エチ研TOP
Home > 体験談 > 【父子相姦】事故で亡くなった妻に嫉…
投稿:2016-04-29(金)04:50

【父子相姦】事故で亡くなった妻に嫉妬する娘

この体験談のシリーズ一覧
1:妻が事故で亡くなり、娘と二人きりの生活が始まった
2:【父子相姦】事故で亡くなった妻に嫉妬する娘

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:36,226回)
美鈴のパパさん(30代)からの投稿

前回の話:妻が事故で亡くなり、娘と二人きりの生活が始まった

「ねぇ、パパ。パパはどうしてママと結婚したの」

美鈴と夕食を食べているときに、娘が唐突に尋ねてきました。

「どうしてって・・・、そりゃ、ママのことが大好きだったからさ」

「でも、パパだったら、こんなコブつきのママでなくても、もっといい人、いたんじゃないの?」

「美鈴にそう言って貰えるのは光栄だけど、パパはあんまりモテなかったんだ」

「ママ以外にお付き合いした人って、どんな人?」

鋭い質問に、私は見栄を張ろうか正直に答えようか迷いましたが、娘に見栄を張っても仕方が無いと思って正直に答えました。

「実は、あまりモテなかったというのは、正直じゃなかったね」

「どういうこと?」

「"あまり"じゃなくて、"全然"モテなかったんだ」

「やだ、パパったら」

冗談を言っているのだと美鈴は捉えたらしく、娘は私の前で笑って見せました。

けれども、バツが悪そうにしている私の表情を見て取ったのか、美鈴は笑うのをやめて真顔になると追い討ちをかけるように訊いてきました。

「パパ、マジで言ってるの?」

そんな風に娘に言われるちょっと情けない気もしましたが、正直であるより仕方がないので頷きました。

「うん」

一瞬の沈黙が流れると、娘は次の問いを繰り出してきました。

「ママ以外に付き合ったことのある人はいないの?」

屈辱的な質問にうなだれ、娘から目をそらして再び小さく頷くと、娘は絶句しているようでした。

「パパって、そんなにモテないとは思わないけど・・・」

そうフォローしておきながら、美鈴の質問は続きました。

「パパの初めての人って、ママ?」

「おいおい、これは尋問ですか?」

おどけてスルー使用としましたが、娘の視線に気圧されて伏し目がちになって頷きました。

再び沈黙が流れ、視線を上げて美鈴の顔を見た瞬間、「しまった」と思いました。

地雷を踏んでしまった・・・。

後悔しましたが、後の祭りでした。

娘だと油断したのが、不覚でした。

美鈴とは義理の親子ではありますが、娘は私のことを完全に一人の男性だと捉えています。

自分の母親が相手でも、自分の男と自分以外の女性の話はご法度でした。

美鈴のつぶらな瞳の奥に、激しい嫉妬の炎が立ち上ったのを私は見て取りました。

「ママのこと、今でも好き?」

故人の事とはいえ、ここで嫌いだとは言えません。

小さくタメ息を吐きながら頷くと、娘はそれっきり黙ってしまいました。

男の独占欲が強いのは、母親譲りです。

何の取り柄も無い私を美鈴の母親が誘ってくれたのは、図書館で私がよく女の子と話をしていたからだと思っています。

全くモテない私でしたが、図書館通いのおかげで、講義のノートはしっかり纏まっていました。

それを知った女子学生たちは、頻繁に私のノートを借りにきては、コンビニのコピー機へと駆けつけるのでした。

人畜無害な私の性格も、それに拍車をかけたようでした。

奇特にも私に関心を寄せ始めていた家内は、そんな私を見て、独占したいとの思いに駆られたのだと聞かされたことがあります。

そんな衝動に駆られて、当時の家内は自分のアパートに私を誘ったようでした。

本当は女子学生ばかりではなく、男子学生もノートを借りに来ていたのですが。

ジェラシーに駆られた娘を宥めるには、母親のときと同じ手順が必要です。

ベッドの上で背中を向けて拗ねている娘を背後から抱きしめて、ゆっくりと美鈴の胸に手を伸ばし、パジャマのボタンを外して剥ぎ取ると、ブラジャーを着けていない裸の乳房が私の手に触れます。

