エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 大学の先輩とその彼女がカーセックス…
投稿:2014-01-25(土)04:00

大学の先輩とその彼女がカーセックスしてる所を目撃

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:22,489回)
東京都/DOSさん(30代)からの投稿

UDA大学を卒業して就職した。

結構大きな会社なので研修期間が長く、泊り込みの研修だった。

研修期間中、同期の間でどの女性がタイプか?という話で盛り上がったが、7割が研修の講師だった人事の今川香織の名が挙がった。

香織は俺の大学の先輩と付き合っており、大学で先輩から今の就職先を勧められていた俺はこの会社に就職した。

香織は気の強い女で、研修中にふざけた奴がいると外に出て反省させたり、意見を言うような奴を論破したり、と頭の良い女でもあった。

研修3日目に俺は寝坊してしまい、香織に研修後に呼び出されて注意された。

「宮田さんの後輩だからって特別扱い出来ないし、何より社会人として自覚を持って研修に望んで」

とキツめに注意された。

香織は短めのスカートを穿いており、細く長い足が強調され、何より端正な顔立ち、薄くエロい唇に釘付けの視線を俺は送った。

真剣に香織の話を聞いてるように思われたのかそのまま開放され、その日は終わった。

研修7日目にグループミーティングで意見を出し合い、結果を発表するって課題があった。

議題は忘れてしまったが、同じグループに子会社配属予定の女性が3人来た。

1人だけかなり可愛く、近づきたい気持ちもあって積極的に課題をこなした。

研修も終わり、明日はパートナーを決めて1つの課題をクリアする研修がある。

パートナーは勝手に決められる予定。

翌日、パートナーは俺が気に入った女性、伊藤美香だった。

美香と課題をこなし、仲良くなった俺は今度の研修休みに外を散策してみないかと誘うと、美香はすぐに了承した。

研修休み、それぞれ休みを満喫していた。

俺は美香とタクシーで麓の町まで行き、食事や観光を楽しんでいた。

同じ研修グループに会ったりしたが、合流はせずに俺達だけの時間を過ごした。

美香との距離は大分縮まって、研修終わり夜に抜け出して夜に会うようになっていた。

人気のない夜に外で美香とキスから始まり、時間ある時は最後まで。

時間の無い時は、口でしてもらう。

研修2週間目には3度目のエッチをしていた。

外で美香の下着を脱がせ、美香にマスクをさせて(声が漏れないように)後ろから突いていた。

すると、どこかから車が来て旅館から人が出て来て、その車に乗った奴がいる。

美香との行為を中断し、様子を見に行くと、あの今川香織が先輩と車の中でキスしていた。

先輩は香織の上着を脱がせると、胸の辺りに顔を埋め、何かを語りかけており、俺と美香はその様子を外から隠れてみた。

先輩は、香織の下着を全部取り、愛撫し、それに興奮した俺達は車までの距離を近づけた。

香織の喘ぎ声は車から漏れていて、先輩はいつの間にか全裸になった。

香織は先輩の股間に顔を埋めてフェラをし始め、それに興奮した美香が俺のを咥え始めた。

先輩は香織を後ろから突いて、車は激しく揺れ始めた。

美香も車の揺れに興奮し、顔を凄い速さで前後させてた。

我慢できずに美香の口に出してしまい、それを美香が飲んでくれた。

先輩の方はまだ車が揺れていて、それを俺達は見ていた。

