エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 30歳の妻が、34歳のハゲてる童貞…
投稿:2017-05-17(水)14:07

30歳の妻が、34歳のハゲてる童貞息子の相手をしてくれないかと近所の人に頼まれた

この体験談のシリーズ一覧
1:30歳の妻が、34歳のハゲてる童貞息子の相手をしてくれないかと近所の人に頼まれた
2:筆おろしの翌日から3:その後の2人の関係・・・4:その後の2人と私と妻の関係

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:115,273回)
名無しさんからの投稿

私は38歳、妻は30歳になります。

妻は身長160cm、体重45kg、Dカップです。子供は3人います。

公民館で会合があり、妻が思いつめた顔で帰ってきました。

出かける時と明らかに違う妻の状況に

「遅かったな。どうした?何かあったのか?」

と聞くと、しばらく沈黙のあと口を開きました。

「公民館から、(斜め前の)斎藤さん(お父さん)と一緒に帰ってきたんだけど…」

「うん、それで?何か言われたのか?」

妻は

「そうじゃないんだけど…」

もったいつける妻に「だから、どうしたの!?」と言いました。

妻は重い口を開き

「あそこって、息子さんがいるでしょ」

「ああ、いるな、年齢不詳のハゲてる息子だろ?それがどうした?」

「あの人、あー見えて34歳なんだって」

「マジか!どう見ても年上かと思ってたわ、へぇ~、それで?」

妻はまた言葉に詰まり出しながらも

「う~ん…、それで、まだ彼女がいないんだって」

「まぁー、わかると言えばわかるけど…、どれくらい居ないんだろうな」

と言うと

「斎藤さんの話だと、これでも彼女出来たことないんだって」

「そんなことないだろ、親が知らんだけじゃないの?」

と言いましたが

「この前、今後の事を男同士で話し合ったんだって、長男だし、後継ぎだから、これからどうするとか、結婚はどう考えてるとか」

「そうなんだ、結構重たい話だな(汗)」

妻は続けて

「そしたら、今まで一度も女の人と付き合った事がなかったみたいで…」

「そ、そうなんだ…、斎藤さんも大変だな」

と言うと

「これからも彼女を作る気が無いみたいで、困ってるみたいなのよ」

と言うので

「マジか、ずっと1人でいるつもりなんだ」

と答えました。

「でも実は、彼女は欲しいみたい何だけど、自信がなくて諦めてるって言ったらしくて」

「自信って、頭(ハゲ)の事か?」

「それもあるみたいだけど…、まだ女の人と経験が無いらしくて、この年まで経験がない事が恥ずかしくて、今更どうにもならないって諦めてるんだって」

「まあ確かにその年まで経験がないとなると、女の方からすれば、怖いよな、変な性癖があるんじゃないかとか、もっと別の趣味があるんじゃないかとか」

「うん、それで…、お願いされたんだよね…」

「え?何を?」

「…その相手」

「何の?」

「息子さんに経験させてあげたいみたいで、相手をしてもらえないかって」

「はあ??何でお前なんだよ」

と聞くと

「うちって家を建てて引っ越して来てからのお仲間でしょ?今、6年くらいかな?でも他の人は、昔からの知り合いで、息子さんの事も昔から知ってるから頼めないんだって、それで、年も近いし、いつも子供とかの面倒見が良いって思ってるみたいで、息子さんの面倒も見てもらえないかって…」

