エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > なんとも思ってない幼稚園から同じ同…
投稿:2017-05-02(火)23:53

なんとも思ってない幼稚園から同じ同級生に告白された

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
のやさん(20代)からの投稿

初投稿させていただきます

誤字脱字、下手くそな文章だと思いますのでご注意ください

そして先に言わせていただきます

エロ描写はかなり後半になります

青春の思い出として投稿してますのでご了承ください

現在

私 のや(仮名)20歳 男 学生の時はサッカーをやっていた 顔はブサイクの部類にギリ入るがモテ期もあった

身長173センチ

相手 ゆい(仮名) 20歳同級生 幼稚園から中学まで同じ学校

芸能人で似てる人いないけど清楚系

ショートヘア

身長150後半かな?

cカップ

ゆいとの出会いは幼稚園

重要ではない部分ですので割愛気味にいきます

うる覚えだけど、他の子と喧嘩していた時、ゆいが仲裁に入ってくれたけどなんか嫌になりゆいと喧嘩しはじめた

仲直りはしたけど

気が強くて話しづらいなって思った

小学校

小学校は地域の中でもやや大きく

1学年100人程度で

近くの3つの幼稚園からその小学校に集まった感じ

だからクラスで3人に2人は知らない子

色んな出会いがあってゆいと同じクラスになったことなんて後々気づいた

小学3年生

クラスは変わったけどある噂が流れた

「ゆいの名字変わってる」

別にどうでもよかったが

なんとなく気になりゆいのクラスの名簿を見に行った

本当に名字が変わっていた

その時は

(人って名字変えられるんだー…)

くらいにしか思ってなかった

世間知らずでな

その時もゆいのクラスの奴らがゆいをからかっていた

意味もわからず教室を後にした

それが離婚だと知ったのはかなり後だった

小学5年生

クラスが一緒になり名字が50音で近かったためいろんな当番を一緒にした

正直嫌だった

すぐ怒るし叫ぶしよくわからん奴だったからだ

だが、一度だけ当番の後

「文房具買いに行こう」と誘われた

ゆいから誘ってきた割にはずっと下向いててよくわからん奴だなってその時も思った

話は飛んで中◯生

制服を着て皆んな部活に入る中

自分は入らなかった

なぜなら隣市のちょっとだけ有名なジュニアユースに試験を受けて合格したからだ

部活に入らないからかなり変人扱いされたよ、でも中心人物らと普通に話せたし遊んでたから特になんともなかった

変に思ってくる奴は球技大会でボコボコにしたしね(笑)

そういう馴れ合いがある変な街なんだ

ゆいはその時文化部のなんかに入ったみたい

そして中学2年生

ここから話が動き出します

クラス替えがありクラスメイトの名簿を見て他の小学校からきたやんちゃ、真面目くん、先生に媚び売り女など

本当に個性が爆発した奴ばかり集まった

多分、面白い奴らを担任が集めたんだろうなって気がする

そして小学5年生以来、ゆいと同じクラス

その時もなんとも思わなかった

だけど今までと違ったことがあった

それはゆいは不登校になっていた

一週間に一回だけクラスで授業を受けて

他は保健室にずっといた

それを知ってもなんとも思わなかった

2年生になって、自分はチームでレギュラーを勝ち取れた

万年ベンチがやっとスタメンをはれたのだ

もう嬉しくて死ぬほど練習して(レギュラーは誰にも渡さない!)って、毎日サッカーのことばかり考えてましたよw

そして中学2年の冬

もうクラスのみんな仲良くて楽しくて

春休みにどっかみんなで遊びに行こうって

話になった

何故か幹事にされた

他に2人幹事がいたけど、

自分 スケジュール調整

A 遊ぶ場所やコースなどを企画

B レストランなどの予約

という風に分かれて動いた

そして何故か知らんが

(全員参加できる日にしよう!!)

