エチケンTOP
投稿:2017-08-02(水)03:35

借金させて脅迫

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:68,487回)
むっくさんからの投稿

前回の話:録音音声で脅迫、中出しレイプ

なんか悔しいので再度投稿します笑

エッチの時の文章って難しいんですよ!

ひとりでもスッキリできればなーと思います笑

今日は最近の話をお話しします!

「東京に住んでるんだけどお金なくて生活できないから貸してくれない?」

三年ほど前に別れた元カノの【楓】からのLINE

付き合ったのがこの子が高校一年の時

祭りで知り合ってナンパしたのがきっかけでした

「彼氏とのエッチが気持ちよくないんだよねぇーw」

「俺下手だけどその彼氏よりは上手いと思うよ?」

「えーじゃあ試してみよっか?w」

最近の女子◯生ってゆるゆるなんですw

女の子は基本年上が好きなので高◯生なんかは簡単に落とせますよね

と、まぁそんな具合で夜にエッチすると

「生理不順でピル飲んでるから中出ししていいよ♪」

と、嬉しい言葉をいただきましたので素直に中出し!

その後しばらくして彼氏と別れたと聞き、付き合おうと言い、付き合いました

結局私の浮気がばれてしばらくして、浮気されたので別れました

自分専用の体じゃないなら要らないですからね

と、まあ回想はこんな感じ!

久々のLINEに驚きつつ

「ん、いくら借りたいの?」

「とりあえず20万くらい」

「は?なんでお前の一月の給料並みを貸さんといいかんの?」

「ほんとお金なくて困っとるん、なんとかならない?」

私は金の貸し借りが大嫌いであまり人には貸しません

女の子には喜んで貸します!

下心しかないのでね!

「借用書かいてね」

ルールを決めて1日遅れる度に+千円として毎月5万も払わせる条件で貸しました

「あんまり遅れるようやったらお前の親から返してもらうからな」

と、脅しておいてお金を渡しました

元カノの親に払わせるつもりは更々なく、返済待ってやってもいいから抱かせろと言うつもりでした

月五万なんて都会にすんでて返せる額でもないでしょうからね

案の定、翌月にお金が帰ってこないのでLINE

「いつ返すの?」

「ごめん、でもお金なくて…」

「彼氏に事情話して金借りて返せよ」

「彼氏にお金借りたこと内緒にしてる」

「は?はやく返してくれよ」

「お金ないもん仕方ないじゃん!」

逆ギレしだしたので好都合

ここまで来ればやれそうだなーと思ったのですが

「んじゃさ、今度帰省したときにやらせてよ、それで今月のプラス分チャラにして来月まで待ってやるわ」

「絶対無理!」

「なんで?」

「私体売らんから、そんなんやったら一ヶ月待たせて三万多く払うから」

「別にそれでもいいけど、なら来月にまたね」

「お金のために体売らんから!」

と、まぁそんな具合で啖呵を切って返せるわけねーだろと思っていたのですが

結構頑張ったのか8万、5万、5万と返してラスト5万の返済になりました

ここまでは正直まじかーと思っていたのですがまぁ3万多くもらってるのでまぁいいかなと、思っていましたが、転機が訪れます

「ごめん、今月返せない」

正直なところ

キターーーーーー!!!

と言う感じでした

「なんで?」

「彼氏がゴルフセット買ったからお金なくなった」

彼氏ナイス!

