エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 夫と彼氏の存在価値
投稿:2017-05-18(木)20:51

夫と彼氏の存在価値

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,913回)
明子さん(40代)からの投稿

結婚して20年になる44歳のパート主婦です。

48歳の夫と高3と中3の子供がいます。

私には、下の子供が小4になった5年前から夫の他にセックスを楽しむ彼氏がいます。

その彼氏は、下の子供が3年生になった時にPTAの役員で一緒になった小中学時代の同級生でした。

彼は設計事務所をやっているので比較的時間が自由になるから、子供や夫が出かけた午前中に私の家の勝手口から入ってきて、二階の納戸でセックスをしていました。

小学校5年の時に彼と同じクラスになって以来、ずっと好きだった男の子で、子供のPTAで再会した時には私のほうから思わせぶりな態度をとってしまいました。

その時は、夫の方が愛しくて彼のことはからかうような気持ちだったのですが、PTA役員が終わったご苦労様会の時に口説かれて、身体を許してしまいました。

結婚してから初めて夫以外の男性に抱かれて、その背徳感に感じさせられた私は、それ以降、彼の誘いに応じるようになっていきました。

彼に抱かれるのは月曜日と木曜日の午前中、納戸にある折りたたみのソファーベッドで抱かれるのが恒例でした。

でも、2年前に下の子が中◯生になると学校の帰りがずっと遅くなるので、月曜日には彼の車でラブホに行くようになりました。

ラブホでは、バスタオルで軽く縛られて蹂躙されます。

縛った痕がつくと夫にばれるので、ロープなどは使いません。

股を開いた状態で縛られた私は、ピンクローター、バイブレーター、クリトリスキャップ、アナルディルド、アナルボールなどでアソコやクリトリスやアナルを徹底的に苛められて、潮まで噴いて気絶するほどの快感に身を委ねるのです。

そのはしたない痴態は、デジカメで撮影されて、数回、「変態人妻同級生調教」として投稿雑誌の紙面を飾ったことがあります。

目にモザイクがかかっていましたが、紙面に掲載された自分のあまりにも淫らな姿に自分ではないみたいに客観してしまいました。

足をM字やV字に開いて縛られて、クリトリスキャップで吸い出されたクリトリスをローターで責められながらアナルにアナルボールを出し入れされて潮を噴く私の恥ずかしい写真・・・もし、夫にばれたら確実に離婚でしょう。

「明子の変態写真を見て、たくさんの男がオナニーしてるんだよ。もしかしたら、中学の同級生に、明子だとは気付かずにオナニーしてるやつもいるかもね。」

彼に言われて濡らしてしまう私がいました。

月曜日にはラブホで狂喜乱舞の変態行為をして白目を剥き、木曜日は納戸で生のままセックスをしてさいごにアナルに精液を注いでもらっています。

彼とは週2回、快楽追求の変態行為をして、週末は夫に優しく抱かれて愛を感じるのです。

私は、彼の快楽と夫の寵愛の狭間で充実した性生活をエンジョイしているのです。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告