エチ研TOP
Home > 体験談 > 高校時代にバカにされていた山本彩似…
投稿:2017-08-12(土)10:00

高校時代にバカにされていた山本彩似のギャルをソープでイカせた話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:20,327回)
福岡県/名無しさん(20代)からの投稿

僕の名前は金沢博史(27)、上場企業に勤めていてそこそこの年収があるが、学生時代はどちらかと言うと大人しくて気持ち悪めのタイプだった。

彼女はできたことなく素人童貞だが、風俗にはかなり行っていて、それなりに経験は積んだ。

ある日、いつものようにソープに行った時のことだ。

選んだ女の子が、写真では全然気付かなかったがなんと高校時代に僕のことを「キモ沢」と言ってかなりバカにしていたギャルの中村理央だった。

理央は頭が悪く強気な性格で、僕を気持ち悪がっていたのであまり好きではなかったが、山本彩に激似でかなり可愛く、スタイルも良かった。

真面目な僕と生きる世界が違っていたが、高校時代に何度か見た理央のパンチラでお世話になったことがある。

久しぶりに対面すると、お互いにすぐに気付いた。

相変わらず可愛かったが、この日は僕がソープを利用していることを相当バカにされ気持ち悪がられた上に、なんと挿入させてもらえなかった。

サービスは最悪で、気持ちが全く込もっていない高速フェラですぐにイカされ、それだけで終わった。

すぐにイッたことを更にバカにされた。

むなしく家に帰ると、高校時代のことも含め怒りが沸いてきて、僕は復讐することを決めた。

今回の投稿はその復讐のために再び行ったソープでの話である。

最初に店に行ってから3週間後、再び理央を指名した。

ブラックリストに入れられてるかと心配したが、大丈夫だった。

この日のために僕はネットで入念に調べた効果が高そうな媚薬を購入していた。

液体タイプなどではなく、塗り薬みたいなタイプの物を買い、バレないように手の甲にタップリと塗って行った。

その場で堂々と使うのは無理だし、体に塗って行くとシャワーで流れてしまう。

手の甲だったらシャワーで流さないように上手くできるはずだ。

対面するとすぐにキレられた。

理央「何でまた来たの!?来るなって言ったじゃん!マジキモいし!」

「だってこの間は口だけだったから…」

理央「は!?当たり前じゃん、何言ってんの!?何であたしがあんたとHしないといけないわけ!?」

「でもこっちはお金払ってるんだし…」

理央「そんなの関係ないし!」

「関係あるよ。今日だって120分35000円払ってるんだから、ちゃんとサービスしてもらうよ」

理央「キモ!普通は知り合いだったら2回目は来ないでしょ!」

「そんなの僕の自由じゃん」

理央「最悪…ブラックリストに入れとけばよかった…」

相変わらずムカつくが、高校時代に散々バカにされた中村理央とHできるのなら我慢できる。

「早く服脱がしてよ」

理央「はぁ?服くらい自分で脱げるでしょ」

理央は前回と同様に服を脱がしてくれず、結局自分で脱ぐことになった。

「中村さんは僕が脱がしてあげる」

理央「キモい!自分で脱ぐから向こうむいてて!」

「嫌だよ、お金払ってるをだからじっくり見させてもらうよ」

理央「はぁ?」

理央は眉間にシワを寄せ、明らかに不機嫌なまま僕の目の前で服を脱ぎはじめた。

下着は青がベースの花柄で、一見水着のように見える面積が小さめのもの。

性格は悪いがやはりスタイルは抜群だ。

理央「早く体洗って」

普通はソープ嬢が体を洗ってくれるはずだが、理央は偉そうに指図する。

我慢我慢…。

手の甲に付けた媚薬が落ちないように気を付けながら体を洗った。

理央「はい、そこに寝て」

理央は無愛想に言い、マットの上に寝転んだ僕のアソコをすぐにくわえ、前回と同じように最初からすごいスピードで頭を動かす。

早くイカせて終わりにしたいのが見え見えだ。

かなりのテクニックに前回はすぐにイカされたが、今回はそうはいかない。