子供は3人いますが、妻はまだバリバリの現役です。

スタイルも維持していますし、肌だってツヤツヤの自慢の妻です。

それをなぜハゲた小太りの男に、抱かせてやらなければならないんだと思いました。

その息子は、前から頭頂部、後頭部の半分くらいまでほぼ毛がなく、身長も妻とほぼ変わらないくらい小さく、小太りでメガネをかけています。

休みの日もやることがないのか、自宅に居るかコンビニに行くかくらいで、いつも同じジャージを着ています。

髪の毛の事は、遺伝もあるので仕方ありませんが、それ以外の部分に努力が一切見られません。

なおさら納得できない私は、

「そんなの相手にすることないよ、まずは、もっと本人が努力してきてからだろ」

と言い放ちました。妻も

「そうだよね。さっきは断りにくくて、主人に相談するって言って逃げてきたんだけど、次の時にそう言っとくね」

という話で終了しました。

その日の夜

「お前、即答で断らなかったのは、ちょっとはその気があるってことじゃないのか?」

と言葉で攻めて、熱く燃えました。

妻も私の話に乗ってきて

「あなたがOKすれば、私は相手してもいいんだけどね(笑)」

その言葉に、私はすごく燃えました。

「何で相手してもいいんだ?」

「ん?息子さんとエッチしてみたいから(照)なぁ~んて(笑)」

「ホントにエッチしたいのか?」

「うん、知らない人だったら、もう逢わなければ済むけど、知ってる人って、何か興奮しない?」

「裸見せるんだぞ、大事な部分も」

「それが興奮するでしょ、いつも服着て話してた人の前で、裸になるんだよ、あ~、恥ずかしい~」

私の気持ちをあおる様に、妻も攻めてきて、ここ最近じゃ、一番激しかった夜でした。

そして、翌日の夜、妻が

「斎藤さんと話したよ」

「もうか」

「うん、帰ってきたら、家から出てきて、聞かれたから」

「それで?」

「うん、ちょっと変な方向に行っちゃってるかもしんなんだけど、昨日話してた事、斎藤さんに話して、主人も

「今の息子さんの相手はさせられない」

って言ってるって」

「ほう、それで?」

「そしたら、息子が努力がすれば良いってことか?って聞かれて、言葉の意味を逆にすると、そうなるから、まぁ…、そうなんですかねって答えたの」

「そしたら?」

「何か、嫌がってるのが、あなただけって思われてるみたいで…」

「お前は、OKと思われてんのか?」

「う~ん、この前、はっきり断れなかったし、断る理由が見つけられなかったから、あなたに相談って言ってきちゃったからね…」

「ああー、そう言ってたな」

「まあ、私が指名されると思ってなかったから、途中、私結構斎藤さんあおったんだよね、風俗か何か行くだろうって思って、経験はしといた方がいいですね~みたいなことを…」

