エチ研TOP
Home > 体験談 > 宅地で拉致した主婦を集団レイプ。
投稿:2017-06-08(木)11:32

宅地で拉致した主婦を集団レイプ。

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:29,382回)
名無しさんからの投稿

その日もいつものダチ4人と共に車を流してた。

もちろんオンナを拉致って犯しマワすためだ。

現在午後1時。真っ昼間だ。

レイプはもちろん夜間が最適なのに違いないが、この時間帯、案外と住宅地域が静まり返る時なのだ。

ターゲットは熟れたオンナ。

なのでこの時間帯に宅地を流して獲物を物色中。

しかし、中々チャンスが来ない。

狙い目のオンナは何人か居たが、状況的に拉致れない。

今日は外れかなぁと思っていた時・・・

良いのが現れた。

かなり人気の少ない宅地。

築2~30年位のごくありふれた家の玄関門扉前でニコニコ笑顔でタイミング良く出てきた40位のオンナ。

親しい知人なのかもう一人の60位のおばちゃんと笑顔で軽い挨拶している。

40オバサン、若作り化粧して栗毛に明るいメッシュが入ったミディアムショートボブ。襟無しの黒いジャケットに茶色いタータンチェックのウールタイトミニ。裾はパツパツに張ってる。

そこから太ももムチッからのふくらはぎスラッと薄い黒パンストの脚が伸びて欲情させてくれやがる。

「良いね~アレ、犯ろうか」

「うわッ!犯してぇ!」

全員一致で獲物に決定しました。

「オバサン、オマンコレイプしてあげるからね~w」

一旦前を通過してからぐるっと一回り。

門の前に自転車が停めてあるので、これに乗るかもしれない。

拉致り方は、声を掛けてから車を横付けして一気に引きずり込む事にした。

役回りを決めて、自分が声掛け役に。

尚、車はぱっと見デイサービスの送迎車で、架空の社名もマグネットで貼ってる。が、中は完全に強姦仕様で、オンナを固定するベンチや脚を吊って股をおっ開く為のフックやベルト、音漏れを防ぐ防音材も入っている。その気になれば何日でも便器にし続ける事も可能。もう何十人もここでぶち犯してきたので車内は僅かに体液臭いw。

さて、40オバサンが最後の挨拶を終えて、自転車に乗り走り出し、緊張の《オンナ狩り》が始まった。ちょっと間を置いて後を追い、自転車を漕ぐ姿を視姦しながら一旦追い越す。

更にパツンパツンに黒パンスト太ももに食い込んだスカート。交互にペダルを漕ぐ度にスカートの裾が形を変えていく。

それを見ながら車内で囃し立てる。

「オバサンたまんねぇな!」

「やだ!オバサン、パンティ見えちゃう!w」

少し通り過ぎたところで、まずは自分が適当な紙を持って外に出る。

さも訪問先を探すようにして辺りをうかがう。

オバサンが真っ直ぐ来てくれる事を願うばかりだ。

幸い、外に人はおらず静かな午後という感じだ。

そして、来た。イヤらしく自転車を漕ぎながらやって来た!

車を追い越し、此方に近づいたところで、

「すいませ~ん」

オバサン『はい?』

ちょっと笑みを浮かべて受け答え、自転車を止めてくれた。

片足を下ろすと股間が更にイヤらしくなり。勃起が進むw

「この辺りに○○公園ってあるはずなんですが?わかります?」ナビで場所なんてわかってるけどなw

オバサン『あぁ!そこね、えぇっとね、そこの・・・』

自転車を降りて案内し始めた。

後ろからサイドゲート開けたまま車スタート!

オバサン『真っ直ぐ行けばつ!ッン・・・ン!、ンッ!ンンンッ!!!』

ダチが後ろから口元押さえて一気に抱き上げ、別のダチが脚を持ち上げ引きずり込んだ!

俺は自転車のカゴからカバンを回収し車に乗車!

そのまま走り去る!

オバサン『ヤメテッ!ヤメテよッ!ヤメテェッ!!何よっ!痛い!ヤメ・・・アガッ!ッン!・・ッンン!!!』

アイマスクで目隠しして、大きなボールギャグで口をふさぐ!

オバサン『フゥゥゥ!、ン!!!ンン!!!』

ジャケット、カットソー更にブラジャーを即剥ぎ取る!

ポロんと垂れる乳。ブラジャーはDカップ。

ベンチに仰向けにして後ろ手にがっちり固定!

脚が暴れるので往復ビンタくれてから、力付くで足首を持ち上げ股を左右に開きベルトで固定!

ハイヒールの足をぐりぐり捻って外そうと頑張ってるオバサン!無駄だよw!

オバサン『ア゛ァ!ン゛!ン゛!ン゛!フゥ!フゥ!ンン!!!』

左右に頭をふって、ヤメテよアピール!

オバサン、乳出して股おっ開いて超~間抜けな格好w

まずはパンストの股間部分をピリリリリッ!と裂いた!

オバサン『ンーーーーッ!!ンーーーーッ!』

パンティ直露出ぅ!