君のおかげでまた儲かりますww

「ふーん、んじゃまた今月やめてプラス三万やね?」

「んと、それでお願いあるんやけどさ…」

「なに?」

「今度帰省したときやらせてあげるから五万チャラにしてくれない?」

来ました

ついにこのときが来ました

しかし、私はあえて首を縦に振りません

「えー、やらなくてもいいからさ、来月8万で終わりにしようよ」

「え、なんで?前と言ってること違うじゃん?」

「いや、よく考えたらさ、チャラにする分あれば遊べるからさ」

「…うん」

「それにほら、お前「恋人いるのに他の人とエッチする人とか最低」っていってたじゃん?自分で破るの?」

「だって、お金ないし生活きついもん…」

「ふーん」

「…だめかなぁ?」

「利子分だけなら待ってあげてもいいけど、条件突きで」

「…なに?」

そりゃもう、これしかない

「中出しさせて」

本気で否定する楓

「え、今ピル飲んでないから子供できちゃうから無理!」

「アフターでよけりゃ一個やるよ」

「えーだって体辛くなるし…」

「そんなん知らんわ、どうすんの?」

「…一時間で済ませてくれる?」

「ふざけんな、条件だすのはこっちやぞ」

「…わかった、でもピルは嫌だからゴムつけて?」

「しゃーない、わかったよ」

はい、これで利子だけでセックスの約束を取り付けました

二週間後に彼氏と帰省するからその時に夜時間あけると言う約束をしました

それから二週間、私はどう辱しめるかをひたすら悩んでいました

中出しは絶対するきでいましたし、できればハメ撮り、だめでも音声は残すつもりでした

練りに練った計画をたてて当日

「迎えにいくから◯◯までこいよ」

「わかった」

近くまで車だしていたので家のそばに停めて、先回りして出てくるところを待っていました

ガラガラ…

「ゆーくん、ごめんね、ちょっと友達と遊んでくるね」

「あぁいいよ、けどあんまり遅くなんなよ、お義母さんも心配するからな」

(ゆーくんは彼氏なのかな?)

「遅くなったら先寝ててね?」

「わかった、けど早めに帰ってこいよ、夜はエッチしたいからさ」

「そんなに、赤ちゃんほしいの?」

「…まぁ、ね」

「…うん、頑張って作ろ?」

「…楓、ピルのんでないよな?」

「飲んでないし持ってないよ!笑」

「なかなか出来ないからちょっと気になっただけw」

「ばーかwじゃあいってきます!」

「いってらっしゃいー」

チュ

と、キスをする二人

(結婚してたのか、しかも子作りもしてるんだな)