乳首を指で優しく弾くようにして勃たせ、娘が身体を捻って私のほうに向いてくれるのを辛抱強く待ちます。

拗ねている自分と気持ちよくなり始めている自分に葛藤している表情を見て取ると、私は透かさず、美鈴のパジャマのズボンも剥ぎ取って、下着一枚の姿にさせるのです。

それからは、ベッドに仰向けにさせた娘の身体を嘗め回すようにねっとりとした視線を這わせ、雰囲気を盛り上げます。

子供のころは、ほんの小さな膨らみしかなかったのに、今ではしっかりと揉み心地のよい大きさにまで育っています。

私はゆっくりとその旨に手を伸ばして乳房を掴み、視線を合わせながらゆうくりと揉みしだいてゆくのです。

「パパぁ・・・」

拗ねて膨れていた娘の表情が一層和らぐと、私は一気に唇を乳房に寄せて、硬くなり始めた乳首を口に含むのです。

「あぁん、それ、いい・・・」

美鈴がそう言って甘えた声を出せば、懐柔策の第一段階は終わりです。

娘の細い身体をやさしく抱きしめた後で、やさしく優しく、犬のように口舐めをしてやります。

「くすぐったいよぉ」

鼻にかかったような声で言うときは、甘えてきている証拠です。

「美鈴、舌を出してごらん」

そう言うと、美鈴は素直に薄い唇を開いて舌を尖らせると突き出してきます。

私はその柔らかな舌を吸い込むようにして、自分の舌を思いっきり絡めてやります。

「んふ」

娘の鼻息が荒くなり、ディープキスを終えて唇を離すと、美鈴は口を大きく開けて私にせがみます。

「パパの唾が飲みたい・・・」

私は唾液を口の中に溜めると、美鈴の開いた口の中に垂らしてやります。

ゴクリと喉を鳴らして私の唾を呑み込むと、娘は目をトロンとさせて言うのです。

「パパぁ、気持ち良くなりたい」

そんなことを自分から言っておきながら、恥ずかしそうに目を伏せるのを見ると、私も興奮が高まり、着ているものを脱ぎ捨てると美鈴の小さな下着にも手をかけて卵の皮をむくように剥ぎ取ってやります。