長持ちするようにあらかじめ一回家で抜いてきたのだ。

10分ほどフェラを続けると、疲れたのか理央が顔を上げた。

理央「まだ?」

「まだまだイカないよ。ねぇ、入れさせてよ」

理央「早くイッて」

僕の要求を無視してフェラを再開しようとする。

「無視するなら、店長に言うよ」

理央「はぁ?ありえない」

「だってソープなんだから本番ありでしょ」

理央「…」

理央はすごい目付きで睨み付けながら、舌打ちをする。

冷めた表情のままポーチからゴムを取りだし、慣れた手つきで僕のアソコに着けた。

理央「もう…まじ最悪…」

文句を言いながら僕の上に跨がろうとする。

「ちょ…ちょっと待って!」

理央「もう!…なによ?」

「バックがいいな」

理央「は?うざ!あんたバックとかしたことないでしょ」

早く終わらせたいのか、悪口を言いながら四つん這いになってお尻をつきだす。

性格に似合わず白くてキレイなお尻だ。

バックを選んだのも、手に付けた媚薬をアソコに塗るのを気づかれないようにするためであり、理央のアソコに直接塗るとバレるため、自分のアソコにゴムの上からしっかりと塗った。

たっぷりと塗り広げ、四つん這いで待つ理央にゆっくりと挿入した。

あまり濡れてないためか、スムーズには入らない。

理央「痛っ!さすがの下手さだね」

僕はゆっくりと腰を動かし、媚薬が効いてくるのを待った。

さすがの理央も少しずつ少しずつは濡れていくが、まだほとんど反応はない。

15分くらい経った頃だろうか…。

理央「ん…ん…」

ようやく少し声が出始めた。

ここで体勢を変え、正常位になった。

理央「あんたのキモい顔見たくないんだけど」

ムカつくが、無視してゆっくりと腰を動かす。

理央「うわぁ…気持ちわるっ!」

無視無視。

そのまましばらくピストンを続けた。

すると、

理央「ん……ぅぅん…」

アソコもけっこう濡れてきて出し入れが徐々にスムーズになってきた。

媚薬が効いてきているのだろうか。

理央「ぅん……ん…ん!…」

理央は相変わらず横を向いたまま無表情を貫いているが、吐息が漏れはじめている。

ここで、少し強めに腰を打ち付けてみた。

パンッ!

理央「あ!」

けっこう大きめな声が出た。

なんだ、しっかり感じてるじゃないか。

理央は不意に出してしまった声を誤魔化そうと話始めた。

理央「もっと優しく動いてよ、ビックリしたじゃない」

「ごめん、痛かった?」

理央「いきなり動くと痛いでしょ。やっぱ下手よね、早く終わってよ」

「ごめん、早く終わるよ」

そう言い少しずつピストンを早く、強くしていく。

理央「ん……っ!…ん…」

理央は横を向き唇を噛んで声を出さないように耐えているが、漏れ出る吐息も次第に大きくなっていく。

時々タイミングを変えて強く突くと、抑えてはいるが明らかな喘ぎ声が出始める。

パン!パン!理央「んん!……ん!」

「ん?気持ちいいの?」

理央「気持ち…いいわけないでしょ!…は…早くイッ…て!」

「感じてるフリしなくてもいいよ」

理央「っ!……ん!」

顔を真っ赤にして耐えている。

「僕なんかが中村さんを気持ちよくさせれるわけないから、演技なんかしなくていいからね」

と言いながら、ピストンのスピードをMAXにした。

パンパンパンパンパンッ!!

理央「あ!…ちょ…ちょっと!…んん!」

「いいよいいよ、声出さなくて」

理央「ぁん…ぅんん!」

クチュクチュクチュ!愛液が混ざり、ピストンの音が変わってきている。

理央「ん!…ん!…ちょっと…ストッ…プ!」

僕は無視してピストンを続ける。

理央「あ!…だ…だめ!…ん!…なんで…やだ!……イッ…ちゃう!」

「え?イキそうなの?」

ピストンをストップ。

理央「はぁはぁ…そんなはず…ないでしょ」

理央は涙目で息を切らしている。

完全に感じてるのに強がるとこが最高に興奮する。

「だって今イッちゃうって…」

理央「え、演技に決まってるでしょ!」

「じゃあ演技しなくていいから黙ってて」

クチュ!クチュ!クチュ!