悪魔の囁きが聞こえる私

そしてなにも知らない不利をして迎えにいく

「久しぶり」

「うん」

しばらく車を走らせてラブホに向かってる途中

「そういえばRちゃんが「楓、結婚したよ!」っていってたけど、そうなの?」

と聞いてもいない話をして

「え、してないよ!どっから出た話笑」

などととぼけるので

「おっかしーな、でも嘘じゃないんでしょ?」

「嘘じゃないよ!結婚してないしww」

「そっかー、結婚してたらお祝いとして一ヶ月分の利子待ってもよかったんだけど…してないなら遠慮なくやらせてもらうわ!」

「え、あ、でも結婚しようかって話は出てるよ!」

あほかこいつ

「いや、するから祝いなんであって話出てるくらいでなんなんよ笑」

「あ、うん、だよね…」

ばかな女っておもしろいwww

ラブホについてから荷物を下ろしてると

「え、なにもってくの?」

「お前を、いじめる道具」

「え、やめてよ、そういうの!」

バイブ、ローター、電マ、拘束バンド

色々なものを持ってきました

「は?黙ってついてこいよ」

「…」

ホテルのなかに入ってまず最初に…

「お前のこと凌辱するから」

「…はい」

「急に素直じゃん、んじゃカメラに向かってこれ言おうか、あ、裸でね」

「え、撮るの?」

「撮るよ」

「やめてくれない?」

「お前がレイプされたとかで騒がないようにするためにすることやから」

「…うん」

「黙ってたら拡散とかはせんよ」

「わかった…」

そういって服を脱ぐ楓

身長150㎝体重45キロcカップ

冗談抜きで顔が上原亜衣に似ています

前から似てるよなと思ってはいたのですが改めてみるとほんとよく似ていました

「んじゃこれ読んで」

私はカンペをカメラの横でめくりつつ、動画を撮影しました

「…なんでしってんの?」

「なんででしょうね、言えよ?」

楽しい凌辱の始まりです♪

「…りゅーくん、実は私は◯◯と言う男性とのセックスが大好きです…」

「りゅーくんと結婚したけどエッチが毎日平凡で楽しくありません…もっと牝として扱ってほしいです…」

「………りゅーくん、私の体と心はもう◯◯さんののものなんです、ごめんなさい…」

「今から◯◯さんにたくさん中出ししてもらいます…赤ちゃんできたら育ててね、パパ…」

目に涙をためながら文章を読んでいくkちゃん♪

その後もりゅーくんに不倫を謝りながら卑猥な言葉を言わせ続けました

「もう、やめて…」

kちゃん、ギブアップ

「は?はやすぎるやろ?」

「これ以上言えないよ…」

「セックスするか、ほら、バックで中に入れるからこっちにお尻向けろ」

「ゴムつけて…」

「わかったよ」

とりあえずゴムをつけて後ろからあてがう

「なんだお前びちゃびちゃじゃんww感じてたの?」

「…んっ、違うもん、違うよぉ」

すんなり入りそうだなーと、思って入れようとするが…きつい

「お前の彼氏ってなん㎝あんの?」

「えっと身長?」

「ちげーよチンの長さ」

「…10㎝くらい?」

ちっせ!笑

「んじゃ満足してないんじゃないの?」

「…なにも知らないくせに悪口言わないで!」

「は?黙ってろよまんこ」

「…」

元カノの約二年ぶりの体を…いただきます!