車に近づき過ぎて、今川香織と俺の目が合った。

香織は「はっ!」って顔をした後、顔を下に向け見られないようにしていたが、俺達は車の揺れが終わるまで見ていた。

車が揺れ終わると香織は足早に旅館まで戻り、それを見た美香も旅館まで戻っていった。

研修の最終日、香織は俺の方を見ていたが、俺はその視線を切るように顔を背け、香織と目が合わないようにした。

研修も終わってそれぞれの配属先に・・・俺は香織と同じ本社で俺は営業部だ。

人事関係の書類を人事に持っていくと、香織が恥ずかしそうに俺の書類を受け取った。

それから2ヶ月経ち、1人暮らししているところに美香が遊びにきた。

美香の配属先は大阪で、月に1度程度のペースで俺の家に来る。

そんな時に、先輩から飲みに行かないかと誘いがあって飲みに行く事に・・・。

居酒屋に行くと、先輩とあの今川香織がいた。

香織は恥ずかしそうに顔を赤らめながら挨拶してきた。

「研修お疲れ様でした」

俺はあの時の事は気づかない感じで、

「お世話になりました」

と美香と一緒に挨拶した。

数時間すると、先輩と美香は酒が弱いために寝てしまい、香織も大分酔っていた。

香織と向かい合う形で話していた俺は、あの時の事を吹っかけてみた。

案の定香織は恥ずかしそうにして

「見てたの?やっぱり」

向かい合う形だったが、俺は移動して香織の隣に座り、香織に

「誰にも言わないですよ」

香織は恥ずかしくなったのか先輩を連れて帰ろうとしたが、先輩がグッタリしていて運べない様子。

美香も寝転んだまま動かない。

俺は思い切って香織に触れてみようと思い、香織のスカートから出る膝を少し触ってみた。

香織は「なに??」と驚いた顔をして俺を見てきた。

香織の膝を円を描くように触り、香織の顔に俺の顔を近づけて言った。

「香織さんの思い出すと・・・」

香織はキツく睨む。

俺の手は香織のスカートの中に入り、ストッキング越しに香織の下腹部を触る。

「止めて!」
「やめなさい!」
「怒るよ!」

口を塞ぐようにキスをして舌を入れると俺を両手で突き放して

「言うからね!こんな事許されると思ってるの?」

力ずくでキスを再開し、口の中に舌を入れ続け、スカート、ストッキング、下着を押しのけて下腹部を直接触る。

香織の息が俺の唇を避ける様に漏れる。

「んふぅ」

それでも気の強い香織は抵抗を止めない。

両手で押して俺を払いのけようとするので、俺は香織の後ろに回り込み、両手を左手で後ろでに押さえ右手は香織の下腹部を触る。

香織の突起物を集中的に触っていると、香織が体をくねらせて首を垂らすように大きく息を漏らした

「はぁ…!」

その時、居酒屋の店員が皿を下げに来た。

焦った俺は香織の両手を離し、香織はテーブルに顔をつける形で倒れた。

店員には

「皆酔っちゃって」

みたいな事を言って誤魔化した。

店員が皿を下げ終わり、部屋から出て行ったら香織の後ろからまた再開した。

香織の両手は押さえつけてないが、香織はもう抵抗しない。

香織の下着を膝まで下げて両手でクリや穴を攻める。

香織は小さな声で

「もう止めて…」

と言いながら、震えて仰け反り声を大きめに漏らした。

「んんんんはぁ」

香織に

「自分だけ気持ちよくなって」

と、俺は大きくなったものを取り出して香織の頭をそれに寄せた。

すると香織は大きく抵抗した。

香織の両頬を右手で抑え、俺自身を香織の口に入れ突きまくった。

