エチ研TOP
Home > 体験談 > 従姉妹との…。思春期編5
投稿:2017-07-31(月)11:13

従姉妹との…。思春期編5

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:2,512回)
大阪府/頑張る中年男さん(40代)からの投稿

前回の話:従姉妹との…。思春期編4

部屋でラジオを聴いて寛いでいると、あきがやって来ました。

あき達が同居しだしてから、初めてのエッチな事をしました。って、言うか襲われた様な感じでした。

私も久しぶりに味わった右手以外の感触で、

生身の人間の…舌の感触…。

5分も持たずに射精しました。

良ちゃん。と、ワンピ(寝間着兼用)の裾を捲ると…。なんと、Tバックでした。

別投稿で書きましたが、Tバックはすでに見た事もあったし、手に入れてましたから驚きはありませんでしたが

あきが履いてるのを見ると、一段と興奮しました。

後ろは、幅1センチ位の紐がT字になりフロントはピンク色のレース生地でうっすらと生えた陰毛が透けて見えていました。

私)あき、そんなんどうしたん?

あ)これな、お母さんのタンスに入っててん。

お母さんが死んで少ししてから片付けてたら、

下着の引き出しの奥から色々と出て来て、新しい下着とか貰ったん。

何か、卵みたいなピンク色して、電気のコードとスイッチのついた箱とか(笑)

私)おばさん、ピンクローター持ってはったんや。(笑)

あ)フランクフルトみたいなヤツもあった(笑)

私)でもお母さんがそんなん使うって信じれへんわ(笑)

私)あき、前、スケスケやし(笑) 

あ)良ちゃん。嫌いかな?

私)嫌いや無い!大好き!

あ)ヤッパリ良ちゃんはスケベやな(笑)

私)あきもやん。

あ)もぉ~。唇を尖らせて。

胡座をかく私に、向かい合わせの形で跨がる様な形で抱きつくあき。

あ)良ちゃん。

と、ひしと抱きつく。

あ)あんな、良ちゃん。私と良ちゃんの事…お母さんには、少しバレてたみたい。お母さん、入院して少しした時に

あき、あんた良ちゃんの事が好きなんか?でも、あんたと良ちゃんはいとこ同士やからな。それと、妊娠とか気を付けなアカンよ。って…。

で、そんな事してへんし!って言い返したけど、

バレてたみたい。

私)ん~、そっか。おばさんにバレてたんか…。

あ)でも、ちゃんと避妊はしなさいって(笑)

するのは自由やけど、妊娠して困るのは、あき、あんたやし、良ちゃんも困るやろ。

お母さんは、あきの子供が産まれてくるのは嬉しいけど、あきもまだ高◯生やし、中絶とかはお互いに困るやろ。

子供が出来ても後悔するなら、ちゃんと避妊しなさい。って、お説教受けた(笑)

私)じゃ、止めとくか?

あ)良ちゃんだけズルいし…。

とか言いながら、私のナニはカチンコチンでした。

あ)良ちゃん。ここは素直ですよ。

と、あきが腰をグイグイ押し付けて来ました。

お互いにスイッチが入ってしまったので…。

高◯生同士の性行為と言うよりも、結婚して何年か経った夫婦の様な濃厚なキスに始まり、成長途中のあきの乳房をむしゃぶりついた。

あきは、私のナニを愛おしく口に含んでいました。

私は、下半身裸で、あきは、Tバックの股間部分をずらした状態での挿入です。

ラジオからは、DJの声

部屋はあきの艶めかしい、吐息と押し殺した喘ぎ声…。

あき、あき…。

良ちゃん…。

あき、いくよ。

良ちゃん…。

ビュクゥ、ビュクゥ、ビュクゥ、ビュクゥ、ビュクゥ…。

向かい合わせのまま、合体して射精しました。

あ)良ちゃん。今日、少しヤバい日かも…。

私)ホンマかいな。

あ)ウッソー

私)あきぃ。腰を少しグイグイ動かし

あ)あ、あ、良、良ちゃん。ごめん、ウソ。

でも、安全日過ぎてるのは過ぎてる。

私)やられたわ。(笑)

と、腰を少しグイグイしてやる。

あ)ァ、ァ、ァ、ァ、ァ、り、り、りょ、り、りょ良ちゃん。あ、あ、あ、イクゥ、イクゥ、イクゥイクゥ。

挿入した時点で、軽く逝ったのがわかりました。

久しぶりにあきと交わって、私も凄く気持ち良かった。

私)あき、何回逝った?

あ)顔を真っ赤にして、もぉ~良ちゃん嫌いや。

私)何回逝ったんよ?

あ)ん、何回かなぁ。3回。

私)ウソつけ。最低でも、6~7回は逝ってるハズや。

あ)また、顔を真っ赤にして、もぉ~。何回も…。

私)あき。

軽くキス

あ)良ちゃん。ありがとう。

私)こちらこそ、ありがとう。

あ)良ちゃん…。まだカチンコチンに堅いね(笑)

私)オレも、あれ以来自分でしかしてないから(笑)

一旦抜くな。

ティッシュを取りあきに数枚渡して抜いた。

グチュプチュプチュプチュ…。

あきは、拭き取ったティッシュをマジマジと見ていた。

あ)良ちゃんの分身がいっぱい(笑)

私)あき、キレイにして。

あ)うん。

少しへたばったチン○を口に含んで

残汁を吸い出して、舌と唇を使ってキレイに

お掃除フェラをしてくれました。

そのまま、69体制になる。

あきの陰部は、濃いピンクで艶めかしくテラテラと輝いていました。

50%勃起のチン○をフェラしてくれます。

私は、勇気を出して、少なからず私の分身液のついた陰部に口を付けた。

少ししょっぱいあきの陰部は、ネタネタした愛液を滴らして来ました。

性欲の塊の男子高◯生と、性の快感の波に溺れた女子◯生

留まるところをしりません。

避妊具すら持って無いので、安全日は、あきの中に出しヤバい日は、抜いてお腹の上に出した。

あきが生理の時は、バスタオルを敷いてやったり、フェラで抜いて貰ったりしていました。

私の両親は、アホなのか、知ってて知らないフリなのか気付いて無いのか…。

しかし、あきの妹のあやは

薄々、私と姉あきの事を気付いていた様だった。

思春期編6に続く。

続き:従姉妹との…。思春期編6

- 終わり -

前後の話
前の話(2017-07-31 10:09:07)青春マンガ見たいな思い出④

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告