ゴムをばれないようにさっととって捨て、楓のに俺のチンコを入れる

と、ここで不覚、あまりの気持ちよさに私いれてすぐにイッてしまいます笑

「あっ、やば気持ちいい…ドピュドピュ」

「もしかして、イッた?」

「実は…笑、気持ちよすぎて!」

「彼氏もいつも入れたらイクんだよね」

そりゃお前の膣が名器なんだよ

ど、心のなかで呟きつつ、ゴムなしがばれていないか焦っていました

「まぁ、二週間オナ禁してたからまだまだやれるわ」

「…そう」

さて、五分ほどして勃ってからピストンを再開

「っん、っんんんん、やばっ、あんっ」

「あれ、感じてるの?」

「彼氏のよりは…気持ちよくないもん…」

「あっそう、いつまでもつかな?」

楓の中をゆっくり、ゆっくり出し入れします

「気持ちよくない…気持ちよくない…気持ちよくない」

呪文のように繰り返す楓

「そろそろ俺のチンコの形思い出してきたんじゃない?」

「そんなことない…もうっ…忘れたのっ!」

「覚えてないの?昔は俺のチンコでヒーヒーいいながらさ…」

遮るように

「おぼ…えてないっ…て…いって…んじゃん!」

「ふーん。じゃあ思い出そうか」

「っえ、なにするのっ、って、えっだめ!っあ!」

ひょいと、持ち上げて騎乗位の体勢になる

「お前これ好きだったでしょ?奥まで入れられたら気持ちよすぎてやばいって昔言ってたよなwww」

「んっ!これだめ!やばいって気持ちよす……」

「なに?気持ちいいの?」

「違う、気持ちよくない、やだ、動かないで!」

「えーほんとにいいの?笑」

少し腰を左右に振って奥の方をグリグリ笑

「あぁぁぁぁぁ!!だめだって!動かないで!イクから!イクからぁぁぁぁ!!!!」

「はーい」

動くのをやめる

「えっ…」

「だって、イキたくないんでしょ?」

「う、うん…」

モジモジしながら上目遣いでこっちを見てくる

素直じゃないからもっといじめたくなるww

素直でもいじめますがwww

「じゃあお望み通り【イク手前】でやめてあげる、焦らしまくったらお前どうなるんだろうね笑」

「…え?」

「いや、昔からの仲じゃん?おまえがイクときって一瞬口あくんだよねwww」

「え…そうなんだ…?」

「だから、生殺しにしてやろうと思ってさ!」

「…なにするの?」

「まぁまぁいいからw」

楓の手足を縛り股を開かせバイブをつっこみます

両乳首にローターをあて弱で振動させます

「あぁぁぁぁぁぁ!!!!!っだめやばいってこれぇぇぇぇぇぇ、イク!!!!イク!!!」

ストップw

「ハァ…ハァ…ハァ!?ねええええええええええええええええええええええええええ!!!!やめてやめてぇぇぇぇぇ!!!おかしくなる!!!」

ストップww

「お願いもうイカせて…」

堕ちるのはや!笑

「イカせてもいいけど…」

「…なに?」

ウィンウィンウィンウィンウィンウィンウィンウィンウィン

弱にしてイカない程度に動かす

「ねぇぇぇぇぇ!!!動かさないで!!!これやばいから!!!なに!!?何したらいいの!?」

「りゅーくんに電話しな?」

「…え」

「りゅーくんに「愛してる、今日帰ったらたくさんエッチしよ!」って言え」

「…それでイカせてくれる?」

「もちろんwww」

「…わかった」

そういってりゅーくんに電話しようとする楓

俺は手足のタオルをほどいてバイブとローターをとってベットに横になる

「楓、俺の上にのって」

「…え、入れるの?」

「いれながら電話するんだよ、スピーカーにしてなwww」

「ばれるよ…?」

「そりゃお前次第だ笑」

「…それしたら今日イカせまくってください…」

かなり従順になってきました

俺の好みですね笑

「わかったよ、んじゃまたがって奥まで入れたら電話しようか?」

「…はい」

楓は俺の上にまたがりチンコに腰を沈めていく

入れている最中は「あーこれこれ…」みたいな顔をしているのでたまらなく興奮しましたww

「っん、やばいよーすごい気持ちいい…」

「あれ、もう気持ちよくないって否定しないんだ?」

「もう…いいのww」

今日、初めて俺に微笑みを見せる楓

完全に堕ちたな

気持ちよくなりたくて普段じゃ絶対にしないようなことを平気でする

快楽に溺れた人のイク先は破滅しかないんだろうなと、いつも思いますww

プルルル、プルルル、ガチャ

「もしもし?楓?どしたん?」

りゅーくん登場!

スピーカーにさせる

「もしもし、突然ごめん!」

「いや、いいよ、なに?」

「今日さ、帰ったら激しいエッチしよ!」

「なになにどうしたの?いいけどさ笑」

ごめんね!今君の彼女俺のチンコいれて電話してるから!惨めだね笑

と、内心思っていた

「友達と話してたらしたくなっちゃってさ…」

と、ここでまた、意地悪をしたくなった俺

腰を数回、突き上げる!

「っんふぅ、だからぁ…エッチしよっ!、ねぇ!っばか、やめてよっ…!」ボソボソ

「…楓、なにやってんの?」

「あはははっ、もう、ばか笑、友達がほんとに言ったしーってwwwこちょこちょwwwしてくっ、んも、バカ!ごめん!切るね!あとでまたね!」

(もー!優菜のばか!)

とマイクから離して冗談混じりの怒った声をいれて通話を切った

「お前誤魔化すのうまいなwww」

「っもう!危なかったんだからね!」

「わるぃわるぃ笑、約束は守るよ」

「たくさん、イカせてくれなきゃだめだよ?」

「昔思い出したの?」

「あれから満足したことないんだからね…今日は満足させてくれなきゃ怒るよ?」

「いきなり性格変わったみたいでキモいよ?」

「違うの、もともと私はこうなの!二年間もイカせてもらえなくて、彼氏は一回イッたら終わりだから全然楽しくないの…」

「じゃあ、今日は…」

「昔みたいにめちゃくちゃにしてください…///」

パンパンパンッ!!!

「おくすごいっきもちいいのぉー♪」

パンパンパンパンパンッ!!!

「あぁぁぁぁ!!!ごめんなさい!!イクの!イクっイクっ!!!」

「気持ちよかった?」

「うん…まず一回目…」

「んじゃ奥グリグリして連続でイこうか」

「三回イクまではやめないで?笑」

グリグリグリグリグリグリ…

「イクイクイクイクイク!!!おくやばいっ!!あぁぁぁぁぁぁ!!!すごいぃぃぃぃぃぃ!!」

「だめだめだめだめぇぇぇぇ!!これ、これ、これ

ぇぇぇぇぇぇぇ!!!あぁぁぁぁぁ!!!」

「ねぇねぇねぇねぇ!!!!お願い止めて、止めてってばぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

三回イクまでは止めないでとかいっても気持ちよくてストップかけたくなって自然にやめてって言うんでしょうね

三回?じゃあ四回イクまではやめないでおきましょう

「ねぇ!三回イったから!とめて!!とめてっば!!!」

「よ…よん…かっ……む…だ………ら……」

言葉にならないのかうまく話せていないみたいなので一度ストップ

止めると背中から後ろに倒れたので、あ、ヤバイかも、と思って頬っぺたをビンタ笑

反応がないので携帯でどうしたら良いかを調べて見る

失神したときは快感を与えれば戻ってくる、そりゃ嘘だろ笑

なんて、思いつつ、うつ伏せにして寝バックでマンコに挿入www

さすがにやり過ぎたのかきつきつマンコはかなりほぐれて緩くなっていた

(りゅーくんごめんなーもう俺の形になっちゃったかもー)

