エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 水泳コーチとのセックス
投稿:2017-04-27(木)17:46

水泳コーチとのセックス

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:58,560回)
神奈川県/絢香さん(20代)からの投稿

私は絢香と言います。

今は結婚し、子供と優しい主人に囲まれ都内で専業主婦として、毎日幸せに暮らしています。

少し大学時代の思い出を書きたいと思います。

大学時代、ムチムチしている身体を当時付き合っていた彼にからかわれ、ダイエット目的でジムに通っていました。

ランニングと筋トレを組み合わせながら熱心に通った甲斐もあり、通い始めて8ヶ月で5キロほど減量できました。

胸の大きさは殆ど変わらず、ウエストのくびれは大きくなり、お尻から太もも、ふくらはぎにかけてのラインも格段と細くなりました。

痩せてからは、彼氏以外の男性からのアプローチも多くなりました。

そして、彼の束縛は激しくなりました。

これまで自信の無さから、メイクもかなり薄く、なるべく目立たない服装をしていました。

しかし、周りからチヤホヤされるうちに、少し自分を変えてみたいと思うようになり、メイクも変え、服装も身体のラインのでるものを取り入れました。

努力の甲斐もあり、杉原杏璃に似ていると言われるようになりました。

見た目は華やかになったものの、中身はそれほどすぐには変えることはできませんでした。

ですから、周りの同級生に私の体を舐め回すように見られ、食事に誘われてもモジモジとかわす事しかできませんでした。

そんなある日、いつものように夜、ジムの2階のランニングマシーンを走りながら、1階のプール教室を眺めていました。

すると新人のトレーナーなのかとてもガッチリとした筋肉で、色黒の背の高い、玉木宏のような顔立ちの男性に目が釘付けになりました。

笑うと目尻に出来る皺が、これまで少し冷たい印象だった彼を優しく見せています。

一目で彼のファンになった私は、早速ランニングマシンを終えた後、彼のレッスンを申し込みに行きました。

しかし、そのトレーナー目当てだったのは、私だけではありません。

昼間は時間を持て余している奥様方、夜は仕事帰りのOLで彼の授業はいっぱいでしたが奇跡的に、キャンセルが出たので1番遅い枠で水中エアロのレッスンを取ることができました。

初めての水中エアロのレッスンが始まる30分ほど前に、ジムの水着を買ったのですが、緊張のあまりサイズをよく見ておらず、Sサイズのハイレグの水着を買ってしまいました。

