エチ研TOP
Home > 体験談 > 熟女のノーパン3
投稿:2017-07-06(木)01:54

熟女のノーパン3

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,680回)
埼玉県/名無しさん(50代)からの投稿

熟女のノーパンの続きですが、

私は、不細工で生まれて、50年過ぎて、女性にもてた事は、ありません、

だから、エッチな体験がなく、視体験をかいてます。

私は、郵便配達のアルバイトをして、いろんな視体験を見てきました。

ある夏の暑い日、エアコンもなく、扇風機で、暑さを涼しんでいました。

私の休みの日でした、暑い夏で、汗もたくさん出ていました。

母は、白のスリップ姿で、ブラジャーなどはなく、ノーブラで、下は、ノーパンでした。

配達中に見た、視体験と同じですが、

母も、家事をしている時も、スリップ姿でした、洗濯物を干す時は、庭の外で干しており、太陽の光で、スリップが透けて見えており、

母の大きなお尻や、オッパイが透けて見えていました、

私は、茶の間で扇風機に当たりながら、母の姿を見ていました。

そこへ、水道工事のおじさんが来ました。

玄関に「水漏れの工事にきました。」というと、母は、いつものスリップ姿出ていくと、

おじさんたちは、母の透けるスリップ姿を見ており、透ける茶色い乳首や、マン毛が見えていました。

台所の排水から水漏れがしており、工事のおじさんが、寝転がり、排水を点検していると、母が、しゃがんで、指をさして、「そこから、水漏れがするのです」と言い、

母は、スリップのままノーパンでしたので、白肌の太ももを開いたり、閉じたりしており、

おじさんは、寝転がっていますので、母のおまんこを丁度見ていたと思います、

おじさんは、排水溝より、母の股間に目がいっていました。

私は、後ろから、その姿を見ていました。

母は、気にせず、台所を行ったり来たりしており、母が通ると、寝転がって工事している、おじさんの手が止まり、頭をずらして、下から覗いていました。

そして、工事が終わり、「暑い中ご苦労様」と言い、中腰で麦茶を出すと、スリップの胸元が開き、胸元から、オッパイが見えて、おじさんは、麦茶を手にしながら、オッパイを見ていました。

そして、母は、おじさんの目が、オッパイを見ている事に気が付き、慌てて、胸元を隠し、後ずさりして、扇風機を倒してしまい、その扇風機の風が、上に向いており、

スリップがめくり上がり、まるでマリリンモンローの姿で、大きなお尻や、あそこの毛が見えていました。

おじさんたち、大きな目をして驚いていました。

そして、修理代をもらい、おじさんは「いいもの見せてもらった」と言っていました。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告