白地に細かいドット柄のフリルレース付きパ~ンティw

「ふぅーう!可愛いパンティ穿いてるなぁ!オバサン!」

クロッチの回りから陰毛がはみ出てやがるし超黒い!

乳も揉み回し、乳首を吸い上げて可愛がってやった!

続いて、ダチがカバンを漁りケータイの類いは全て電源を落とす。そして免許証発見!

○○理恵、現在43才。

「理恵だ、理恵!理恵ちゃん!」

「理恵ちゃん、マンコ真っ黒だよw」

生理用品も発見!タンポン!

「理恵ちゃんタンポン派?タンポンでオナってるw?」

ダチがアゴを掴み、髪も掴みオバサンの頭を揺さぶる。

「ねぇ理恵ちゃん、理恵ちゃん!お前ヤリマン?」

理恵ちゃん『ン゛ンン!ア゛ァ、ン゛ンン!』

更に強く揺さぶり脅しに掛かる!

「理恵ちゃん!なぁ!、オバサン、お前今日帰れねぇぞ」

「便器にしてやるよ!便器!!」

「俺達が今からヤりまくってやるからなぁ!」

理恵ちゃん『ン゛、ン゛、フゥ、フゥ・・・』

一気にガッツリ犯すのも良いが、熟女はマンコをトロトロにしてからゆっくり味わうのが美味しい。

パンティのクロッチを横にずらし、メス性器を出す。

「うわぁ!マジ黒い!理恵ちゃん超ヤリマンじゃん!」

実際にヤリマンかどうかは不明だが、下腹部から下の股間回りが色素沈着してかなり黒いタイプのオンナだ。

そしてこのタイプのオンナのマンコは、マジで気持ち良い。

大陰唇、小陰唇も縦に大きく、熟れて使い込まれている感じだった。

早速、人差し指で弄る。

「膣美味しそうじゃん!」

理恵ちゃん『ン゛フゥ!ン゛ーー!ン゛ーー!』

人差し指で膣口から膣内をほじりまわした。

すぐにクチョクチョ鳴り出して汁を滲ませ始める熟マンコ。

ダチも順番にほじった所でバイブを突っ込み、パンティで押さえてしばらく放置する。

ウィーッ!ウィーッ!ウィーッ!ウィーッ!とバイブの動きに併せて、盛り上がった理恵パンティもぐりぐり動く!

理恵ちゃん『ンゴッ!ンフゥ!ンフゥ!ンフゥ!ンフゥ!・・・』

じっくりとマンコを煮込むw

・・・

30分程して運転中のダチが

「ヤベ!ポリだ!」

一気に緊迫する車内。

もし拉致した所を見られて通報されてればもうアウトだ・・・

パトカーとすれ違い

そして離れて行き

追って来ない。

セーフ!

「理恵ちゃん、もう助け来ないよぉ!」

理恵ちゃん『ンンッ!ンゴッ!ンゴッ!オ!』

相変わらず股をおっぴろげてドット柄レースパンティの中でウィーッ!ウィーッ!ウィーッ!とバイブに膣を掻き回されてる間抜けな姿の理恵オバサンw

ちょっと腰フリ始めてます!

「理恵ちゃん、気持ちィのぉ?マンコ良いの?」

その姿を見ていたら、堪らなくなってしまった!

「ゴメン、俺先ヤらせて貰うわ!」

ズボンを脱ぎチンポを出す。

濡れて湿った理恵パンティをずらすと、ブチョッ!ゴトンッ!とバイブが粘液糸を引いて落ちた。膣口からは白いマン汁が垂れている。

もう堪らん!早くコイツとセックスしてぇ!

ペチッ!ペチッ!とチンポで膣口を軽く叩くき、ぬちゃぬちゃと亀頭で擦る。

「理恵ちゃん!次本物生チンチン入るよぉ!」

理恵ちゃん『ン゛ーーー!ン゛ーー!アェッ!アェッ!』

顔を激しく横に振るオバサン。

構わず膣口にチンポを合わせてぇw

「行くよ~?セックスするよ~!」

クチュ!っとまずは、亀頭を膣内へ入れてやった。

十分トロトロになってる。

「ぉほ!理恵ちゃん、入っちゃったよ!」

すかさず、一気に奥までジュッ!っと突っ込んだ!

理恵ちゃん『ンゴッ!オ゛』

膣内は熱くなり、チンポを粘液と肉壁で優しく包んでくれた。

おぉぉぉぉぉ、気持ちィ~~~んw

「おぉぉ理恵ちゃん気持ちィ!!理恵ちゃんのマンコ気持ちィよ!」

気分は最高だ!

さっきの玄関前の姿、自転車を漕ぐ姿を思い出し、そのオンナと今好き放題セックスが出来る!

マンコの温度、膣圧、深さ、粘度を味わう!

そのままチンポ突き刺したままベンチを60°位まで引き起こした。

頭をイヤイヤ振り続けるオバサン。

お構い無し!俺はお前とセックスしてぇんだよ!

