エチ研TOP
Home > 体験談 > 48才のウブな義姉に女の悦びを教え…
投稿:2017-08-13(日)05:00

48才のウブな義姉に女の悦びを教えた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,291回)
義弟さん(30代)からの投稿

48才の真理子。

27才で見合い結婚をして初夜に旦那に処女を奪われる。

28才で妊娠。その後10年セックスなし、更にその後10年セックスなし。

男性経験は旦那だけ。経験回数も少ない。セックスの良さを知らないウブ女。ディープキスもクンニもフェラも経験なし、おまけに旦那のチンチンを触ったこともなかった真理子。

身長150センチで細身体型。胸はCカップ。体質のせいだろうけど48才なのに腹も出てないし色白で肌が若くて綺麗。

見た目は実年齢より10才は若く見える。

性格は地味系で物静かな真面目タイプ。

下着と言えばブラもパンツもノーマルな白ばかり。マジで清楚系。

真理子は兄貴の嫁。

兄貴51才、真理子48才、俺31才。

兄貴とは腹違いの兄弟。

俺はバツ1で2年前から実家で両親と兄貴夫婦と同居。

両親は旅行好きで月に半分くらいは家にいない。

兄貴は真面目で頭が良くて仕事が出来て月に2回くらい出張で家を空ける。男としての兄貴はお粗末なチンチンで一級品の堅物で淡白すぎ。

1人息子は現在県外の大学に行ってる。そんな環境で俺は生活してる。

俺としては、年上だけど年下みたいに可愛い真理子を抱きてー!って思ってた。

6月の終わり、口説いてダメなら強引に。って感じで真理子を犯した。

真理子と2人きりの日、俺の部屋に引きずり込んで。

大人しいタイプの真理子はビクビクした感じで「いやっ・・だめっ・・やめてっ・・」って小さな声で逃げようとしてた。

力ずくでTシャツとスカートを脱がして俺の布団の上に押し倒して。

ブラもパンツも強引に剥ぎ取って俺も全裸に。

小さな声で恥ずかしそうに「あっ・・だめだめっ・・いやっ・・」とか言われても押さえきれなかった俺。

キスして唇を吸いまくって舐めまくったら「んーーーっ!」って声が可愛いくて。必死に俺の体を押してた。

1度口を離して「口開けて」って言ったら真理子は小刻みに首を振ったので鼻を摘まんで口を開けさせてまたキス。

舌を入れて舐め回してやった。

口を離したら真理子はゲホゲホ咳き込んでティッシュに唾を吐いたり手で唇を拭いてた。

胸を揉んで乳首を指で摘まんで弄り回してやると、真理子の表情は眉間にシワを寄せて歯を食い縛ったり唇を噛んだり。

乳首に口を押し当てたら「ひゃっ!」って驚いたような声を出してた。

乳首を吸いまくって舐め回して胸に満足した俺は下へ移動して、真理子の膝を掴んで強引に足を開かせた。

「やっ!だめっ!見ないで!」とか言ってた。

ビックリするくらい綺麗なマンコを「舐めてやるよ」と言って口を押し当てたら、クンニ初体験の真理子は「ぎゃっ!だめっ!汚い!やめて!」って声を出して体を捻ろうとしたり逃げようとしてた。

俺は真理子の足を押さえ付けながら無味無臭のマンコをクンニしまくった。

中指を入れたら「あっ・・・」って辛そうな小さな声。

使い込んでなく10年ご無沙汰のマンコは想像以上に狭く感じた。

そろそろ挿入!と思い、改めて足を開かせると、真理子が俺の方を見て目を丸くしてビックリ顔。

標準以上の俺のチンチンを見て驚いてた。

兄貴の粗チンしか知らない真理子には、きっとデカチンに思えて衝撃だったようだ。

デリ嬢達には大好評の俺のチンチンと持続力www

「いやっ、だめっ」って逃げようとする真理子を押さえ付けながら強引にチンチンをねじ込んでやった。

狭い膣内の奥までチンチンを入れたら、真理子は仰け反って上を向いてた。

暫くはピストンと言うより、チンチンでグイグイと奥の行き止まりを押したり上下左右に腰を動かしてた俺。

真理子は涙を流し始めて辛そうな顔。

目をきつく閉じたり、口が真一文字になったり歯を食い縛ったり唇を噛んだり。

そして暫く横を向いてすすり泣く感じだった。

表情が可愛くて辛そうで興奮した。

そんな真理子を感じさせてやるー!

って思って。

本格的にピストンを始めたら驚いたように「あっ!!」って声を出して。

「あっ!!いやっ!!あっ!!」みたいな。

とにかくガンガンガンガン突きまくってやったら、最初は嫌そうで苦痛そうだった真理子の様子が女に目覚めたような姿になってた。

「あ~~~~~~ぁ、あ~~~~~~ぁ、あぁ~~~~~~ぁぁぁ」って普段大人しい真理子からは想像出来ない姿になってた。

布団掴んで仰け反りながら上を向いて大きな声で喘ぎまくり!!!

超興奮した。

そのうち「あっ!!!」って声をあげたと思ったらグッタリ。

めでたく真理子は人生で初めてイッテた。

顔は放心状態で体は痙攣状態。

呼吸が苦しそうだった。

声をかけても上の空、何をしても反応なしの真理子。

人形のような真理子をラストスパートの高速ピストンで突きまくって、安全日と知っていたので最後は中に一滴残らず精子を出した。

7月の終わりに真理子をまた抱いた。

最初は「いやっ・・だめっ・・」とか言ってたけど抱き締めたら大人しくなって言いなりだったね。

結局恥ずかしそうに「あんっ・・・あん・・・」って言わせて途中からは大声で喘ぎまくらせてイカせてやり、最後に中出しフィニッシュ。

その後、2人きりになる度にイチャイチャ楽しんでます。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-08-13 05:47:12)待ち伏せされて 犯されました
前の話(2017-08-13 03:07:20)出会い系のJ◯

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告