理央「あ!ちょ…待って!んん!」

「黙っててよ」

理央「ん!…あ!…んん!…」

「演技しないでよ」

理央「あ!…だめ…んん!」

パンパンパンパンパンッ!

理央「ぁんん!…もう…また…イ…クッ…」

ここでまたピストンストップ。

ストップしても理央のアソコはヒクヒクしている。

もう完全に絶頂寸前だ。

どうやら媚薬は効いているみたいだ。

「イクの?僕より先に?」

理央「はぁ…はぁ…だから…演技だって…」

「演技しなくていいって言ってるのに」

理央「下手くそなあんたのためにしてるんでしょ!早くイッてよ!」

本当は感じまくってイク寸前のくせに演技と言い張ってやがる。

憎たらしいが可愛く思えてきた。

「まだまだイカないよ。中村さん本当は感じてるんじゃないの?」

理央「バカじゃないの!感じるわけないでしょ!演技してあげるから早くイッて!」

あれだけ喘いでるのに、感じてるのを認めないところがたまらない。

そろそろ本気で乱れるところを見たくなってきた。

「じゃあ早くイクために全力で動くから、中村さんもめちゃくちゃ感じる演技してくれる?」

理央「はいはい、わかったから早くイッてよ」

なにが「はいはい」だ。

演技だという名目でイク気だろ。

クチャッ!…クチャッ!…クチャッ!僕は再びゆっくりとピストンを開始した。

理央「あ!…あん!…やん!」

理央は演技というテイで遠慮なく喘ぎ始めた。

理央「ぁあ!…ぁあん!」

「すごい!本気で感じてるみたいだよ!」

少しずつペースを早める。

リズムに合わせて理央の声が響く。

パン!…パン!…パン!

理央「あっ!…あっ!…あっ!」

ジュブッ!ジュブッ!ジュブッ!

理央「ぁあ!…な…なんか…今日やば…い!…んん!」

白くキレイなDカップの胸が激しく揺れている。

僕はその胸を両手で鷲掴みし、揉みしだいた。

理央「やぁんん!ちょっ…とぉ!なに触っ…てんのぉ!」

気にせず揉みまくる。

理央「んんん!…だめぇ…」

「感じてるフリしてくれてありがとね!」

理央「ね…ねえ!まだ…イカないの!?」

そろそろ理央の表情が必死になってきた。

僕もさっきから我慢してるが、もう限界が近づいている。

「もうイキそう!ラストスパートするから中村さんも我慢しなくていいよ!」

理央「んんん!…もう…早くイッ…て!」

残った体力を使いきるつもりで、全力で腰を振った。

大量の白濁液が結合部に付着し、ピストンする度に卑猥な音が目立つ。

ジュポジュポジュポジュポジュポッッ!

理央「ぁあああああ!もうだめぇぇ!イッちゃうぅ!」

「ほらほら!演技でもいいから思いっきりイッて!」

僕は理央の両足首を持ってVの字に大きく脚を広げた。

グチュグチュグチュグチュッ!

理央「だめだめだめ!あ!…マジ…ヤバッ…イ…イッ…ク!…やだ!…イッちゃ…ぁあ!やだ!イッちゃう!…ああ!…だめイクッ!…イクイク!!」

理央は目をキュッと閉じ、全身に力を込めてビクビクッと大きく痙攣した。

それと同時に僕も大量の精液をゴムの中に放出した。

たぶんこの時が人生で一番の量が出た。

ついにやった!あの生意気な理央を僕がイカせてやった。

アソコから抜く瞬間、再び理央は小さく痙攣した。

理央を見ると、イッた余韻と僕に対する嫌悪感が混ざったような表情で僕を睨んでいた。

「すごく気持ちよかったよ。ありがとう、演技してくれて」

理央「まじ最悪…」

「あんなに感じてるフリしてくれるなんて、すごいリアルだったよ」

理央「何人相手にしてきたと思ってんのよ」

「さすがだね」

理央「じゃあ早く帰ってよ。もう来ないで」

この上ない興奮と優越感で満たされた僕は店を後にした。

- 終わり -

前後の話
前の話(2017-08-12 16:19:22)彩香との生活①

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告