と、心のなかで呟き…前後に動いていると

「…っはっ、っは、あんっ、今私っ寝てた?」

一度動くのをやめて感想を聞く

「あ、帰って来た、四回連続でイカせようとしたら気絶したよ?」

「それ危ないかもしれんやん!笑」

「どんな感じやった?」

「なんか…頭真っ白なって、気持ちよすぎて大声であーって叫んだら寝た感じかな…」

「声だしてなかったけどな」

「えーそーなんだ…」

「動いていいか?俺もそろそろ出したい」

「あ、はい」

「昔のやつ覚えてるか?」

「…あのおねだり?」

「おう」

「…後始末も?」

「うん」

「えっと…」

「フルコースで」

「えー笑、覚えてるかな?」

「ご奉仕までがお前の役目だったじゃん?」

「…うん」

では、スタート!

「…ご主人様、楓はご主人様の性奴隷です」

「ご主人様が満足できるように楓は今日も頑張ります」

「ご主人様の精液を楓のおマンコの中に、たくさんたくさん出してください」

「ご主人様の精子で楓のことを妊娠させてください」

「一生あなたのペットとして生きていきます、後ろから…突いてください!!!!」

昔のやり取り、まだ覚えてるもんなんだな

「覚えてるじゃん笑」

後ろから楓のマンコに挿入する

「っん、思い出したの!、私がペットだったこと笑」

「じゃあ、最後までできるな?」

「がんばるっ!」

パンパンパンッ!!!

パンパンパンパンッパンパンパンッ!!!

「ご主人様、すごいです!楓のおマンコの具合はどうですか!?」

パンパンッパンパンパンッ!!!

パンパンパンッパンパンパンッ!!!

「文句なしの100点かな!!120点の取り方は覚えてるな?」

「はい!」

「よし、じゃあイくぞ!孕め楓!お前は俺の性処理メイドだろ!一生俺のそばで生きていけ!!」

「ご主人様!熱い精子を出してください!!」

「イクっ!」

ドク、ドク、ドク、ドク、ドク、ドク

楓の中に大量に精子を放った

「でてます!ご主人様の精子がでてます!!」

俺がイキ終わったのを確認して楓は自分でチンコを抜いた

そしてマンコに大きめのバンソウコをはった

「ご主人様の精液は楓の子宮に届けるために栓をしなくちゃいけません!!」

110点

「ご主人様、まだでますよね?死ぬほど気持ちよくなってくださいね?」

120点

イッたばかりの俺のチンコを高速手コキで気持ちよくする

「あああああああ、やばい!でる!でる!!!」

「ご主人様ー可愛い♪」

一文字も間違えずに俺の教えた通りの言葉を使い、潮吹きまでが120点コース

完璧だった

男の潮吹きは女のイク感覚と似ているから好きです

ただ初めて潮吹きをするまでが怖いといえ気持ちがありイけない人が多いです

「はー満足だわー」

「あー彼氏とどうしよう」

「そのまま付き合えばいいじゃん」

「…もうダメかなーって、思うかな…」

「どうしてもだめだったら借金の返済だけ相談して払い終わったら別れれば?」

「…そのとき、またしてくれる?」

「別にいいけど男作るならしないぞ?」

「じゃあしばらく作らない笑」

女の心変わりは恐ろしいwww

その後帰ってから彼氏と20分の濃厚なセックス(笑)をして借金の話をした所、結構無理して借金を返してくれました

その後レイプされて妊娠した、誰の子供かわからないと伝えたところ

「だから、ゆるゆるだったのか」

ッチな広告

ッチなPR

ッチなPR