エチ研TOP
Home > 体験談 > 同級生をレイプしてから病みつきにな…
投稿:2017-07-05(水)03:11

同級生をレイプしてから病みつきになった

カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:13,106回)
名無しさんからの投稿

レイプに目覚めたのは18歳の時に

同級生の幸子をレイプした。

幸子は美人ではないけど、胸もあり男たちからは人気はあった。

幸子とたまたま遭遇したのは仕事帰りに

繁華街近くのコンビニで買い物をしてたら幸子に遭遇した。

「お久しぶり」と幸子から

「仕事帰り?」と聞かれて頷くと「あたしは学校帰り」と。

専門学校だったかな ミニスカートにニットで胸元はパツンパツン

「ドライブ行く?」と誘うと「車乗りたい」とあっさり

30分くらいして夜景の見える駐車場で

卒業してからの話やらをしていながらも胸と太ももを眺めた。

美味しそうな体

俺は「幸子一発やらせて」と抱きつくと「やだ!止めてよ!」と冷たくビンタされ

「誰があんたみたいな不細工と」と言われてキレていた。

「不細工で悪かったな」と幸子を押し倒し「不細工も味わってみろよ」と押し倒して

「やめて!イャ!」と嫌がる幸子のニットのセーターを捲ると見事な胸が

「やっぱ幸子でけーな」とブラをずらしプルンとした胸に吸い付いた。

「いゃっ!ひろくんやめて」と話す幸子

だが俺は乳首に吸い付きマシュマロをもてあそびました。

スカートを捲るとパンティを脱がせて撫で回して濡れていた。

「濡れてんじゃん」と話すと「濡れてない」と言い張る幸子

俺はズボンを下げてトランクスを下げて幸子に迫りました。

「せっかくあったんだからさ」と嫌がる幸子の濡れた入口に

「やっ!やめてよ!お願い!フェラする!だから」

フェラで我慢出来るわけもなくて「幸子」と嫌がる幸子に

「イャ!痛いよ!」と強引に挿入

キツキツだったけどゆっくり動かすと徐々に濡れてきて滑らかに

「お願い…やめて」と幸子は徐々に抵抗も弱くなった。

「幸子気持ちいいよ」と締め付ける幸子に入り込みながら

「アッ!ンッ!」と幸子も感じていた

諦めたのか抵抗は無くなると俺は幸子の胸をしゃぶりつき、そして幸子の顔に

キスをしようと顔を近づけたら顔を背けて「気持ち悪い」

ムカッとした俺は流石に外に出すつもりでしていたが決めた

幸子の体にしがみつきながら激しく突き上げると快感が高まりだした。

幸子も「アッ!アッ!アッ!」と声をあげて俺は高まりだした。

「幸子」激しく突き上げると「ちょっと!中はダメお願い」と懇願する幸子

「わかってよ」と話ながらも俺は抜くつもりはない

動きが早まると「ちょっと抜いてね?ひろくん」と聞かれて「幸子の中気持ちいい」っ話すと「やだ!止めてよ!抜いて」

激しく抵抗する幸子にのし掛かり激しく突き上げて「イャ!イャ!」と声をあげる幸子の中に

「なんで!いゃゃ」と悲鳴のような感じで震えていた。

ぐったりした幸子の下半身を高くし中に流れ込ませた。

「どうしてこんな事するの?」と聞かれて「こんな格好してるからだろ」と。

泣きながら横たわる幸子

パンティは足首にかかったまま

「ひろくんひどい」と泣く幸子にムラムラした俺は再び幸子に

「もうやめて!」と声をあげる幸子に突き上げてヌルヌルの中に再び

そのあとはぐったりして抵抗もなく俺は若かったけど更に一回

抵抗もなく俺は生暖かなダッチワイフの幸子に

そして終わると山を降りて出会ったコンビニでおろした。

ふらつきながらあるいている幸子

その時の快感は夜も眠れない位だった。

流石に幸子には襲いかかるのは無理だったが、暴れる女に放つ快感、無抵抗な女に放つ快感を知ったらもう

