エチ研TOP
Home > 体験談 > 失恋した彩先輩(3)
投稿:2017-08-15(火)01:35

失恋した彩先輩(3)

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,335回)
東京都/りくさん(20代)からの投稿

前回の話:失恋した彩先輩(2)

「はぁ…はぁ…」

絶頂の余韻で肩で息をする彩先輩

「きゃっ!…くすぐったい…ぁん…」

背中から彩先輩を抱きしめ、うなじから鎖骨のラインlip愛撫

「…いやぁん…」

爪先を軽くたて、太腿…ヒップ…ウエスト…脇腹辺りを撫であげると、面白いように反応

「彩先輩…Mっすよ これ」

「…あんたの勘違い…」

「…うぃっす…」

「あぁ…はぁん!」

人差指と中指でスリットを優しく上下…撫でるようにクリトリスを中心に恥骨で円を描くようにマッサージ

「乳首とクリトリス…どっちが敏感っすか?」

「あんっ!…両方…」

「ですよね!」

「はぁん!…気持ちいぃ…」

『背面側位』で、亀頭でクリトリスを擦りつけるように素股ピストン

「俺の…気持ち…いいっすか?」

「…あん!…おちんちんだけ…いぃ!」

「…うぃっす(T-T)」

「もう…」

不意に彩先輩が俺を痛いぐらいに抱き締めてきた。豊満なおっぱいを俺の胸板に密着させ、足を絡ませ、俺の分身にクリトリスを激しく擦りつけてくる。

「今日のあたし…ほんとどうかしてると思う」

「でもね…こんな気持ちになれるの…りくだからだよ」

「ね…お願い…ほんとダメなの…(T-T)」

泣くなよ…俺がフったみたいじゃん

「エロ顔がみれないバックでいいっすか(^^)」

「…エロ顔っていうな…くすん…」

「ウルトラマンで終わらせます!」

「…なにそれ…」

「3分あれば!」

「おぉ…自信満々じゃん(^^)」

「いや…俺が…3分もつかなって…」

「返品されたい?」

「これでいい?…」

ベットに立ちあがったか彩先輩は、俺の目の前で四つん這いになったかと思うと、ヒップを突き出し、挿入し易いよう開脚ポーズ

真っ白な少し大きめのヒップ…

乳白色の愛液が溢れ出した少陰唇…

蕾のようなアナル…

「あんまりみないで…」

ー終わりー

✳︎早く挿れろって?俺も思った

続き:失恋した彩先輩(4)

- 終わり -

前後の話
前の話(2017-08-14 21:07:53)旦那の女友達への復讐

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告