一気に突いて膣内射精してやるよ!

引き起こして正面になった理恵オバサンの肩を掴んでガン突き!

「ァア理恵ちゃん!セックスだよッ!!セックスしてるよッ!!!」

理恵ちゃん『ン゛ーーーッ!ン゛ッ!ン゛ッ!ン゛ッ!ン゛ッ!』

「理恵ちゃん、生理止めちゃうよッ!」

オバサンの頭を右手で掴み、さらに全力で叩き込む!

理恵ちゃん『ァガッ!ン゛ッ!ン゛ッ!ン゛ッ!』

ギィギィ軋むベンチとクチョクチョ、ペチンペチン鳴る結合部!チンポに絡む熟れたオンナのマンコ!

マジ気持ちいい!気持ちいい!気持ちいいぃぃッ!

「出すぞッ!出すぞッ!出すぞッ!理恵ちゃん出すぞッ!」

理恵ちゃん『ン゛グッ!ン゛グッ!ン゛ーッ!ン゛ーッ!』

チンポから頭の先へ快楽がほとばしり、射精した。

はぁ、はぁ、はぁ、・・・気持ちいい・・・レイプ最高。

その後次々とダチもセックスし始めた。

「オバサン!次俺とセックスしよ!」

理恵ちゃん『ン゛ーッ!ングッ!ン゛ッ!ン゛ッ!ン゛ッ!』

何の遠慮もしないガン突きレイプ。

「おらぁッ!便器ッ!!!」

レイプッ!レイプッ!!レイプッ!!!

「便器オバサン、マンコん中出すぞッ!」

股間はみるみる精子とマン汁でぐちゃぐちゃになり、抜けた陰毛が付き、捩れたパンティも搾れる程水分を吸収していた。

クチョッ!クチョッ!クチョッ!クチョッ!っと湿り気たっぷりの音を発てる連続中出しセックス。

もちろん途中で運転を代わり、そいつも待ってました!とマンコに叩き込んだ!

4人全員のレイプセックスが終わった。

拉致から3時間たっていた。

理恵オバサンのマンコはオスを受け入れ続けてぱっくりと口を開け、遺伝子の詰まった体液に満たされている。

気に入ったオンナを拉致して強姦する。

レイプの目的は達成した。

だが、ここからさらに辱しめてやった。

精子まみれのマンコに再びバイブを突っ込み、パンティで押さえる。腹の中を掻き回されて子宮内受精が進む事だろう。

更にドラッグを使ってやった!

理恵オバサンの理性をぶっ壊して、中出し受精懇願便器に変えてやる為にだw

・・・

ところで、車はもちろん宛もなく走っているわけではない。

予め決めておいた、レイプに最適な山中へ向かっていたのだ。

そして、もう少しで着く頃合いだ。拉致現場から直線距離で150キロ以上離れた。

やがて車の後ろから理性の崩れ始めたオンナの呻き声が聞こえてくるw

理恵ちゃん『ァア゛、ァア゛、ンォォオ゛ン゛ーッ!ン゛ーッ!ン゛ーッ!』

全身をビクつかせて絶頂していたw

レイプ場に着く頃には軽く失神状態になってやがるw

そこで、バイブをチュポッ!と外し、

「理恵ちゃん、もうこのパンティ要らないよね?」

パンティを4人で裂いて、ゴムの輪っかに変えた。

マンコはヌメヌメの体液まみれで元パンティ布がべちょっと糸を引き垂れ落ちた。

そしてねっとりと深く手マンをしてやる。

「オバサン、気持ちいいか?マンコいいか?」

迷わず首を縦に振る理恵。

「もう俺達の便器オンナにしていいな?」

また首を縦に振る理恵。

そこで、4人は薄い目出し帽を被り、理恵のアイマスクとギャグボールを外してやった!

理恵オバサンの焦点は合わず、快楽に脳を支配されてやがるw

理恵『ァァア゛!気持ちイぃッ!イクッ!イクッ!イクッ!』

「オバサンまたセックスするよ!」

ダチが再び挿入する為に、股間前に移動。

残りは一人が起こしたベンチ裏、俺含めた二人が左右から脚を押さえて、固定ベルトを外し脚をフリーにしてやる。

もう抵抗は一切無い。

亀頭を膣口にあてがい。

「俺のチンチン入るとこ見てよ!」

顔を股間に向けさせる。

理恵『ハァ、ハァ、ハァ、アッアッ、チンチン入っちゃう!』

クチュチュッ!と根元まで入れ込む。

理恵『ォォオ゛!入ってるッ!チンチン入ってるッ!』

すかさず、激しい突っこみピストンが始まる!

「腹の中どうだよ?!チンチンわかるかッ?」

理恵『ォォンッ!ォンッ!わかるッ!チンチン動いてるッ!』

「こっち見ろッ!俺とセックスしてんだよ!」

理恵『ァァア゛!ィイ゛ッ!!チンチン気持ちイィッ!好きなだけセックスしてッ!』

ッチな広告