エチ研TOP
Home > 体験談 > 出身大学の女子サッカー部の練習を見…
投稿:2016-03-18(金)12:52

出身大学の女子サッカー部の練習を見ていたら、目の前にサッカー少女が現れた

この体験談のシリーズ一覧
1:出身大学の女子サッカー部の練習を見ていたら、目の前にサッカー少女が現れた
2:女子サッカー部の真紀は普段はMで受け身だけど、時々淫らな女に変貌することが分かった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:88,977回)
みのたろさんからの投稿

あるサッカー少女との出会いをお話しせたいと思います。

まず、私は40歳バツ1。

別れた嫁のところに17歳になる娘が1人。

もう離婚して15年になる。

娘とは会っていない。

離婚の原因・・・22歳で大学卒業後、即でき婚。

まぁ付き合いも長く、結婚は考えてはいたがまだ先という感じ。

高◯から付き合い、サッカー部の部員とマネージャーという関係から付き合い、結婚。

そんな感じでした。

家族が増えた事もあり、とにかく仕事!仕事!って感じの夫婦生活。

まだ20代前半という事もあり・・・すれ違い・・・嫁には好きな男が出来たらしく、浮気、そして浮気相手との間に妊娠。

そして離婚。

まぁ娘を連れて出て行った感じでした。

離婚してからも拠り所は仕事という感じで、あまり浮いた話もなかった・・・気がつけば40歳・・・何やってるんだ?オレ(笑)

で、そんななかサッカー少女「真紀」と出会った。

出会いについては、仕事中、休んでる時にたまたま見かけた女子サッカー部。

出身大学の部活。

今や人気で女子サッカー部まで出来てしまったらしい。

元サッカー部ということもあり、かなり見入ってしまった。

「娘もそろそろ大学かもな〜」

なんて考えながら・・・ぼーっとしてると練習も終わってた。

そこに目の前に現れたのが「真紀」だった。

真っ赤なピステにサッカーパンツ。

ソックスを下げてるあたりがいかにもサッカー部。

ちょっと日焼けをした活発な少女だった。

パッと目の前に現れ

「サッカー好きですか?」

なんて声を掛けられた。

あまりに突然だったが

「ここのサッカー部だったからねー」

なんて普通に返した。

みんなで話してて、怪しいおじさんかサッカー好きのおじさんかって話しになってジャンケンで負けて聞きにきたらしい。

「どっちにしてもおじさんかー?(笑)」

なんて言ってもみたが、この子らにはおじさんだもんなー・・・なんて思いながら。

でも彼女は

「おじさんになんか見えませんよ」

なんて・・・その日はそれまで。

些細な会話が終わると、走って帰っていった。

真紀の見た目といったら、「広瀬すず」がイメージ通り。

2度目の出会いは某スポーツ用品の量販店。

やはり元々身体を動かすのも好きで、仕事が忙しくても週2回のジムはここ10年欠かしていない。

で、ウェアなんかもサッカー系が多く、この量販店は品揃えも良く、たまに来ていた。

サッカーコーナーを見ていると、「真紀」(※この時点では名前は知らない)が、Tシャツにショーパンのちょっと可愛らしい格好でプラシャツを見ていた。

まぁこちらも気づいてはいたが、こちらから声を掛ける勇気もなく、気にしないようにしていた。

すると

「あっ!この前の変態おじさん(笑)」

なんて声を掛けられた。

「だから変態おじさんじゃないから!(笑)」

「ウソウソ、元サッカー部のお兄さんですよねー?」

満更でもないオレも

「お兄さんなんて言って!何買って欲しいんだ?なーんてね」

なんて冗談を言ってみた。

「買ってなんて言わないから一緒に選んでもらえませんか?」

って言われたから選んであげる事にした。

平静は装ってるが内心ドキドキ!

だって娘と変わらないんですから・・・まぁ下心があるからそう思うんでしょうが(笑)