「で、どうなったんだ」

「息子さんと話してみるってー」

「まあ、そんな簡単には人は変わらんから心配すんな!」

「だと良いけど(汗)あー、そう言えば、この事は奥さんにはナイショなんだって」

「言えるか!!ただでさえ、お前の事狙ってる、斎藤親子の顔、これからどんな顔して見ればいいか困ってんのに…」

「あなたは、ふつーで良いんじゃない?」

と言ってその日は終わりました。

そして、その週末…、息子が朝早くから、いつもと違う真新しジャージに身を包み、出てきました。

家庭菜園で土いじりをしていた私に

「おはようございます。行ってきます」

と言い、ウォーキングに出かけました。

私はまさか!?と思い、家の中の妻を呼び

「おい、今息子さん、ウォーキングに行ったぞ、もしかして、本気にしてるのかな?」

と言うと

「マジでぇ~(驚)さっそくやりだしたんだ、どうなるかね(笑)」

笑顔の妻に

「お前、なんだ?何かうれしそうじゃん」

と言うと

「う~ん?そんな事ないけど、何か私としたいだけで、ずっとしなかった努力をしてるんでしょ、そりゃ、ちょっとはうれしいでしょ」

と照れています。

「笑ってられるのも、今のうちかもしれないぞ」

と言うと

「まあ。そうなったらそうなったで、約束を果たすだけだよ(笑)」

と笑い飛ばされました。

それからと言うもの、服装を気にしたり、週末は出かける様になったりしだしました。

ただ、残念なのは、運動は続けていましたが、1mmも痩せず、息切れの時、体全体が大きく揺れ

「ゼェーハァ~、ゼーハァ~」

と、また新たなキモイ一面を発見してしまいました。

それから、2週間くらいが過ぎた土曜日、私は釣りへ出かけて夕方帰宅すると、うちの前で、妻と童貞息子が話をしていました。

私は「ん?」と思いましたが、私の思いも知られているのとこれまで年上だと思っていたので、敬語で話していたこともあり、躊躇してしまいました。

私は魚をさばくため、自宅に入りました。

妻も私が自宅に入れば、入ってくると思いましたが、なかなか入ってきません。

子供に妻の様子を聞くと

「男の人としゃべってるー」

「いつから?」

「1時間くらい前」

とだけ言います。

子供たちには、この男が目の前に住んでいる認識すらありません。

急いで魚をさばき終え、家庭菜園に野菜を取に行く準備をして、外に出ました。

姿は見えませんが2人の話声が聞こえます。

途中から聞いたので良くわかりませんが、妻は楽しそうに笑っています。

私が菜園で野菜を取り始めると、私に気づいた童貞息子が

「こんにちは、お世話になってます」

と話しかけてきました。

「こんにちは」

とだけ言うと

「いや~、何かすみません。おやじが変なこと頼んじゃって、ホント申し訳ないです」

と言ってきたので

「まあ、私も人の親なので、自分の子を心配する親の気持ちもわかりますよ」

と言いました。すると

「そう言ってもらえるとありがたいです。せっかく、協力してもらえるって話なので、私がんばります、もう諦めてたから…」

と最後にちょっとテンションを落としてきました。

私は

「はぁ…、まああんまり無理しなくていいですよ、言ったって、こいつだって30過ぎのおばさんですから(あくまで謙遜で、全く思っていません)」

「いえいえ、そんなこと」

「ホントにこいつで良いんですか?」

と言い、やり取りは終えましたが、何か勘違いをさせてしまったようでした。

野菜を取り終え、中に入る際に、

「夕飯の支度は?」

と言い、妻に戻る様に仕向けました。

妻は童貞息子に「じゃあ、またー」と言うと「じゃあ、また今度お誘いしますね」と言い、妻も「じゃあ、また今度ですね、わかりました(笑)」と言って別れました。

私は

「何が今度なんだ?」

と聞くと、

「今度、ウォーキング行こうって誘われたから、行きましょうって言ったから(笑)」

と答えます。

「お前、どうしたいの?」

「えっ?どうしたいって、息子さんに早く彼女が出来ればいいなぁーって思ってるよ」

「でも、それって経験しないと出来ないんだろ?」

「そうだね」

「お前、何か嬉しそうだな」

「えっ?そんなことないよ、ただ、話をしたら、話も面白いし、結構気さくでいい人だから、幸せになって欲しいなぁって」

「そのために、やらなきゃいけなれれば、お前受け入れるのか?」

「う~ん、まだわかんないけど、前ほどイヤではなくなった(照)」

とその日の夜は、また思い出し燃え上がりました。

そして、日曜の朝、目が覚めると、リビングには息子2人しかおらず

「お母さんと○○(娘の名前)は?」

と聞くと

「歩いてくるって出かけた」

「2人で?」

「ううん、昨日、お母さんが話してた人と、朝6時頃ピンポン鳴って、お母さんいる?って聞かれたから、起こして話して、ちょっとしたら、着替えて歩いてくるって言って出てったよ」