と意気込んでスケジュールを組み合わせようとした

その時代、携帯持ってる子もいれば持ってない子もいて面倒だから手紙でみんなと連絡を取った

もちろんゆいにも

結局クラス33人中

ゆい含め3人は不参加の30人で遊んだ

楽しく終わった

が、その日の夜

知らない人からメールが来た

タイトルが「誰だと思う?」だった

問い詰めたらゆいだった

何度も何度もスケジュール合わせようとしてくれてありがとうという趣旨のメールをもらった

それと「明日出かけない?」と言われた

サッカーと被っていたので断った

それから週末のサッカーが休みの日まで流れることになったがその時は中3の6月になっていた

それまで毎日メールしてた

くだらないことから、勉強のこと

小学校の思い出なんかも話した

そして、週末サッカーが休みになったことを連絡した

ここからはメールの会話

俺 土曜日サッカー休みになった

やっとお出かけできるなー

ゆ やったー、何ヶ月待ったと思ってるのw

俺 悪い悪いw 休んだらすぐ外されるから

ゆ そういえばさ、前に言ってた好きな

子って誰なのよ

俺 しつこい!言わない!

ゆ 言え!

(こっから10通くらいこの繰り返し)

俺 分かったよ!○○だよ!

でももう諦めたんだよ!!

ゆ じゃあ今は好きな人いないんだ

俺 んーいないなー

ゆ ねーあたしと付き合えよっ

こんな感じでメールで言われたが意味がわからず何回か聞き返した

それまで告白されたことそんなになかったからさ

よく分からなくてさ

こっから俺のクズ発動

お出かけは中止にして

考えさせてって伝えて1ヶ月考えた

あげく振った

不登校とかそういうのは関係ないけど

なんとなく恋愛するのが怖かった

サッカーから気持ちが離れるのが怖かったからだと思う

それでもメールは続いた

途中で止めたかったが、向こうから送ってくる→2.3通送ってその日は止める→次の日また送ってくる

この繰り返しだったから終わらなかった

7月夏休み突入

チームで珍しい事が

その前の年、卒業した先輩たちが夏休みや冬休みの宿題を全くしなかったため学校側から苦情があり

一週間自宅学習日を設けてくれた

宿題はもらった日から

その週には終わらせるという

よくわからん習慣のおかげで

4日ほどに暇な日になった

こっからまたメール

俺 宿題終わったから後4日暇や

ゆ お出かけしよー

俺 ………まあいいか、行こか

コクリコ坂見たいし

ゆ やったー、ドタキャンなしね

という風に映画みることになった

だが、お小遣いがない

うちはお金が必要になったら親が必要なぶんだけ渡す

というルールでやっていた

(異性とのデートの時はかなり多めに渡してくれるw)

その時も

俺 父さん、明日映画行くからお金ちょう

だい

と軽く聞いた

父 ……女か?珍しいな

俺 そうだね、初めてかも

父 その子と付き合うのか

俺 いや、付き合わない

父 なんでだよ、告白された子なんだろ?

それなのに出かけるのはどうなの

俺 ……………

確かにそうだなって思った

その日夜まで悩んだ

携帯で音楽を聴きながら風呂に入っているとゆいから電話があった

ゆ 明日たのしみー!!

俺 ……………

ゆ 元気ないなー!こんなに可愛い子と

行く映画が嫌なのかなぁー?

俺 ……なぁ、やっぱり付き合わない?

ゆ ………へ?

そこで電話は切られた

メールもなく次の日の待ち合わせ場所にも来ないと思った

20分前に着いたが

ゆいは1時間半前から着いていたらしいw

電車乗って映画館まで行った

着くまでの間

なんで付き合おうと思ったか聞かれた

昨日の親父との会話のことも説明した

なんか嬉しそうだった

返事は聞けなかったけど映画を見た

ゆいは途中から寝てた

寝顔が可愛く見えてきた

それから買い物をして歩いて最寄り駅まで帰った

その時、ゆいが他の人から告白されてるのを聞いた

絶望した

けど振り絞って

「その人のことを先に考えて欲しい

その人と付き合うか付き合わないか、

付き合わないなら俺のことを考えて欲しい

まずはその人と向き合ってあげて」

もうなんか泣きそうだった

ゆ ………ょ

俺 なんて?