「やん、恥ずかしいよぉ」

すでに何度も大人になってからの娘の裸体を見ていましたが、恥じらいを見せるのが嗜みであると思っているのか、美鈴は本当に恥ずかしそうな表情をして見せます。

「さぁ、膝を立ててごらん」

そう言うと、美鈴は素直にベッドに仰向けのまま膝を立てて私の顔が脚の間に入ってくるのを待ちます。

「もう濡れてるよ」

「パパのバカ」

そう言って顔を横に背けてみせますが、開いた膝を閉じようとはしないのです。

「ふぅー」

亀裂に向かって軽く息を吹きかけて、娘の反応を見てみます。

美鈴はその時には目を閉じて、私の愛撫の全てを肌で感じようとしています。

太ももの裏側に唇を押し付けて、股間からいったん遠ざかり、唇を押し当てたまま、少しずつ亀裂に向かって進んでいきます。

脚の付け根に辿り着いては、反対側の太ももの裏側へと離れます。

何度かそれを繰り返すと、娘は身悶えするように身体をくねらせながら、次の刺激を求めるのです。

「パパ・・・」

「ん?」

「私、もう・・・」

「もう、何?」

「パパの意地悪・・・」

恨めしそうに娘はそう言うと、自分の両手を股間に持ってくるとそっと合わせ目を自分で広げて見せるのです。

「ここをどうして欲しいの」

割れ目に沿って指を這わせてやると、美鈴は顔を背けたまま、そっと自分の親指で敏感な突起を覆った包皮を捲って見せるのです。

「どうして欲しいの?」

「そんな・・・、言わせないで」

「でも、言ってくれないと、パパはどうしたらいいのか、わからないよ」

そんなじゃれあいの問答を何度か繰り返すと、観念した娘はついに自分のして欲しいことを口にするのです。

「舐めて・・・、舐めて欲しい」

「どこを?」

「ク・・・、クリ・・・、もう、やだぁ!」

言ってから、美鈴は自分の腕で目を覆い、身体を捻って私に顔を見せないようにしようとします。

それを制して、私は娘の硬くなり始めた蕾に舌先を押し当てるとペロンと舐めてやるのです。

「ひゃぁ!」

娘は、腰を引いて逃れようとしますが、ここからが懐柔策の第二段階で、私の猛攻が始まります。

「パパ、そんなぁ・・・」

陰核を中心としたクンニでひとしきり悶えさせると、私は娘の長い脚を肩に担ぐようにしてグイと押しやると、娘をマン繰り返しの格好にして辱めに一層の拍車をかけます。

ぷっくりと膨らんだ突起から、ゆっくりと亀裂に沿って舌を這わせ、蟻の門渡りを経て菊門へと舌先を滑らせると、決まって美鈴は戸惑いの声を発します。

「パパ、そんな、汚いよぉ・・・」

「ここも気持ちいいんだろう?」

そう言って、舌先でピタピタと菊門の皴をタップしてやると、美鈴が複雑な表情をして首を横に振って見せるのです。

「素直じゃない子にはお仕置きだ」

そう言って私は舌先を尖らせて硬くすると、菊門に向かって強く押しつけてやるのです。

「パパ、いや!」

美鈴は、抵抗して見せますが、そんなことで私は愛撫の手を止めたりしません。

こじ開けられまいと、キュッと窄めたお尻の穴に指を一本添えて、少しだけ強引にねじ込みながら、舌先も穴の中へと滑り込ませます。

「あぁ・・・、恥ずかしいよぉ・・・、ダメって言ってるのにぃ・・・」

弱々しく言う美鈴に私は容赦なく問いかけます。

「気持ち、いいんだろう?」

娘がそれでも認めなければ、私は舌先をクリへと移動させ、今度は高速で剥き出しになった蕾にしゃぶりつきます。

「あーっ!あーっ!あーっ!」

美鈴は快感に悶え、私の舌技から逃れようと腰くねらせますが、私は娘の腰をがっちりと抱え込み、執拗に攻め立てます。

「パパ、パパ、イッちゃう!あーっ、私、イッちゃう!」

そう言いながら硬く目をつぶり、息を呑んで身体をを少し前に曲げるようにした瞬間、美鈴の身体を激しい震えが襲うとぐったりしました。

「くっ!」

小さな声を喉奥から発し、弛緩した身体は空気を求めて息が荒くなっています。

パックリ開いた亀裂は収縮を繰り返すようかのようにヒクついて、美鈴は呆けたような表情で口を半開きにしたままで、ベッドに横たわるのです。

「もう、ママに焼きもちを焼かないか?」

そう言うと、美鈴はそれには答えずに、のろのろと身体を起こし、私に覆い被さってくると私の耳元で囁くのです。