胸がGカップの私にとって、Sサイズの水着は小さすぎて水着から胸がはみ出し、鏡で見ると卑猥でした。

初日から、憧れのコーチに嫌われたくないと思った私は、ダメ元で水着のサイズを交換してもらえないか?受付で聞いて見ました。

答えは案の定NGでした。

そうこうしているうちに、レッスンは始まっており、エアロの前の柔軟を壁に向かって脚を伸ばしながら一堂にしていました。

そんな中、小さい水着を着た卑猥な女が遅れて来たので、他の女生徒さんからは白い目で見られました。

仕事終わりのビジネスマンには、舐め回すような視線を送られたので、思わず体を隠しました。

そんな私に気付いた先生は、ニッコリ微笑んで

「今日からレッスンを受けられる方ですか?初めまして、篠崎拓也と申します」

と言いながら、端の場所に誘導してくれました。

私も慌てて、

「神崎絢香と申します、本日からよろしくお願いします」

とあいさつしました。

体が硬い私に、とても親切に指導してくださいました。

男性の生徒さんとも非常にフレンドリーで、男女ともに人気のあるコーチのようでした。

年齢も20代前半から30代半ばの生徒さんが多かったせいか、よく皆は飲みに行っているようでした。

私は彼氏の束縛が厳しく飲みに行くことを断っていました。

水中エアロのレッスンは参加するうちに、周りとも打ち解けられるようになっていました。

しかし、相変わらず意地悪な女子生徒も多く、私へ聞こえるように悪口を言ったりする人もいました。

胸ばかり大きい、頭が足りない、いろんな男とセックスしている、など、聞くに耐えない誹謗中傷ばかりでした。

私は無視して、他の生徒さんと話したりしていましたが、それが良くなかったのか意地悪な女子グループに、酷い嫌がらせをされました。

更衣室のロッカーの鍵を開けた途端、私のカバンは取り上げられ、中に入っていた服や下着がハサミでザギザギに切られました。

部屋の隅の人目につかない所へ連れていかれ、水着も胸元からパックリ切られました。

どうしていいのか分からないまま、一旦人がいなくなるのを待ちました。

外に出て行くこともできないので、バスタオルを巻いて、プールを掃除しているコーチの所へ助けを求めに行きました。

数人で掃除していたので、別のコーチもとても驚いて、こちらを見ていました。

恥ずかしさと、悔しさと、怖さで赤くなりガクガク震えながら、篠崎コーチに助けを求めました。

「あ、あのコーチ、下着と服が誰かに切られてしまいました。助けてください」

言い終えると、自然に涙が溢れました。

コーチは慌てて、私を医務室へ連れて行きました。

そして、

「まずは僕の着ていたTシャツで良ければ着てください」

と言って貸してくれジムで履いているハーフパンツも貸してくれました。

着替え終わるとコーチが入ってきて、温かい飲み物をくれました。

一通り泣き終わった後、事の顛末を伝えました。

すると、篠崎コーチは、辛かったね、と言いながら、私を抱きしめました。

篠崎コーチの着ていたTシャツと身体から、柔軟剤のような甘い匂いと男性の匂いが混じったようななんとも言えない香りがしました。

周りにはまだ、掃除をしている他のコーチがいましたので、長居してはいけないと思い、お礼を伝え帰ろうと、立ち上がりました。

すると、急に胸が揺れ、ブラジャーを着けていないことを思い出しました。

篠崎コーチは、赤くなり、気まずそうに、目をそらしました。

心なしか、ジャージの股間の部分が大きくなっているように感じました。

するとコーチはおもむろに、

「そんな格好で夜歩くと危ないから、よかったら車で送って行くよ。待ってて」

と言われました。

「すみません、ありがとうございます」

と伝え好意に甘えることにしました。

コーチを待っている間も、ずっと彼からの電話はなっていました。

彼には、姉の夫が出張で居ないので泊まりに行くことになったと嘘をつき、その日会うのを断りました。

コーチの股間の膨らみを見てしまってから、私はとても濡れていました。

パンツも履かずに、コーチのジャージを履いている事実にも、僅かに興奮していました。

そんなことを考えていると、篠崎コーチが出てきました。

「コーチ、ご迷惑おかけしてすみません」