このシチュエーションに興奮した事に加え、香織が時折抵抗しながらも舌を動かすので正味5分ほどで射精した。

香織の口の中には大量の精子が放出され、香織は体を後ろにずらそうとしたが、俺は頭を押さえつけて離さなかった。

すると、香織の喉が鳴り始めた。

香織を俺自身から離し、香織に口を開けさせて飲んだのか聞いた。

香織は小さく頷いて下を向いたまま

「酷い…!」

少し鼻声まじりで

「先輩でしょ!あなたの」

俺は少し怖くなったが、そのまま同席し、先輩と美香が起きるのを待ったが香織は帰ってしまった。

先輩が気付くと香織の心配をしていたが、そこから1時間ほど話をして解散した。

家に帰って美香とエッチしたが、美香に興奮出来なかった俺はあまり立たなかった。

美香も酔っていて途中で寝てしまい、翌日美香は大阪に帰った。

数日後、会社で内線が鳴り、出ると香織だった。

話がしたいとの事で、近くの喫茶店で話をした。

「あの日の事は言わないでおいてあげるから、あなたも先輩に話すような事しないで」

と、

「もう二度とあんな事しないで」

と言われたが、俺はよく覚えてない体で押し通した。

香織は大分警戒しているようで俺に近づこうとしなかったが、ある日、先輩に車の修理をするので帰りの足がないから一緒に車屋まで来て欲しいと電話があった。

俺は香織の事もあり、了承した。

車屋まで付いて行き、帰りに先輩と香織を乗せて先輩の家へ行った。

香織は先輩と同棲しており、俺が家に上がるのを拒否するような事を匂わせたが、俺は先輩の好意に甘えて先輩の家へお邪魔した。

部屋の中は凄く片付いており、香織の香水の匂いが漂っていた。

当然酒を飲む事になり、先輩と俺は香織の手料理で酒盛りした。

先輩が酒に弱い事も知っていたので、先輩に沢山飲ませた。

案の定先輩はすぐに寝てしまい、香織と俺の空間になった。

香織は俺に近づいて来なかったが、俺から香織に近づいた。

香織は

「いや!来ないで!駄目!」

香織の手を強引に引いて寝室に転ばせ、香織の服を剥ぎ取ってストッキングで香織を後ろでに拘束した。

香織は小声で

「やだ!やだ!」

「何で??もう2度としないって…」

征服感でいっぱいの俺は、抵抗する香織の乳首を指で弾いた。

香織は少し仰け反りながら抵抗した。

さらに俺は香織の乳首に吸い付いて

「香織さんの事忘れられなくて」

「一目見たときから」

香織は

「美香ちゃんがいるじゃない…!」

「美香ちゃんに知れたら…」

俺は無視するように香織の股間に顔を持っていった。

香織は

「いやぁ!嫌だってば!」

舌先でクリを突(つつ)いて指は穴付近でなぞる様に動かすと、香織は体をくねらせて抵抗した。

それでも俺は止めない。

「俺のも舐めてよ」

「いや!絶対だめ!」

顔を押さえつけて俺のを口に入れ、香織のクリに吸い付いた。

香織は快感からか俺のを口から離そうとするので69の体勢で俺が上になり、俺自身を香織の口に押し当てて強引に入れた。

抵抗して抜いたり口を閉じたりしていたが、俺が香織のクリを攻め続けるとやがて香織も俺のを舐めたり、口に含むようになってきた。

抵抗を止めた香織に興奮した俺は香織の口に出してしまい、香織はそれを受け止めた。

香織が口から吐き出そうとするので、強めの口調で

「飲めよ、この間みたいに」

と言って無理矢理飲ませた。

香織への攻めを再開し、香織も抵抗をやめ、俺のを再度大きくしようと口で・・・大きくなった俺のを香織に入れようとすると、香織は体をずらして少し抵抗したが、俺がまた強めに