ゆ そういう優しい所が好きになったのよ

そう言われて抱きつかれた

手も繋いだことないのに

女の子の肌ってぷにぷにで柔らかいなって思った

数秒ハグした後少しだけ体を話して目が合った

ゆいの顔が急に赤くなり離れた

そのまま普通に帰った

その夜は悶々としてなかなか寝れませんでしたw

次の週末、サッカーの練習に行く前に

ゆいと会った

場所はゆいのマンションの玄関前w

チャイム鳴らした時、風呂上がりらしくて

ノーブラでtシャツ1枚だった

もう下しか見れなかった

しかも犬を抱えて出て来たので

なんかしようと思えばなんでもできたww

俺 …なんで風呂上がりなんや!?

ゆ だってあんまり来なかったから

今日来れなくなったんかなって思っと

ったけ。普通に入っててチャイムなる

から慌てて出て下着なかったから……

俺 ……まぁ暑いからいいんでない?

ここで言っておきますが

自分たち、たまに変な訛りがありますが

自分たちが住んでるところは方言はありません

人の話とかを聞いて変に喋ってるうちに独自の言語が出来上がってしまいましたw

不快に思われた方申し訳ありません

ですが、当時の会話を再現しておりますのでご了承ください

それからしばらく世間話を玄関でして

練習に行く時間となり

俺 じゃあ練習行くね

ゆ うん…頑張って

俺 ありがとう じゃあ…(ハグ要求ポーズ)

ゆ え!?無理!裸だし、○抱えてるし

髪濡れてるし……

ゆっくり抱きしめる

体温上がるのが分かった

ゆいも息荒くなってたw

「…………行ってきます」

「行ってらっしゃい」

それでゆいのマンションを後にした

その日の練習は絶好調だったww

ポジションディフェンスなのに

3点取るというコーチにアピールできたw

一応前にも書きましたが

恋人関係の恋愛経験はなかったため

童貞、しかも気の利いた事言えない

というかっこ悪い男でしたww

それでも好きでいてくれたゆいには感謝

次に会う約束をしたのは地元の花火大会

結構その市では大きな花火大会で

出店があり、近くの駐車場はお昼の頃から満車になる

地元の人で知らない人はいないものでした

行こうって誘われた時

なんとなく恥ずかしかったので

親友カップルも誘いました

待ち合わせには親友と自分が先について

女性陣は少し遅れてきました

親友が少し文句を言いかけた時彼女たちを見て唖然

浴衣で来てました

かなり可愛くて惚れ直しましたw

親友は照れて「ほら!行くぞ!」しか言ってませんでした(笑)

歩いていくと親友カップルは手を繋がずに話していました

後ろを歩いてた自分とゆい

ゆいが突然「ねぇ、手繋ご?」

っと言ってきて

嬉しかったけど緊張しまくりで

返事に困っていると

腕を組まされました

ずっと腕組みながら出店をまわったりして

もう幸せでしたよ

花火も楽しみその日は解散

その日も悶々としてねれませんでした

花火から半月ほどは

大会やら練習やらで

全く休みがなく学校スタート

やはりかなりの人数にバレてたみたい…

クラスメイトの質問攻めw

しかも違うクラスからもかなりの人数来てた

変だなって思ったけど理由はすぐに気づいた

ゆいは不登校じゃん

休みだったから忘れてた…

でも堂々としてた

別に不登校だから何?って感じで

でも他の人は気になるみたいで連日質問攻めにあった

ゆいの友達にも聞かれた

正直この時ばかりは学年の人

8割くらいと話したとおもうww

休み時間はなるべくゆいと一緒にいた

保健室に通ってアホな話散々した

昼休みも飯速攻食べてサッカーする前に少し顔出ししてから遊んだ

シーズンじゃないときは平日にも練習休みの時があって

休みの日は学校終わったらゆいのマンションに毎回行った

学校終わってからゆいの母親が帰ってくるまでが俺が居座れる時間だった

いろんなこと話した

ホラーの話とか最近ハマっているお菓子とかそんなことばっか

ですが、事件が起こる

おらの誕生日が9月後半

土曜日で試合があった

ゆいに誕生日教えてなかったしまぁいっか

なんて考えてた

その週の金曜日おれらのクラスにゆいがきた

ゆいのクラスと俺のクラスは階が違うためくるのは珍しいなって思った

クラスメイトのひやかしを浴びながらゆいの方に向かうと

ゆ ………………………ん

俺 …??