私は心配になり、妻にラインで

「大丈夫か?」

と入れました。

するとすぐに

「○○も居るから大丈夫だよ。もうすぐ帰るね」

と返信が来ました。

ほどなくして戻った妻は、娘と汗だくで帰ってきたので、シャワーを浴びると浴室へ行ってしまいました。

シャワーを終えた妻に

「どこまで行ってたんだ?」

と聞くと

「裏から回って、橋の下くぐって戻ってきたよ、朝歩くって気持ちいいねぇ~」

と満足そうです。

娘も「また行きたい」と言っていますが「また来週のお休みの時ね」と言われてがっかりしていました。

そして月曜日の朝です。

いつもより早い時間に妻が動き出し、「どうした?」と聞くと

「昨日、歩きながら色々話をしたんだけど、すごいマジメでいい人だったか、私も応援したくなって」

と言いました。

「なら、俺も付き合うか?」

「いいよ、1人で行ってくるから、○○が行きたいって言ってたから、○○に付き合ってあげて」

と1階に降りて行きました。

「応援するって事は、そうなるかもしれないってことだけど、良いのか?」

と聞くと

「う~ん、まぁそうなのかもしれないけど、今はただ頑張って変わってくれればいいって思うくらいかな」

と言って行きました。

1時間ほど過ぎ、自宅の前で童貞息子に

「じゃあ、また~」

と声を掛け妻が戻ってきました。

「ただいま~」

と笑顔で言う妻に、

「どうだった?」

と聞くと

「色々話してくれたし、特に何もされなかったよ」

「そこは、当たり前だろ!?」

と突っ込むと

「応援も出来て、私もダイエットできるから、一石二鳥だよ、あっ、時間無いから、シャワー浴びてくるね」

と行ってしまいました。

その翌日からも朝早くに起き、ウォーキングに出かけるのが日課になってきました。

3日目が過ぎ、その日の夜、妻に

「どうだ?童貞息子は?」

と聞くと

「うん、相変わらずだよ。話しながら歩いてるだけ、ホントにマジメみたいで、何にもしてこないから安心して」

と言います。

「お前に魅力がないのかもな(笑)」

とからかうように言うと

「そうなのかなぁ。全くそんな素振り見せないから、正直それはそれでちょっと自信なくしちゃってるんだけど…」

と言いました。

「なんだ?お前、何か期待してついてってるのか?」

「そんなことないけど…、2人で毎日並んで歩いてるのに、何にもないって、どういう事?って感じ(笑)そこまで気にしてないけど」

と笑います。

「じゃあ、ちょっと変えてみるか?」

「何を?」

「服装とか、ちょっとエロくしてみたりとか」

「何言ってるの??別にそこまで気にしてないって言ってるじゃん(笑)」

「だけど、お前の事、興味持たないと、童貞息子も頑張れないだろ、お前とエッチするのがモチベーションなんだから、そう思われた方が、頑張るんじゃないのか?」

変に説得力が出てしまい。

「そうなのかなぁ~、でも、エロくするって言ったって、何をどうするの?ただのジャージだよ」

と言いました。

「だったら、まず明日は、上はTシャツ1枚で、上着は腰に巻いとくか」

「それがエロいの(笑)」

「お前、いつもインナー着てってるだろ、明日は、ブラの上にTシャツでいいじゃない?まずは、透けブラくらいからだろ」

「ああ~、そう言うことね、うん、わかった、あっ、今日のブラ、一番地味なのにしちゃった、出来れば、派手な方がいいよね?」

と聞くので

「リアルさを出すなら、地味でもいいんじゃない?ただ、胸は強調された方がいいだろ」

と言うと

「だったら、やっぱこれじゃなくて、あっちの白いブラの方がいいかもね」

と下着入れからブラを持ってきて、付け直し始めました。

相変わらず、たわわな胸とつんと上を向いた乳首です。

この胸を他人に見せる何てことは、絶対にありえないのですが、見られるかもしれないと言うドキドキが、優先してしまいました。

ブラを着けると、

「どう?寄せ上げブラの力、おっきく見えない?」

と聞くので

「まぁ確かに、デカくなった感じはするな、これでTシャツ着たらどうなる?」

とTシャツも着せると結構だぶついたTシャツを着たため、

「全然、わかんないじゃん、それ、おっきすぎるだろ、おっきいの着るなら、胸元がもっとゆるいやつにしないと、そのブラの意味ないじゃん」

と言いました。妻は

「じゃあ、こっちのは?」

と別なシャツを着ました。

「これなら、胸も強調されるし、胸元も開くんじゃない?」

と見せられたのは、割とタイトな感じですが、首元が女性特有の横に大きく開いているもので、鎖骨の部分はすべて出ています。

前後も、それなりに開いており、ネックレスなどつけていても見えるくらいの開き具合です。

鏡の前で、体をひねったり前後して、自分の姿を確認しています。

「まぁさっきよりは全然こっちの方がいいな、ちょっと靴の紐、結ぶみたいにしてみて」

と言うと

「こんな感じ?」

とやってくれ、

「おーおー、いいじゃん、ばっちりだぞ、こっちからだと、谷間もブラも良く見えるわ、紐結ぶ時は、この角度な」

と妻に言いました。妻は

「あなた、何か見られた方がいいみたいに聞こえるけど…」

「違うよ、お前が魅力ないって言うから、これだったらさすがに反応するぞってことだよ」

と渋々納得してくれました。

翌朝、私は寝たふりをしながら、妻がちゃんと着て行くか確認しましたが、昨晩話した通りの格好で、また鏡の前で、胸元を気にしていました。

1時間ほどして、妻が帰ってきました。

「今日はどうだった?」

と聞くと

「最初は、やっぱり反応なかったから、ダメかなって思ったんだけど、言った通り靴紐結んだら、胸のトコ見てたよ(笑)予想通りでうれしくて、ちょっと長めに時間かけちゃった(照)」

