エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 知らない若い男二人と3Pしてきた妻
投稿:2017-08-07(月)22:29

知らない若い男二人と3Pしてきた妻

カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,582回)
光さんからの投稿

私には34歳の妻がいます。

妻が18歳の頃から10年付き合い、結婚しました。

妻が18歳の頃は凄くHでした。

私が寝ていると後ろからチンポを触ってくるなんてしょっちゅうでした。

そんなHな妻は18歳の頃、私の友達4人と体の関係をもち、私は20歳にして寝取られを体験しました。

当時は友達にムカついたりしましたが、今となっては興奮に変わり、Hの時に友達の名前を出したりして言葉攻めしています。

「ここにアイツのチンポ入れたんだろ?」と言いマンコを触ると「入れてないよ」と言いつつも思い出すのか、どんどん愛液を垂らします。

ここ最近は、他人とHはしていないようです。

友達と食事、飲み会、カラオケに行ってくるというときは、他人とHしてないか少し期待しつつ、毎回帰宅後直ぐにHして確かめてます。

ある日、友達とカラオケに行ってくると妻が出掛けました。

リビングのソファーで寝た降りをしていると、いつも23時には帰宅していたのに、その日は1時頃に帰ってきました。

様子もいつもと違い、私に気付かれないようにお風呂に向かいました。

私が洗面所をノックすると妻が鍵を開けました。

洗面所に入ると妻が裸で立っていました。

いつものようにキスをし、激しく胸を揉みます。

乳首を舐めようとすると、唾液の匂いがしました。

「お前浮気しただろ?」と問い詰めると、カラオケを出て友達と別れた後、若い二人組に強引に飲みに行こうと誘われ、居酒屋で飲まされたそう。その後、公園の駐車場で二人とカーSEXしたと話してくれました。

興奮した私は、マンコに手を伸ばすと、拭いてないのかヌルヌル状態。

リビングに連れていき、脚を広げてじっくり見てやりました。

二人の精子を飲まされたと言ってましたが、マンコからは白い液体が流れ出し、その匂いは精子の匂い。

気付かないうちに中出しされた様子。

指でマンコを掻き回し「二人のチンポをここに入れたのか?」と聞くと「うん、ごめんなさい」と妻が謝ります。

フェラさせ、マンコにバイブを入れました。

「こうやってフェラさせられながら、バックで突かれて興奮したんだろ?」と聞くと妻は謝るばかり。

バイブを激しく出し入れすると、他人の精子と妻の愛液が混ざり、マンコはドロドロ。

「どうしたい?」と聞くと妻は「チンポ欲しい」と答えました。

「他人のチンポ二本相手してしてきたのにもう欲しいのか?淫乱だな!もっとしゃぶってろ!」

すると妻は「ジュルジュル」と音を立て丁寧にフェラしてきました。

暫くフェラさせ「チンポ入れてもいいぞ」と言うと妻は私の上になりチンポを掴み、マンコに当てるとゆっくり腰を下ろしました。

何の抵抗も無くチンポは奥まで呑み込まれ、妻は私に抱きつき「ごめんなさい」と言ってきました。

そんな弱気な妻に私は更に興奮しました。

「久しぶりの若い男のチンポは気持ちよかったか?」と聞くと「・・・」

私は思いっきり突き上げもう一度聞くと妻はコクリと頷きました。

正常位にし、私は激しく何度も膣の奥を突くと妻は「あぁ、気持ちいい、はぁぁん」と喘ぎ声を上げ、腰を震わせ逝った様子。

「こんなにガバガバのだらしないマンコにされて、全然気持ちよくねーよ!もっと締めろ!」と言い私が腰を振り続けると、妻がマンコに力をいれたのが分かりました。

そして、私は妻のマンコにぶっかけました。

私が横になると、妻は自分でマンコの精子を拭き取り、他人の精子が絡み付いた私のチンポを掃除するように丁寧に舐めてきました。

私はその日の出来事が忘れられず、妻が出掛ける度に、寝取られを期待しています。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-08-07 23:40:52)メガネ屋さんと母のミニスカート
前の話(2017-08-07 20:50:51)母の過去(トップレス喫茶)

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告