エチ研TOP
Home > 体験談 > 漫画喫茶での偶然の会話
投稿:2017-09-01(金)12:10

漫画喫茶での偶然の会話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,639回)
大阪府/お茶飲みず吐かせさん(40代)からの投稿

サッカーワールドカップ予選、オーストリアに2-0で勝利したその後、勝利の美酒を覚ます為に、漫画喫茶コミックバスターへ行った。

受付で新規入会の女性の受付を待ち、俺の番になり受付し上の階へ、無料のドリンク自販機でコーヒーをチョイスしていると。

『全部タダなんですか?』

受付に居た新規入会の女性が声をかけてきた。仲間由紀恵を痩せさせ、細長い眼鏡をかけた容姿。

「初めて?」

『はい、まだ行った事無かったから・・・初めては、痛くなるし(たぶん腰が)、早く出してもらおうと、1時間くらいにお願い・・・初めてを感じないと。慣れたら、長時間お願いして、色んな事やってみたいの。』

コーヒーに口をつけて聞いてた。変なテンションで良くしゃべってきた。

『どうしら、いいの?』自販機を指差し、

「ここをこうすると」ボタンを押し、

『立った♪スゴ~イ』コップが自動にセット、

『溢れるほど出てる』氷が、

『・・・白いの、トロッて』コーヒーミルクが出て、俺は2杯目のコーヒーを取り、

「やる?」

『うん、ミルク飲む』ミルクが注がれ、

『早く♪いっぱい出た、全部飲めるかな~』大盛のミルクを取り出し、

『手に付いた、ベタベタ~』溢れたミルク付着、手を洗ってきた、

『濡れちゃった』服の裾が、

「もう、入る?」部屋へ、

『入るっかな~』変なテンションで、

『ここ?』部屋を指差し、

「そう、そこ」

『硬い、入らない、うぅ、硬ぁい、うんっ』磁石式のドアに悪戦苦闘、開けて

『ふぅ・・・入った♪』

『中、狭いの、あんまり動けないね』腕を振り回し動いたので、ゴンッ、キーボードテーブルに衝突、

『動いたら・・・ちょっと痛い 』涙目で、

「動かす?」パソコンを、

『もうちょっと、このまま』

『良くなったら、自分から動かす』パソコンね、

「そろそろ、行くね」ここから、自分の部屋に、

『もう、行くの?』

『あっ、ここに出すの?』キーボードテーブルのスライド、

「そう、そこに」

「もう、行くね」

伝票を指差し、『入口に出すの?』

「出す、出す」面倒になり、

次に紙コップを指差したので、

ゴミ箱を俺は指差し、

「まとめて、出す」イラっとし、

「中に・・・行くわ」ドアを閉めた。

『アンッ』びっくりしたみたい。

《俺は行った》部屋に。

会話だけ、思考を柔軟にエロくすると・・・貴方次第。

- 終わり -

前後の話
前の話(2017-09-01 11:52:17)ある意味忘れられない元カノ①

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告