「じゃあ、明日は次のステップだな、また夜考えるか(笑)」

「そうだね(笑)」

で、会社に行きました。

その夜…妻から

「明日、どうしよっか?」

と先に聞かれ

「お前、やる気満々だな」

と言うと

「そんなことないよ、ただ、ちょっと楽しくなってきただけ(笑)」

と笑っています。

「今日は透けブラだったから、明日は透けパンにするか?」

と言うと

「ああー、でもどうやって?」

と聞くので、

「朝ってまだ寒いか?」

「う~ん、そんなこともないよ、歩いてるとすぐ熱くなるし」

と言うので

「だったら、明日からTシャツにズボンだけにして、上着なしでいいんじゃない?それでズボンは、出来れば色が薄くて生地も薄いヤツが良いけど、持ってたっけ?」

と言いました。

「あるよー」

とタンスから、薄いピンクのジャージとシャカパンの間のようなズボンを持ってきました。

それを履かせてると、すでに紫の下着が透けています。

「いいじゃん、いぃ~じゃん、んじゃ、今度は靴も結ぶとき、こっちにお尻向けてみて」

とやらせてみました。

するとピチッと張ったお尻は、想像以上にパンツが透け、下着の生地や装飾、股のトコの縫目も、直接見ているくらいハッキリわかりました。

「おー、いいねぇ~、お前のパンツ、丸見えと同じだよ」

「そうでしょ、だから部屋着なの、可愛かったから買ったんだけど、履いてみたらすっごい透けてるから、外じゃこんなの履けなかったから」

と言います。

妻は「ホントにこんなのでいいの?」と言うので

「頑張ってほしいんだろ?男はみんな同じだから、こう言うのが一番やる気になるんだよ、それに、お前の体とか、すでに想像してると思うぞ(笑)」

と言いました。

「下着はこれでいい?変じゃない?」

「どっちで攻めるかだな、今日は、リアルさ重視で地味目だったから、これでもいいんじゃない?」

立っているだけで、下着の色もわかるくらいです。

翌朝…妻がウォーキングから戻ってきました。

ズボンは打ち合わせ通りで、上は特に決めていませんでしたが、前日と同じように、首元が開く白いシャツを着ていました。

立っている妻の姿を見ると、上下下着が透けています。

「おかえり、今日の反応は?」

と玄関で迎えると

「ただいま~、ふふっ、今日も見てくれたよ(照)」

と言いながら靴を脱ぐのに前かがみになりました。

すると胸元から、胸の谷間と…

「ん?お前、それ乳首見えてないか?」

「えっ?(汗)やっぱり?このブラ、昔のだからカップがおっきいんだよね、胸がちっさくなってから、カップが浮くようになったの」

「気づいてた?」

「うん、浮いてるのは知ってたから…」

自分で確認し

「あー、ホントだねー、でも今日は、お尻メインだったから、あんまり見てないと思うよ」

と言いました。

出勤の時間なので、「詳しくは、また夜な」と言い家を出ました。

その夜、

「で、実際、どんなリアクションなのよ、童貞くんは?」

と聞くと

「胸とかお尻とか、すっごい視線を感じるよ、私も気にし過ぎかもしれないけど(笑)」

「お前はどうなんだ?」

「えっ?私はー、ドキドキしてる(照)今、見られてるんだな~って(笑)」

と笑って言います。

「今日のブラって、狙ってた?」

と聞くと

「ふふっ、少しね(照)昨日、決めてなかったから、朝悩んだんだけど、下だけだとあれかなって思って、せっかくなら上下いっちゃうかって(笑)」

うれしそうに話す妻に

「お前もこの刺激がたまらなくなってきたかー」

と言うと

「昔はたまにあったでしょ。でも、最近外とか全然ないじゃん。それに、あなた以外の人だから、すっごく新鮮なの(嬉)」

続けて

「なんか付き合い始めたばっかりみたいな感じ。家の中だと、いつもあんな恰好してるけど、何にもドキドキしないもん」

「まぁな」

「だから、デートみたいで、今楽しいの(笑)」

と笑いました。

「さぁ~て、明日は土曜だし、ヤツも休みだろ?どんな感じで攻めるかな~。時間もあるし、ゆっくり歩いてくるだろ?思いっきり攻めるか、一旦落ち着いて来週に持ち越すか?」

と言うと

「来週に持ち越すって?何を?(笑)」

「わかってんだろ、このまんまでいけば、どのみち来週には、何かしてくんじゃない?」

と言いました。すると

「そうかもね、そう言えば、今日初めて手ー握られたよ」

「おお、どうした急に」

「私の指が好きな指だって、で、見せてたら急に握られて、びっくりしちゃったよ」

と言いました。

「で、どうしたんだ?」

と聞くと

「一瞬悩んだけど、まぁいっかって、そのまま~(笑)ずっとじゃないけど、手ーつないで歩いてた」

「散歩中に?」

「うん、恋人握りって言うの?指を絡めるヤツやりたいって言うから、それしてぇ~、いつも中間地点で軽く体操するんだけど、その時に柔軟一緒にやったり、肩揉んでもらったり」

「へぇ~」

「手ーつないだからだと思うけど、今日はふれあいが多かったよ(笑)」

妻の体に童貞くんが触ったのかぁ~っとちょっと嫉妬しました。

「柔軟って、どんなことやったの?」

「お互い背中合わせになって、背筋伸ばすやつあるでしょ、アレやったんだけど、私があの人を持ち上げられるワケないでしょ?」

「だろうな」

「でもやってって言うから、やったの、そしたら、やっぱり私潰れちゃうじゃない、ホント痛かったよ」

と若干怒っていますが

「多分、お前の体に触れたかっただけだと思うぞ」

と言うと

「そうなのかな?じゃあ、許す!(笑)あと、足開いて前に倒すやつとー」

「背中押されたのか?」

と聞くと

「背中と向かい合って座って、開いた足を合わせてお互いの手を引っ張るの」

と言います。

私はピーンと来て

「多分それ胸を見てんだよ。前かがみさせといて、開いたトコ見てるだろ」

「えー、そうなの?って事は、見られたのかなぁ?」

と少し心配そうです。

「その後、後ろから押されて、肩揉んでくれたよ」

「お前、座ったままだろ?それ絶対見てるな。しかも、さっきのよりもガッツリ見えるよ」

と言いました。

「えーそうなのー?ちょっと見てみてよ。今してるのも、同じ感じだから」

と後ろに立ち、胸元を覗き込んで見ると、微妙な感じです。

「谷間とふくらみは見えるけど、乳首までは…」

と妻の肩を押さえる様に押すと、妻の背中が丸くなり、

「おおー、ビンゴー、乳首丸見え~」

カップが浮いて、胸と大きく隙間が空きました。

「マジでぇ~、ちょっとショック~」

「ショックって、お前今日も同じようなの着けてるって事は、明日それで行くつもりだったんだろ」

と聞くと

「ふふっ、そうだね(笑)じゃあ、いっか!」

と開き直りました。

「明日もされたらどうする?」

と聞くと

「え~、それは…、多分するだろうね(汗)」

「わかってても?」

「逆に、わかってるからー(笑)」

と大笑いしていました。

「じゃあ、明日はまずブラは決定な、シャツは?」

「いいのがあるの」

とタンスから持ってきたのは、首元はもちろん大きく開いていますが、袖の部分も大きく開いており

「着ているから、見てみて」

と見ると

「おおー、脇の下から、ブラ見えてるじゃん」

「ねぇ、ねぇ、これいいでしょ、これって、ホントはタンクトップとかを下に着るんだけど、そのままでもありかなって(笑)」

見ようによっては露出狂の卵みたいですが、妻からの要望ですので、飲まざるを得ません。

「これで、上は決まったな、じゃあ、下は?何か考えてる?」

と聞くと

「2つあるんだけどね、1つはTバックで透けパン、もう1つはショートパンツで行くとか…どう?」

と言ってきました。

「それ、どっちもいいな~、ん~…、勿体ないけど、2つを1つにしちゃえば?Tバックでショートパンツでどう?」

と聞きました。

妻は

「え~、せっかくTバック履くのに~、ショートパンツだと、あんまり透けないよー」

「取りあえず、着替えてみて」

ッチなPR

ッチな広告