなかったですか?」

なんて健気な

「おじさんでがっかりしなかった?」と聞いたら「全然」

キスをしながら胸を触り、太ももを触り

「変態おじさんでもいいならいつでも」と俺は彼女のベッドに

そしてキスを繰り返しながら服を脱がせてスレンダーな素肌に

「アッ…アッ…アン」と乳首に吸い付くと敏感に反応し俺は強く吸ったり

「アッ…アッ」と可愛い声をあげて

スカートを脱がせてパンティを脱がしてみたら前より湿りが凄い

「拓也さん」と抱きつきキスをする茜

「欲しい?」と聞くと顔を赤くしながら頷く

俺は脱ぎ脚を開かせてゆっくりと

「アッ!アアッ!」沈めていくと声をあげて茜は体をくねらせて

「気持ちいい」

そして狭い茜に沈めて動かすと「アアッ!アアッ!凄い!」

「拓也さんの気持ちいい」と抱きつきキスを繰り返しながら

細身の体に沈めていった

「茜ちゃん可愛い」

「拓也さん素敵」

本当の男を知ったのが初めてか、快感を知ったのが初めてか

わからないがすべすべの肌と喘ぐ彼女

そして狭い

それだけでも興奮するが汗ばみながら30過ぎの俺で

射精感が高まりだして動きを早めていくと彼女の喘ぎも大きくなり

「いくよ!」と抱きつくと彼女も抱きつき

そして脚を背中に乗せて「抜けないように挟んで」と話すと両足で腰を挟ませて

発射すると茜は「アアッ!」と体をガクガクさせてぐったり

そのまま寝ていた

俺はゆっくりと抜き取り横に

「寝ちゃいました?ごめんなさい!」と謝る茜ちゃん

「気持ち良くなって」と謝る茜ちゃん

ベッドでいちゃいちゃして

「明日も来ていいですか?」

「いいよ…明日もだけど一番エッチな服を来てきてね」と話すと「そんなの無いよ」

だけどこの娘はかなりいけると踏んだ。

続く

続き:部屋でセックスを盗撮していたら女子大生がセフレに

- 終わり -

ユーザー投票率:0.11%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-04-21
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-04-21 4回 7,116位
2019-04-20 2回 -
2019-04-19 4回 -
週間 26回 7,982位
月間 107回 8,747位
年間 3,070回 7,341位
累計 12,389回 5,431位
全話:11,309件
この体験談のシリーズ一覧
1:ビデオカメラの使い撮影していた女が健気で
2:部屋でセックスを盗撮していたら女子大生がセフレに3:ビデオカメラでプライベートセックスを盗撮して
前後の話
次の話(2017-09-04 05:38:04)パンツ狩り②

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR