エチ研TOP
Home > 体験談 > 離婚調停中の人妻とW不倫Part2
投稿:2017-05-05(金)06:37

離婚調停中の人妻とW不倫Part2

この体験談のシリーズ一覧
1:離婚調停中の人妻とW不倫
2:離婚調停中の人妻とW不倫Part2
カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,389回)
北海道/男爵さん(50代)からの投稿

前回の話:離婚調停中の人妻とW不倫

「うん」と応えて私の欲棒を受け入れようとするS子だが、DVで痛めつけられた心と身体は行為の途中で急変して私を拒絶するかも知れない。頬を桃色に染め全身がじっとりと汗ばんでいるS子の状態を観察し、欲棒でマンコの中を優しく愛撫するような動きに徹するよう心がけた。しかし、子供を産んでいる割にはS子のマンコは緩んでいなく、むしろ時々、ギュッと締まるときがあり、その時に腰を「の」の字を書くように回しながら攻めると、亀頭が膣壁を強くこするのだろうか、S子は「いやー」「だめだめ」「キャっーーんん、ググっ」と甘い喘ぎ声をあげる。

声が大きすぎる。

離婚調停を控えて、夫以外の男を部屋に引き入れてセックスしていることが隣近所に知られて夫の耳に入ったら、まとまる話もまとまらなくなる。「声が大きいよ、こうしよう、ごめんね」とS子の耳元で優しく諭し、S子が脱いだパンティを丸めてS子の口に押し込んだ。ピンク色の布の塊はS子の口の中に咲いた薔薇のようだった。

それからは丸めたパンティに声が吸い取られ、「の」の字を続けざまに書いて攻め続け、S子の喘ぎ声が途切れることのない低く湿った呻き声になり、26歳の若い肌は油でなめしたように艶やかに汗でてかり輝き、私の腰の動きにリズムを合わせるように腰を絡めてき始めた。

S子の肉体が心地よいセックスを思い出している証拠だ。

このままS子の快楽曲線グラフが登るにまかせて、自分も一気に、一緒に登ってみよう。

そう決めた私は、最初の慎重な気持ちは理性といっしょに後に置いて、S子のしなやかで弾力のある身体にむしゃぶりつき、規則的なリズムとパターンで欲棒を突き動かし、徐々に動きを速めながら、S子の耳元で「S子のマンコ、気持ちいいよ。こんな気持ちいいマンコを大切にしないS子の亭主は最低だよ。でも僕は大切にするよ。S子のこと好きになっちゃうよ」と囁いていた。その瞬間は本気でそう思っていたが、DVで荒んだS子の心の隙に忍び込んで、妻にはもう期待できない滑らかで弾力のある肌や、潤いのあるマンコを独占できるかも知れない計算を無意識にしていたかも知れない。

その晩は「DVのせいで生理も不順になっているので、中に出してもいいですよ」「スキンの中にするのって、何だか窮屈そうで…」「ずっと相談にのってくれている男爵さんが気持ちよくなってくれるなら、私、そのくらいお礼のつもりで、何でもないです。男爵さんのザーメンなら出されても、嬉しいです」と言ってくれたので、「この年で妊娠なんかしたら恥ずかしいから絶対つけてね」と生でさせてくれない妻にも、もう10年近くしていない『生中出し』をさせてくれたS子でした。

それから3ヵ月間は周囲の目を意識して会うことを自重し、離婚調停が成立してからの4年間は、月に数回、時には2日続けて、S子が子供を実家に預けた夕方のひととき、または朝、保育園に預けた後に二人で仕事をさぼって部屋にこもって獣のように愛欲をむさぼり合う日々が続いています。

元人妻だったオンナはスイッチが入ると貪欲です。

そして、時々思うのですが、DVのせいで多少M的な嗜好も刻み込まれているような気がします。最初にそう感じたのは、興味本位でSM設備のあるラブホテルに行ったとき、X字型の磔台に手かせ脚かせで固定し、バイブでマンコとアナルの両方を攻めたときの反応でした。

続きはまた後で。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-05-06 05:02:24)おばちゃんと初体験

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告