「パパのことが、好きなの・・・、胸が苦しくて堪らないくらい、ずっと好きだったの・・・」

そう言って私の胸に唇を押し付けると、乳を探す子供のように、私の乳首を吸って見せるのです。

レロレルと艶かしく動く美鈴の舌と唇は、私の胸から徐々に下がっていって、ゆっくりと私の股間の茂みに近づいていきます。

漸くそこにたどり着くと、美鈴は愛おしそうに私の屹立した肉棒を眺め、やがては大きく口を開いて喉の奥まで呑み込んで見せるのです。

美鈴の唇が肉棒の根元の茂みに届くほど、娘は私を呑み込んで見せ、口から出しては舌を這わせて、はむはむと唇で竿を挟んで見せたり、しゃぶったりして見せるのです。

「パパは、私だけのものよ」

美鈴の舌と唇を使った濃厚なフェラは、今では母親のテクニックを遥かに凌ぎ、そのまま任せておくと私が直ぐにイカされてしまいます。

そこで、私は娘に身体の向きをかえさせて、私の顔の上に跨らせるとシックスナインで新たな悦びを与えてやります。

娘もフェラチオの速度を上げて、対抗しようとしてきますが、一度絶頂を迎えた後の女性の感度は抜群で、直ぐに昇り詰めてしまいます。

「はぅ!」

「パパ、続けては、ダメだよ」

「私、もう、どうにかなっちゃう・・・」

「あー、それ、気持ちいい!」

「パパ!パパ!好きなの!」

「あ゛ー、このまま、イカせて!イキたいの!このまま、イキたいの!」

美鈴は最早、理性を失って、快楽の絶頂を得るためには、どんなはしたない言葉も口にしてしまうのです。

「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ」

「あー、もうだめぇ!」

「あふぅ・・・、あぅ!」

「あ、パパ、それ!あー、それが気持ちいいの!」

「もうだめ・・・、もうダメ・・・、あー、もう我慢できない!」

「あー、イク、イク、イク、イク、イクぅ!!!」

私の顔に乙女の股を擦りつけながら、美鈴は昇天してしまうのです。

しかし、私はすかさず娘を仰向けに寝かせて脚を抱えると、愛液でびしょ濡れになった割れ目に男の象徴を突き立てて、最終段階へと娘を誘うのです。

最初は正常位のまま、娘の中で暴れ回り、次にそのまま身体を引き上げて起こすと、向かい合って抱き合った状態で美鈴の身体を揺らします。

「パパぁ、もう、許してぇ!」

悶え狂う娘の表情を楽しみながら、私はそのまま繋がったままで立ち上がって仕上げにかかります。

駅弁スタイルで身体を上下に揺らされて、娘は必死に私の首に抱きついて、しがみついてこようとします。

「もう、ママに嫉妬なんてしないからぁ!」

それを言わせると、わつぃは美鈴をベッドに下ろし、四つん這いにさせるとバックから挿入します。

「あー、まら、くる!まら、くる!あー、まら・・・、あ、あ、あ、いぐぅ!」

そう言って私を小さく狭い膣で包み込みながら、娘は白目を剥いて潮を吹くと枕に突っ伏して、そのまま気を失ってしまうのです。

その時の収縮は凄まじく、私も堪えきれずに娘の中で果ててしまいます。

美鈴が風邪をひかないように、びっしょりと噴き出た汗を拭いてやると、私は娘の身体を優しく抱いて朝まで二人で眠るのです。

かなり体力を消耗しますが、効果は絶大で、翌朝、目覚めたときの娘はご機嫌です。

鼻歌交じりに朝食を用意して、私が目を覚ますまで、私の股間に顔を埋めたまま私のペニスをしゃぶり続けるのです。

前の晩が激しすぎて、元気が足りないときは、娘は反則技を仕掛けてきます。

私が娘にしたように、前立腺を刺激して、一気に喉の奥で放出させるとゴクリと飲んで、ニッコリ笑って見せるのです。

「きれいにしてあげまちょうね」

赤ちゃん言葉で私のジュニアに話しかけ、丁寧に舌で粘り気をお掃除してくれると、二人で朝食の食卓へと向かうのです。

いつまで娘を宥め続けることができるか、体力的な不安はありますが、美鈴の青い性を前にすると私の股間は痛いほどにいきり立ち、終わる事のない隠微な世界を二人で漂い続けているのです。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告