プレゼントをもらった

俺 ありが…

ここで全力の腹パンをくらう

かなり恥ずかしかったのでしょう

いつもの5倍の力で殴られた気がしますw

次の日、試合が中止というか不戦勝という形で試合が無くなった

理由は食中毒で選手が足りないらしいw

ということで誕生日はゆいのマンションにお邪魔した

そして帰る1時間前にまたしても事件

あーあと1時間やなーって思ってた時

突然

ゆ あたしってお胸ちっちゃいよね

俺 !!!

マジで飲みかけたジュース吹き出した

床拭きながら

俺 そんなことないとおもうよ?

ゆ だって……お母さんお胸おっきいのに

あたしは……こんなしかない…

俺 胸は気にすることないと思うよ

ゆ 触ってよ、ほら

手を掴まれて触らせられた

めちゃくちゃ柔らかかった

でもイケナイ事してる気がしてすぐ手を離してしまった

ゆ なんで離すの!触っててよ

と言われ胸を無理やり揉むことになりました

正直、恥ずかしいのと罪悪感で一刻も早く手を離したかった

察したのか首を掴まれキスされた

もうパニック状態

しかも舌を入れてきた

いわゆるディープキス

もう訳が分からなくなって固まった

けど

ゆ ちゃんと……応えて?

って少しだけ首を傾げながら言われて

色々応戦しました

自ら胸を揉み、舌を絡めたりしました

そしたらゆいが後ろに倒れました

ゆ 力抜けちゃった……

といって俺が床ドンをしてる体勢になりました

戦闘再開

同じようなことしてたら

ゆ ……ぁん

と喘ぎ声を出したんです

もうそれに興奮しちゃって

その声だけ聞きたくて力入れたら色々工夫してなんとか喘ぎ声を出させようとしました

ですが

基本的に声を出すのを我慢してるゆいはなかなか喘ぎません

エロ本なんて見たことない性の知識皆無のおれがとった行動

手マン

でした

まずはズボンの上からこすりました

そしたら

ゆ …ぁ……ぁあん……

もう興奮しまくりでしたよ

しばらくこすって反応がだいぶ色っぽくなってきて

「どう?」って聞いたら

悔しかったのか「気持ちよくない」

さすがにムカッとして

ズボンを一気に脱がしました

ゆ いや!!やめ……恥ずかしいよ〜

無言でこすり始める俺

ゆ ぁああん……ぅっ……ああん…

俺 ……どう?

ゆ 全く気持ちよくなんてないもん!

またまたムカッとしてパンツも脱がしました

もうゆいの顔は真っ赤

ゆ いや……恥ずかしい……

俺 これって気持ちいいの?

ゆ 全然!気持ちよくない!早くやめて!

俺 じゃあやめるか

手マンをやめる

この時オナニーもしたことない自分でしたがこういう駆け引きが出来たのはすごいと思いますww

ゆ え……うー……

ねぇ

俺 なに?

ゆ ……もっと触って?

言われた途端触りまくりましたよ

嬉しくて

ひらすら触ってました

そしたら何を思ったのか

自分は指を中に挿れはじめました

ゆ え!ちょ、待ってよ、あああ!

やばいって!あああん!!

ああああああーやばいやばい!!

ゆいに手で押され離されました

息が荒くなるゆい

固まる俺

少し落ち着いて近寄って来て

ゆ ねぇ……のやは本当に童貞?

この時童貞の意味すら知らなかった

反応に困っていると

ゆ ねぇ……エッチしよ

これは……さすがにおれでも意味がわかったけど

20歳になるまでしちゃダメだと思ってたからビックリした

これまた反応に困っていると

ゆ もう我慢出来ないよ……のやぁ

しよ?

? そういうのは私がいない時にしてほしいんだけど

振り向いたら

仕事帰りのゆいママがいた

ゆいの口あいてる

だって下半身裸で

男女が1つ屋根の下にいるんだもん

やることは分かってる

パニックになりすぎて

俺 こ、こ、こんにちは!!初めまして!

ッチな広告

ッチなPR

ッチなPR