と言って頭を下げながら立ち上がりました。

コーチは白い大きなバスタオルを持っていて、優しく私にかけてくれました。

穏やかな笑顔で、車を運転しながら話をしてくれました。

コーチとの会話は楽しかったのですが、緊張が激しく、あまり会話が入ってきませんでした。

私の家の前に着いた時に、コーチが

「彼は家に居るの?大丈夫?」

と聞いてくれました。

「今日は、彼は居ないんです。コーチ、厚かましいお願いなんですけど、よかったら部屋まで着いてきてくださいませんか?」

と言いました。

コーチは、快諾してくれました。

部屋の前に着くと、コーチがトイレを貸して欲しいと言いました。

「わかりました」

と言って鍵を開けて入ると、コーチは扉を閉め、電気も付けず、玄関の扉に私を押しつけて、キスをしてきました。

私は驚きのあまり、声が出ず、代わりに「ふん、んふっ」という吐息を漏らしていました。

唇を離すと、コーチが、

「こうなると思わなかった?男を簡単に信用して、家にあげたら危ないよ」

と言い、帰ろうとしました。

私は、胸をコーチに押し付けるようにして抱きつき、上目遣いで

「コーチになら、こういうことされたかった」

と言いました。

そこからコーチのストッパーが外れたように、顔を両手で捕まれ舌を絡めてディープキスをしてきました。

口の中でヌルヌルと動く舌を絡め、私の太ももに固く反り勃つ股間を押し付けていました。

流れるように、寝室のベッドへ行き、コーチに押し倒されました。

Tシャツを脱がされ、あっという間にジャージも脱がされました。

コーチは、私の裸を見て、ハッとした顔をしました。

実はVIOの脱毛をしており、全ての毛をツルツルにしていました。

ツルツルの私のオマンコをみて、驚いたのだと思います。

「絢香はエッチな身体をしてるとは思ってたけど、こんなにもイヤラしい身体だなんて思わなかったよ」

と言ってニヤリと笑いました。

私は咄嗟に隠し、

「恥ずかしいから見ないで」

と言いました。

「見せてよ。見せてくれないと、恥ずかしいことするよ?」

といわれました。

元々ドM気質な私は、

「えぇ、やだぁ」

と甘えるように言ってしまいました。

「全然嫌そうじゃないじゃん、絢香。こっちへ来い」

と言われ、両腕を頭の上でコーチのTシャツを使って縛り上げられました。

「やだやだ、恥ずかしい」

と言って逃げようとすると、後ろから捕まえられ、仰向けにベッドに押し倒されました。

両足をパックリ開いた状態で固定され、寝室の電気を付けられました。

「いや、ほんと恥ずかしいから、電気だけは消して」

と涙目になりながら抵抗すると、

「絢香、すごいイヤラしい。たまんない」

と興奮した顔で言われ、ツルツルのあそこを舐められました。

「汚いから、やめて」

と暴れていると、

「絢香は汚くない、綺麗だよ」

と言い、お尻の穴も舐められました。

「絢香、初めて会った時から、可愛いと思ってたけど、性格も含め、絢香がこんなに大好きだよ」

そう言われると、凄く嬉しかなり、恥ずかしいという気持ちよりも、気持ちいという気持ちが強くなりました。

器用にベチャベチャとオマンコを舐め上げ、時にクリトリスを吸われて、おかしくなりそうでした。

指を入れられ刺激されると、初めてイクという感覚を味わいました。

グッタリしていると、

「舐めて欲しい」

とコーチの長く大きくそそり立つペニスが顔の前に出されました。

私はそれを舌を使ったり、口にくわえたりしながら一生懸命舐めましたが、大きくて入りきらず、苦戦していました。

再び私をベッドに寝かせ、手は縛ったままオマンコにペニスがあてがわれました。

私のオマンコは充分にドロドロに濡れており、コーチのペニスからも我慢汁が出ていましたが、なかなか奥に入りません。

グッと力をいれると思わず「いやん」と言う声が出てしまい、コーチに笑われました。

コーチは、狭いけど凄く気持ちいいね、と再びキスしてくれ、正常位で腰を振りました。

すぐにコーチは動きを止め、

「早漏では無いはずなのに、もう出そうだよ。絢香、オマンコが絡みついてくる」

と言いました。

私も、先ほどの刺激と、コーチのペニスでもういきそうでした。