翌週から繁華街に深夜繰り出すように

ナンパするのもあったけど俺のルックスでは無理

午前様を過ぎ人も少なくなると路地をさまよいながら

そして座り込み寝ている女を見つけると「風邪引くよ」と。

しかし返事だけで動かない女

「大丈夫」と胸を触ると反応ない25位のOLかな

「こっちいこ」と周りに誰も居ないのを確認してその女をビルの奥に

そしてスカートを捲りパンティを脱がせて脚を開かせて

ヌルッと入り込み腰を動かすと「う~んう~ん」としか反応しない

ズッポリ根元までいれて動かしおっぱいを撫で回して

だれとしてるつもりなのか「あーん今日は生ダメ」

突き上げてヌルヌルの中に入れそして静かに発射。

眠ったままでパンティを履かせてスカートを治して立ち去りました。

そして翌週も夜な夜な物色し、一人で座り込む女に声をかけて

若そうに見えたけど30半ばは過ぎたかな

おばさんだっだけど巨乳だし路地裏に

スカートを捲りパンティを脱がせて抵抗もなく脚を開かせて

「ンッ…ンッ」と声をあげるけど起きずに俺は生暖かなダッチワイフに挿入して味わった

ちょっとしまりが緩い

それが不満だったけど、胸はおっきいし柔らかで良かった

入り込み突き立てて高まると欲望を爆発させていただいた。

そして静かにパンティを履かせて直すと手を触ると指輪が。

人妻でした。

放置して立ち去り、翌週は違う町の夜に

一年で15人はしたと思う

そして日が短い季節に、一人で歩く女子◯生を見つけて高架下で捕獲

そして近くの公園で

激しく抵抗はされてうるさいので口にガムテープを張り付けて手を後ろ手にガムテープで巻き四つん這いで

「ンンッ!」と声をあげる女子◯生だがムチムチの体に挿入して流石女子◯生で、キツキツに締め付ける

激しく突き上げてヌルヌルになり抱きつき発射

「ンンッ!」と声をあげる女子◯生だが俺は出し終えて帰ろうとしたらガサガサと音が

見てみたらホームレス二人が覗いていた。

「ヤりたい?」と聞くと頷き

「あげようか?」と話すと「いいのか?」

「済んだから」と話すと垣根の中に入り「貰うよ」

「ンンッ!ンンッ!」と嫌がる女子◯生はホームレス二人に連れられてビニールハウスの中に

「ンンッ!ンンッ!ンンッ!イャ!」と声が聞こえて見てみたらホームレスは早速女子◯生をバックで

そして「うっ!」と声をあげると動きをやめて、もう一人はもうズボンを脱いでいた

そしてそいつも

後片付けはホームレスに任せて立ち去り

結構夜道を一人で歩く女子◯生が多くて

クラブ帰りのジャージの女子◯生も学校の体育館裏でしたけど、処女で面倒くさかった

20人はしたと思うけどその頃には…

捕まったのは仕事帰りのOL風の女とした時に

スラッとして美味しそうな体を見つけて人気のない場所で捕まえて工事現場で

凄い抵抗だったけどひっぱたくと泣いていてスカート脱がせて

うるさいからガムテープで口をふさぎ美人の女に入れて

抵抗はあったけどのし掛かりながら激しく突き上げて中に

「ウウウッ」と泣く女

美人だったからもう一度しました。

そして置き去りにして帰って数日後にポリスに御用に

やった美人は婦人警官だった

起訴されて余罪は吐かなかったけど、二人が被害届を出してDNAで

務所から出て、もちろん夜道に寝ていた女を路地裏に連れ込んでヤりました。

風俗にいったりしますがプロよりアマ

- 終わり -

前後の話
前の話(2017-07-05 02:50:54)隣の美人女子○生3

メント

1:名無しさん #IDRyBzA :2017-07-05 16:05:50

文章がとても読みにくい
描写が中途半端なので最後まで書くと読みやすいかと

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告