エチ研TOP
Home > 体験談 > バイト先でチヤホヤされ飲みに連れ回…
投稿:2017-05-07(日)03:23

バイト先でチヤホヤされ飲みに連れ回される嫁にしたイタズラ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:5,518回)
名無しさんからの投稿

別れた嫁の話しです

当時38歳の嫁がバイト行き出したんですが、外見は美人で外面のいい嫁はすぐ職場でチヤホヤされたらしく歓迎会名目でまずは同僚達と飲み会の日々

少しすると固定得意先の男達にも食事 喫茶店から始まり飲みに誘われだしたらしく出張多く留守がちな俺の仕事も嫁からしたら時間調整しやすく参加しやすかったようで誘われるまま参加

たまに俺が帰宅すると酔い潰れて寝てる姿ばかり

当時の夫婦関係は最悪で会話もなく当然レスでバイト行けば周りはチヤホヤしてくれる男達ばかりで気分良く有頂天なったようです

服装も行き始めはジーパンだったのが次第に出勤はスカート系ばかりに

俺はどうぞご自由にって感じで無視

ある夜、帰宅すると飲み会帰りの嫁にバッタリ

カラダにフィットしてカラダのラインクッキリのワンピース着てて小さいながらオッパイの膨らみも強調してスカート短く黒いストッキング履いてるもののムチムタの太もも露出でけっこう酔った様子

「みんな優しいわ〜今日も楽しかった」

と喋り始める嫁

無視して聞き耳持たない俺に近づいてきては当てつけるように勝手に飲み会でチヤホヤされた様子を話す嫁

毎朝、無視やし素面の時は目も合わさんのに何やコイツって感じの俺

ただ酔って無意識でやってるのか?ベタベタ馴れ馴れしく近づく度に腕や背中にオッパイ当たってムニムニ悪くはない感触。わざとらしく手を尻に当ててみたら柔らかい感触が

嫁は気にもせず話しに夢中

俺は触り放題やなと思いつつそれ以上は・・・

遅くなりましたが嫁の容姿はロングヘアーの美人ですが胸はなく貧乳。けど尻はプリプリのいいケツです

この夜は鬱陶しい酔っ払い女って感じですぐ逃げるように自室で寝ました

別の夜、帰宅すると酔い潰れて寝てる嫁。スカート捲れて黒いストッキング越しに青いパンティと小さすぎる青いパンティからはみ出た尻肉とが丸出し

少しムラっとしたけど嫁に興味無くなってた俺は無視

別の日の夕方、珍しく早目に帰宅した俺がトイレ行くと便器に向かい四つん這いで吐きながら寝てる嫁

ワンピースの背中のファスナー開いて四つん這いで吐きながら爆睡

小便したい俺は嫁をどけようと抱えるとムニッとオッパイの感触

けど感触が何か変で・・・

えっノーブラ?と離した俺

とりあえず小便して再び元の四つん這いに戻った嫁を見つめ開いた背中のファスナーから手を入れ脇からオッパイ触るとノーブラで手に余るけど柔らかい貧乳の感触で親指と人さし指で摘むと乳首の感触も

俺はまさか?と思い下半身見ると黒いストッキングが。ホッとしながらもドキドキしながらスカート捲ると色は忘れたけどパンティは履いてました

俺は久しぶりにヤリたくなりストッキングごとパンティズリ下げるとプリプリの白い尻がお目見え

カチャカチャとベルト緩め俺もパンツ脱ぐと久々にフル勃起の俺

四つん這いの嫁の足の間に足早入れてバックで挿入

ヌルッとはいってパンパンと久しぶりの嫁とのエッチ。久しぶりの嫁のケツは柔らかくて鷲掴みにしたり再びワンピースの脇から貧乳揉んだりしてたら

「うーんえっ何?」

かまわずパンパンする俺

「何してるの?嫌やて〜」

と呻きながらも相当飲んだのか夢の中の嫁

「また飲みに行ってたん?」

「うーん、そうや」

「こんなに飲んで〜お前ブラジャーは?」

「飲んでたら飲みすぎて苦しかったから途中で外した」

「誰が?」

怒り気味に

「自分でやろ、カバンの中にある」

「イクッ」

と抜いて嫁の尻に生外出し

嫁はもうーと呟きながら四つん這いのまま尻に俺の精子乗せて再び爆睡

トイレの外に置かれたカバン開けると確かに丸めたブラジャーが

俺は色んな妄想しながら台所へと

テーブルに置かれた嫁の携帯(当時はガラケー)

悪いと思いながら開くと未登録のメールが多数

気をつけて開封済だけ読むとママ友達のメールが埋もれるほどの未登録のメール

何故か勃起しながら読むと得意先の男達らしき相手と頻繁にメールと電話のやり取りで数人に口説かれてる様子

そやろな〜誰がチヤホヤとタダ飯やタダ酒飲ますか〜当然お前のカラダ目当てに決まっとるやんけと最近の泥酔姿に納得する俺

メール見る限りまだヤラれてはない様子ですがこの前の酔って嫌いな俺にさえベタベタ密着するさまはチヤホヤ接する男達なら優しくイチャイチャしたら触り放題やなと

酒席の嫁の痴態知ってる俺は貧乳揉まれたり尻触られたりは当然されとるなと変な納得も

けど今のノーブラは今日飲んだ男にB(古い言い方ですが)まではヤラれたか?と生乳吸われたかもと納得も

それか嫁の言うように苦しくなって自分で外したか?(まさか)と色んな妄想でドキドキ勃起

それからは興味無かった嫁に興味津々

相変わらずたまに帰宅した俺が会う嫁は酔って俺にカラムか、酔い潰れて寝てる嫁

爆睡中は携帯見放題でメール内容に興奮でこの頃は固定得意先の2人の男が熱心に口説いてましたね

けど酔って俺に話す話し内容からはメール相手以外の男とも飲みに行ってる様子でゲーム感覚でウソかホントかキスはしてるとのこと

その内容は

「飲んだらキスくらいするやろ〜私酔うたらキス魔やし、一緒に飲んだ男とはほとんどキスした(笑)チュッチュってくらいやけどな」

「酔うたお前がチュッチュですむか?」

と笑顔で聞くと嫁は無言でニヤニヤ思い出し笑いしたかと思うと

「外で飲んだら絶対チョッカイ出してくる奴おるからなぁ」

と何か思い出して怒ったり

俺の想像ですが飲み会の一気飲みなどのゲーム感覚の延長で

チューチューチュー

と周りに煽られ順番にキスしたんやろなと

俺も経験あるけど最初はチュでも次第にエスカレートするもの

そのうち舌絡めたり覆い被さられたり好みの男なら覆いかぶさったりと光景が目に浮かびました

キスって1回したらチュッチュッするものやしその日は店内 帰りの道端と唇は奪われまくりでしょうね

男ならキスする時抱きしめるし当然手は胸揉んだり尻揉んだりですよね

店内でもおフザケでも押し倒したら酒の席やしパンティの中手入れたりもありですよね

ある夜、帰宅すると胸元開いたワンピースで仰向けで爆睡中の嫁

パンツ見えそうでそっと捲るとストッキング越しの黒いパンティ

パンパンと頬叩いても爆睡の嫁

横向けて背中のファスナー開いてワンピース脱がせたらブラもパンティもこの日は黒で脱がす途中もうーんうーんと呻くだけでされるがまま

ブラジャー外すと久しぶりの嫁の小ぶりなオッパイで興奮して一気にストッキングごと黒いパンティも脱がして全裸に

立ち上がり上から嫁の貧乳全裸見ると小さいオッパイが寝て更に小さく見えて微かな膨らみに黒く大きな乳首に下は剛毛で懐かしい感も

覆い被さりキスすると酒臭くて断念

貧乳揉みながら乳首吸うとピクピク反応

しかし嫁は爆睡中

俺は誰や?こんなに飲ましてたんはぁ?〜ありがたいなぁと呟きながら肌を合わせたくなり俺も全裸に

再び覆い被さり耳元で囁きました

「お前狙わらとんやな〜どこまでヤラれた?どこまでヤラした?」

と抱きしめ愛撫してやりました

「お前の好きなチンポやぞ」

と口に当ててもスースー爆睡

胸で挟んでパイズリしようとしても無理で足開いてオメコ見て触ると濡れ濡れで堪らず挿入

クイクイ腰振ると