私を一旦、下向きにしお尻を突き上げた状態で寝かせ、胸を揉みながら後ろから突いてきました。

右手では、乳首を弄られ、左手ではクリトリスを弄られて、頭が真っ白になりました。

コーチは獣のように腰を振り、耳にもハーハーという息がかかりました。

「もう、いきそう」

そう言って、コーチは私のお尻に精液をかけました。

とんでもない量の精子がかかり、背中にも飛び散りました。

気持ちよかった、ありがとう、と言いながら再びキスされました。

汗と性液でドロドロの身体を洗うため、お風呂場へ行こうと言われました。

お風呂で、手に石鹸を泡立たせて丁寧に身体を洗ってくれました。

みるみるうちにコーチのペニスは固くなりました。

「絢香も洗って」

と言われ、素手に石鹸をつけて洗おうとすると

「絢香の石鹸まみれの身体で、俺の身体を洗って欲しい」

と言われました。

恥ずかしかったのですが、胸で全身を洗ってあげました。

「ここは、絢香の大切な場所で洗って」

と言われ、寝転がったコーチに馬乗りになりペニスの上でオマンコをスリスリと動かして洗いました。

「絢香、たまんない、もう我慢できない」

と言って、私を後ろ向きに壁に手を突かせ、胸を激しく揉みながら挿入しました。

耳タブを噛まれたり、首筋を舐められたりして、かなり喘ぎ声を出していました。

「絢香の声、可愛い。もっと聞かせて」

と言って、激しく腰を動かし、最後はまた私のお尻にかけました。

コーチは、凄く幸せそうに私を抱きしめました。

結局、コーチは絶倫でその夜だけで4回もセックスしました。

流石に、あそこがジンジンしていました。

夜にコーチと色々話をしました。

コーチは、現在25歳で、彼女とは1年前に別れたようでした。

一人暮らしをしていて、かなり一途なタイプだということでした。

私がレッスンに入った時に、一目惚れしてくれたようで、ずっと私のことを思い続けてくれていたようでした。

そんな話をし終えると、コーチが真剣な顔になって、言いました。

「絢香、お願いだから、彼氏と別れて付き合って」

私は、現在の束縛をする彼氏とは距離を置きたいと思っていましたが、すぐに別れられるかが不安だとぼんやり考えていました。

「困った顔させてごめんね、でも好きなんだ。彼氏とセックスして欲しくない」

と言われ、身体中にキスマークを付けられました。

彼氏にも気まづいし、エアロのレッスンにも行けなくなるからやめて欲しいとお願いしましたが後の祭りでした。

そこから、私はキスマークが消えるまで彼氏とも連絡を断ち、エアロのレッスンもお休みしました。

私が休んでいた数週間のうちに、私に意地悪をした生徒達がジムを退会させられていました。

そして、その話は何故か他の生徒さんにも広まっていました。

口々に、大変だったね、と声をかけられ、男性会員も何かあったら相談するように言ってくれました。

女性が抜けた分、男性会員が増えており、これまでよりも絡みつくような視線を感じるようになりました。

積極的にボディタッチをしてきたり、口説いてくる生徒さんもでてきたりして、コーチは、その度に目を光らせていました。

そして、レッスン中にも関わらず、コーチは柔軟運動をしている時に後ろから股間を当ててきたり、私の胸に触れるようになりました。

独占欲の塊のような視線を痛いほど感じました。

束縛をしていた彼氏とは、その後一度会いました。

かなり執拗に復縁を求めまれましたが、キッパリと断り、1ヶ月ほどで別れられました。

一度一人になって、よく考えようと思っていた矢先、レッスン後コーチに呼び出されました。

「神崎さん、ちょっと医務室に来てくれないか?話がある」

と言われました。

医務室へ行くと、コーチが一人で座っていました。

「どうしました?」

と尋ねると、いきなり抱きしめられキスをされました。

「なんで連絡くれないだよ。さみしかったじゃないか」

と言われました。

「ごめんなさい、でも、まずは彼との関係も清算しようと思ってたんです」

と言うと、

「別れられたの?」

と嬉しそうに聞かれました。

「はい」

と頷くと、とても嬉しそうに笑いました。

そして、

「僕と付き合ってください」

と言われ、思わず

「よろしくお願いします」

と言ってしまいました。

