エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 母子の相姦(続編)
投稿:2017-08-10(木)12:18

母子の相姦(続編)

カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,977回)
宮城県/名無しさん(40代)からの投稿

ある日、母は、夏の暑い昼間、扇風機をかけて、茶の間で昼寝をしていました。

白のスリップ姿で、ノーパンでした、畳が冷たいのか、うつ伏せで寝ており、

扇風機の風が、横振りして、母のスリップが、風で仰がれて、お尻の割れ目を見せていました。

私は、何気なく、母の太ももを枕にして、横向きに寝ました。

お尻の割れ目を見ながら、寝ていました。

すると、母は、重みを感じ起き上がり、片方の足を上げた瞬間、私の頭が、母の股間に入り、顔が、母のおまんこに直接当たり、私は、母のおまんこを顔で感じてしまいました。

母は、ビックリして立ち上がり、「ここで何してるの」と言われて、

私は、「お母さんのお尻をまくらに寝ていただけだよ」というと、

母は、「あっそうか、」

そして、私は、母のおまんこを間近で見て、おまんこに、突起物を見ました。

私は、わからないまま、友達に聞いてみました。

「おまえ、それは、クリトリスというんだよ」と初めて聞きました。

友達は、「クリトリスをいじると、女性が悶えるのわかる」

私は、初めて聞いて、興味津々になっていました。

そして、日曜日の日、母は、まだ、暑い日でした。

扇風機をかけて、今度は、仰向けで白のスリップ一枚で、ノーパンで寝ており

扇風機の風が母のスリップをめくり上げて、おまんこの毛が見えていました。

私は、同じように、母の太ももを枕に、おまんこの毛や割れ目を見ながら、横になり、母の太ももを触りながら、徐々におまんこの割れ目に指を入れて、クリトリスをいじってみました。

これが、クリトリスの感触かと思いながら、母は、熟睡していましたが、何か気持ち良さそうでした。

私は、ばれないように、そうとその場を離れました。

そして、月日が過ぎて、私は、反抗期の時期でした。

私は、顔が悪く女性に相手にされないので腐っていました。

もう、こんな俺は嫌だと、思い、一人で、部屋で暴れていました。

すると、母が、驚いて、部屋に入ると、暴れている、俺を押さえようとしていました。

母は、その時、白のブラウスを着ており、「どうしたの?どうしたの?」と聞く母

私は、暴れながら「何で、こんな悪い顔に生まれた、女性にもてないじゃないか、みんなお母さんがいけないんだ」

と暴れていると、母は、「暴れるのは、やめなさい」と言い、私の体を押さえようとする

私は、母のブラウスを手でにぎり、引っ張ると、ブラウスのボタンが取れて、オッパイがポロリでした。

でも私は、暴れており、オッパイを出したまま母は、私を押さえて、そして、母は、何を思ったのか、乳首を私の口に持ってきて、「しゃぶりなさい、昔を思い出しなさい」

と言い、私は、母のオッパイを吸っていました。

そして、母のオッパイを吸いながら、揉んでいました。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-08-10 12:44:31)佐々木希似の女の子のスカートめくり
前の話(2017-08-10 10:57:26)派遣社員として 犯されています

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告