「動くな!」
「自分で入れろよ」

と、後ろ手に縛った手を解いた。

香織は自分自身で俺を導いて入れ、声を大きく漏らした

「はぁぁ…!」

俺は

「聞こえるぞ。見つかっても構わないけどね」

「いや!」

「自分から入れたんだからな!お前が入れたんだよ」

「ちがっ…」

と答える前に俺は激しく腰を動かして香織の奥を突いた。

香織は50回程度突くと、弓のように体を反らして果て、俺の首に両手を持ってきた。

俺は

「嫌じゃないだろ」
「俺が好きになったんだろ」

「違うぅぅ」
「駄目あぁぁぁ」

香織が2度目の絶頂を迎えてグッタリしているところに、俺から

「後ろ向けよ」

と言うと、香織は無言でバックの体勢になり、尻を突き出した。

俺はさらに

「また、自分で入れてみろ。もっと突いてやるから」

香織は無言で俺自身を掴み、自分の穴に導いて入れた。

後ろから突きながら香織に

「中に出さないでやるから飲めよ」

香織は無言だったが、息遣いも先輩に聞こえそうなほどに激しかった。

俺が限界になり、香織の顔に俺の限界を近づけ口の中に出したが、香織はそれを綺麗に舐め取って飲み込んだ。

飲んだ後、グッタリと寝転び、俺を睨みつけた。

俺は服を来て先輩の家を後にした。

数日後、会社で俺は内線を鳴らして香織を呼び出した。

『会社帰りに○○駅西口に来い』

駅に着くと、香織は西口付近でソワソワしながら辺りを見回し、俺をその中から見つけるとキツめの視線を送った。

駅を後にし、俺の住んでる家まで電車で移動、その間香織は一言も喋らなかった。

コンピニで買い物をして、俺の家に着くと香織は口を開いた。

「もう、こんな事止めて…私は宮田さんと付き合ってるんだよ」

俺は無言で俺自身を取り出し、香織の顔の前に出した。

香織は

「いや!」

と言いながら顔を背けたが、俺が香織の両頬を掴んで俺のモノを香織の口に入れた。

抵抗する香織、動き続ける俺。

大きくなったモノを香織から取り出して香織のスーツに手を掛ける。

香織「いやだ!もう嫌だ!」

下着姿の香織を見下す格好になっていた。

「じゃ、何でここに来たの?来なければこんな事にならないじゃん」

「そ、それは、もう止めて欲しいから…それに会社に知られたくないし…」

「来るって事は、こうなる事分かってるよね?」

香織は無言になり、時間が流れた。

俺は香織を座らせ、顔の前に俺自身を出した。

香織は無言で舐めだした。

「香織、今度呼び出したら抵抗せずに来いよ」

香織は頭を振った。

香織のストッキングを強引に破き、下着をずらして挿入し、

「呼び出したら来いよ!」

と強めに言った。

香織は顔を持ち上げて頷いた。

抵抗しないようになった事もあり、香織の服を全部脱がせ、ソファーに座った状態で

「香織、ここに座れ」

と上に跨らせ

「俺を気持ちよくするように動け」

香織は小さく頷いて動き出し、しばらくすると息遣いが激しくなり、自分から俺の唇に自分の唇を重ねて激しく痙攣した。

ソファーの上で香織に正常位で入れ、香織に話し掛けるように

「おい、先輩と別れろよ」

香織は頭を左右に振って拒否した。

「お前が好きなんだよ」

「それは出来な…」

と言いかけたが、激しく腰を動かして中で出してやった。

「いやぁ!駄目!!」

事が終わると、香織は泣きそうになりながら中から俺の精子をかき出していた。

その姿に腹が立った俺は、再度香織を犯し、香織の中に出してやった。

今度はかき出せないように、出した後も香織から抜かず、香織の胸の上に顔を置いた。

香織は小さな声で鳴きながら

「別れたらいいの…?」

「別れろ」

その日は香織は俺の家に泊まった。

夜は体を小さくして泣いているようだった。

朝、香織は俺の家から足早に出て行き、その日は会社も休んでいた。

1週間後に内線でまた香織を呼び出し、家に入れた。

香織は、抵抗する事もなく俺の家に来て俺の玩具になった。

香織に全裸になるよに命令して全裸にした。

香織は恥ずかしそうにして電気を消そうとしたが、俺がさせなかった。

俺も全裸になり、香織に

「いつものようにやれよ」

香織は躊躇しながらも俺にキスして、乳首を舐め、俺のを大きくした。

俺は香織に

「お前の舐めてやるからここに寝ろ」

と命令、香織は抵抗する事もなく

「はい…」

寝転んだ香織に足を開くように命令すると、これも拒否せず足を広げた。

間に顔を埋めると香織の口から息が漏れ出す。

クリを激しく舐めると、香織はすぐに腰を浮かせては足を閉じようとする。

「閉じるな!広げておけよ!」

香織から小さく

「はい…」

完全に香織はこの命令に快感を覚えてるようだった。

さらに俺は

「先輩とは別れたのか?」

香織は小さな声で

「わ、別れました…」

「じゃ、これからは俺のだな」

「そうです…」

俺は嬉しくなり、

「やって欲しい事をお前の口から言ってみろよ」

「舐めさせて…」

「舐めさせてくださいだろ」

「舐めさせてください…」

69の体勢になり、香織も枷が外れたように激しく俺を舐めだした。

大きく硬くなった俺を見て、

「入れてください」

正上位からガンガン突いてやると香織から大きな声、俺の両腕に爪を立てながら頭を仰け反らせてイッた。

「今日も飲めよ、溜まってるから凄いけど、全部飲めよ」

頷く香織を見て、さらに俺から

「飲めって言ったらはいだろ」

「は、はい」

香織から抜き、香織の口に大量に精子を出して舌先で綺麗にさせ、飲ませた。

2人で風呂に入り、香織に食事を作らせて、話をした。

香織は、美香とはこれから会わないで欲しい事と、先輩には内緒にして欲しい事を言ってきた。

先輩は東北に異動となるため、それを理由に別れたとの事。

俺から香織への条件は、ここに香織が住む事。

それとこの関係を壊さないように誰にも言わない事を条件とした。

香織は完全にドMになり、俺の命令1つで下半身を濡らし、最近では自慰行為まで俺の前で見せてくれるようになった。

今度、ネタになるような話があればまた、書きます。

- 終わり -

前後の話
次の話(2014-01-25 05:00:00)女性が大半の職場でのセンズリ生活

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR