エチ研TOP
Home > 体験談 > デカチン中毒になった私
投稿:2017-08-26(土)01:18

デカチン中毒になった私

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:18,569回)
宮城県/奈々さん(20代)からの投稿

23歳のOLです。

彼氏が居ない時は掲示板で知り合った男と遊んで居ました。

みんなエッチをしたがりますが、大半は不細工

不細工にはフェラをしてあげます。

たかしも知り合った男

ラガーマンで185センチの身長でガッチリした体でした。

「美人だね?」「スレンダーで篠田麻里子に似てる」とか凄い気に入ってくれたみたいだけど

私はホテルに誘われても拒否して代わりにフェラをしてあげると話しました。

「エッチしよ?」「エッチしたい」としつこく迫るたかし「今日生理だし」とたかしは不満そうな顔でした。

人気の無い駐車場に着くと私は運転席のたかしに

「ごっくんしてあげる」とジーンズを脱がせて撫で回してトランクスが膨らむと、ゆっくり脱がせて

目の前のたかしは見たことがない太チンでした。

太さはたぶん普通の倍?しかも長い

びっくりしながら撫で回してゆっくりと舌を這わせました

「奈々ちゃんうまい…」たかしは声をあげて喜びました。

「さっさと抜いて帰ろう」と私はたかしにしゃぶりつきましたが太くて顎が痛い

「奈々ちゃん…エッチしよ?」誘ってくるたかしが私の胸を触り、太ももやお尻を触りました。

さっさと抜いて帰ろうと思ってた私はたかしに触らせてフェラを続けましたが全然行かないたかし

スカートの奥まで手を入れて撫で回してくるたかし

しゃぶりつくけどたかしはいかない

顎が疲れて休もうとしたらたかしが抱きつき助手席に押し倒されて

「奈々ちゃんエッチしようよ」

「しない!生理だし」

「あれながないじゃん!」

たかしはスカートの中に手を入れてパンティを脱がされて

「いや!」と私が抵抗しましたが、185センチのたかしに153センチの私は抵抗しても勝てない

「濡れてるよ」と撫で回して近づくたかし

体で覆い被さりました。

「重い!」抵抗しましたがたかしは「気持ち良くしてあげるから」

「いゃ!」必死に抵抗する私を押さえつけてたかしは無理やり挿入してきました。

「こんなデカいの無理!」と話すと「大丈夫だよ!最初は嫌がるけどみんな凄い気に入ってくれるから」

ヒリヒリして痛くて「痛い!」と声をあげてもたかしは沈めてきて

目一杯で太チンがゴリゴリと中をえぐりました。

「アアッ!いゃぁ!」痛さと怖さに怯えて私は震えました。

「奈々ちゃん凄い絞まりがいい!人妻とは全然違う」

「あんた不倫してんの最低!」

「三人としてるよ…みんな誘ってくるしスケベだし」

「奈々ちゃんも気持ち良くしてあげるよ」どグイッグイッと腰を動かしました。

中をこじ開けるように入り込むデカチン

「やめて!」と言いながら私も徐々に痛さから気持ちよさに変わりました

「気持ちいいでしょ?」

こんな不細工に遊ばれるなんてプライドが許さず

「気持ち良くないから!」と反発してしまいました。

「ほんと?」

たかしは笑みを浮かべて

「じゃあこんなのは?」

ゆっくり腰を引くとズドン! と強く突き上げました。

「クゥッ!」凄い快感

たかしはまた腰を引くとズドンと強く突き上げました。

「ンンッ!ンンッ」声をあげないようにこらえました。

「我慢しなくていいよ」とたかしはズンッと深く入れると今度は小刻みに深く入れたデカチンを動かします。

「いゃぁ…ンッ!」必死に我慢しましたが、気持ちいい場所に

「ンン…クッ」私は堪えていました

「奈々ちゃんて我慢強いね」笑うたかし

「じゃあこんなのは?」

たかしは脚をグイッと開かせると根元まで入れると激しく突き上げました

「ダメ!ダメ!ダメ!」快感が体を駆け巡りました。

「いゃゃゃあ!」私はたかしの太チンに気持ちいい場所を擦られてイッてしまいました。

ガクガクと腰が勝手に動きました。

「ウワッ!凄い!」たかしは締め付けに声をあげていた。

「あぁ!奈々ちゃんて綺麗で締まる!」たかしは興奮しながら突き上げて来ました。

「凄い!アンッ!アンッ!」

私はスイッチが入ると声をあげていました。

「気持ちいいでしょ?」

「気持ちいい!」

「美人で溜まんない」

たかしは無理やりキスをしながら腰を動かしました。

「イクイクイク!」私はまたイッてしまいました。

「もう無理!」このままだとおかしくなる

たかしは興奮しながら動きを早くしました。

「奈々ちゃん!最高だよ!付き合おうよ!」

たかしは興奮しながら突き上げます。

デカチンがピクピクすると私は「ダメ!外に出して!」

だけどたかしは「ここまで来たらいいでしょ?」とラガーマンの激しい動き

185センチの巨体に153センチの私はのし掛かられて抵抗出来ずに

「奈々ちゃん!イクッ!」

たかしは脚をバタバタさせて抵抗する私を押さえつけながら中に出しました。

ビュッビュッとたかしの精子が弾け奥の奥まで入り込む感触

私はそれから数分記憶がありません

気づくとたかしは抜いていてあそこを見つめて「一杯出てる」とたかしは満足そうにしていた。

「最低…」

私は怒り「妊娠したらどうすんの!ゴムくらい着けるでしょ!生なら外に出すのがマナーでしょ!」

中に出された怒りに震え、妊娠の恐怖に怯えました。

こんな不細工の…

たかしの顔を見ると怒りが

「大丈夫だよ…俺人妻とエッチする時中に出すけど妊娠したことないから」

「あたしは人妻じゃないから」

「妊娠したら結婚しようよ…奈々ちゃん凄い美人だし細身で小さくてタイプだし」

「あたしはいや」

「大丈夫…それにサイズの合うゴムないし」

たかしは自慢気に人妻とのセックスの話をしてきました。

三人の人妻とエッチしていて、35歳 40歳 43歳とエッチしているとか。

一人はバイト先で後は掲示板で知り合ったらしいです。

「みんなエッチだしイクとヤバい」と笑っていた

「もう一回しよ」

たかしはまた私の中を突き上げて「イクッ!」と中に

「最低…」

だけど私はいってました。

「また会おう」と言われましたが拒否して

「きっとまたしたくなるよ」

「ありえない!」

私は怒りながら帰りました。

お風呂でシャワーで中に指を入れて出された精子を掻き出しました。

たかしからは毎日メールが来ましたが無視

だけど私の体がメールを見ると興奮しているのが判りました。

「会おう」「会おう」と毎日メールが

無視してたのに私は「大好きな人妻さんとしなよ」と返したら

「奈々ちゃんの抜群の絞まりが忘れられないよ」

「奈々ちゃん凄い美人だし」

しばらくして夢でたかしとのセックスに興奮して目が覚めてパンティが濡れ

毎日見るように

そして眠れなくなりあのデカチンの感触を思いだして

初めて一人エッチしていた

そして携帯にたかしのメールが来ました

一時間後 私はたかしのデカチンを入れられて何回もイキ果てて中に出されました。

興奮していた。

「奈々ちゃん」たかしは嬉しそうに笑顔でした。

そして不定期にたかしとのセックスをするようになりました。

たかしはスマホに三人の人妻の写真を取って居ましたがみんな結構綺麗でした。

一人はバイト先の人妻で飲み会の後に

後の二人は掲示板で知り合った人妻であたしと同じで拒否してたのに

「見て?」と写真をみると 笑顔でデカチンにしゃぶりつく写真やベッドで喘ぐ写真

「奈々ちゃんも撮りたい」と言われましたが拒否しました。

不細工であつかましいですが体がたかしのを欲しがります。

実は合コンでイケメンと知り合ってお持ち帰りされてエッチしましたが、正直全然気持ち良くなかった。

私は感じてる振りで終わらせてたかしに連絡してエッチしていた。

圧倒的な太さで私はいかされて居ました。

多分私はもう普通のモノでは満足出来ない

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-08-26 03:52:36)7歳年下のセフレとの馴れ初め
前の話(2017-08-26 01:12:48)友達のママ

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告