ジム終わりに、コーチの家へ行きました。

今日は何となく断ろうと思っていたのに、流されてしまい、結局セックスしました。

コーチはドSで、私はドMなので、専ら無理やりされるようなシチュエーションでセックスしていました。

その日も3回しました。

翌朝は、裸エプロンが見たいと言われ、朝から裸エプロンで料理を作り、朝ごはんも私も両方食べたいと言われ、テーブルへ寝かされました。

エプロンを外した私のお腹にサラダを置き、乳首にマヨネーズを乗せました。

サラダを食べた後、乳首を吸われ、朝からとてもエッチな気分になりました。

時折、オマンコにソーセージをさし、クリトリスにケチャプを乗せ、それも口で啄ばまれる度に感じていました。

その後、彼が私の口にマヨネーズとケチャプを塗ったペニスを入れ舐めさせました。

お行儀は悪いですが、非常にいやらしく、いつものセックスより感じました。

キッチンに立ち、後ろから突かれたり、テーブルの上でするセックスは、AVさながらでした。

私は拓也と付き合うまでは、セックスはそれ程好きではありませんでしたが、拓也にセックスの良さを教えられてからというもの、猿のようにセックスの事ばかりを考えていました。

そのせいか、大学のグループの友達から、最近の絢香は色っぽすぎると言われるようになりました。

学校から帰るとコーチとのセックス、それを楽しみに毎日過ごしていました。

ある日、コーチからジムが休みの日に、外出しようと誘われました。

連れていかれたのは、ジムでした。

状況が把握できないでいると、

「実はここのオーナー、俺の父親なんだ。だから、鍵を持ってるんだ」

と言われました。

そして、中へ促され、小さい水着を渡されました。

「これを着て欲しい」

そう言われ、更衣室で着替えました。

すると、コーチが入ってきて、そのままシャワー室へ連れていかれました。

カーテンを閉めると、強引にキスしてきました。

レイプのようなプレイがしたいんだとすぐに気付き、私は抵抗しました。

「やめてください、コーチ」

と言うと、耳元で

「静かにしろ、他の人に聞かれるぞ」

と言って口を大きな手で覆い、首筋から胸元にかけてキスをし、無理やり水着をお腹までずらし、乳首を吸いました。

「こんな卑猥な身体をしやがって、この変態」

そんなことを言われながら、オマンコを指で弄られると、イキそうになりました。

「スケべな女だ」

と言って、無理やり、水着の股の部分をこじ開け、足を片足上げて、ペニスを入れてきました。

それだけで、失神するかと思うほどの快感でした。

そして、強引に突かれ、中出しされました。

拓也は、セックスの後優しくなり、ごめんね、痛くなかった?と言って抱きしめてくれました。

私がわざと泣いてみたりすると、また涙に勃起して、今度はいつもレッスンしているプールへ連れていかれました。

そこでいつものように、柔軟をしていると、後ろからいやらしく、お尻や胸を撫で回してきました。

いつもはそんな事が出来ない場所でするセックスは、とても興奮して、すぐに二人ともすぐに果ててしまいました。

医務室や、男子更衣室などでもセックスし、2人で最後にプールに入りました。

火照った身体を冷ましながら、拓也と話していました。

拓也は最初に私を見た時から、とてもイヤラしい目で見ておりレッスン中に勃起しそうなことも度々で、抑えるのが大変だったようです。

私は、この頃には拓也が大好きだったので嬉しかったですが、普通に考えるとやばいコーチですよね(笑)

そんな拓也との関係は順調そのものでしたが、ある日、生理が来ていないことに気付きました。

妊娠していたのです。

拓也にその事を報告すると、非常に喜んでおり、すぐに入籍しようと言われました。

大学は、何もしなくてももう卒業はできる状態だったので、結婚することにしました。

拓也はただのチェーン店オーナーだと思っていたら、実は都内で何店舗も展開されているジムの起業家のご子息でした。

そして、今は幸せに娘と3人で暮らしています。

- 終わり -

前後の話
次の話(2017-04-27 18:00:02)初めて生中出し

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告