彼女はプーマとアディダスのプラシャツを2枚出して

「どっち?」

なんて言ってきた。

プーマ好きなオレとしては、

「やっぱりサッカー部はプーマでしょ〜?(笑)」

ってプーマを選んであげた。

今日も上から下までプーマ。

彼女もプーマのプラシャツにするとレジに向かった。

やめればいいのに、

「あれ?1人?これからお茶くらいどぉ?なーんてね」

ちょっと照れ隠ししながら声を掛けてみた。

彼女は即答で

「いいよー、ゴチでーす!」

だって。

近くのスタバに入るとお互いに自己紹介をした。

彼女は真紀。19歳で彼氏なし。

県外から来て1人暮らしらしい。

サッカー大好き女子大生だって。

自分もバツ1の話や娘の話をちょっとだけしたが、ほとんどサッカーの話しや大学の話しだった。

話しこみ、1時間ほどしたところで

「予定があるのでそろそろ・・・あと、連絡先聞いていいですか?ラインとか。年上の男の知り合いとかいないし、相談とかできたら・・・」

なんて言ってきた。

新手の勧誘か?(笑)なんて思いつつラインの交換をして別れた。

別れて数分、ラインが入ってきた。

「お茶ゴチでしたー。明日の練習は今日買ったプーマで〜す。見にきてね❤」

という文章と、可愛らしいスタンプが来た。

だいぶ浮かれた。

返事を書いてみた。

「じゃあ覗きにいかなきゃだね(笑)」

なんて。

一応スタンプも押したくらいにして。

翌日。

ちょうど練習の時間に仕事が空いたので約束(?)通り練習を見に行った。

今日はちょっと暑いくらいで、真紀も昨日買ったプーマのプラシャツで練習をしてた。

サッカーやってたオレから見ても、上手。

いやかなり上手いと思う。

オレを見つけると、ちょっとだけシャツを掴んでみんなに気づかれない程度の合図をしてきた。

かわいい・・・かわいいなぁ・・・なんて思ってると練習も終わり、真紀が近づいてきた。

この前と違うのは友達2人と来たってこと。

すると真紀が

「真紀のパパでーす」

って紹介した。

すかさずオレも

「父ではないですがパパです」

なんて冗談を言った。

変態おじさん疑惑を晴らす為に連れてきたらしい。

昨日はこの3人でジャンケンしたらしい。

で、負けたのが真紀だったってわけ。

他の2人も可愛らしいが、真紀が負けてくれて良かった〜なんて心の中で思った。

数日後。

このところ毎日ラインのやり取りをしている真紀から

「今夜遊んであげよっか?❤(笑)」

なんてラインが来た

「私のこと遊びなんでしょ?(笑)」

なんて昼ドラみたいなセリフを返してみた。

「えー(汗)本気だよー。だって好きだもん❤(笑)」

(笑)が気になる。

近くにあるフットサルコートで待ち合わせをし、サッカーデートすることにした。

サッカーします!みたいな格好で、いかにもサッカー部な感じで真紀が現れた。

オレもそれなりの格好で。

お互いにプーマプーマって感じで。

やっぱり現役選手には敵わないのはわかるが、ちょっとは格好つけれたかな?

1時間もサッカーして遊んだだろうか?

2人とも汗びっしょり。

このまま遊びに行く訳にも行かない。

すると真紀が

「ウチ来ない?」

「えっ?」

思わず聞きに返した。

「ウチ行こ❤ごはん作ってあげるから」

もちろん下心いっぱいで真紀のウチに向かった。

アパートに着くといい匂いのする女の子の部屋だった。

ちょっと違うとしたら、数足のサッカースパイクが下駄箱にあるのと、サッカーウェアの洗濯物が干してあるくらい。

すごくギャップがある。すると

「お風呂にする?❤ごはんにする?❤それとも、わ・た・し?❤」

なんて言ってきた。

本当なら抱きついて真紀❤なんていってやりたいが、嫌われたらイヤなので

「お風呂とかいいなー・・・厚かましいけど」

って言ったら

「シャワーどうぞ。そのつもりでウチなんだから」

って言われてシャワーを借りる事にした。

着替え持って来て良かったー(笑)

シャワーをあびながら、真紀の風呂場って想像したら勃起してしまった。

シャワーなのにのぼせるくらい落ち着くまで時間がかかった。

タオルはと思ったが出たところに用意されていて、さらに脱いだ物は洗濯されていた。

結局、着替えもプーマのサッカーウェアなので、もう1回?みたいなスタイルになってしまった。

部屋に戻るとカレーのいい匂いがした。

「まだもう少しかかるから待ってね」

って言われたから

「鍋見てるからお風呂入ってきたら?」

って言った。

「シャワー行かせて何するつもり?❤」

そう言いながらお風呂に行った。

大人しく鍋を見てると、体操服のハーパンとTシャツ姿の真紀がお風呂から出てきた。

「パンツ探せた?(笑)」

探してもいないが

「すごいの穿いてるんだなぁ」

って言ってやった。

「勝負パンツは今穿いてますから!」

って返された。

完全に小娘に遊ばれてる感じ。

食事が済んで、2人でまったりとした。

ちょっとした距離。

ちょっとした空気。

勇気がある人なら手を出すところだが勇気がない。

諦めて帰ろうかななんて思ってると真紀から

「オレさんといるとなんか楽しいんだよ〜。真紀、オレさん好きだもん❤」

って言ってキスしてきた。

そして

「真紀は肉食系だから❤」

ってさらにキスしてきた。

舌を絡めると真紀も絡めてきた。

そんなキスをどのくらいしただろう。

2人ともその気だ。

ヤボな事は言わずに

「オレも真紀が好きだ。エッチしよっか?」

って言ったら

「もうしてるみたいなもんじゃん?❤」

って言ってチン○を服の上から照れながらつかんできた。

すでにフル勃起。

すかさずオレのパンツを下すと

「こんにちは〜❤」

なんて声をかけ、いやらしい触り方をしてきた。

声が出ちゃうタイプのオレ。真紀も興奮状態。

シャツをめくり、チクビを舐めながら手コキ。

さらに声が出てしまう・・・。

「気持ちいい?❤」

上まで上がってきてキスをした。さっきよりさらに濃厚な。

脱がないでやってる姿に興奮。

元々サッカーウェアやら体操服が好きなフェチな部分があるオレはかなり興奮した。

素直に

「チン○舐めて」

って言っちゃた。

真紀は先っぽをペロペロなめ、そのまま咥えた。

「おれふぁんのふぉっきひ」(オレさんの大っきい)

なんて言いながらかなり奥まで咥えこんでる。

オレも責めらてるだけではマズイので、体操服のハーパンのまま69の形をとった。

ハーパンのケツをナデナデし、感触を楽しんだ。

ハーパン越しにマン○に鼻をすりつけたり、かなり変態な感じで責めた。

そんな事を察知したのか。

「オレさん体操服好きなんだー?❤」

って言いながら顔に押し付けてきた。

あーぁ、幸せ。

(笑)

ッチなPR

ッチな広告