うーんうーんと呻き声

正常位で腰振りながらオッパイ揉んでたら

「うーんえっちょっと」

と目を覚ます嫁

「久しぶりにかわいがってやるわ」

「イヤ、前もトイレでしたやろ、イヤやて」

嫁を横向けて即位ハメで腰振ると

「あーあーあー」

「バックでヤラせ〜」

「イヤ、アンタバックでしたらスグイクやろ」

「イキそうやからはよ尻出せ」

「まだダメ」

とチンポ抜いて覆い被さってきた嫁

「今日だけやで」

とキスしてきた嫁

「酒臭い〜」

と突き飛ばすと

「コラッ」

と俺の乳首ぺろぺろしながらチンポシコシコ

「あー舐めさして〜」

と玉を揉みながらオレの目を見ながら舌先で尿道レロレロしたり竿を下から上に舐めたりパクパクといつものフェラ

「そんなんしたらイクッて」

「まだっ」

と言って俺に跨り自分で挿れてグラインド

ように「あー気持ちいい〜あーあーあーん」

その後、正常位に戻りパンパン

「オッパイ揉んで〜クリちゃんで遊んで〜」

と仲良かった頃の嫁

「イクッ」

と嫁の腹に発射

「もう〜もっとしてえよー」

と不満気な嫁

やる事やったら何故か恥ずかしさがこみ上げてきた俺はスッと離れて別室で睡眠で翌朝はまたいつもの不仲な夫婦に逆戻り

その後も、嫁はヤリモク男達達の飲み会に頻繁に参加するものの酒の強い嫁はベロンベロンにされるもののヤラれた気配なし

キスや触られたりはしてるでしょうがね

俺は俺でヤリモク男達が飲ました嫁はフラフラで帰宅すると自宅の安心感からかすぐ爆睡で脱がしたりハメ撮りしたりとやりたい放題で自分の嫁をいただくって変な表現ですが興奮したエッチが楽しめました

そんなある夜、俺が帰宅するとまた酔い潰れて寝てる嫁

携帯メール盗み見ると普通のやり取りに交ざり相変わらずの下ネタのやり取りで

得意先の男「そろそろエッチしようよ」

など露骨なものもありましたがまだエッチの形跡はなし

そんなやり取り見ながらお前らがまだ落とせんなら今夜も俺が楽しもうかな

と思いつつちょっとしたイタズラを思いつく俺

うつ伏せで寝る嫁のスカート捲るとストッキングとその下にはプリケツと黒いパンティで尻の割れ目は見えるしパンティから尻肉はみ出て色気ムンムン

電気薄暗くして場所がわからないように嫁の携帯カメラでフラッシュたいてスカート捲ったストッキング越しのプリケツパシャリ

更にストッキングとパンティ半分ズラしてハンケツにしてパシャリ

更にストッキングとパンティズリ下げて尻出してパシャリ

更に尻肉鷲掴みにしてパシャリ

そしてそのまま保存してからパンティとストッキング戻しスカートも戻し俺は自室で睡眠

翌朝、起きるとシャワーの音

無造作にテーブルに置かれた嫁の携帯

そっと見ると昨夜俺が保存した嫁のケツ画像は削除済

元に戻すと嫁の携帯は次々にメールの着信音

いつもより長いシャワー浴びてバスタオル巻いて現れた嫁はすぐ携帯開いて不機嫌そうな顔でメールチェック

「昨日も飲み会か?何時に帰ったん?」

不機嫌そうに

「関係ないやろ」

「そやな」

不機嫌に携帯見つめる嫁

「アンタ何かした?」

「えっ何が?俺帰ったん朝方やで何かあったんか?」

「別に」

と不機嫌な顔でバイト行きました(笑)

- 終わり -

前後の話
前の話(2017-05-07 00:33:47)20歳の部下Bとの生活

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告