エチ研TOP
Home > 体験談 > 僕の匂いフェチを目覚めさせたAちゃ…
投稿:2017-07-22(土)02:41

僕の匂いフェチを目覚めさせたAちゃんの靴

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,863回)
名無しさん(10代)からの投稿

僕は隠れ変態(周りには変態なところは見せない)であり、恋愛経験なしの童貞で19歳です。

僕の高校時代は吹奏楽部に所属していました。しかしながら、工業高校で女子が少なく吹奏楽部も男子がほとんどという特殊なところでした。

それでも女子はいました。2人の先輩と3人の後輩です。

ある日突然興味本位で女子の靴を嗅ぎたくなり、初めて嗅いでみたのです。

僕の学校の吹奏楽部員は部室の近くにある扉なしの下駄箱を使っており、生徒玄関にある鍵付きの通常の下駄箱は全く使っていません。学校に毎朝入る時も部室近くの下駄箱で靴を履き替えて別の入口から学校に入ります。

「扉なし」「生徒玄関から離れている」そして、部室近くは「人通りが少ない」、さらに「すぐ近くに物陰がある」という靴の匂いを嗅ぐには非常に丁度いいコンディションでした。

昼休みの人通りがほぼ無い時間に下駄箱に行き、靴を持ちすぐ裏の物陰に隠れて嗅ぎます。

まず1人目の先輩の靴から。普段は「う〇こ」などと発言し、少し女子力低めの巨乳の先輩。臭いのかなって思ったら意外といい匂いがしました。

続いて2人目、顔と声がかわいいまるでアイドルのように女子力高めなのに、少しおバカでたまにスカートから大人なパンティーを見せてくれた、先輩のスニーカー。とても甘いいい匂いがしました。もう興奮が覚めません。

その勢いで後輩も。1人目は一人称が「俺」でも、実際には恋する乙女という巨乳の娘。まるで香水をかけたかのような先輩とは違う強い香り。

2人目はしっかり者ながらふわふわした性格の娘。その子の靴もやはりいい匂いがしました。

「女の子ってみんないい匂いするんだな」と思って最後、童顔のカワボ女子の後輩のスニーカーの匂いを嗅いだら今までと違い強烈な臭いが襲いました。吐き気を催しました。「あのカワボ女子がこんな臭い発してるの…?」と思いこれまた興奮と驚きが隠せませんでした。

その娘の名前を仮にAちゃんとしましょう。

Aちゃんは童顔のカワボ女子ということは既に書きましたが、制服のスカートをはきながら部活の休憩中に何度も堂々と両膝をたてて横になったりや体操座りしたりあぐらをかいたりして堂々と白や黒のドット柄、無地のパンティー(羽付きのときもありました)を見せたり、短い少しヒラヒラしたハーフパンツから黒の小さい葉っぱが散りばめられた柄のパンティーがはみ出したり、私服の時に透けブラ透けシャツだったり、僕の正面で前かがみになって胸やブラをチラチラさせたりと大胆なことをたくさんしていて童貞の僕は毎回陰で興奮していました。それに彼女は気づくよしもありません。

彼女のことが好きではありましたが彼氏が出来ていたため恋愛感情を持つことはありません。

ただ、Aちゃんの靴を嗅ぐまえから彼女を性的な目で見ていたのは事実です。

靴をさすがに持ち帰ることは出来ません。家に帰ったら5人の靴の匂いをオカズにトイレでオナニーしました。たくさん出ました。

特に気に入ったAちゃんの靴の匂いを嗅ぐのは日課になりました。朝にAちゃんが学校に来てくつを履き替えたタイミングを狙って脱ぎたての靴を沢山嗅ぎました。

1人だけ靴が臭い、そんなAちゃんをさらに性的な目で見るようになっていました。勿論バレないように。

Aちゃんは異性からのスキンシップも基本OKで、彼女が「足がなんか変」と言ってきたので足を診たときに足に触れたり、彼女が落ち込んでた時に背中をポンポンしてあげた時に同時にブラの感覚を味わったりと。

そんなある日のこと。休憩中にある忘れ物を思い出し部室に取りに行きました。普段部室はチェーンで閉まっており、ダイヤルを合わせて開けるという方式です。入ったらそこには英柄の短い黒ズボン、そして、タイツが部室に入ったところに散乱していたのです。見ただけでAちゃんのものだとわかりました。体育に備えて部室で着替えて「誰も入ってこないだろう」と思って放置したのでしょう。いくら部室のドアをチェーンで施錠できるとはいえ、これは大胆すぎると思いました。

童貞の血が騒ぎます。

しっかり匂いを嗅ぎました。お尻が触れる部分や、両方の股の部分もしっかり嗅ぎました。Aちゃんの独特な匂い。本当はこの場で射精したかったのですが、盗むことなく忘れ物を取って、家に帰ったら匂いを思い出して存分にオナニーしました。

また、学校のジャージや体育館シューズが放置されていたこともあります。当然嗅いで家でオナニーしました。

これらの行動は誰にも気づかれずAちゃんにもバレていないでしょう。

現在では私も卒業し、彼女が部活をやめたのでAちゃんの靴の匂いを嗅ぐことはもうできないでしょう。

ですが、私は彼女のことを思い出して毎日のようにオナニーしています。

Aちゃんとは今でも仲が良くLINEでトークしたり、彼女を含め何人か一緒にカラオケへ行けるくらいの仲です。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-07-22 15:42:33)繁華街でも痴態を晒し続けるさなえ。

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告